ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 910721 全員に公開 沢登り奥多摩・高尾

連続する滝テンポ良し!! 奥多摩、巳ノ戸谷を遡行!!

日程 2016年07月03日(日) [日帰り]
メンバー lesbourgeons, その他メンバー3人
天候晴れ時々曇り。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車に同乗、日原先の林道を入り、八丁目先の天祖山登山道入口付近のゲートに車を置いて出発。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間32分
休憩
1時間0分
合計
9時間32分
S天祖山登山道ゲート07:3507:50日原川渡渉地点08:2008:2515m大滝08:45忌山の悪場入口13:40五平窪出会付近14:0014:50ヤケト尾根1,247m地点15:0017:07八丁橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
次々に現れる滝をクリアーするテンポ良い良コース。
倒木が多いのはちょっと残念ですが、最後のご褒美は美しい3連の滝と左壁に掛かる大きなスダレ滝。
その他周辺情報広葉樹林帯が広がり、キノコ豊富です。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
沢靴 1 モンベル
沢靴下・スパッツ 1 キャラバン
1/25000地図 1 国土地理院
ヘルメット 1 マムート
コンパス 1 SILVA
1
筆記具 1
保険証 1
飲料 1 2L
ティッシュ 1 ウエットティッシュ
バンドエイド 1
タオル 1
個人装備品
数量
備考
携帯電話 1
雨具 1
着替え一式 1
着替え登山靴 1 ノースフェイス
非常食 1
食事 1
クマよけ鈴 1 奥日光
手袋 1
スリング 1
環ビナ 1
カラビナ 1
ハーネス 1 ブラックダイアモンド

写真

入渓地点。
とても穏やかな苔むす谷。
2016年07月03日 08:15撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入渓地点。
とても穏やかな苔むす谷。
3
15mの大滝。
見事な直瀑、右壁のふみ跡を辿って、高巻します。
2016年07月03日 08:24撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15mの大滝。
見事な直瀑、右壁のふみ跡を辿って、高巻します。
4
忌山の悪場入り口。
ゴルジュ帯はここから大きく左に折れ、滝が連続。
2016年07月03日 08:46撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忌山の悪場入り口。
ゴルジュ帯はここから大きく左に折れ、滝が連続。
3
忌山の悪場。
倒木も多く、結構難儀します。
2016年07月03日 08:52撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忌山の悪場。
倒木も多く、結構難儀します。
3
忌山の悪場。
4m滝は足場悪い。右壁を登る。
2016年07月03日 09:00撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忌山の悪場。
4m滝は足場悪い。右壁を登る。
2
忌山の悪場。
核心部ともいえる8m滝。
左壁を登ります。良いところに残置があり、助かります。
2016年07月03日 09:12撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忌山の悪場。
核心部ともいえる8m滝。
左壁を登ります。良いところに残置があり、助かります。
4
さらに、6m滝。
清冽な水の流れるゴルジュを進みます。
2016年07月03日 10:04撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに、6m滝。
清冽な水の流れるゴルジュを進みます。
3
忌山の悪場。
良い雰囲気の滝。
2016年07月03日 10:04撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忌山の悪場。
良い雰囲気の滝。
5
忌山の悪場。
昔は、この倒木が左側にあって、登りやすかったという。
2016年07月03日 10:06撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忌山の悪場。
昔は、この倒木が左側にあって、登りやすかったという。
3
忌山の悪場。
シダ、苔の壁を慎重に越えていきます。
2016年07月03日 10:09撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忌山の悪場。
シダ、苔の壁を慎重に越えていきます。
3
忌山の悪場。
6m滝を上から覗きこむ。
ここで、忌山の悪場のゴルジュは終了。
2016年07月03日 10:25撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忌山の悪場。
6m滝を上から覗きこむ。
ここで、忌山の悪場のゴルジュは終了。
4
倒木に悪戦苦闘しながら進むと、再びゴルジュ帯へ。
2016年07月03日 10:37撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木に悪戦苦闘しながら進むと、再びゴルジュ帯へ。
3
4m滝は右壁を登ります。
2016年07月03日 10:39撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4m滝は右壁を登ります。
4
さらに4m滝。
右側にへつり、滝の釜を左側に回り込み、とりついて水流に沿ってステップを取る。
2016年07月03日 11:02撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに4m滝。
右側にへつり、滝の釜を左側に回り込み、とりついて水流に沿ってステップを取る。
4
6m滝は右壁をトラバース気味に越える。
わたしは、壁出口で、ずるっとすべる、危ない危ない。。。
2016年07月03日 11:09撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6m滝は右壁をトラバース気味に越える。
わたしは、壁出口で、ずるっとすべる、危ない危ない。。。
3
見事なウスヒラタケ。
綺麗なキノコです。
2016年07月03日 11:44撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見事なウスヒラタケ。
綺麗なキノコです。
4
おお、最後に大物。
8m直瀑、右壁に取り付き慎重に越えていきます。
2016年07月03日 11:56撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお、最後に大物。
8m直瀑、右壁に取り付き慎重に越えていきます。
4
3連の滝。
癒しの穏やかな滝。
日が差し込み、とても美しい。
2016年07月03日 12:37撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3連の滝。
癒しの穏やかな滝。
日が差し込み、とても美しい。
4
3連の滝。
見事な滝の流れ。
2016年07月03日 12:39撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3連の滝。
見事な滝の流れ。
4
トイ状、4m滝。
まだまだ滝が連続です。
2016年07月03日 12:47撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイ状、4m滝。
まだまだ滝が連続です。
4
おお、キクラゲですね。
はじめて、白い野生のキクラゲを見ました。
2016年07月03日 13:05撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお、キクラゲですね。
はじめて、白い野生のキクラゲを見ました。
3
左壁には、10m超のスダレ滝。
奥多摩に、こんな滝天国があったなんて、知らなかった。
2016年07月03日 13:07撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左壁には、10m超のスダレ滝。
奥多摩に、こんな滝天国があったなんて、知らなかった。
4
五平窪出会付近。
ここからは倒木エリア。
遡行もここで終了。
2016年07月03日 13:52撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五平窪出会付近。
ここからは倒木エリア。
遡行もここで終了。
3
五平窪出会付近。
沢装備を仕舞い、戻りましょう。
左側のヤケト尾根を目指します。
2016年07月03日 13:52撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五平窪出会付近。
沢装備を仕舞い、戻りましょう。
左側のヤケト尾根を目指します。
4
五平窪出会付近。
テープに下山方向が示されています。
2016年07月03日 14:02撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五平窪出会付近。
テープに下山方向が示されています。
3
ヤケト尾根へ。
ザレた急斜面を慎重に登ります。
2016年07月03日 14:20撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤケト尾根へ。
ザレた急斜面を慎重に登ります。
3
ヤケト尾根へ。
緑の森が美しい。
2016年07月03日 14:37撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤケト尾根へ。
緑の森が美しい。
3
ヤケト尾根へ。
カラマツの緑と香りがいいですね。
2016年07月03日 14:38撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤケト尾根へ。
カラマツの緑と香りがいいですね。
3
ヤケト尾根へ。
見事なコケ。
2016年07月03日 14:40撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤケト尾根へ。
見事なコケ。
4
ヤケト尾根。
1,247m地点付近。
広い尾根は、現在地を見失いやすく、地図読みが大事です。
2016年07月03日 14:58撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤケト尾根。
1,247m地点付近。
広い尾根は、現在地を見失いやすく、地図読みが大事です。
3
ツキヨタケ。
見事な群落ですが、残念、毒キノコです。。。
2016年07月03日 15:47撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツキヨタケ。
見事な群落ですが、残念、毒キノコです。。。
3
つり橋。
帰りは、崖路のトラバースがずっと続く。
滑れば、日原川に一直線という危ない道を慎重に下りました。
2016年07月03日 16:43撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つり橋。
帰りは、崖路のトラバースがずっと続く。
滑れば、日原川に一直線という危ない道を慎重に下りました。
4
なるほど、ヤケト尾根方面は通行止め。
あくまで自己責任。
この後、天祖山登山道入口ゲートに戻り、山行終了。
お疲れさまでした。
2016年07月03日 16:49撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なるほど、ヤケト尾根方面は通行止め。
あくまで自己責任。
この後、天祖山登山道入口ゲートに戻り、山行終了。
お疲れさまでした。
3

感想/記録

山岳会の皆さんに、奥多摩・巳ノ戸谷へ連れて行っていただきました。

車で八丁橋先の天祖山登山道入口まで入り、登山道入口にあるゲートを越えて出発でです。
左側ガードの切れ目、赤いペンキが日原川への降下ポイントです。

日原川河原で遡行準備して、日原川を右岸へ渡って出発、程なく入渓地点に到達、緩い沢沿いの道を進むと、すぐに15mの大滝が現れます。

直瀑の見事な滝は右側に高巻き、苔と岩、小石の沢床を進んで20分ほど歩くと忌山の悪場と呼ばれるゴルジュ帯に到達します。

忌山の悪場のゴルジュ帯は、入口から直ぐ左に大きく折れ、滝が連続しています。
先ずは3m、3m、4mと次々に滝を越えていきます。

足場の悪い4mの滝を越えると、今日の核心部といえる8mの滝が現れます。
8m滝は左壁を登ります。
なかなか足場の確保が難しい壁ですが、丁度良いところに残置があります。
私も先行者の足場、手の置き場を注視して、見様見真似で何とか登りました。

8mの滝を過ぎても、忌山の悪場は、尚も3m以下の滝が連続していきます。
倒木が多いため、やや難儀する個所も多いです。
そして、最後に6mの滝。
シダや苔の生えた滝の左壁を慎重に直登します。

忌山の悪場を越えると、またしても倒木の多い谷の遡行となります。
倒木・小滝と越えていくと、大釜のある4m滝、右側にへつりながら取り付き、水の落ち口に沿ってステップを刻んで登ります。

左手に小屋跡を見遣りながら、倒木エリアをさらに進むと、6mの滝に到達。
直登は難しく、右岸に取り付き、ややトラバース気味に越えます。

その後は、小さな滝、倒木をクリアーしながら先に進むと、沢筋も穏やかになってきます。
私も、多少緊張が解けてきて、一息ついたころに最後に行く手を阻む8mの直瀑が現れます。
滝は、上部で2丈に分かれた直瀑、滝壺に水しぶきがミスト状に舞い上がり、滝壺近くは寒いくらいに涼しい。
ホールド、スタンスがある右壁を登ります。
私も登るが、途中で足の置き場を見失って停止、周囲を見回し、いくつもの足の置き場になりそうなところをトライ、やっと見つけて、再び滝上を目指します。

さらに進むと見事な3連の滝が現れます。
丁度、日が差し込み、滝が輝いている。奥多摩にもこんな世界があるのかと、暫し見惚れます。

さらに進むと、左手に見事な10mのすだれ状になった滝、その先は、倒木エリアを抜けると、五平窪出会付近に小さな広場が現れ、ここで遡行終了です。

帰りは、山道を示すテープ横から、右岸にあるヤケト尾根の尾根筋を目指す。

尾根筋へは、初め急こう配の足場が悪く所々ザレた斜面を登り、やがて、一転して、緩く広い尾根筋に。
モミ・ブナの森は、静かで気持ち良いです。
緩やかで広い尾根はを下り、やがて1,247m峰付近で一息入れます。

1,247m峰から更に下ると、尾根は再び急こう配な斜面に。
滑落事故を起こしそうな急斜面をトラバースし続けるルートは、最後まで気を抜くことができません。

やがて、つり橋が現れ、少し登り返せば、八丁橋へと続く林道に到達、あとは、林道を緑の木々を愛でながら、八丁橋に戻り、山行終了です。

巳ノ戸谷は、滝の連続する沢の魅力に溢れる好ルートです。倒木が多く閉口する場面もありましたが、沢は2回目という私にとっては、奥多摩にこんな綺麗な滝があちこちに落ちる世界があるのかと、驚きながらの山行でした。
また、山岳会の皆様に登攀技術、ロープワーク、歩き方等々を教わり、何れも大変に勉強になった一日でもありました。
ご同行してくださった方々に感謝せずにはいられません。
訪問者数:200人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/3/2
投稿数: 3459
2016/7/9 9:49
 ありゃ?
本格的な沢登りですね。
いらっしゃ〜ぃ
良いですね〜
くれぐれも、滑落注意です。
って、自分もそうですが…。

お疲れさまでした〜。
登録日: 2014/5/16
投稿数: 521
2016/7/9 23:59
 デンジャラス涼しげ〜 カッキー💦Σ(゚Д゚)スゲェ!!
les様 新境地を爆進中でございます〜

ワクワク楽しませていただきました。良い指導者様に恵まれて、
慎重なles様ゆえ安心しております。(YDKのles様ですしw✌)
今後のレコが楽しみでございます。(=^ェ^=)
登録日: 2011/10/30
投稿数: 674
2016/7/10 12:04
 涼しそう!
lesbourgeonsさん、こんにちは

沢登りとは、この季節にピッタリですね。
清涼感満点で見ているだけで、暑さが和らぎます。
やってみると大変そうですが。
登録日: 2013/6/9
投稿数: 1532
2016/7/11 22:29
 Re: ありゃ?
ringo-yaさん、こんばんは。
沢登りは楽しいです。
滝のクリアは難しいですね。
もう少し技量を上げて行きたいです。
安全第一で楽しく続けて行きたいです。
登録日: 2013/6/9
投稿数: 1532
2016/7/11 22:32
 Re: デンジャラス涼しげ〜 カッキー💦Σ(゚Д゚)スケ...
obanyanさん、こんばんは。
沢登りは、少しづつ、上達したいと思っています。
新境地は不安な面もありますが、行かねば見えないところもあり、ワクワクします。
あくまでも安全第一で、頑張ってみようと思っています。
登録日: 2013/6/9
投稿数: 1532
2016/7/11 22:36
 Re: 涼しそう!
yaimatsuさん、こんばんは。
沢登りはこの時期とても良いです。
涼しく、下界の暑さと無縁です。
けれども、安全には気をつけないといけませんね。
無理せず、できる範囲で頑張ってみようと思っています。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ