ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 909875 全員に公開 沢登り比良山系

白滝谷で快適遡行

日程 2016年07月03日(日) [日帰り]
メンバー Mameta7jp, その他メンバー6人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

08:45 明応院横林道上がるチェーンゲート前
09:30 牛コバ 着替え
10:00 牛コバ越えて2つ目の渡渉ポイントで入渓
11:00 スベリ岩
11:50 白滝登攀
12:30 白滝発
13:00 2条18m
13:20 夫婦滝着、左岸登り東屋で着替え
15:00 牛コバ
15:30 駐車地着
コース状況/
危険箇所等
下山は一般道利用ですが牛コバ手前の小橋が流されており、増水時の下山は右岸を巻く必要あり。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

午後から小雨の天気予報。牛コバを越え、登山道が2度沢を渡る所で入渓します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後から小雨の天気予報。牛コバを越え、登山道が2度沢を渡る所で入渓します。
やはり、播磨の沢より水が綺麗。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり、播磨の沢より水が綺麗。
登れそうですが巻きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登れそうですが巻きます。
スベリ岩で小休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スベリ岩で小休憩。
快適なナメもあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適なナメもあります。
2
メインイベントの一つ。白滝(8m)に来ました。右岸水際、バンドを登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メインイベントの一つ。白滝(8m)に来ました。右岸水際、バンドを登ります。
後続はタイブロックで登ってもらいます。ハーケンが2枚ありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後続はタイブロックで登ってもらいます。ハーケンが2枚ありました。
1
落ち口が手がかりの少ないスラブ状で水流があると少しイヤラシイ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち口が手がかりの少ないスラブ状で水流があると少しイヤラシイ。
1
白滝の上がハイライト。滝が続きます。この辺りで後続が追いついてきたので譲ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白滝の上がハイライト。滝が続きます。この辺りで後続が追いついてきたので譲ります。
明るくて気持ちいいS字斜曝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るくて気持ちいいS字斜曝。
狭い廊下に突入。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狭い廊下に突入。
1
廊下奥の滝が歯が立たない。巻きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
廊下奥の滝が歯が立たない。巻きました。
1
と思ったらチャレンジャーのKさんが挑みます。結局A0登攀になりましたが無問題。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と思ったらチャレンジャーのKさんが挑みます。結局A0登攀になりましたが無問題。
1
2条18mが見えてきました。右から巻きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2条18mが見えてきました。右から巻きます。
私のカメラでは全景が入らない。ここでもKさんはどこからか登ってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私のカメラでは全景が入らない。ここでもKさんはどこからか登ってました。
そして終了点の夫婦滝到着。記念撮影して終わります。お疲れ様でした!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして終了点の夫婦滝到着。記念撮影して終わります。お疲れ様でした!
2

感想/記録

 今回は所属している西宮山岳会主催の初心者沢企画その4に行ってきました。前日から同僚企画のキャンプで坊村に泊まりだったので場所は白滝谷に設定しました。

 昼過ぎから小雨の降り出す天気予報だったので早めに抜けてしまおうと牛コバで入渓せず、少し奥まで登山道を歩き、2度目の渡渉ポイントで入渓しました。

 結果的に下山するまで雨にあわず、また白滝付近で一時陽が射すなど明るく快適な沢登りを楽しむ事が出来ました。白滝は右岸バンドを斜上し、落ち口は手がかりのないスラブ状か水流端を登ります。ここが最も緊張するところですが無事登れました。
 
 続いて2〜3斜爆を越え、狭い廊下突入します。前来たときは左岸を終始へつった記憶がありますがなるべく水際を歩きます。ゴルジュ奥にかかる滝が悪そうでこれは巻きます。Kさんがチャレンジするも行き詰まり上からお助け紐を出して切り抜けます。ハーケンかボルトがあったみたいでアブミなら登れそう?我々が到着したとき、途中で道を譲った足の速い若者が登りきって出て行くところだったのでよく見とけばよかったです。

 それから2条18m。なかなかに立派。中央を登ろうと思っていましたが見るからにコケで滑りそう。左岸巻きが簡単とのことで巻きます。右側水流を登っても快適そうでした。

 雨が降り出す前に下山できたのでよかったのですが、車に乗り込んで朽木の温泉施設に向かう途中で激しく雨が降り出し、入浴後再度坊村を通過した時、安曇川・支流共濁流となっていました。

 楽しく、かつ無難に終えることができた今回の山行ですが反省点は二つありました。
【雨が降り出しても、一般道で下山できると踏んでいたが、実際には下部の2箇所で橋が崩落しており、増水すれば下山は困難が伴う可能性があった。リサーチ不足でした。】
【キャンプと沢登りを両方楽しめると思っていいとこ取りしようとしたのですがちょっと無理がありました。正直しんどかったです。】
訪問者数:281人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ