ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 910777 全員に公開 沢登り谷川・武尊

谷川・東黒沢〜ウツボギ沢左俣

日程 2016年07月03日(日) 〜 2016年07月04日(月)
メンバー midori28, その他メンバー3人
天候1日目:曇り、夕方雨
2日目:早朝雨、曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
上毛高原8:10ー白毛門登山口駐車場8:30
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

1日目>白毛門登山口駐車場9:00−東黒沢9:05−白毛門沢出合10:05−丸山乗越14:00−ウツボギ沢14:55−広河原15:00
2日目>広河原6:15−二俣7:00−稜線10:30〜40−白毛門11:15〜30−登山口駐車場14:05
その他周辺情報日帰り入浴:湯テルメ谷川(570円)
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

白毛門登山口駐車場。草むらに駐車したらヘビ(マムシ?)がいたので、すぐに車を移動した(TT;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白毛門登山口駐車場。草むらに駐車したらヘビ(マムシ?)がいたので、すぐに車を移動した(TT;)
3
入渓して間もなく綺麗なナメが登場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入渓して間もなく綺麗なナメが登場。
1
ハナゲの滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハナゲの滝。
2
上部はぬめっていたので、ザイルを出してもらった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部はぬめっていたので、ザイルを出してもらった。
3
白毛門沢出合で休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白毛門沢出合で休憩。
1
小滝を登ると…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝を登ると…
1
小滝を登ると…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝を登ると…
1
前回遡行した時よりぬめっているので慎重に足を運ぶ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回遡行した時よりぬめっているので慎重に足を運ぶ。
1
小滝を登ると…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝を登ると…
2
またまたナメ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまたナメ。
2
沢が段々狭くなるが最後まで水が枯れることなく詰め上げる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢が段々狭くなるが最後まで水が枯れることなく詰め上げる。
1
最後の二股で右をミスチョイス。左にトラバースして乗越に着くと、踏み跡があり自然に沢に導かれる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の二股で右をミスチョイス。左にトラバースして乗越に着くと、踏み跡があり自然に沢に導かれる。
1
沢の下りは案外疲れるもので、ウツボギ沢まで長く感じた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の下りは案外疲れるもので、ウツボギ沢まで長く感じた。
1
広河原に先客はなく、なんと薪付きの焚き火床があり、ありがたく使わせていただいた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原に先客はなく、なんと薪付きの焚き火床があり、ありがたく使わせていただいた。
1
焚き火を囲んで楽しいひと時。Mさんの釣りの成果は?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焚き火を囲んで楽しいひと時。Mさんの釣りの成果は?
5
翌朝4時ごろから雨が降り出したが、焚き火の上に張っていただいたタープのおかげで、濡れずに朝の支度ができた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝4時ごろから雨が降り出したが、焚き火の上に張っていただいたタープのおかげで、濡れずに朝の支度ができた。
5
出発する頃には雨も上がり、青空が広がった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発する頃には雨も上がり、青空が広がった。
2
ウツボギ沢は4人とも初めての沢。期待でワクワクしながら入渓。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウツボギ沢は4人とも初めての沢。期待でワクワクしながら入渓。
1
この滝は右から巻いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この滝は右から巻いた。
2
ナメ滝の連続に歓声が上がる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメ滝の連続に歓声が上がる。
2
登れる小滝が続き楽しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登れる小滝が続き楽しい。
2
ヌメヌメに見えるが東黒沢ほどは滑らない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヌメヌメに見えるが東黒沢ほどは滑らない。
3
釜をへつったCLがちょっと滑ったのを見て、左から巻いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釜をへつったCLがちょっと滑ったのを見て、左から巻いた。
3
ザイルが出て水流の右を登った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザイルが出て水流の右を登った。
3
最後に長いナメ滝を登り、枝沢が入るたびに水量が多いほうを選んで登っていった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に長いナメ滝を登り、枝沢が入るたびに水量が多いほうを選んで登っていった。
2
水が枯れると、笹藪を匍匐前進し、最後にちょっと笹と格闘したら登山道1690m付近に出た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水が枯れると、笹藪を匍匐前進し、最後にちょっと笹と格闘したら登山道1690m付近に出た。
2
左笠ヶ岳、右朝日岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左笠ヶ岳、右朝日岳。
1
谷川岳方面は雲がかかっていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳方面は雲がかかっていた。
1
白毛門はすぐそこ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白毛門はすぐそこ。
1
白毛門山頂から一ノ倉沢を見る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白毛門山頂から一ノ倉沢を見る。
3
下山途中見えたジジ岩とババ岩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中見えたジジ岩とババ岩
2
激下りに膝が悲鳴を上げたころ、やっと登山口に着いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
激下りに膝が悲鳴を上げたころ、やっと登山口に着いた。
2

感想/記録

3年前に湯檜曽川東黒沢〜宝川ナルミズ沢を遡行した。
どちらの沢も小滝とナメが繰り返し登場し、特にナルミズ沢の明るさと釜の水の色の美しさに感動したが、稜線に出てからが長く、「天国のツメ、地獄の下山」と言われるナルミズ沢の過酷な下山の洗礼を受け、7時間半近くかかってヨレヨレで下山した。
もう一度遡行したいがあの下山だけは勘弁してほしい…ということで、今回はウツボギ沢を遡行することにした。
東黒沢は3年前に比べて岩がぬめっていてよく滑った。ハナゲの滝は3回目にして始めて、上部でザイルを出してもらった。広河原に着いた途端雨が降り出したが、初めてご一緒したMさんが、焚き火用のタープを張ってくださったお陰で、焚き火を囲んで楽しい夕餉となった。
2日目明け方に少し雨が降ったが、出発する頃にはすっかり上がり、時折青空が広がる中ウツボギ沢を遡行した。登れる小滝とナメが交互に現れ、小粒だが楽しい沢だった。ツメは少しの藪漕ぎで、笠ヶ岳南1690m付近に出て、そこから35分で白毛門山頂に立つことができた。しかしここからが大変で、岩場の下降に緊張を強いられ、急な下りは木の根を掴んで後ろ向きで下り・・・。
前回のナルミズ沢の時の下山と比べると、時間的には大幅に短縮されたが疲労度は同じで、問題は長さではなく白毛門からの「激下り」にあると思い知らされた。
東黒沢とウツボギ沢は沢の雰囲気が似ているので、東黒沢〜ナルミズ沢のほうが変化に富んでお勧めです。脚力に自信がある方はどうぞ!
訪問者数:447人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

乗越 マムシ 左俣 藪漕ぎ 出合 ザイル
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ