ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 911782 全員に公開 沢登り飯豊山

雨乞峰・小面峰(敗退) 〜蒜場山南西稜〜

日程 2016年07月09日(土) [日帰り]
メンバー catwalk15
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間10分
休憩
45分
合計
9時間55分
Sスタート地点07:5008:10吊橋08:1508:40尾根乗越08:4509:55鈴ヶ滝出合(455m)10:0010:45雨乞沢出合(600m)10:5013:15雨乞峰13:3014:001050m14:0515:25水無沢出合16:05鈴ヶ滝出合(455m)17:05尾根乗越17:1017:30吊橋17:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
(参考)
下越山岳会 様 2016年3月26〜27日 小面峰
  (三川オートキャンプ場から小面峰南西尾根経由でアタックされています)
http://www.inet-shibata.or.jp/~kaetu_a_c/M-2-kai_2016.html
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

長走林道の様子。舗装区間もあるが轍掘れの大きなダート区間も多く通行には神経を使う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長走林道の様子。舗装区間もあるが轍掘れの大きなダート区間も多く通行には神経を使う。
1
途中、兎ヶ倉山(左)が見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、兎ヶ倉山(左)が見えた。
4
棒掛山の山腹も見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棒掛山の山腹も見えた。
3
この上ノ峠を越えると長走川流域となる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この上ノ峠を越えると長走川流域となる。
スタート地点の破線ルートの始まる地点。踏み跡は右前方。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート地点の破線ルートの始まる地点。踏み跡は右前方。
1
草薮が少しうるさいが踏み跡は意外とはっきりしている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草薮が少しうるさいが踏み跡は意外とはっきりしている。
1
サルナシ(コクワ)の実。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サルナシ(コクワ)の実。
1
破線ルートの終わる地点に架かっていたワイヤー製の吊り橋。ここを渡り長走川の右岸へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破線ルートの終わる地点に架かっていたワイヤー製の吊り橋。ここを渡り長走川の右岸へ。
4
長走川の上流方向。結構水量がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長走川の上流方向。結構水量がある。
2
右岸に続く踏み跡をたどると杉の植林地を通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸に続く踏み跡をたどると杉の植林地を通過。
高低差40m下には長走川の流れがある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高低差40m下には長走川の流れがある。
1
やがて樹林帯の斜面をトラバース。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて樹林帯の斜面をトラバース。
1
尾根末端部に至る。尾根の左は長走川側、右は大面沢側。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根末端部に至る。尾根の左は長走川側、右は大面沢側。
尾根末端部にシンボルのように存在している樹木。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根末端部にシンボルのように存在している樹木。
4
ここで踏み跡は二又に。左は大面沢へ下降、右上は大面沢左岸のトラバース道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで踏み跡は二又に。左は大面沢へ下降、右上は大面沢左岸のトラバース道。
ブナの幹には新しい切り付けがあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの幹には新しい切り付けがあった。
2
大面沢左岸のトラバース道を進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大面沢左岸のトラバース道を進む。
踏み跡は時々崩落斜面のヘツリとなる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡は時々崩落斜面のヘツリとなる。
3
踏み跡が終わった地点から斜面を下り大面沢の草藪の河原を横断。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡が終わった地点から斜面を下り大面沢の草藪の河原を横断。
草薮の河原を横断しようやく大面沢に入渓。後方は棒掛山方面。柳の点在する雰囲気の良い沢。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草薮の河原を横断しようやく大面沢に入渓。後方は棒掛山方面。柳の点在する雰囲気の良い沢。
2
朴の木と渓。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朴の木と渓。
1
川原が広がる455m付近の二股。左の大面沢へ進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川原が広がる455m付近の二股。左の大面沢へ進む。
水量が半分に減った大面沢。前方の蒜場山はガスの中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水量が半分に減った大面沢。前方の蒜場山はガスの中。
1
岸辺のシモツケソウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岸辺のシモツケソウ。
6
左に支流、水無沢を見る。合流地点のみ伏流ではない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に支流、水無沢を見る。合流地点のみ伏流ではない。
1
ほぼ伏流の水無沢。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ伏流の水無沢。
1
川原の草むらにクガイソウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川原の草むらにクガイソウ。
6
600m付近の二股。左の支流、雨乞沢へ進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
600m付近の二股。左の支流、雨乞沢へ進む。
2
雨乞沢の下流は狭くて急だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞沢の下流は狭くて急だ。
小滝がいくつも現れるが難しいものはない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝がいくつも現れるが難しいものはない。
2
中流部になると開けて明るい雰囲気に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中流部になると開けて明るい雰囲気に。
滝壺の近くに生えていたクレソン。シャキシャキとした触感で大根のような辛さ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝壺の近くに生えていたクレソン。シャキシャキとした触感で大根のような辛さ。
3
滝壺の雰囲気。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝壺の雰囲気。
3
730m付近の二股は左へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
730m付近の二股は左へ。
1
左股を少し進むときれいな滝が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左股を少し進むときれいな滝が。
5
この滝は右の斜面から登るが最後で足場が悪かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この滝は右の斜面から登るが最後で足場が悪かった。
4
水流は細くなり上流部の雰囲気。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水流は細くなり上流部の雰囲気。
920mで水源の湧水があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
920mで水源の湧水があった。
3
振り返ると独特の山容の烏帽子山が聳えていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると独特の山容の烏帽子山が聳えていた。
4
源頭部の斜面を登ると。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源頭部の斜面を登ると。
1
雨乞峰の南東尾根上に出る。右奥が雨乞峰。潅木薮の薮こぎが始まる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞峰の南東尾根上に出る。右奥が雨乞峰。潅木薮の薮こぎが始まる。
2
潅木薮に覆われたなだらかな雨乞峰に立つ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
潅木薮に覆われたなだらかな雨乞峰に立つ。
1
雨乞峰から東方面の展望。(元サイズ→拡大)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞峰から東方面の展望。(元サイズ→拡大)
6
蒜場山方面の展望。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒜場山方面の展望。
1
雨乞峰から西へ少し移動し、目的だった小面峰方面の展望。(元サイズ→拡大)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞峰から西へ少し移動し、目的だった小面峰方面の展望。(元サイズ→拡大)
3
棒掛山方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棒掛山方面。
3
小面峰は両側が切れ落ちた細尾根上のピーク。雨乞峰方面からは薮こぎでアプローチできそうだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小面峰は両側が切れ落ちた細尾根上のピーク。雨乞峰方面からは薮こぎでアプローチできそうだ。
4
小面峰アップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小面峰アップ。
1
新発田市方面の展望。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新発田市方面の展望。
1
雨乞峰の南東尾根を下り1050m付近から水無沢源頭部の斜面を下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞峰の南東尾根を下り1050m付近から水無沢源頭部の斜面を下る。
上〜中流部は急峻で何度も高巻きを強いられた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上〜中流部は急峻で何度も高巻きを強いられた。
水無沢の中〜下流部は平凡なゴーロ状。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水無沢の中〜下流部は平凡なゴーロ状。
3
大面沢出合は広い川原地形が広がる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大面沢出合は広い川原地形が広がる。
1
大面沢上流方向を振り返ると蒜場山方面のガスが取れていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大面沢上流方向を振り返ると蒜場山方面のガスが取れていた。
2
きらめく沢をどんどん下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きらめく沢をどんどん下る。
6
再び左岸の踏み跡のある斜面へ上がる。木陰になっていて涼しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び左岸の踏み跡のある斜面へ上がる。木陰になっていて涼しい。
1
長走川の吊橋を渡ればゴールは近い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長走川の吊橋を渡ればゴールは近い。
4
エゾアジサイが覆う踏み跡を進みゴールへ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾアジサイが覆う踏み跡を進みゴールへ。
3
帰途、長走林道の峠付近から大日岳方面を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰途、長走林道の峠付近から大日岳方面を望む
1
大日岳〜櫛ヶ峰アップ。
   おわり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳〜櫛ヶ峰アップ。
   おわり
3

感想/記録

雨乞峰は蒜場山の南西に延びる尾根上のなだらかなピークで、その先の痩せた尾根上の小ピークが小面峰だ。いずれの峰も登山道は存在せず、登頂するには残雪期の雪稜登攀か無雪期の薮こぎ又は沢登りしか方法がない。蒜場山から比較的近いにもかかわらずネット上には登頂記録はない。今回は大面沢から沢登りでチャレンジした。ちなみに長走川の遡行記録は大滝沢や白滝沢がメインで大面沢の記録は殆ど無かった。

水沢集落から長走林道で上の峠を越え長走川側へ下った。林道の通行に支障は無かったが、かなりのダートで距離の割には時間を要した。長走川沿いに来るのは、かなり昔に筆塚山へ登った時以来となる。林道から長走川沿いに破線が始まる地点に駐車し破線の踏み跡をたどって下流へ進む。草藪が結構茂っていているが意外にもはっきりした踏み跡が続いていた。泥濘が多く足元が悪い上に朝露がひどく雨具を装着する。驚いたことに踏み跡には多数の足跡が残っていた。破線が消える付近で踏み跡は長走川の河原に出て終わった。

長走沢は水量が多いため、長靴を濡らさずに遡行するのは厳しそうだ。ふと見上げると老朽化した鉄製の吊り橋が架かっていた。両端がワイヤーで固定されておりしっかりとした構造だが足場が傾いているので滑りやすい。右岸に渡るとやはり踏み跡が段丘上に下流へ向かって続いていた。草藪が覆っているが踏み跡ははっきりしており迷うことはない。杉の植林地を通過すると樹林帯の斜面のトラバースとなる。計算されたかのように、長走川からの高低差40mを維持しながら付けられている。林業関係の仕事道なのだろうか。吊り橋から800mほどで、踏み跡は大面沢と長走川に挟まれた尾根末端部の乗越し地点に出た。シンボルのような大きな古木が立っており根元には針金が巻き付けてあった。

乗越しで踏み跡は二俣に分かれ、大面沢の河原へ下降する直進と大面沢左岸斜面をトラバースする右折となっている。ここを右折するとしばらくは大面沢からの高低差30〜40mほどを保ちながらしっかりした踏み跡が続いていた。それも徐々に荒れてきて崩落した斜面のヘツリが増え乗越しから約700mの地点で突然終わった。樹林帯の急な斜面を下りて草藪の河原を横断し大面沢に入渓した。このあたりは水量が減り長靴を濡らさずに河原を遡行できそうだ。漬物石状の石ころが堆積するゴーロ状の穏やかな渓相の沢が続く。

455mの広河原で水量比1:1の二又となる。右に鈴ヶ滝沢を分け左の大面沢本流を行く。560m地点で左に急な涸れ沢(水無沢)を見ながら通過。600m地点で左に見える枝沢、雨乞沢へ進む。水量比は2:1。本流を最後まで遡行すれば蒜場山まで困難なくたどり着けそうです。雨乞沢は最初は狭くて荒れているが、中〜上流部は明るく開けて癒し系の沢へ変わる。直登できない小滝はないが760〜800mはルンゼ状の急な小滝が連続し核心部と思われる。支流をどんどん分けていくと920mで水源(湧水)となった。

涸れ沢となった雨乞沢(左俣)を最後まで詰め薮の斜面を直登すると、雨乞峰の南東尾根上の1070m付近に出た。潅木薮の尾根を忍耐の薮こぎで進むと平坦な雨乞峰に出た。山頂の東端に移動すると薮が薄く展望が開けた。大日岳は雲の中だが烏帽子山から延びる逆さ尾根や水晶尾根、筆塚山、大段山など長走川流域のマニアックな峰々が望まれた。蒜場山へ続く南西尾根もかなり濃い潅木薮に覆われていた。

既に昼を大きく過ぎており小面峰往復は厳しく諦めた。小面峰は雨乞峰から続く尾根の先端にあり、北西側と南東側が切れ落ち険しい山容を誇示していた。雨乞峰以外からのアプローチは厳しそうに見えた。下山は1050mまで雨乞峰の南東尾根を薮こぎで下り源頭部から水無沢を下降した。地形図からある程度は想定していたが、直に下降できない急峻な崖が3箇所も現れ大高巻きを強いられたのは想定以上だった。下降では使いたくない沢だ。水無沢は最後まで伏流になっているため、その名の通りゴーロ状の涸れ沢だった。大面沢に出ると開けて穏やかな渓相となりほっとする。

目印の柳の枝に結んでおいた赤布地点から左岸の斜面をよじ登り踏み跡に出た。あとは踏み跡をたどり迷うことなく進めば吊り橋までは遠くなかった。吊り橋を渡り泥濘の道を上がれば林道はすぐだった。もう2時間近く早く出発していれば小面峰までたどり着けたかもしれないが、今回は大面沢を楽しめたので良かった。
訪問者数:178人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ