ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 910377 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

至仏山 − 蛇紋岩の急登と花の楽園 −

日程 2016年07月02日(土) [日帰り]
メンバー piazzolla, その他メンバー1人
天候○ 天気 : 曇り。
○ 風速 : 普通(5m/s程度)。
○ 気温 : 涼しめ(23℃くらい)。
○ 視程 : 長め。
アクセス
利用交通機関
電車バス
○ 往路
 ・JR中央線/05:41 {最寄駅} - 06:24 東京
 ・上越新幹線/06:36 東京 - 07:53 上毛高原
 ・車(レンタカー)/08:10 上毛高原駅 - 09:20 尾瀬高原ホテル
 ・乗り合いバス/09:30 尾瀬高原ホテルBS - 09:50 鳩待峠BS
  ※乗り合いバスは人数が揃ったら出発する不定期便です。
  ※930円/人(ホテルにて事前に乗車券を購入)

○ 復路
 ・乗り合いバス/13:40 鳩待峠BS - 16:00 尾瀬高原ホテルBS
  ※下山後は尾瀬高原ホテルに泊まりました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間2分
休憩
26分
合計
5時間28分
S鳩待峠10:0410:47山ノ鼻10:5513:21至仏山13:3914:15小至仏山14:38オヤマ沢田代15:32鳩待峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
○ CT(標準) : 6時間05分
○ CT(実績) : 4時間50分 (休憩含まず)
コース状況/
危険箇所等
○ 全般的によく整備された登山道で、特に危険な箇所は無いです。
○ 道標もよく整備されているので、まず道に迷うことはないでしょう。
○ 但し、植生保護目的で敷かれた木道を外れないように歩きましょう。
○ 山ノ鼻から至仏山山頂に至る登山道はCT3時間の長丁場です。
  (GWの限られた期間を除き、登り専用の登山道です)
○ 森林限界を超えたあたりから現れる蛇紋岩はよく滑るので注意が必要です。
○ 森林限界の上部が概ねお花畑の範囲です。
○ 5月上旬から6月下旬までは入山禁止です。
その他周辺情報(1) トイレ
 以下の場所にありました。
   鳩待峠
   山ノ鼻
 
(2) 登山ポスト
 鳩待峠にありました。

(3) 登山バッチ
 鳩待山荘で買いました(他の山荘でも買えると思いますが未確認です)。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

中央線と新幹線とレンタカーと乗り合いバスを乗り継いで、やっと鳩待峠(はとまちとうげ:1591m)に辿り着きました。念願の尾瀬!1日目は嫁と二人で至仏山(しぶつさん:2228m)に登ります♪
2016年07月02日 10:06撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央線と新幹線とレンタカーと乗り合いバスを乗り継いで、やっと鳩待峠(はとまちとうげ:1591m)に辿り着きました。念願の尾瀬!1日目は嫁と二人で至仏山(しぶつさん:2228m)に登ります♪
3
まずは山ノ鼻(やまのはな:1400m)に向かいます。鳩待峠よりも200m近く標高が低いため、しばらくは下り基調の歩きやすい木道が続きます。
2016年07月02日 10:27撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは山ノ鼻(やまのはな:1400m)に向かいます。鳩待峠よりも200m近く標高が低いため、しばらくは下り基調の歩きやすい木道が続きます。
オオレイジンソウ。貴重な野草なのか、高電圧線で保護されている個体もありました。
2016年07月02日 10:31撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオレイジンソウ。貴重な野草なのか、高電圧線で保護されている個体もありました。
1
「尾瀬はもともと熊の住む場所です」と、熊除けの鐘が設置されてました。
2016年07月02日 10:35撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「尾瀬はもともと熊の住む場所です」と、熊除けの鐘が設置されてました。
4
一輪くらい残っていないかと淡い期待を寄せていましたが、さすがに水芭蕉は終わってました。
2016年07月02日 10:36撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一輪くらい残っていないかと淡い期待を寄せていましたが、さすがに水芭蕉は終わってました。
山ノ鼻に到着しました。ここで1ピッチ。
2016年07月02日 10:47撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山ノ鼻に到着しました。ここで1ピッチ。
2
ここからあの頂きを目指します!
2016年07月02日 10:57撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからあの頂きを目指します!
9
植生保護のため山ノ鼻から至仏山へ至る登山道は登り専用(下り禁止)です。しかも、先月までは入山禁止だったので、解禁したてほやほやの登山道ということになります。
2016年07月02日 11:01撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植生保護のため山ノ鼻から至仏山へ至る登山道は登り専用(下り禁止)です。しかも、先月までは入山禁止だったので、解禁したてほやほやの登山道ということになります。
2
のっけから樹林帯の急登が続きます。
2016年07月02日 11:04撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のっけから樹林帯の急登が続きます。
早速花が出迎えてくれました。
2016年07月02日 11:19撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早速花が出迎えてくれました。
1
ウラジロヨウラク。
2016年07月02日 11:20撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウラジロヨウラク。
2
ニッコウキスゲとオゼヌマアザミ。
2016年07月02日 11:20撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲとオゼヌマアザミ。
2
ミヤマダイモンジソウ。
2016年07月02日 11:24撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマダイモンジソウ。
2
やっと森林限界を越えたようです。この辺りから目立ち始めた茶色い蛇紋岩がかなりの曲者でした。滑る滑るとは聞いていましたが、ここまでとは思いませんでした。
2016年07月02日 11:46撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと森林限界を越えたようです。この辺りから目立ち始めた茶色い蛇紋岩がかなりの曲者でした。滑る滑るとは聞いていましたが、ここまでとは思いませんでした。
3
振り返ると、尾瀬ケ原と燧ケ岳(ひうちがたけ:2356m)が見渡せました。
2016年07月02日 11:50撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、尾瀬ケ原と燧ケ岳(ひうちがたけ:2356m)が見渡せました。
2
ベニサラサドウダン。
2016年07月02日 11:52撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベニサラサドウダン。
2
これは、、、
2016年07月02日 11:53撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは、、、
クサリが出てきました。大した斜度ではないのですが、なにせ滑るので神経が擦り減ります。
2016年07月02日 12:07撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クサリが出てきました。大した斜度ではないのですが、なにせ滑るので神経が擦り減ります。
3
絶え間なく続く登り。なかなかハードです。
2016年07月02日 12:22撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶え間なく続く登り。なかなかハードです。
3
タテヤマリンドウ。
2016年07月02日 12:34撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タテヤマリンドウ。
2
タカネシオガマ。
2016年07月02日 12:46撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネシオガマ。
4
ここからが凄かった。
2016年07月02日 12:48撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからが凄かった。
色が薄くて分かりづらいですが、ホソバヒナウスユキソウとタカネシオガマの大群生になってました。
2016年07月02日 12:49撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色が薄くて分かりづらいですが、ホソバヒナウスユキソウとタカネシオガマの大群生になってました。
3
アズマシャクナゲ。
2016年07月02日 12:50撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アズマシャクナゲ。
まさに百花繚乱!
2016年07月02日 12:54撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まさに百花繚乱!
1
大分登ってきました。ときおり通り過ぎる風が涼しくて気持良いです。
2016年07月02日 12:55撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大分登ってきました。ときおり通り過ぎる風が涼しくて気持良いです。
まだ山頂は先のようです。
2016年07月02日 12:57撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ山頂は先のようです。
あのとんがりが山頂かなー。
2016年07月02日 12:59撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あのとんがりが山頂かなー。
3
ホソバヒナウスユキソウ。
2016年07月02日 13:05撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホソバヒナウスユキソウ。
4
ジョウシュウアズマギク。
2016年07月02日 13:08撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジョウシュウアズマギク。
3
ヒメシャクナゲ。
2016年07月02日 13:13撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメシャクナゲ。
3
ミヤマキンバイ。
2016年07月02日 13:17撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイ。
1
ヤター!山頂着いたー!
2016年07月02日 13:22撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤター!山頂着いたー!
10
雲は多めですが、結構遠くの山々まで見渡せました。
2016年07月02日 13:25撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲は多めですが、結構遠くの山々まで見渡せました。
1
西側は崖になっていて要注意です。
2016年07月02日 13:25撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側は崖になっていて要注意です。
ここからは稜線歩きの始まりです。
2016年07月02日 13:40撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは稜線歩きの始まりです。
1
稜線上も相変わらず曲者の蛇紋岩が続きます。
2016年07月02日 13:49撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上も相変わらず曲者の蛇紋岩が続きます。
2
良い眺め〜♪手前左の三角がこれから登る小至仏山(こしぶつさん:2162m)、その右奥の三角が笠ヶ岳(かさがたけ:2057m)、一番奥の真ん中のが冬に登った武尊山(ほたかやま:2158m)。
2016年07月02日 13:52撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い眺め〜♪手前左の三角がこれから登る小至仏山(こしぶつさん:2162m)、その右奥の三角が笠ヶ岳(かさがたけ:2057m)、一番奥の真ん中のが冬に登った武尊山(ほたかやま:2158m)。
3
なんとなく嫁は小至仏山は巻くものだと思っていたようです(笑)。
2016年07月02日 13:53撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとなく嫁は小至仏山は巻くものだと思っていたようです(笑)。
2
ただ、近づくにつれ、登山道がその頂きに延びていくのが分かり、ちょっとだけがっかりしたようです。
2016年07月02日 14:00撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただ、近づくにつれ、登山道がその頂きに延びていくのが分かり、ちょっとだけがっかりしたようです。
2
そして今日最後の登り!
2016年07月02日 14:06撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして今日最後の登り!
2
小至仏山到着!ただ、混雑していたのでスルーしました。
2016年07月02日 14:15撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小至仏山到着!ただ、混雑していたのでスルーしました。
2
ここからは、武尊山を正面に見据えながら、少しずつ高度を下げていきます。
2016年07月02日 14:18撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは、武尊山を正面に見据えながら、少しずつ高度を下げていきます。
1
おや?なんだろう。
2016年07月02日 14:21撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おや?なんだろう。
ハクサンイチゲとチングルマのお花畑でした♪あまりの花の多さにため息が出ます。
2016年07月02日 14:21撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲとチングルマのお花畑でした♪あまりの花の多さにため息が出ます。
5
最後にもう一度だけ尾瀬ケ原と燧ケ岳を俯瞰しておきます。
2016年07月02日 14:26撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後にもう一度だけ尾瀬ケ原と燧ケ岳を俯瞰しておきます。
2
さっきまで雲に隠れていた奥白根山(おくしらねさん:2578m)もその姿を現しました。見た目がプリンのような形なのですぐに分かります。
2016年07月02日 14:30撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきまで雲に隠れていた奥白根山(おくしらねさん:2578m)もその姿を現しました。見た目がプリンのような形なのですぐに分かります。
2
あそこのでベンチで一休み。
2016年07月02日 14:32撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あそこのでベンチで一休み。
わーい、こんなところにティトー(池塘)♪後で知りましたが、オヤマ沢田代という高層湿原のようです。リサーチ不足が功を奏し、予期せぬサプライズを頂いた気分でした。
2016年07月02日 14:40撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わーい、こんなところにティトー(池塘)♪後で知りましたが、オヤマ沢田代という高層湿原のようです。リサーチ不足が功を奏し、予期せぬサプライズを頂いた気分でした。
3
イワカガミの群生。近くの里山でみるものとはボリュームが違います。
2016年07月02日 14:45撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミの群生。近くの里山でみるものとはボリュームが違います。
4
ぴゅーん、と走る嫁。
2016年07月02日 15:05撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぴゅーん、と走る嫁。
3
鳩待峠に戻ってきました。お疲れ様でした!
2016年07月02日 15:33撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩待峠に戻ってきました。お疲れ様でした!
5

感想/記録

1泊2日の尾瀬の旅。

初日は、嫁と二人で至仏山に登りました。

森林限界を超えたあたりから、尾瀬ヶ原や燧ケ岳への眺望と引き換えに、
滑ると噂の蛇紋岩の登山道が始まりました。
実は、「滑る、滑る」とは聞いていたものの、然程のことでもないだろう、
と高を括っていたのですが、この岩は本当に良く滑りました(笑)。

油断すると簡単に転倒しそうだったので、常に足先に神経を集中して
登り続けました(文字通り、神経が擦り減る思いでした)。

一説によると、この蛇紋岩の石質のせいで植物が育たず、
森林限界が他の山よりも低いのだそうです。

ところが、この他を寄せ付けない過酷な環境こそが、
高山植物にとっては好適な生育地となっているようです。
しかもそれが一つや二つの花ではないから驚きです。

百花繚乱。

荒々しい蛇紋岩の岩肌と、逞しく美しい花々の好対照がとても印象的でした。

さすが尾瀬!激務を押してまで訪れた甲斐がありました。
訪問者数:557人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ