ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 909872 全員に公開 ハイキング道東・知床

斜里岳 おやぢの遠征 山開き初体験

日程 2016年07月02日(土) [日帰り]
メンバー sanpoyaji
天候晴れ時々くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
清里町の宿に前日泊まって、レンタカーで、登山口まで行きました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間21分
休憩
50分
合計
7時間11分
Sスタート地点07:1507:26旧清岳荘 登山口07:55下二股09:23上二股09:3010:31斜里岳10:4811:36上二股11:4512:30熊見峠13:22下二股13:3614:08旧清岳荘 登山口14:23清岳荘 登山口14:2614:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険な箇所はありません。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

今日は何も知らずに登山口に行ったら、山開きの式をやってました。
とにかく、山の神様に祈って、偉い人達のお話を聞いて、登山者名簿に名前を書いたら、粗品のタオルをいただきました。
パープルというかラベンダー色のタオルが欲しかったので、とても嬉しかったです。
大阪からやってきた者にまで、粗品をくださるきよさと観光協会様に感謝です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は何も知らずに登山口に行ったら、山開きの式をやってました。
とにかく、山の神様に祈って、偉い人達のお話を聞いて、登山者名簿に名前を書いたら、粗品のタオルをいただきました。
パープルというかラベンダー色のタオルが欲しかったので、とても嬉しかったです。
大阪からやってきた者にまで、粗品をくださるきよさと観光協会様に感謝です。
3
とにかく、スタートは人が多い多い。後ろの方でスタートで、この林道っぽいところ、行きはすぐだと思いましたが、帰りは長かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかく、スタートは人が多い多い。後ろの方でスタートで、この林道っぽいところ、行きはすぐだと思いましたが、帰りは長かった。
沢をがんがんいきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢をがんがんいきます。
1
濡れないようになんて、考えずに、どんどんと水の中へ足をいれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濡れないようになんて、考えずに、どんどんと水の中へ足をいれました。
いい感じの沢登りです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい感じの沢登りです。
とにかく、どんどん行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかく、どんどん行きます。
1
雪渓もまだ残っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓もまだ残っています。
1
下二股です。40分位で到着です。
ペース早いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下二股です。40分位で到着です。
ペース早いです。
だいぶ人もバラけてきて、そろそろ単独になります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ人もバラけてきて、そろそろ単独になります。
いい感じの沢です。いい感じ。いい感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい感じの沢です。いい感じ。いい感じ。
本当にアドベンチャーという感じで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当にアドベンチャーという感じで。
1
道東の自然満喫です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道東の自然満喫です。
1
意外と、登りはどんどんいけました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
意外と、登りはどんどんいけました。
水の流れる感じが、とても清々しくて、いい感じでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水の流れる感じが、とても清々しくて、いい感じでした。
不思議と濡れた石は滑らなかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不思議と濡れた石は滑らなかったです。
1
胸突き八丁を超えると、雪渓が現れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
胸突き八丁を超えると、雪渓が現れます。
雪渓の登りです。アイゼンなしで登れますが。
下りは。。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓の登りです。アイゼンなしで登れますが。
下りは。。。。
雪渓を登って、ここを越えたら、馬の背
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓を登って、ここを越えたら、馬の背
馬の背到着。ちょっと、エナジーチャージ。
しかし、今日は、炭酸チャージできない。
さすが、大自然だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背到着。ちょっと、エナジーチャージ。
しかし、今日は、炭酸チャージできない。
さすが、大自然だ。
馬の背からの登りは、厳しいですが、まあ、登れます。
まずは祠まで行って、頂上まで尾根道を行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背からの登りは、厳しいですが、まあ、登れます。
まずは祠まで行って、頂上まで尾根道を行く。
頂上到着です。
頂上で、ちょいと一休み。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上到着です。
頂上で、ちょいと一休み。
7
三角点もあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点もあります。
さて、お待ちかねの下りの雪渓。
大阪人は、めったにない雪が降って積もった次の日の朝は、当然転ぶ。
7月の雪渓は、当然、転んだ。しかも、3回は転んだ。
さすがに、北海道の人たちは、転ばない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、お待ちかねの下りの雪渓。
大阪人は、めったにない雪が降って積もった次の日の朝は、当然転ぶ。
7月の雪渓は、当然、転んだ。しかも、3回は転んだ。
さすがに、北海道の人たちは、転ばない。
2
上二股で、新道コースの熊見峠に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上二股で、新道コースの熊見峠に向かいます。
竜神の池はパスです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜神の池はパスです。
新道も雪渓がありますが、さすがにここは転ばない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新道も雪渓がありますが、さすがにここは転ばない。
1
新道は、なぜかバテて、歩くのが嫌になっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新道は、なぜかバテて、歩くのが嫌になっていました。
熊見峠を過ぎて、本格的なくだり。
沢の音は聞こえますが、沢まで遠い遠い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊見峠を過ぎて、本格的なくだり。
沢の音は聞こえますが、沢まで遠い遠い。
下二股まで、ようやく沢にたどり着く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下二股まで、ようやく沢にたどり着く。
下りの沢下りは、とにかく、バランスを崩して、膝のあたりまで、水没。
靴は濡れても乾くって。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りの沢下りは、とにかく、バランスを崩して、膝のあたりまで、水没。
靴は濡れても乾くって。
ようやく、林道までたどり着いた。
帰りは、この道がとても長く感じた。
行きのあのあっと言う間はなんだったのだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく、林道までたどり着いた。
帰りは、この道がとても長く感じた。
行きのあのあっと言う間はなんだったのだろう。
登山口まで、たどり着きました。
今日も、無事に戻れたことを、山の神さまに感謝です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口まで、たどり着きました。
今日も、無事に戻れたことを、山の神さまに感謝です。
1

感想/記録

今日は、何も知らずに、朝、清里町のホテルを出て、登山口にレンタカーで到着。
なんと、駐車場が溢れているというか、結構大きい駐車場なのにもう止める場所がありません。
なんと、今日は、山開きの日で、山の神様に祈祷して、偉い人のお話を聞く。
予期せぬ出来事に、非常に驚きましたが、これも何かのご縁なので、山開きの式に参加させていただくことにしました。
登山者名簿に記名したら、粗品をいただけました。
パープルというか、ラベンダー色というか、とても良い感じの手ぬぐいで、とても嬉しかったです。きよさと観光協会様、ありがとうございました。
さて、7時過ぎに登山開始です。とにかく、人が多くて、出発は後ろの方。
林道のあたりは、本当に短く感じましたが、沢登りは、とにかくペースの合いそう方の後ろを着いて行く事にしました。
とにかく、ピンクテープを見て、そこで渡渉する場合は、最適な石を見つけてという感じで、どんどんと水の中へ足を入れていきます。

私が感じた、斜里岳の沢登りのポイントですが。
1.ピンクテープで、渡渉ポイントがわかるので、どの石を踏むか決める
2.濡れるのを避けるために石を飛ばない。足が水に入って濡れても良いという気持ちで、脚に負担をかけない。
3.斜里岳の濡れた石は、普通の登山靴なら滑らない。
4.靴下の替えがあった方が良い。でも、晴れた日なら、頂上に着いた頃には乾いているし、下りでまた濡れる。

沢登りが、本当に、道東の自然満喫という感じで、アドベンチャー気分満載で、とても楽しかったです。きれいな水が流れて、水の音を聞きながら登って行くのは楽しいです。

沢登りが終わると、次は、雪渓が現れます。
下りでは、とにかく、こけまくりました。

雪渓を越えて、登り切ると、馬の背です。
馬の背からは、頂上までは、30分くらい。急ですが、まあ、なんとかなります。

今日は、朝方は晴れて暑かったのですが、馬の背に着いたあたりから曇っていて、景色ももうひとつでしたが、それでも、雲の合間から北海道の山々や、国後まで見えてとてもよかったです。

下りは、新道を通ったのですが、なんか、疲れました。
団体さんが前にいたので、ゆっくりと降りていたので、想定以上に時間がかかってしまいました。
後で、沢を下った方とお話をしたのですが、旧道を下れないこともないようです。
やはり、斜里岳の旧道の石は、濡れていても滑らないので、急だけど下れないことはないとのことでした。

さて、熊見峠から頑張って下って、とにかく、沢との合流。
下りの沢では、もう、水の中でもどんと行ってやる状態で、どんどんと水中の石を踏んでいました。
脚もだいぶ疲れていたので、バランスを崩して、水の中にドボンもあり、膝辺りまでは水没しました。

登山口に戻った時は、自動販売機があって、炭酸チャージができたので、生き返りました。

今回の斜里岳遠征では、山開の式に参加、沢登り、雪渓など、盛りだくさんに経験ができて、非常に良かったと思いました。
下山後は、登山口近くにも祠があるので、山の神さまに、無事であったことの感謝のお礼をしました。



訪問者数:274人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ