ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 910591 全員に公開 ハイキング近畿

水上山〜藤無山

日程 2016年06月12日(日) [日帰り]
メンバー oda-san
天候曇り〜雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間11分
休憩
1分
合計
7時間12分
Sスタート地点10:2511:24水上山13:34946PK14:27藤無山14:2814:58西谷登山口15:28ゆずりは17:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
水上山から藤無山へのルートは一般登山道ではなく、藪はほとんどありませんでしたが、尾根筋を間違えないように進むことが必要です。
結構アップダウンがあり距離が長く、体力に自信のある方に限ると思います。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

水上山〜藤無山〜銅山を巡り、富士野トンネルに降りる計画を立て、先に富士野トンネル付近に自転車を止めてから、この水上山の登山口(倉床の登山口)に戻ってきました。
2016年06月12日 10:28撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水上山〜藤無山〜銅山を巡り、富士野トンネルに降りる計画を立て、先に富士野トンネル付近に自転車を止めてから、この水上山の登山口(倉床の登山口)に戻ってきました。
ごく普通ですが、気持ち良い登山道が続きます。
2016年06月12日 10:39撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ごく普通ですが、気持ち良い登山道が続きます。
アンテナの残骸のようなものがありました。
2016年06月12日 11:02撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アンテナの残骸のようなものがありました。
約1時間で水上山到着です。もう少し早く着くかと思っていましたが、結構距離がありました。
ここから一般道とはお別れで、藤無山を目指しました。
2016年06月12日 11:20撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
約1時間で水上山到着です。もう少し早く着くかと思っていましたが、結構距離がありました。
ここから一般道とはお別れで、藤無山を目指しました。
一般道ではありませんでしたが、下草は少なく歩きやすい尾根筋です。
2016年06月12日 11:42撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一般道ではありませんでしたが、下草は少なく歩きやすい尾根筋です。
このような尾根筋が続きます。結構アップダウンがあり、体力が奪われます。
2016年06月12日 12:09撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このような尾根筋が続きます。結構アップダウンがあり、体力が奪われます。
ところどころにこのような黄色のテープがありますが、途中で途切れるので、あまり当てになりませんでした。ルートは自分で確認しながら進む必要があります。
2016年06月12日 12:32撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころにこのような黄色のテープがありますが、途中で途切れるので、あまり当てになりませんでした。ルートは自分で確認しながら進む必要があります。
ポイントにはこのようなテープがありましたが、この先には何もテープがなくなり、たどることはできません。やまり自分でルートファインディングが必要です。
2016年06月12日 12:46撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ポイントにはこのようなテープがありましたが、この先には何もテープがなくなり、たどることはできません。やまり自分でルートファインディングが必要です。
藤無山の方向と思います。結構距離があります。
2016年06月12日 12:56撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤無山の方向と思います。結構距離があります。
何かの残骸ですが、よく判りません。
2016年06月12日 12:57撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何かの残骸ですが、よく判りません。
藤無山にだいぶ近づいてきました。結構バテバテです。
2016年06月12日 13:05撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤無山にだいぶ近づいてきました。結構バテバテです。
これは銅山からの尾根筋との合流点と思われる場所の写真です。三角点がありました。
2016年06月12日 13:33撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは銅山からの尾根筋との合流点と思われる場所の写真です。三角点がありました。
藤無山の標識がありました。これをたどりますが、この時点で両足がつって、大ピンチになりました。
銅山に向かえるかどうか悩みどころです。
2016年06月12日 14:02撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤無山の標識がありました。これをたどりますが、この時点で両足がつって、大ピンチになりました。
銅山に向かえるかどうか悩みどころです。
1
へとへとになりながら、藤無山に到着です。銅山に向かう体力、気力がなく、とにかく一般道で下山することにしました。
2016年06月12日 14:23撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
へとへとになりながら、藤無山に到着です。銅山に向かう体力、気力がなく、とにかく一般道で下山することにしました。
1
下山は一般道で標識を辿りました。
2016年06月12日 14:54撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は一般道で標識を辿りました。
林道終点の藤無山登山口に到着です。
助かった。と思いましたが、実はここからが大変です。もともと下りようと思っていた場所とも、車を止めた場所とも全く違う場所に下りてしまったので、とにかくタクシーが呼べるところまで歩く必要がありました。
ただし、携帯の電波も届かず、ここから公文の集落までひたすら歩くことになりました。(しかも大雨)
2016年06月12日 14:58撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点の藤無山登山口に到着です。
助かった。と思いましたが、実はここからが大変です。もともと下りようと思っていた場所とも、車を止めた場所とも全く違う場所に下りてしまったので、とにかくタクシーが呼べるところまで歩く必要がありました。
ただし、携帯の電波も届かず、ここから公文の集落までひたすら歩くことになりました。(しかも大雨)
1
途中でやっと携帯の電波が得られ、タクシーを呼ぶことができました。これはタクシーと待ち合わせした公文の郵便局です。
ここからタクシーで元の倉床の登山口に戻りました。
安易に別の場所に下りて大失敗の山行でした。
2016年06月12日 17:38撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中でやっと携帯の電波が得られ、タクシーを呼ぶことができました。これはタクシーと待ち合わせした公文の郵便局です。
ここからタクシーで元の倉床の登山口に戻りました。
安易に別の場所に下りて大失敗の山行でした。

感想/記録

水上山〜藤無山〜銅山の縦走を企てましたが、一般道では無かったこと、距離が長かったこと、アップダウンが激しかったことなど重なり、途中で断念。さらに全く違うところに下りて大変なことになってしまった完全に失敗山行でした。遭難せずに本当に良かったと思います。
訪問者数:97人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 三角点 山行 遭難
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ