ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 912086 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

矢岳(赤岩ノ頭)〜酉谷山避難小屋

日程 2016年07月07日(木) [日帰り]
メンバー chiroro_
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
武州日野駅付近から秩父林道に入りゲート付近に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間58分
休憩
1時間44分
合計
6時間42分
Sスタート地点09:3009:41営林署小屋09:5209:41営林署小屋09:5211:54矢岳登山口12:0111:54矢岳登山口12:0113:13荒川分岐点13:3313:13荒川分岐点13:3313:38赤岩ノ頭13:38赤岩ノ頭14:15立橋山14:1614:15立橋山14:1614:30牛首14:4314:30牛首14:4315:20酉谷山避難小屋G
日帰り
山行
3時間23分
休憩
36分
合計
3時間59分
酉谷山避難小屋07:4308:13牛首08:1408:37立橋山08:3909:13赤岩ノ頭09:17荒川分岐点09:3510:16矢岳登山口10:3111:42営林署小屋
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1日目のスタート地点はゲートから少し先に進んだ場所になっている(衛星補足せず)
コース状況/
危険箇所等
危険なところはなし。
踏み跡は概ね明瞭でピンクテープ類も多い。
ただし、破線ルートであることは肝に銘じる必要あり。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

ゲート。ここは車の展開場所なので駐車不可。少し手前に2台分のスペースあり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲート。ここは車の展開場所なので駐車不可。少し手前に2台分のスペースあり。
ゲートを進むとすぐ手掘りのトンネル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートを進むとすぐ手掘りのトンネル。
1
営林署の小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
営林署の小屋。
2
林道を2時間ほど進むとコンクリート道路に沢水が流れている。コンクリートの右手に道標がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を2時間ほど進むとコンクリート道路に沢水が流れている。コンクリートの右手に道標がある。
2
道標をアップ。道標は左側に向けて「矢岳登山口」と書いてある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標をアップ。道標は左側に向けて「矢岳登山口」と書いてある。
3
中央奥に「小黒」?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央奥に「小黒」?
1
矢岳←稜線分岐→赤岩ノ頭の「稜線分岐」に到着。ここを右手に行くと酉谷山(長沢背稜)方向。朽ちた標識があり「5時間」と書かれている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢岳←稜線分岐→赤岩ノ頭の「稜線分岐」に到着。ここを右手に行くと酉谷山(長沢背稜)方向。朽ちた標識があり「5時間」と書かれている。
2
矢岳←稜線分岐→赤岩ノ頭の「稜線分岐」から長沢背稜までの間に(踏み跡とテープをしっかり追っていけば)間違うようなところはない。つい最近深紅のテープが付けられご丁寧に案内してくれる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢岳←稜線分岐→赤岩ノ頭の「稜線分岐」から長沢背稜までの間に(踏み跡とテープをしっかり追っていけば)間違うようなところはない。つい最近深紅のテープが付けられご丁寧に案内してくれる。
汗だくの一日であった。これほどぐしょぐしょになったのは久しい。バケツに水を汲んで汗を拭かせていただいた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
汗だくの一日であった。これほどぐしょぐしょになったのは久しい。バケツに水を汲んで汗を拭かせていただいた。
3
水場の水は冷たい。流れも十分にある。なのに、どなたかが昨年12月に非常用として置いてくれたミネラルウォーターを開栓し、飲み残しを放置して行った心の貧しい人がいたようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場の水は冷たい。流れも十分にある。なのに、どなたかが昨年12月に非常用として置いてくれたミネラルウォーターを開栓し、飲み残しを放置して行った心の貧しい人がいたようだ。
3
2日目の朝。
真夜中のトイレタイムに富士山を見るとヘッドランプの光が延々と頂上を目指していたような・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目の朝。
真夜中のトイレタイムに富士山を見るとヘッドランプの光が延々と頂上を目指していたような・・・。
3
緑に埋まる酉谷山避難小屋。
トイレ清掃・小屋清掃・ワックスがけ・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑に埋まる酉谷山避難小屋。
トイレ清掃・小屋清掃・ワックスがけ・・・。
5
また来ますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また来ますね。
1
長沢背稜を一杯水方面へ少し進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長沢背稜を一杯水方面へ少し進む。
立橋山から小黒
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立橋山から小黒
矢岳←稜線分岐→赤岩ノ頭の「稜線分岐」から急斜面を下り、緩やかになるといい景色になる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢岳←稜線分岐→赤岩ノ頭の「稜線分岐」から急斜面を下り、緩やかになるといい景色になる。
4
秋に来たら最高な感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋に来たら最高な感じ。
3

感想/記録

酉谷山避難小屋への最短ルートとしての活用が可能か探るために、一度林道ゲートまで車を進め、今回実行に移した。破線ルートながら割にしっかりした道であった。林道歩きは長いが日陰も多い。
登りの際、浦山口から入ってきたという単独の青年に出逢った。人がいたことにびっくり。
訪問者数:267人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 避難小屋 水場 道標 クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ