ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 910261 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

谷川岳・茂倉岳

日程 2016年06月20日(月) 〜 2016年06月21日(火)
メンバー tak1155, その他メンバー2人
天候6/20 am晴れ pm曇り/雨  6/21曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.5〜1.6(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間5分
休憩
18分
合計
10時間23分
Sスタート地点 土合駅06:3807:23西黒尾根登山口07:4110:53ラクダの背14:14トマノ耳14:48オキノ耳16:20一ノ倉岳16:53茂倉岳17:01ゴール 茂倉岳避難小屋
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
2日目 茂倉岳避難小屋5:56-矢場の頭7:34-林道に降りる10:22-土樽駅11:14
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

国道291号(但しロープウエーから先は車通行禁止)線沿いの慰霊の広場
2016年06月20日 06:57撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道291号(但しロープウエーから先は車通行禁止)線沿いの慰霊の広場
無料の谷川岳ロープウエー駐車場
数年前はなかったような気がする
2016年06月20日 06:58撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無料の谷川岳ロープウエー駐車場
数年前はなかったような気がする
国道から西黒尾根に入る
2016年06月20日 07:37撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道から西黒尾根に入る
1
残り少ない雪渓1

2016年06月20日 13:57撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残り少ない雪渓1

残り少ない雪渓、接近
すぐに天神平からの道と合わせる
2016年06月20日 14:02撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残り少ない雪渓、接近
すぐに天神平からの道と合わせる
トマノ耳
ガスの中
2016年06月20日 14:19撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマノ耳
ガスの中
ノゾキまでの稜線近く1
2016年06月20日 14:59撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノゾキまでの稜線近く1
ノゾキまでの稜線近く2
2016年06月20日 16:54撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノゾキまでの稜線近く2
茂倉岳から15分近く下って今日の宿
茂倉岳避難小屋
2016年06月21日 05:50撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳から15分近く下って今日の宿
茂倉岳避難小屋
気持ちの良い小屋
2016年06月21日 05:49撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い小屋
1
謝意を込め寸志をカンパした
2016年06月21日 05:49撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
謝意を込め寸志をカンパした
1
2日目
七ツ石山
2016年06月21日 06:05撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目
七ツ石山
シャクナゲ
2016年06月21日 06:19撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ
左手は万太郎谷
2016年06月21日 06:27撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手は万太郎谷
降りてきた道を振り返る
2016年06月21日 06:29撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りてきた道を振り返る
1
土樽駅
2016年06月21日 12:14撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土樽駅
撮影機材:

感想/記録

 久々の谷川岳である。日本三大(?)急登の一つ西黒尾根を登りにとるのは実に20年ぶりである。
 山行の誘いがあって手を挙げたが、梅雨の最中で2・3日前までは雨の予報で気が重もかったが、前日には晴れるという予報になっていた。土合の駅に車置いて出発。さすが急登で有名な西黒尾根、歩みはノロい。同行のM氏遅れる。コースタイム1.5倍増しのスケジュールより1時間遅れる。ラクダの背過ぎてから離れ離れになってしまう。一時は戻って探しに行こうかと思ったぐらいである。または合流してからは(反省して離れ離れにならぬよう自分が最後尾歩く)コースを短くして肩の小屋泊まりにして天神尾根を下ろうかと提案したぐらいである。トマノ耳まで行けば激登はなく比較的フラットなので予定通り進む。午後は曇りで時々雨。オキノ耳・ノゾキ・一ノ倉岳・茂倉岳と展望のない中歩く。茂倉岳避難小屋は立派な小屋で快適である。20:00頃着いた2人連れあったが、貸し切り状態であった。水場もほんの少し下ったところにあって、水は十分にとれた。
 次の日、展望は望めず武能岳・蓬峠・土樽のコースはあきらめまっすぐ茂倉新道を下る。矢場の頭までは気持ちのいい稜線の道であるが、ここからは激下りで木の根に悩まされヒーヒー言う。林道に降りてから更に小一時間歩いて土樽駅に着く。一日4本のうちの12:20発で土合に戻る。
 標高差1300mほど。1日目はほぼ上り・2日目(このとき筋肉痛はなし)は全部下りだった。帰着後2日間近年にない激しい筋肉痛が太腿前部(四頭大腿筋)にあって階段を下ると辛かった。この筋肉は下りで伸びきる直前にザックを含む体重を支えるので普段にないストレスを受けるらしい。
 それとも今までもこんな下りはいくらでもあったろうから加齢によるものか。トレーニング不足は否めないのだが。
 増々カメさん化顕著である。一番最後歩いていてもしんどかった。
訪問者数:151人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ