ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 912301 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

塔ノ岳【暑さとシャリバテのため先まで行けず】

日程 2016年07月08日(金) [日帰り]
メンバー airdiver
天候曇り(晴れていたらヤバかったかも…)
アクセス
利用交通機関
電車バス
秦野駅北口7:18---神奈中バス---7:33大倉着

丹沢・大山フリーパスBならば2日間バスと渋沢〜本厚木まで乗り降り自由でお得です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間36分
休憩
1時間32分
合計
5時間8分
Sどんぐり山荘07:3707:54観音茶屋08:06雑事場ノ平08:08見晴茶屋08:28駒止茶屋08:44堀山の家08:4809:14花立山荘09:3009:50塔ノ岳10:4811:06花立山荘11:1511:38堀山の家11:4311:57駒止茶屋12:45どんぐり山荘12:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【どんぐりハウス〜見晴茶屋】
特に危険個所なし、よく整備されています。見晴茶屋で眺望あり。
【見晴茶屋〜駒止茶屋】
主に階段が多い区間です。高度を稼ぎます。整備されているので危険個所はありません。眺望もありませんが…
【駒止茶屋〜堀山の家】
平坦な木道を進みます。一息つける区間です。下りの木道や木の根っこにはやや注意が必要ですが、大きな危険個所はありません。
【堀山の家〜花立山荘】
メインの急登の始まりです。大きく分けるとガレ場→階段→ガレ場→階段と続いていきます。特に後半が効きますねー。下りの際は足元ご注意(2年前に下りの際に捻挫をやらかしました)
【花立山荘〜塔ノ岳】
同じくガレ場→階段と続きますが、花立山荘までのものと比べるとまだまだ緩やかです。なので花立山荘でバテバテであっても、がんばればどうにかなると思います。ただ、やせている箇所もあるので、どうか足元には十分にご注意願います。
その他周辺情報秦野駅からやや遠目でしたが「湯花楽」に行きました。830円
駅近がお好みならば鶴巻温泉の方がいいカモ?1000円
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 雨具 ゲイター ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 飲料 日焼け止め 携帯 タオル ストック

写真

本日のスタート地点。ガスで頂上が見えん…
2016年07月08日 07:37撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のスタート地点。ガスで頂上が見えん…
見晴茶屋到着。ボッカ駅伝の第一中継所。
2016年07月08日 08:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴茶屋到着。ボッカ駅伝の第一中継所。
見晴茶屋からですが、見晴なし…
2016年07月08日 08:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴茶屋からですが、見晴なし…
第二区の中間点、一本松通過。ここもガスの中…
2016年07月08日 08:18撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二区の中間点、一本松通過。ここもガスの中…
第二中継点の駒止茶屋到着。少しガスが切れたかな?
2016年07月08日 08:29撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二中継点の駒止茶屋到着。少しガスが切れたかな?
第三中継所の堀山の家到着。
2016年07月08日 08:44撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第三中継所の堀山の家到着。
これからいよいよボッカ駅伝最終区間突入!
2016年07月08日 08:48撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これからいよいよボッカ駅伝最終区間突入!
ガレ場→階段→ガレ場→階段を繰り返し花立山荘到着。ゴールと同時にシャリバテ&脱水発症。しばし休憩をすることに。
2016年07月08日 09:14撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場→階段→ガレ場→階段を繰り返し花立山荘到着。ゴールと同時にシャリバテ&脱水発症。しばし休憩をすることに。
花立小屋を出てしばらくして右側をみると幻想的な光景が…天空の城竹田城を見ているようです。
2016年07月08日 09:32撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花立小屋を出てしばらくして右側をみると幻想的な光景が…天空の城竹田城を見ているようです。
2
よし、もう少しだ!!気合だー!
2016年07月08日 09:38撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よし、もう少しだ!!気合だー!
着いたぜ!この先は…今日はこれぐらいで勘弁してやるか(笑)
2016年07月08日 09:51撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着いたぜ!この先は…今日はこれぐらいで勘弁してやるか(笑)
6
丹沢も蛭もばっちり!ガスの上は楽園ですな!
2016年07月08日 09:53撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢も蛭もばっちり!ガスの上は楽園ですな!
4
富士山は雲の中…
2016年07月08日 09:53撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山は雲の中…
5
この辺は空の孤島のごとし
2016年07月08日 09:56撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺は空の孤島のごとし
5
おっと、切れ目からではあるが富士山が!!
2016年07月08日 10:10撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっと、切れ目からではあるが富士山が!!
5
ついでに水場まで下りて水補給をしましょう!頂上から10分程度で行けます。
2016年07月08日 10:30撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついでに水場まで下りて水補給をしましょう!頂上から10分程度で行けます。
2
御神体にもご挨拶
2016年07月08日 10:47撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御神体にもご挨拶
三の塔辺りかな?天空の城だわ。
2016年07月08日 10:47撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三の塔辺りかな?天空の城だわ。
1
ボッカ駅伝の練習の名残かな。まだ砂利が残ってました。
2016年07月08日 11:57撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボッカ駅伝の練習の名残かな。まだ砂利が残ってました。
撮影機材:

感想/記録

夏山登山に備えてトレーニング開始とばかりに丹沢への…ひと月前にボッカ駅伝大会に出場し、今回はほぼ空身の状態で登るから…なんて気楽に構えての登山が良くなかったのか…当日はおニューのザックを汗で汚さない様になんて考え、長袖のドライレイヤーにasicsのレインポンチョを着る出で立ちで登山開始でしたが、堀山の家まででがんばったせいか、サウナ状態でかなり厳しい状況に…それでもまずはボッカ駅伝のゴールと目指すんだとばかりに、花立山荘までガレ場、階段をセイヤセイヤと登ることに。途中でチャンプともすれ違い、「暑いけどがんばって!」と逆に励まされなんとか花立山荘に到着。平日のため、営業しておらずかき氷はお預け(涙)ひとまず、ここがゴールではないのだがベンチに座る。水分補給をしても回復が難しい状況で、食料を食べようにも食欲がでない状態。シャリバテなのか、やや脱水気味のヤバさでしたが少々休憩してなんとか立ち上がる。ベンチをみると、汗の跡というよりは大きな水溜まりが!タオルも絞ると汗がこぼれる状態!夏山の厳しさを改めて感じました。ボッカ駅伝のトレーニングや本番ではここが終点だったので、一瞬ここを終点に下山しよう…と考えがよぎるが、最初のピークだけはゲットしようと奮起して再度登り始めることに。ここから塔ノ岳もガレ場→階段と続くが、堀山の家〜花立山荘の登りに比べればやさしいのでがんばることができました。なんとか登り切ると山頂標がお出迎え。
雲海の向こうから富士山が見えるかと思いきや、雲に包まれたままでした(残念)ただ、その他のピークは雲海から浮かび上がり、それはまるで天空の城のように幻想的でした!もっと先までと考えていましたが、残りの水の量からも今日はこのくらいで…という気持ちが強くなり…これにて撤退。山頂付近の偵察と称して、塔ノ岳から玄倉方面に300M下ったところにある水場まで移動し帰りの水を確保しました。おかげでなんとか水を切らさずに下山することができました。やっぱり朝ごはんはしっかり食べないとだめですねー。バテてからでは遅いということを痛感。いい勉強になりました。
訪問者数:371人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ