ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 909880 全員に公開 ハイキング九州・沖縄

虚空蔵山【スリッピーなクライムダウン付き】

日程 2016年07月03日(日) [日帰り]
メンバー yamatabi
天候曇のち雨
蒸し暑かった。不快指数1000%
アクセス
利用交通機関
車・バイク
嬉野市の登山口駐車場にとめました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間24分
休憩
23分
合計
3時間47分
Sスタート地点10:3311:22虚空蔵山11:3312:39岩屋登山口12:4913:29鳥兜13:3114:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
頂上の東端からバリルートを下りましたが、岩が乾いているときに登りで使った方がよさそうです。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 GPS 常備薬 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

嬉野市の不動山登山口駐車場に到着。
雨はひとまず上がりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嬉野市の不動山登山口駐車場に到着。
雨はひとまず上がりました。
登り始めはコンクリートで舗装された歩道。
出だしの数十メートルは急傾斜で、よく滑りました。ここが最初の難所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めはコンクリートで舗装された歩道。
出だしの数十メートルは急傾斜で、よく滑りました。ここが最初の難所。
舗装道はしばらく続きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装道はしばらく続きました。
ヤブと蜘蛛の巣と倒木に行く手を阻まれます。
この倒木を乗り越えようと手をついたらトゲトゲの木でした。
カラスザンショウ?仕方なくくぐりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤブと蜘蛛の巣と倒木に行く手を阻まれます。
この倒木を乗り越えようと手をついたらトゲトゲの木でした。
カラスザンショウ?仕方なくくぐりました。
1
おお、キクラゲや。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお、キクラゲや。
2
沢か道かわかりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢か道かわかりません。
1
岩屋の写真を撮ったら真っ白なモヤが写りました。
この時はまだ雨も降ってなくて、モヤもなかったのに?
ひょっとして、ゾゾゾー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩屋の写真を撮ったら真っ白なモヤが写りました。
この時はまだ雨も降ってなくて、モヤもなかったのに?
ひょっとして、ゾゾゾー
1
木場登山口からの道と合流
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木場登山口からの道と合流
手水鉢の分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手水鉢の分岐
歩きやすい石段
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすい石段
木場新道分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木場新道分岐
頂上到着。祠が並んでいます。
水筒が供えられています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上到着。祠が並んでいます。
水筒が供えられています。
3
全方向真っ白
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全方向真っ白
1
気温は25℃。
湿度は100%近いんじゃないだろうか。
風が吹いても汗は乾かず、シャツやズボンがじっとり濡れてくる感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気温は25℃。
湿度は100%近いんじゃないだろうか。
風が吹いても汗は乾かず、シャツやズボンがじっとり濡れてくる感じ。
1
方位板。想像力をたくましくしても何も見えない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
方位板。想像力をたくましくしても何も見えない。
3
東西に長い頂上の東の端まで行ってみると、下れそうな踏み跡が。行けるところまで下ってみることにする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東西に長い頂上の東の端まで行ってみると、下れそうな踏み跡が。行けるところまで下ってみることにする。
1
かなり傾斜があるが木につかまりながら下れそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり傾斜があるが木につかまりながら下れそう。
ロープ登場。岩は滑りやすいので慎重に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープ登場。岩は滑りやすいので慎重に。
アブミ登場。
いつから残置してあるのかわからないので不安でしたが、信じて乗りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アブミ登場。
いつから残置してあるのかわからないので不安でしたが、信じて乗りました。
4
アブミの下部に一面苔の生えた10mほどの垂壁が。下り終わって見上げた写真ですが、左端の凹角と右の壁面にロープがあります。ザイルを持っていたら迷わず懸垂下降したでしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アブミの下部に一面苔の生えた10mほどの垂壁が。下り終わって見上げた写真ですが、左端の凹角と右の壁面にロープがあります。ザイルを持っていたら迷わず懸垂下降したでしょう。
4
右側の壁面を途中に伸びている木の根を頼りに太い根っこのところまで下り、根っこ沿いに左斜めに、さらに最後の2mは根っこにぶら下がり下りてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側の壁面を途中に伸びている木の根を頼りに太い根っこのところまで下り、根っこ沿いに左斜めに、さらに最後の2mは根っこにぶら下がり下りてきました。
アカガシ、スダジイ、モチノキ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカガシ、スダジイ、モチノキ
1
犬の墓の四ツ辻。
まっすぐ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬の墓の四ツ辻。
まっすぐ向かいます。
これが犬の墓?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが犬の墓?
高見岳への稜線は尾根上の大岩を巻く箇所がいくつかあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高見岳への稜線は尾根上の大岩を巻く箇所がいくつかあります。
1
林道に出会いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出会いました。
高見岳への道。
今にも雨が振りそうなので、高見岳は諦め、林道を引き返します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高見岳への道。
今にも雨が振りそうなので、高見岳は諦め、林道を引き返します。
岩屋登山口。
トイレあり。きれいに整備されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩屋登山口。
トイレあり。きれいに整備されています。
大雑把な案内図。
悠久の森が整備されているらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雑把な案内図。
悠久の森が整備されているらしい。
スギの美林の下にはエビネランがたくさん植わってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スギの美林の下にはエビネランがたくさん植わってます。
1
悠久の泉。
ここでクライムダウンで泥がついたズボンを洗いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悠久の泉。
ここでクライムダウンで泥がついたズボンを洗いました。
2
シャクナゲもたくさん植えられています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲもたくさん植えられています。
犬の墓への最後の登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬の墓への最後の登り。
犬墓の四ツ辻再び。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬墓の四ツ辻再び。
フランダースの犬?じゃないよね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フランダースの犬?じゃないよね。
2
水を衣装ケースにためている岩屋がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水を衣装ケースにためている岩屋がありました。
ここから鳥兜に言ってみます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから鳥兜に言ってみます。
ガスに煙ってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスに煙ってます。
3
滑るので近づくのは諦めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑るので近づくのは諦めます。
1
虚空蔵山のピークを振り返ってみますが、相変わらず見えません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虚空蔵山のピークを振り返ってみますが、相変わらず見えません。
手水鉢まで戻ってきました。
ここらへんから雨脚が強くなりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手水鉢まで戻ってきました。
ここらへんから雨脚が強くなりました。
岩屋に避難。
バケツをひっくり返したような雨です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩屋に避難。
バケツをひっくり返したような雨です。
2
岩屋の中を撮ると白いモヤが。ゾゾゾ―。
ここでカメラとGPSは防水バックに入れてザックの奥へ。
以下写真ありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩屋の中を撮ると白いモヤが。ゾゾゾ―。
ここでカメラとGPSは防水バックに入れてザックの奥へ。
以下写真ありません。
2

感想/記録

梅雨のまっただ中、長崎県、佐賀県の降水確率は午前中40%、午後20%。
微妙だが、晴れるかもしれない、という淡い期待を持って隣県へプチ遠征してきました。
向かったのは、長崎のマッターホルンこと虚空蔵山。アプローチのいい嬉野市不動山登山口から登ることにしました。
嬉野市街地を抜け、国道34号線から右折すると、いきなり豪雨。ワイパーも効かないほど。温泉に入って帰ろうかな、と思いましたがせっかくなので登山口まで行きました。するといつの間にか雨はやんでいました。
登山口は標高250mもあるのに、気温は30度。体感の湿度は100%。どうせ汗でびしょびしょになる、と思いカッパは着ずに登ることにしました。
しばらくはコンクリート舗装された歩道を歩きます。むかしは茶畑だったのか、給水用のタンクなどが置かれていますが、放置されて年月がたっているらしく、やぶが左右から覆いかぶさり、ときどき倒木が道をふさいだりしています。おまけに蜘蛛の巣がうっとうしく、不快指数MAXです。
歩く距離は短く、あっという間に頂上に着きました。何か物足りない感じ。頂上は案の定ガスの中で眺望は全くなし。風はあるものの、湿度が高く汗が全然引きません。
軽く昼食をとって、東西に長い頂上の東の端に行ってみました。こちらも眺望なし。
頂上の東の端からは、下って行く踏み跡がありました。地図を見るとそんなに立ってわけでもなさそうだし、岩壁のマークも南側にしかついていません。物足りなさも手伝って踏み跡をたどってみることにしました。
踏み跡はだんだん急になり、後ろ向きに木や岩をつかんで下りていくと、ロープが現れ、アブミまで登場しました。岩や木の根は濡れていて滑るので、ロープは古そうですが信じてアブミを使用させてもらいました。
ほっとしたのもつかの間、その下が核心部でした。10m近い岩のクライムダウンです。岩は一面苔むしていて、左右に2本のロープが固定してあります。どちらのラインをとるか迷いましたが、覗き込んでも下部の状況が分からないので、思い切って上から見て左側を下りました。木の根が数十センチおきに岩に張り付いていて、いいスタンスになります。途中で右下へ木の根を伝って移動し、着地しました。このルートは登りに使った方がよさそうです。乾いていればさほど難しくないでしょう。
さらにしばらく下ると鳥兜分岐の近くに出ました。
高見岳へ向かいましたが、今にも雨が降りそうなので下山を急ぐことにしましたが、鳥兜を見て手水鉢のところまで来たときに本降りになりました。
雷鳴も聞こえたので、岩屋でしばらく雨宿り。岩屋の中央にはかまどが作られていて鍋が置かれていました。
雨はやみそうもないので、濡れながら下山して狭い車内で着替えを済ませると、いつの間にか雨はやんでいました。
訪問者数:171人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/11/16
投稿数: 531
2016/7/5 19:22
 フランは言ったとさ
岩屋の鍋はね・・・
お前を煮て食うためのものじゃ〜。
(注!)日本昔話、或いは三匹の子豚風に読んでもらうと嬉かです。

冗談はさておき、長崎のマッターホルンは面白そうですね。(雨じゃなければ)
頂上からの景色も見た事ないので、何時かまた行きたいです。
登録日: 2007/12/3
投稿数: 77
2016/7/6 7:52
 Re: フランは言ったとさ
子どもに毎晩絵本の読み聞かせをしていますが、岩屋の鍋の話をすると、泣き出すでしょう
虚空蔵山は、歩行距離や高低差があまりないので、わざわざ行くには少し物足りない感じですが、とるルートによっては岩の感触も楽しめそうですね。(雨じゃなければ)

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ