ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 911873 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走北陸

初物戴きます! いちのたに新道(蟹ノ目山)

日程 2016年07月07日(木) [日帰り]
メンバー long01, その他メンバー1人
天候曇り。蒸し暑かった
アクセス
利用交通機関
車・バイク
我谷ダム〜九谷ダムと大聖寺川沿いに上流へ。九谷磁器窯跡で県民の森方向へ左折し約1km、市の谷町左側に八幡神社あり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

市の谷町八幡神社10:08-567m地点11:13-(昼食)-631m地点12:24-荒谷越分岐12:39-蟹ノ目山13:27-13:40-616m地点14:21-下山口15:02
コース状況/
危険箇所等
山中山岳会さんが7月1日に開通させたばかり。伐開した木の根っこに足を取られることもあるが、よく整備されている
その他周辺情報トイレは行き帰りとも九谷磁器窯跡見学用の施設を利用。(菅倉山登山口そば)
車は八幡神社前の空きスペースに止めた。周辺に空き地があるが、地元の人に聞くと私有地が多いので十分配慮を。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

市の谷町八幡神社前。標識に従い右へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
市の谷町八幡神社前。標識に従い右へ
1
「蟹の目山登山口」の標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「蟹の目山登山口」の標識
3
最初から試練、急登が続く。ロープにすがる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初から試練、急登が続く。ロープにすがる
2
少しゆるくなりホッと一息つく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しゆるくなりホッと一息つく
クマさんの皮ハギ跡。被害を受けた大木がほかに何本もあった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クマさんの皮ハギ跡。被害を受けた大木がほかに何本もあった
4
山中山岳会さん自家製の愛らしい看板 ^^
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山中山岳会さん自家製の愛らしい看板 ^^
6
炭焼窯の跡だろう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
炭焼窯の跡だろう
ブナもあります。緩やかなところからまた急登へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナもあります。緩やかなところからまた急登へ
この山はナツツバキの木が多い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この山はナツツバキの木が多い
3
ナツツバキの花が木の周りに落下している
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナツツバキの花が木の周りに落下している
1
右側が開けたが、山名が分からない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側が開けたが、山名が分からない
地形図の標高567m地点。水分の補給で2〜3回休みを入れたせいか、ここまで1時間もかかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形図の標高567m地点。水分の補給で2〜3回休みを入れたせいか、ここまで1時間もかかった
3
「左側に池」の標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「左側に池」の標識
1
すぐ左に池がありました。オタマジャクシがいる(腹が減って気合が入らないので、このあと風の通る場所を選び昼食タイムとする)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ左に池がありました。オタマジャクシがいる(腹が減って気合が入らないので、このあと風の通る場所を選び昼食タイムとする)
2
随所にナツツバキ。ほんとに多い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
随所にナツツバキ。ほんとに多い
第2の池が右手にあり、先ほどより少し広い。モリアオガエルの卵がある、とN田氏
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第2の池が右手にあり、先ほどより少し広い。モリアオガエルの卵がある、とN田氏
2
クマさんのツメ痕は数えきれないほどあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クマさんのツメ痕は数えきれないほどあります
4
地形図の標高631m地点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形図の標高631m地点
1
伐開の苦労がしのばれる。先ほどから前方で草刈機の音が聞こえている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伐開の苦労がしのばれる。先ほどから前方で草刈機の音が聞こえている
4
所どころ開けているが、どうも山名が…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所どころ開けているが、どうも山名が…
「荒谷越」標識。荒谷町への古道が写真の右上方向へ続いている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「荒谷越」標識。荒谷町への古道が写真の右上方向へ続いている
4
私たちは左へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私たちは左へ
鞍掛山は分かる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍掛山は分かる
5
草刈機の主にバッタリ!今日も道の整備に精を出される「平成の鎌仙人」さん。本当にご苦労様です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草刈機の主にバッタリ!今日も道の整備に精を出される「平成の鎌仙人」さん。本当にご苦労様です
7
荒谷町からの石楠花コース合流点に出る。まもなく山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒谷町からの石楠花コース合流点に出る。まもなく山頂
2
蟹ノ目山に到着。三角点にタッチ、標高689.0m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蟹ノ目山に到着。三角点にタッチ、標高689.0m
3
セルタイマーで記念撮影(カメラを乗せたザックが写り込んでしまった)。山頂から小松市街など展望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
セルタイマーで記念撮影(カメラを乗せたザックが写り込んでしまった)。山頂から小松市街など展望
7
休憩後下山路へ向かう。途中、この分岐を右へ行けば大平尾根コースを経て荒谷町へ行ける
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩後下山路へ向かう。途中、この分岐を右へ行けば大平尾根コースを経て荒谷町へ行ける
1
この山は、ナツツバキに次いでモミジの大木が多いとN田氏が言う
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この山は、ナツツバキに次いでモミジの大木が多いとN田氏が言う
2
確かにそう思う。秋の紅葉期が見ものだろう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
確かにそう思う。秋の紅葉期が見ものだろう
2
地形図の616m地点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形図の616m地点
1
どこかなあ(富士写ケ岳か)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこかなあ(富士写ケ岳か)
3
下まであと1km、標高580m。ここからがまたまた試練の激下りが続く!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下まであと1km、標高580m。ここからがまたまた試練の激下りが続く!
1
急坂が延々と…。正直カメラを取り出すヒマがない。右手遠くからクマさんの唸り声も聞こえて来たので、2人で奇声を発して降りていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂が延々と…。正直カメラを取り出すヒマがない。右手遠くからクマさんの唸り声も聞こえて来たので、2人で奇声を発して降りていく
3
下界が見えてホッとする
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界が見えてホッとする
1
下山しました。ヤレヤレ ^^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山しました。ヤレヤレ ^^;
6

感想/記録
by long01

町内のN田氏に「こんなの出来たらしいが行く?」と持ち掛けると、「行きましょう」。正直なところクマ対委員長の同行を得られればしめたものです。

こんなのというのは、またまた山中山岳会さんが開発した「蟹ノ目山・いちのたに新道」です。蟹ノ目山は10数年前荒谷町からグループで登ったことがあるが、記憶が薄れてしまっている。

何も好き好んでこんな蒸し暑い時期に低山に行かなくてもと思うが、初物好きなので2人でやってきました。伐開したばかりなので切り株に足を引っかけたりはしますが、結論から言うとほとんど障害がありません。よく整備されたと感心します。(だが、かなり急坂ですよ!)今日はうまい具合に「鎌仙人」さんにお会いできました。暑い中ご苦労様ですとお礼を言いました。

この山はモミジの木が多いので秋の紅葉期に登ると良いし、白山に初冠雪でもあれば言うことなしでしょう。今回は曇天のため山々がよく分かりませんでしたが、所どころ切り開かれており、見せる工夫がされてありました。山中山岳会さん、ありがとうございます。

なお、下山中、クマさんの唸り声が聞こえてきました。道々、ツメ跡だらけのブナの木が数限りなくあるし、皮ハギ被害の大木も目にしましたので、登られる方はクマ対策は怠りなくお願いします。
訪問者数:274人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/26
投稿数: 454
2016/9/23 23:09
 有難うございました
long01さん 本当に有難うございました。こんなに素敵に案内頂いているのに知らなくてすみません。平成の鎌仙人にあいましたか。彼のおかげでこの道があります。感謝です。明日、共同通信の記者と蟹ノ目山にのぼります。この荒谷越えなどを紹介、発信してもらいたいと思います。有難うございました。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ