ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 912063 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

千枚岳〜悪沢岳(沼平ゲートからバイアスロンで日帰りtry)

日程 2016年07月07日(木) [日帰り]
メンバー sht
天候晴れ・・隣接する川根本町ではこの日38.6℃を記録したそうですが、サスガに3千m峰は風も適度にあって快適でした
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
沼平ゲート前の駐車場を利用(登下山届けのポストあり)

アクセスした新東名・島田金谷ICから井川へ向う市道が、大井川鉄道の閑蔵駅の先で通行止めでした・・そのためR362経由で新東名に戻り、静岡市側から100kmの迂回(おかげでほぼ徹夜状態で山行スタートするハメに)

井川側には「大間方面通行止め」の看板があったので、畑薙や井川へは現在のところは安倍川方面からしかアクセスできないのかも?

沼平ゲートから、全て歩行で悪沢岳を往復すると標準CTは24hr超となるので、片道17.5kmの林道はMTBを利用・・川沿いの道で単純標高差は200m程度なので楽々かと思いましたが、林道には(東海フォレストのバス乗車時には感じられなかった)細かなアップダウンがかなりあり、予想以上にキツい輪行でした(CT短縮には効果大)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
13時間22分
休憩
1時間13分
合計
14時間35分
S沼平ゲートからMTB出発02:5604:51滝見橋05:0606:28小石下07:53蕨段08:02見晴岩08:41駒鳥池09:09千枚小屋09:2209:57千枚岳10:1110:47丸山11:12悪沢岳11:3111:55丸山12:23千枚岳12:2412:44千枚小屋12:4613:03駒鳥池13:32見晴岩13:39蕨段14:43小石下15:48滝見橋15:5717:31沼平ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
輪行:35辧3h24m
歩行:23.2辧福2333m)、10h42m
コース状況/
危険箇所等
登山口の滝見橋から沢沿いを進み、吊橋を渡って尾根に取付きますが、取付きのルートはやや判りにくく(特に下山時)、ペイントやテープのマークをひたすら追う感じでした

その後は、林道を2回横切りつつ樹林帯を進みます・・一部ルートが判りにくいところがありましたがマーキングは多々あり、「オヤっ?」と思った際にも回りを見回せば必ず見つかりました
全般に親切な標識やマーキングがよく整備されているコースです

岩場は、序盤の鉄塔過ぎと千枚岳の2ヶ所・・危険箇所というほどではありませんが、それなりに慎重通過

水場は、清水平と千枚小屋の2ヶ所で、本日は水量タップリでした

千枚岳〜悪沢岳は、森林限界を越えた快適展望稜線・・岩稜やゴーロの通過は、多数あるペイントマークに従えばOKです

過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

林道バイク漕ぎの途中で上河内岳のよう・・ちょっとモーチベーション↑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道バイク漕ぎの途中で上河内岳のよう・・ちょっとモーチベーション↑
6
予想より時間がかかりましたが登山口のある滝見橋に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予想より時間がかかりましたが登山口のある滝見橋に到着
2
バイクデポして登山開始です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バイクデポして登山開始です
3
尾根への取付きはコースがやや判りにくく、ひたすらマ−キングを追います
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根への取付きはコースがやや判りにくく、ひたすらマ−キングを追います
1
岩頭見晴から目指す悪沢岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩頭見晴から目指す悪沢岳
1
親切な案内標識がたくさんあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
親切な案内標識がたくさんあります
2
清水平の水場・・ここと千枚小屋水場の2ヶ所でタップリ補給
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水平の水場・・ここと千枚小屋水場の2ヶ所でタップリ補給
2
写真は手ブレですがオオシラビソのいい森の道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真は手ブレですがオオシラビソのいい森の道
1
チェックポイントの見晴台
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チェックポイントの見晴台
2
見晴台からはその名の通りいい眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴台からはその名の通りいい眺め
1
いい森ですが、緩斜面のやや単調な道が長く続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい森ですが、緩斜面のやや単調な道が長く続きます
3
植生保護柵内には花がありませんが〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植生保護柵内には花がありませんが〜
1
登山道脇にキンバイ発見♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道脇にキンバイ発見♪
1
そこからはじきに千枚小屋到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこからはじきに千枚小屋到着
4
ここで本日初めて富士山!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで本日初めて富士山!
6
その右に白峰南嶺・ランドマークの〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その右に白峰南嶺・ランドマークの〜
3
小休止後に千枚岳へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小休止後に千枚岳へ
1
ようやく森林限界を越えてザレた急登を進み〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく森林限界を越えてザレた急登を進み〜
2
千枚岳に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千枚岳に到着
5
富士山が雲を纏っていい感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山が雲を纏っていい感じ
6
昨年の今頃歩いた塩見岳〜蝙蝠岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年の今頃歩いた塩見岳〜蝙蝠岳
3
目の前に迫る赤石岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目の前に迫る赤石岳
6
赤石・小赤石をズーム
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石・小赤石をズーム
5
その左に聖岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その左に聖岳
2
大無間山〜上河内岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大無間山〜上河内岳
2
稜線上から千枚岳越しに富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上から千枚岳越しに富士山
4
悪沢岳への道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪沢岳への道
6
まさに“悪沢”ですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まさに“悪沢”ですね
2
マーキングに従ってゴーロを進み〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マーキングに従ってゴーロを進み〜
3
悪沢岳山頂に到着・・バイクも使ったおかげで8時間で来れました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪沢岳山頂に到着・・バイクも使ったおかげで8時間で来れました
7
天気にも恵まれて展望は申し分なし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気にも恵まれて展望は申し分なし
2
岩頭群と富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩頭群と富士山
4
南ア南部方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南ア南部方面
2
やはり近いだけに赤石岳が存在感
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり近いだけに赤石岳が存在感
7
その右手に兎岳〜中盛丸山〜大沢岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その右手に兎岳〜中盛丸山〜大沢岳
3
荒川前岳・中岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川前岳・中岳
4
塩見岳〜南ア北部方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見岳〜南ア北部方面
3
白峰三山・・現地では判りませんでしたが、写真だと北岳も少しだけ見えています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白峰三山・・現地では判りませんでしたが、写真だと北岳も少しだけ見えています
3
塩見岳と仙丈ヶ岳が重なります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見岳と仙丈ヶ岳が重なります
4
右を見ても〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右を見ても〜
2
左を見ても悪沢ばかり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左を見ても悪沢ばかり
3
去りがたい山頂でしたが、下山も長〜いので千枚岳方面へ下山開始
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去りがたい山頂でしたが、下山も長〜いので千枚岳方面へ下山開始
2
千枚岳へは少しだけ岩場もあり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千枚岳へは少しだけ岩場もあり
2
快適アルプスを満喫して滝見橋の登山口に帰着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適アルプスを満喫して滝見橋の登山口に帰着
1
かなり脚にきていたので下山のバイク漕ぎはキツかった!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり脚にきていたので下山のバイク漕ぎはキツかった!
2

感想/記録
by sht

この日は梅雨が明けたかのような天気で猛暑も予想され、涼しさ・大展望・歩きごたえを求めて南アの高峰へと向いました。

本当は、久しぶりに槍ヶ岳など北アルプスに向いたかったのですが、日本海にある前線の影響を受けるようで、南アの悪沢岳に日帰りチャレンジすることにしました。

沼平ゲートからの悪沢岳往復コースは、all歩行だと標準CTが24hr超となり、これはもう一部のエキスパートのみに許されるクレイジー(日帰り)登山の世界。林道でMTBを併用することによって歩行が15hr弱のプチクレイジーレベルとなり、自分にもtry可能となりました。

ちょっとしたトラブルがあったのはアクセスで、島田市内の電光掲示板に「井川〜○○通行止め」(土地勘が無くてその時は判らなかった)とあり、少々気になったもののカーナビの指示する通りに進むと、閑蔵駅の先で今度は「全面通行止め」の看板が現れガックリ。

代わりのアクセス道は、大間から井川へ抜ける道もあるようでしたがその時は冒険できず(帰路の井川側ではこの道もやはり通行止め看板あり)、結局新東名・静岡SAのスマートICから新静岡ICへと回り100kmの迂回を強いられました。

そのため、「2〜3時間は仮眠できるだろう」との見込みは大きく外れてほぼ徹夜状態で沼平ゲートをくぐることになり、若干の暗雲といった感じに。風が適度にあった天候のおかげで何とか影響は最小限で済んだ感じとはなりましたが、リサーチ不足は大反省でした。

畑薙湖沿いを緩く登っていくイメージだった林道には、MTBを押し歩きする程の急坂はないものの予想以上にアップダウンがあって、脚力をなるべく使わないようユックリ行きますが中々キツイ輪行に。それでもCT短縮効果は絶大で、計画通りの5時に椹島から登山開始できました。比べるべくもありませんが“完全自力”の陽希さんはスゴすぎますね。

登山道の方は、オオシラビソを中心とした“サスガ南ア”という中々いい森の道。緩斜面でやや単調ではありましたが、歩きごたえは十分満足でき無事に“悪沢岳日帰り”を終えることができました。

そしてこの日のハイライトは、何と言っても森林限界を越えた千枚岳〜悪沢岳からの大展望で、富士山や南アルプス高峰群の雄大な眺めを独占。涼風の3千m峰を満喫し、脚にもズッシリ来た山行でした。

訪問者数:550人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/12/25
投稿数: 3908
2016/7/9 10:30
 凄い、バイアスロン
shtさん、こんにちは

悪沢岳お疲れ様でした。いつも、エネルギッシュな山行に憧れの念を抱いて拝見しております。
アクセス大変な上、登山口まで往復35kmの自転車漕ぎとは
もう充分にクレイジーな域に入りましたね。流石です。
素晴らしい写真の数々も堪能させていただきましてありがとうございました。
sht
登録日: 2009/12/17
投稿数: 203
2016/7/9 17:47
 higurasiさん こんばんは
下山のバイク漕ぎでは、サドルに当たるお尻が痛いやら脚はヨレヨレだはで「もうやらんぞ!」でしたが、翌日は「次どこ登ろ?」(笑

あの涼風アルプス大展望のツボにハマってしまったらもう抜けられませんね。

山行の方はともかく、”深夜の100匯各傘回”にメゲずに山に向うのは、やはりクレイジーかもです。

事故に遭われたとのことですが、お怪我が無くて幸いでした。新車で山へ向かうのも楽しみですね。

コメントいただきありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ