ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 910987 全員に公開 ハイキング白馬・鹿島槍・五竜

餓鬼岳[ガキダケ] … 63座(163座)目の二百名山

日程 2016年07月02日(土) 〜 2016年07月03日(日)
メンバー takakei, その他メンバー1人
天候1日目:曇り/晴れ 2日目:雨/曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大町市の「国営アルプスあづみの公園 大町・松川地区」を目指し、ゲート前をそのまま直進してコングランド(モトクロス場)も過ぎ1km程進むと道が二股に分かれる地点に着きます。その二股の手前左側に駐車スペースがあります。
公衆トイレは有りませんでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間46分
休憩
1時間58分
合計
8時間44分
Sスタート地点07:0607:15白沢登山口07:58<休憩>08:0808:35魚止ノ滝08:55<休憩>09:1509:26最終水場10:00<休憩>10:1010:50<休憩>11:0011:55大凪山12:1013:15P2,23513:2513:55<休憩>14:1515:20餓鬼岳小屋15:2515:30餓鬼岳15:4815:50餓鬼岳小屋
2日目
山行
3時間30分
休憩
45分
合計
4時間15分
餓鬼岳小屋05:5606:26<休憩>06:3107:01<休憩>07:0607:20大凪山07:2508:10<休憩>08:1508:23最終水場08:46魚止ノ滝08:5109:25<休憩>09:4009:59白沢登山口10:0410:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険なところは有りませんでした。
登山ポストは餓鬼岳登山口に有ります。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

6時40分、白沢登山口駐車スペースに着きました。既に2台が駐車していましたが4〜5台は駐車できます。尚、少し手前の右側にも駐車スペースが有りました。
2016年07月02日 06:44撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6時40分、白沢登山口駐車スペースに着きました。既に2台が駐車していましたが4〜5台は駐車できます。尚、少し手前の右側にも駐車スペースが有りました。
駐車スペースから来た方向を見た様子です。
2016年07月02日 06:45撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車スペースから来た方向を見た様子です。
7時6分、「餓鬼岳登山口」の標識のところから登山を開始しました。ここに登山ポストも有りました。
2016年07月02日 07:06撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7時6分、「餓鬼岳登山口」の標識のところから登山を開始しました。ここに登山ポストも有りました。
1
最初は未舗装の林道歩きからスタートです。
2016年07月02日 07:09撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は未舗装の林道歩きからスタートです。
歩き始めて10分ほどで林道終点に着きました。ここに「白沢登山口」の標識が有りました。
2016年07月02日 07:15撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めて10分ほどで林道終点に着きました。ここに「白沢登山口」の標識が有りました。
1
白沢登山口からの歩き始めは平坦な道です。
2016年07月02日 07:16撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白沢登山口からの歩き始めは平坦な道です。
直に白沢を左岸から右岸に渡ることになりました。
2016年07月02日 07:19撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直に白沢を左岸から右岸に渡ることになりました。
右岸沿いの道を進むと、
2016年07月02日 07:31撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸沿いの道を進むと、
直ぐに沢床の歩きとなって、再び左岸に渡る橋が見えてきました。
2016年07月02日 07:32撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直ぐに沢床の歩きとなって、再び左岸に渡る橋が見えてきました。
左岸に渡った後、また直ぐに右岸に渡り返し、
2016年07月02日 07:34撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸に渡った後、また直ぐに右岸に渡り返し、
梯子の多い急登となりました。
2016年07月02日 07:37撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子の多い急登となりました。
紅葉ノ滝付近の沢の様子です。
2016年07月02日 07:41撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉ノ滝付近の沢の様子です。
枝沢を横断して、
2016年07月02日 07:50撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枝沢を横断して、
沢沿いの山腹歩きが続きます。
2016年07月02日 07:54撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの山腹歩きが続きます。
7時55分、標高1,180m付近、紅葉ノ滝と魚止ノ滝とのほぼ中間点にきました。
2016年07月02日 07:55撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7時55分、標高1,180m付近、紅葉ノ滝と魚止ノ滝とのほぼ中間点にきました。
カラマツソウ(落葉松草、唐松草)
2016年07月02日 07:58撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カラマツソウ(落葉松草、唐松草)
山腹から沢に出たところで7時58分から10分間1回目の休憩をとりました。そこから見た沢の下流側の様子です。
2016年07月02日 08:04撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山腹から沢に出たところで7時58分から10分間1回目の休憩をとりました。そこから見た沢の下流側の様子です。
同じく上流側の様子です。
2016年07月02日 08:04撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく上流側の様子です。
相変わらず沢の横断と山腹歩きの繰り返しが続きます。
2016年07月02日 08:09撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらず沢の横断と山腹歩きの繰り返しが続きます。
歩き始めて1時間20分ほど経つのに沢床と山腹の上り下りを繰り返していて、標高は未だ1,280mほどで300mも登っていません。
2016年07月02日 08:25撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めて1時間20分ほど経つのに沢床と山腹の上り下りを繰り返していて、標高は未だ1,280mほどで300mも登っていません。
1
8時28分、漸く魚止ノ滝が見えてきました。
2016年07月02日 08:28撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8時28分、漸く魚止ノ滝が見えてきました。
魚止ノ滝を目指して沢床を進みます。
2016年07月02日 08:28撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚止ノ滝を目指して沢床を進みます。
滝が近づいたところで右岸の山腹に取付き、
2016年07月02日 08:30撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝が近づいたところで右岸の山腹に取付き、
滝の落口と同じ位の高さまで登ったところに「魚止ノ滝」の標識がありました。
2016年07月02日 08:36撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の落口と同じ位の高さまで登ったところに「魚止ノ滝」の標識がありました。
「魚止ノ滝」を回り込んだところで沢に下り左岸を進みます。
2016年07月02日 08:44撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「魚止ノ滝」を回り込んだところで沢に下り左岸を進みます。
沢歩きが続き、この後8時55分から9時15分まで大休止をとりました。
2016年07月02日 08:51撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢歩きが続き、この後8時55分から9時15分まで大休止をとりました。
沢床から離れ右岸を進むようになったものの、未だ「最終水場」に達していないので沢から離れたわけでは無さそうです。
2016年07月02日 09:22撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢床から離れ右岸を進むようになったものの、未だ「最終水場」に達していないので沢から離れたわけでは無さそうです。
サンカヨウ(山荷葉)の実
2016年07月02日 09:23撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サンカヨウ(山荷葉)の実
9時26分、歩き始めて2時間20分かかって最終水場に着きましたが、未だ500mしか登っていません。
2016年07月02日 09:26撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時26分、歩き始めて2時間20分かかって最終水場に着きましたが、未だ500mしか登っていません。
ゴゼンタチバナ(御前橘)
2016年07月02日 09:53撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ(御前橘)
標高1,600m辺りから少し急なジグザグの登りとなり、1,650m付近で10時から10分間の休憩をとることにしました。
2016年07月02日 09:58撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1,600m辺りから少し急なジグザグの登りとなり、1,650m付近で10時から10分間の休憩をとることにしました。
休憩地点からは大町側の鍬ノ峰が見えました。
2016年07月02日 10:04撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩地点からは大町側の鍬ノ峰が見えました。
ショウキラン(鍾馗蘭)
2016年07月02日 10:11撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショウキラン(鍾馗蘭)
ショウキラン(鍾馗蘭)
2016年07月02日 10:12撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショウキラン(鍾馗蘭)
1
タニウツギ(谷空木)
2016年07月02日 10:15撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タニウツギ(谷空木)
タニウツギ(谷空木)
2016年07月02日 10:15撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タニウツギ(谷空木)
標高1,650m付近でほぼ等高線沿いに進むようになりました。
2016年07月02日 10:18撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1,650m付近でほぼ等高線沿いに進むようになりました。
オオヤマレンゲ(大山蓮華)
2016年07月02日 10:27撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオヤマレンゲ(大山蓮華)
2
オオヤマレンゲ(大山蓮華)
2016年07月02日 10:27撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオヤマレンゲ(大山蓮華)
2
その後、再びジグザグの登りとなりました。標高1,710m付近の様子です。
2016年07月02日 10:29撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後、再びジグザグの登りとなりました。標高1,710m付近の様子です。
晴れてきて鍬ノ峰の右側に大町市街が見えてきました。
2016年07月02日 11:01撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れてきて鍬ノ峰の右側に大町市街が見えてきました。
10時50分から10分間、ガレ場の広いところで4回目の休憩をとりました。
2016年07月02日 11:01撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時50分から10分間、ガレ場の広いところで4回目の休憩をとりました。
1
晴れて日も射し始めた中、標高1,900m付近からジグザグの登りが続くようになりました。
2016年07月02日 11:15撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れて日も射し始めた中、標高1,900m付近からジグザグの登りが続くようになりました。
ゴゼンタチバナ(御前橘)
2016年07月02日 11:16撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ(御前橘)
ギンリョウソウ(銀竜草)
2016年07月02日 11:40撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ(銀竜草)
標高2,050m付近でジグザグの急登が終わり、なだらかな直線の登りとなりました。
2016年07月02日 11:54撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2,050m付近でジグザグの急登が終わり、なだらかな直線の登りとなりました。
11時55分、歩き始めて4時間かかって大凪山に着きました。但し、地理院地図の2,079m標記点よりかなり手前のようです。
2016年07月02日 11:56撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時55分、歩き始めて4時間かかって大凪山に着きました。但し、地理院地図の2,079m標記点よりかなり手前のようです。
大凪山頂上にて5回目、15分間の休憩をとりました。
2016年07月02日 12:09撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大凪山頂上にて5回目、15分間の休憩をとりました。
1
大凪山の緩やかな稜線を進むと漸く餓鬼岳と思われる山が見えてきました。
2016年07月02日 12:17撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大凪山の緩やかな稜線を進むと漸く餓鬼岳と思われる山が見えてきました。
大凪山の緩やかな稜線を進み、
2016年07月02日 12:18撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大凪山の緩やかな稜線を進み、
地形図上の2,079m(大凪山頂上)付近にきました。
2016年07月02日 12:27撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形図上の2,079m(大凪山頂上)付近にきました。
木間から針ノ木岳と蓮華岳が見え、
2016年07月02日 12:33撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木間から針ノ木岳と蓮華岳が見え、
鹿島槍の双耳峰も見えました。
2016年07月02日 12:51撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍の双耳峰も見えました。
大凪山と2,235m小ピークとの鞍部から小ピークへの登り(標高2,130m付近)です。この後、小ピークで13時15分から10分間6回目の休憩をとりました。
2016年07月02日 12:53撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大凪山と2,235m小ピークとの鞍部から小ピークへの登り(標高2,130m付近)です。この後、小ピークで13時15分から10分間6回目の休憩をとりました。
小ピークでは晴れて富士山が見えました。
2016年07月02日 13:26撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小ピークでは晴れて富士山が見えました。
2
もう少しアップで。
2016年07月02日 13:26撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しアップで。
2
快晴になってきました。
2016年07月02日 13:35撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴になってきました。
標高2,250m付近、「百曲り」前のほぼ平らな登山道となりました。
2016年07月02日 13:37撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2,250m付近、「百曲り」前のほぼ平らな登山道となりました。
快晴となり露岩帯が見えてきました。この後13時55分から7回目の休憩を20分間とりました。
2016年07月02日 13:46撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴となり露岩帯が見えてきました。この後13時55分から7回目の休憩を20分間とりました。
標高2,400m付近の「百曲り」ジグザグ路の様子です。
2016年07月02日 14:26撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2,400m付近の「百曲り」ジグザグ路の様子です。
コイワカガミ(小岩鏡)
2016年07月02日 14:33撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コイワカガミ(小岩鏡)
シナノキンバイ(信濃金梅)
2016年07月02日 14:39撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シナノキンバイ(信濃金梅)
シナノキンバイ(信濃金梅)
2016年07月02日 14:59撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シナノキンバイ(信濃金梅)
歩き始めて8時間弱、漸く「小屋まで15分」の標識が出てきました。
2016年07月02日 14:59撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めて8時間弱、漸く「小屋まで15分」の標識が出てきました。
浅間山が見えてきて、
2016年07月02日 15:01撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山が見えてきて、
八ヶ岳も見えています。
2016年07月02日 15:01撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳も見えています。
餓鬼岳頂上も見えてきました。
2016年07月02日 15:02撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
餓鬼岳頂上も見えてきました。
チングルマ(稚児車)
2016年07月02日 15:03撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマ(稚児車)
アオノツガザクラ(青の栂桜)
2016年07月02日 15:03撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アオノツガザクラ(青の栂桜)
ハクサンチドリ(白山千鳥)
2016年07月02日 15:04撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンチドリ(白山千鳥)
1
キヌガサソウ(衣笠草)
2016年07月02日 15:06撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キヌガサソウ(衣笠草)
チングルマ(稚児車)
2016年07月02日 15:08撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマ(稚児車)
15時20分、休憩が多かったとは言え8時間44分もかかって餓鬼岳小屋に着きました。
2016年07月02日 15:20撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15時20分、休憩が多かったとは言え8時間44分もかかって餓鬼岳小屋に着きました。
餓鬼岳小屋前の道標です。
2016年07月02日 15:20撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
餓鬼岳小屋前の道標です。
1
小屋に荷物を置いて頂上へ。15時30分、餓鬼岳頂上に着きました。
2016年07月02日 15:30撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋に荷物を置いて頂上へ。15時30分、餓鬼岳頂上に着きました。
5
頂上からの剣ズリと燕岳です。
2016年07月02日 15:31撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上からの剣ズリと燕岳です。
4
少しアップで。
2016年07月02日 15:31撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しアップで。
1
有明山と安曇野です。
2016年07月02日 15:31撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有明山と安曇野です。
浅間山も目立ちます。
2016年07月02日 15:31撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山も目立ちます。
浅間山と志賀高原の山々。
2016年07月02日 15:31撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山と志賀高原の山々。
頂上三角点。
2016年07月02日 15:31撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上三角点。
針ノ木岳と蓮華岳。
2016年07月02日 15:32撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針ノ木岳と蓮華岳。
1
針ノ木岳、蓮華岳と爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳。
2016年07月02日 15:32撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針ノ木岳、蓮華岳と爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳。
2
頂上標識と祠。
2016年07月02日 15:32撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上標識と祠。
2
頂上にて記念にセルフで。
2016年07月02日 15:35撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上にて記念にセルフで。
7
唐沢岳と烏帽子岳。
2016年07月02日 15:36撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢岳と烏帽子岳。
1
野口五郎岳と烏帽子岳。
2016年07月02日 15:36撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野口五郎岳と烏帽子岳。
大町市街。
2016年07月02日 15:47撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大町市街。
2
15時48分に下山を開始して小屋に戻りました。
2016年07月02日 15:48撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15時48分に下山を開始して小屋に戻りました。
1
シャクナゲ(石楠花)
2016年07月02日 15:50撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ(石楠花)
餓鬼岳小屋の内部です。
2016年07月03日 05:05撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
餓鬼岳小屋の内部です。
3
反対側から。
2016年07月03日 05:05撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側から。
2
餓鬼岳小屋の朝食です。
2016年07月03日 05:05撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
餓鬼岳小屋の朝食です。
1
餓鬼岳小屋前から見た餓鬼岳頂上。
2016年07月03日 05:41撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
餓鬼岳小屋前から見た餓鬼岳頂上。
餓鬼岳小屋前から見た剣ズリ。
2016年07月03日 05:43撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
餓鬼岳小屋前から見た剣ズリ。
5時56分、小雨の中を下山開始しました。
2016年07月03日 05:56撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5時56分、小雨の中を下山開始しました。
7時20分、大凪山まで戻ってきて、
2016年07月03日 07:20撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7時20分、大凪山まで戻ってきて、
8時23分、最終水場を通過しました。
2016年07月03日 08:23撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8時23分、最終水場を通過しました。
魚止ノ滝手前で左岸から右岸に渡ります。
2016年07月03日 08:39撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚止ノ滝手前で左岸から右岸に渡ります。
8時46分、魚止ノ滝を通過し、
2016年07月03日 08:46撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8時46分、魚止ノ滝を通過し、
9時25分、雨が止んだので15分間休憩して雨具を脱ぎました。
2016年07月03日 09:40撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時25分、雨が止んだので15分間休憩して雨具を脱ぎました。
10時11分、小屋から4時間15分かかって下山しました。
2016年07月03日 10:11撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時11分、小屋から4時間15分かかって下山しました。
餓鬼岳小屋で頂いた登頂証明?
2016年07月03日 18:34撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
餓鬼岳小屋で頂いた登頂証明?
3
撮影機材:

感想/記録

5月の大無間山、6月の芦別岳、夕張岳に続き63座目の二百名山(百名山を含むと163座目)となる餓鬼岳に登ることにしました。
今年は積雪が少なく、餓鬼岳小屋も7月1日には営業を開始しているとのことだったので7月2日〜3日で登ることにしました。
天気予報は曇り/雨で良くなさそうでしたが登山口で判断することにして、6時40分に白沢登山口手前の駐車スペースに着きました。

曇ってはいるものの雨は降っていないため7時6分に駐車スペースの少し先の林道が左右に分かれる地点の餓鬼岳登山口より左側の林道歩きから登山を開始。
未舗装の林道を10分ほど歩くと林道終点となり、「白沢登山口」の標識がありました。
そこからは白沢を横断して山腹を歩いたり、沢床を歩いたりの繰り返しとなり、「最終水場」まで3km強の歩行距離に対して高度は500m程しか稼げず、しかも思いのほか時間がかかりました。
今日は餓鬼岳小屋泊りなので時間にゆとりがあり、1時間弱の歩行に対して10分強の休憩をとることにしましたが、最終水場まで歩行時間1時間50分、休憩時間30分の計2時間20分を費やしました。

最終水場を過ぎると曇りから晴れに変わり始め、道も普通の登山道となりました。ここから大凪山までは歩行距離2km程に対し高度差600m弱の登りで歩行時間2時間9分、休憩時間20分の計2時間29分を費やしましたが、
色々な高山植物が現れ、登山道も変化に富んでいて飽きずに登ることができました。

大凪山から「百曲り」手前までは緩やかな稜線歩きとなり、天気も晴れから快晴になってきたこともあって、針ノ木岳や蓮華岳、鹿島槍ヶ岳が木間から見え、遥か彼方には富士山も見えました。
百曲りから餓鬼岳小屋までは色々な高山植物に加え、浅間山や八ヶ岳連峰等も眺められるようになり楽しく登ることができました。
大凪山から餓鬼岳小屋までは歩行距離2.6km強に対し高度差550m程の登りで歩行時間2時間45分、休憩時間40分の計3時間25分を費やしましたが、花や景色を眺めるのにかなりの時間を費やしました。

天気が悪くなりそうだったので餓鬼岳小屋に着いた後、荷物を置いて頂上に向かいました。
頂上からは雲がかかって見れない山々も一部ありましたが、頂上からの展望は素晴らしく、昨年大町ダムから見上げた餓鬼岳を今度は餓鬼岳からダムを見下ろして灌漑も一入でした。

餓鬼岳小屋はこじんまりとした小屋で寝るところと食事をとるところが一緒だったので移動する必要がなく楽でした。また、寝過ごす心配もありませんでした。
夜から雨となり、翌朝も小雨が降ったり止んだりしていましたが、朝食が5時からだったので6時半の出発予定を早め、5時56分に雨具を着けて下山を開始しました。

雨と蒸れでずぶ濡れになり10時11分に駐車スペースに下山しましたが、9時過ぎには雨が止み曇りから晴れへと変わってきました。
帰途によく利用している安曇野の「山のたこ平」で入浴して乾いた衣類に着替え、さっぱりとした状態で帰ることができました。

日帰りも可能な山ですが、高山植物が沢山あり、また眺めも良くて変化に富んだ山なので餓鬼岳小屋泊りでゆっくり登るのが良い山であると感じました。
訪問者数:662人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/3/9
投稿数: 280
2016/7/10 21:10
 初めまして!
登山道の様子がよくわかり、とても参考になりました!
お聞きしたいのですが、桟橋のようなものをいくつも渡るようですが、手すりがついてない箇所は結構ありましたか?
怖がりなもので気になります(^_^;)

また、山と高原地図に記載のコースタイムは厳しめな感じでしょうか?
登録日: 2013/10/26
投稿数: 3
2016/7/11 7:46
 Re: 初めまして!
こんにちは!
沢を横断するための橋や山腹のトラバース等で少しでも危険が感じられる箇所には手摺りやロープが設置されています。
また、恐怖感を覚えるような高度感を感じる箇所はありません。
貴女の記録を拝見させていただきましたが、その経歴から察すると全く問題が無いと思います。

コースタイムはご存知のように個人差があり、また同じ人でもその時の体調や天候、同行者の有無・人数等によって変わりますので、他の山のガイドタイムと実際にかかったタイムとの差から推測されるのが良いと思います。
因みに私は大体ガイドタイムと同じ時間で登りますが、そこで会う人の7割の方々は私より速く登っています。
手持ちの「鹿島槍・五竜岳」2007年版では登山口から餓鬼岳小屋まで6時間30分となっていて、私は6時間49分(写真を沢山撮りながら)なので、特に厳しめとは思いませんが…。
登録日: 2014/3/9
投稿数: 280
2016/7/11 17:54
 Re[2]: 初めまして!
詳しくありがとうございます!
参考にさせていただきます。
天気が好転したら、三連休に行きたいと思います。
高所苦手なので少し安心しましたヾ(o´∀`o)ノ

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ