ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 910444 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

山梨百名山完登記念「笊ヶ岳」※老平から日帰り

日程 2016年07月03日(日) [日帰り]
メンバー drunk
天候曇り一時晴れのちガスのちガス+強風&雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
老平

道路状況:集落を抜ける狭い道

駐車場:老平に無料駐車場あり(5〜6台)

トイレ:老平にはありません
    道の駅「とみさわ」にあり

コンビニ:周辺にはありません
     R52上に数件あり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間50分
休憩
34分
合計
12時間24分
S老平駐車場03:1303:56タケ沢吊橋04:49広河原04:5405:29山ノ神05:3106:304本桧の肩06:3607:30桧横手山07:3109:09布引山09:1010:04笊ヶ岳10:1311:11布引山12:21桧横手山12:2213:034本桧の肩13:0513:46山ノ神14:07広河原14:1114:54タケ沢吊橋14:5715:37老平駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
総歩行時間=12時間24分(ヤマプラ標準時間=16時間25分/21.6km)
歩行距離=33.28km
標高差=2,115m
平均速度=2.76km/H
※全てGPSログより
 GPSログは長めに記録されていますので参考程度として下さい。
 (NV-U37使用:NMEA形式で記録後、フリーソフトでGPX形式に変換)
 今回は、山旅ロガー(測定モード15m)衛星ロストがあり比較不可
コース状況/
危険箇所等
1.全工程が長いので日帰りの場合は、暗い中スタートする必要があります
2.老平から暫く林道歩きで暗くても問題ありませんが、
 山道に入る場所がやや判りにくかったと思います
3.広河原に行く前に崩落個所の通過があります
 ここはかなり注意が必要です
4.広河原の渡渉は、石を渡るのは難しく、川に入る必要があります
 ※水の抵抗もかなりあります
5.登り標高差は2,000m超、昇降量合計は4,500mを超えます
6.登り全体的に樹林帯歩きの為、苦行
7.布引山から一旦下りになります
 見た目は「どんだけ〜」ですが、実際は150m程度です
8.足元はガレていて、下りでは体重を掛けた時に
 10cm程度ズルッとなる場合あり
9.雨天だった今回は、苔むす石はかなり滑りました
10.また木の根が厄介で、木の根に足が乗るとそのままスケート状態になります
11.と言う事で、コケそうになる事5回、コケたのが2回ありました
12.今回は前半涼しい環境でしたが、蒸し暑い場合水分の準備が課題です
13.水分消費量≒2.5L
その他周辺情報早川町観光協会
http://hayakawakankou.daa.jp/index.php
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖シャツ フリーライドパンツ 靴下 夏帽 手袋 雨具(ストームクルーザージャケット) 着替え ザック ザックカバー 行動食(SOYJOY×1+ゼリー飲料×2+おにぎり×2+パン×2) 非常食(ビタミン剤+ドライフード) 飲料(スポーツドリンク×6) 地図(地形図) ヘッドランプ(予備) 予備電池(GPS+ デジカメ用) GPS ファーストエイドキット 常備薬(痛み止め) 日焼け止め リップ ロールペーパー 保険証(コピー) 携帯 タオル ツェルト 浄水ストロー(常備) 万能ナイフ(常備) カメラ(コンデジ) エクストラクターポイズンリムーバー(常備) パラコード(予備30m) ホッカイロ(常備) ネックウォーマー(常備) ウルトラライトダウン(常備) 熊鈴×2(常備)

写真

タケ沢橋、暗い行きは気になりませんでしたが、帰りは揺れの大きさと真下が見える高度感が結構怖かったです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タケ沢橋、暗い行きは気になりませんでしたが、帰りは揺れの大きさと真下が見える高度感が結構怖かったです
1
この時は好天を期待できたのですが……(-。-)ボソッ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時は好天を期待できたのですが……(-。-)ボソッ
3
広河原、結構な水量でした。降雨後の登山はやっかいになると思います
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原、結構な水量でした。降雨後の登山はやっかいになると思います
4
今回はビニール袋で足元を保護して渡りました。底の方をガムテープ等で補強しておくと良かったかもしれません。但し同じ行為をしても責任は取れません……。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回はビニール袋で足元を保護して渡りました。底の方をガムテープ等で補強しておくと良かったかもしれません。但し同じ行為をしても責任は取れません……。
4
雲海と富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海と富士山
4
笠雲の富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠雲の富士山
5
眺望を期待しましたが、こんな感じとなりました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望を期待しましたが、こんな感じとなりました
1
ま、それでも笊ヶ岳に着いたので良しとしましょうか?とりあえず、山梨百名山完登です!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ま、それでも笊ヶ岳に着いたので良しとしましょうか?とりあえず、山梨百名山完登です!
6
やっと写真を撮る余裕が出た下山時の風景
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと写真を撮る余裕が出た下山時の風景
1
風雨激しいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風雨激しいです
1
下山途中で晴れ間が見え始めました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中で晴れ間が見え始めました
2
崩落個所。これは下山時の写真ですが、ここを右に下がります。行きに比べると怖さはありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落個所。これは下山時の写真ですが、ここを右に下がります。行きに比べると怖さはありません。
1
ロープのある場所は綱渡りしないと行けません。ここは左に下がるのですが、かなり怖いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープのある場所は綱渡りしないと行けません。ここは左に下がるのですが、かなり怖いです。
2
晴れてきましたね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れてきましたね
1
出来たら山頂で見たかったです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出来たら山頂で見たかったです
2

感想/記録
by drunk

2016年7月3日(日)
夏至近辺は、1年の中で日の出が早く、また明るい時間が長い。
と言う事で、日帰り難関な山々に日帰り登山を挑む季節でもある。

そしてそれは突然訪れた。
躊躇しまくりだった「笊ヶ岳」ではあったが、
この季節を逃してはいけないと、一念奮起し挑む事にした。

躊躇していたのは、長距離&標高差もあるが、荒れた登山道がある。
今回登頂したが、やはり不安だった個所は不安的中となる。
第1は、崩落個所、そして第2は、渡渉個所だが、
どちらも、事前調査と技術と、度胸が必要だ。
特に崩落個所は、今後の大雨等により状況は一変するので
事前確認は十分にする必要がある。

さて、登山開始はまだ暗い3時過ぎとなった。
想定外を鑑み、日帰りの目標を12時間と設定したからである。

駐車場から老平集落を抜けるのに数分、
そこからは砂利道の林道となる。
まだ暗い中、ヘッデンで歩きガンガン進んだ。
但し林道終点から登山道に入る場所で少し悩んだ。
皆暗い中を歩んだのか、同じく迷い跡が多々ありました。

登山道に入ると、左側にガケを見つつ歩く事になる。
歩く登山道の幅も微妙に狭い。
帰りに思ったが、登り&見えない、と言う状況が功を奏した感がある。
下山時は「よくこんな場所を何の気なしに歩いたな……」と思いました。

で、広河原に着くとやはり増水していて石の上を渡る事はできない。
今回は足にビニール袋を履いて挑んだが、
どうしても靴底が擦れ、袋の底に穴が開くので水が入り込む。
次回……は無いと思うが、改善の余地があった。

ここまで晴れ間が見え隠れしていたが、
天気予報通り風が吹き始め、そして想定外の雨となる。
ガスも伴い眺望は皆無である。
元々樹林帯歩きの急登なので、道中の眺望は期待していないが
風の強さはかなりであり、稜線での影響に不安が過ぎる。
が、そのまま前進!!!(^_^;)\('_') ォィォィ...

2013/8/30の古寺鉱泉→大朝日岳に比べれば屁みたいのなものだったのと
快方へ向かう天気が味方したと言う感じである。
また布引山までの急登は、かなりのものであるが、
この日の水分消費量は約1L弱と、これもまた涼しい環境が味方している。

布引山から笊ヶ岳への移動は、一旦下りとなる。
見た目には、数百m下るのではないかと錯覚するが実際には150m程度である。
とは言え、自分もかなり焦った。。。。。(ノ><)ノ ヒィ

で、暴風と雨に気を取られていたので、笊ヶ岳到着は突然となった。
期待していた眺望はなく、また、強風故、空腹の補給もままならず
即効で下山の途に着くことになる。

そして下山は4H程度と想定していたが、
スリッピーな木の根への注意が、雨天にて想定以上に増した事、
またガレた足元への注意、その他諸々にて時間を要してしまい
結果、下山時間は5H強となってしまった。

誰とも合わなかった今回の山行は、ある意味堪能できたが、
200名山である「笊ヶ岳」、かなりつらい結果となった。

眺望を求めて再登?
下山のつまらなさから、無い!!かな。

以下、山梨百名山登頂履歴(+マークは、同一日登山又は縦走)
2010年(2座)
 大菩薩嶺、長者ヶ岳
2011年(27座)
 身延山、十二ヶ岳、石割山、御坂黒岳+釈迦ヶ岳、王岳
 大室山、岩殿山+三ツ峠、節刀ヶ岳、毛無山、瑞牆山+金峰山
 本社ヶ丸、三方分山、竜ヶ岳、杓子山、菜畑山、甲武信岳
 足和田山、御正体山、日向山、滝子山、今倉山、櫛形山
 高川山、九鬼山
2012年(45座)
 百蔵山+扇山、思親山、高ドッキョ+貫ヶ岳、白鳥山+蛾ヶ岳
 大栃山、春日山、曲岳+黒富士+太刀岡山、千頭星山+甘利山
 倉岳山+二十六夜山、小金沢山、富士見山
 要害山+帯那山+兜山+大蔵教寺山、源次郎岳+棚横手+達沢山
 茅ヶ岳+滝戸山、雲取山、大蔵高丸+笹子雁ヶ腹摺山+雁ヶ腹摺山
 七面山、仙丈岳、三石山、甲斐駒ヶ岳、雨乞岳、笠取山
 黒川山、三頭山+高柄山、山伏山、源氏山、鳥の胸山、権現山、篠井山
2013年(19座) 
 羅漢寺山、小楢山、八紘嶺、十枚山、横尾山、飛龍山、黒金山
 小川山、乾徳山、破風山+雁坂嶺、国師ヶ岳、鳳凰山、アサヨ峰
 権現岳+編笠山、富士山、八ヶ岳、笹山
2014年(1座)
 鶏冠山
2015年(5座)
 鋸岳、小太郎山(1日目)+北岳+間ノ岳+農鳥岳(2日目)
2016年(1座)
 笊ヶ岳
訪問者数:712人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/25
投稿数: 933
2016/7/5 8:14
 おめでとうございます✨✨✨
とうとうやりましたかっ*\(^o^)/*山梨100の達成、おめでとうございます✨✨
標高差2000mと聞いただけで、ひえ〜と思っていましたが、道中の難易度も高いですね〜💦渡渉は、水に入るのが前提なのですね!!(゚Д゚)そして、登り全体的に、苦行(笑)ロープ場のトラバースも足場がガレガレですね(^◇^;)山梨100キビシイなぁ(笑)
7月のノルマも早々に達成され、今月はこれからのんびりお山選びもできますかね♪
やぁあ、本当にすごいっ!!(≧∇≦)*/
登録日: 2012/3/4
投稿数: 372
2016/7/5 19:11
 Re: おめでとうございます✨✨✨
chi-sukeさん、こんばんは。
まさかの強風雨天で、山梨百名山完登記念山行となりましたが、
祝福ありがとうございます。
ま、ある意味「笊ヶ岳」が最後に残ったり、当日強風+大雨だったり、の
修行の様な山行は自分らしいかな、と思いました。

今年はここを目標に、山選びは想定「笊ヶ岳」のトレーニングの場でもありました。
笊に行けると確信したのは、八絋嶺〜山伏岳を余力を残して走破できた事、
信州峠〜小川山の長時間を歩いた事、ですかね。
今まで躊躇してきた山々を問題なく歩けたとの結果から、体力的に行けると。
ただあの崩落個所は嫌でしたが……(-。-)ボソッ
登録日: 2010/2/8
投稿数: 2486
2016/7/5 23:58
 おめでとうございます!
以前コメント交わしたことがあるように記憶してますが、よく拍手もありがとうございます。

それはそうと、
山梨百名山、完登おめでとうございます
山が多いのに山無し(梨)県とはよく言ったものですが、千葉県人からするとうらやましい限りです。
それに最後に難関の笊ヶ岳とは

次はどこを目指されるのでしょうか?
今後もまだまだ楽しみにしています
登録日: 2012/3/4
投稿数: 372
2016/7/6 6:16
 Re: おめでとうございます!
ShuMaeさん、おはようございます。
祝福ありがとうございます。
周辺に色々な山があり、なんとなく登っていましたが、
それが偶々山梨百名山だっと言う事です。
最後に笊ヶ岳が残ったのは本意ではありませんでしたが、
なんとか歩ききる事が出来ました。
今は山梨百名山同士のルートを繋ぐべく、インチキを混ぜながら歩いています。
登録日: 2010/5/2
投稿数: 2627
2016/7/17 11:28
 山梨百名山完登、おめでとうございます!
drunkさん、こんにちは!

超遅コメにて大変恐縮です。
山梨百は安易なものから、厳しいものまで
バリエーションがたくさんあって
最初のうちは数を稼げても、最後の方の詰めが非常に大変ですよね
私も亀のスピードでやってはいるのですが
最近安易なことばかりやっていて、数が増えず・・・

今回の笊ヶ岳も厳しかったことでしょう
老平のゲートの写真はレコ等で目にするのですが、
あそこを踏み出す腹もなかなか決まらないですよね。
格闘された状況がとてもよく伝わってきました
本当におつかれさまでした

また、いろいろと参考にさせていただきます
登録日: 2012/3/4
投稿数: 372
2016/7/17 15:17
 Re: 山梨百名山完登、おめでとうございます!
yamahiroさん、お久し振りです。
それからありがとうございます。

山梨百名山は2010年の楽々の「大菩薩嶺」から始まり
2016年、最強の「笊ヶ岳」で終わりました。
途中、大怪我をしたものの、ギプスのまま登山してみたり、
日本百名山にシフトして、山梨百名山から疎遠になったり、
また2014年は病により、登山そのものと疎遠になったり、と、色々ありました。

最後に4強が残りましたが、自分のレベルアップと共に
笹山→鶏冠山→鋸岳→笊ヶ岳の順に踏破する事ができました。
ちなみに、小太郎山もかなり難敵となります。

yamahiroさんも、山梨百頑張って下さい。
こちらは、今度は日本百名山に集中したいと思います。
また教えて下さい。
※仕事の関係でルート繋ぎがメインになりそうですが……。(-。-)ボソッ

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ