ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 912409 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

黒戸尾根をたどり名峰甲斐駒ケ岳へ再挑戦

日程 2016年07月08日(金) [日帰り]
メンバー rizojazz(感想), kei_man(携帯調査)
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
尾白川渓谷駐車場(無料)
金曜日の朝4時でガラガラでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間12分
休憩
1時間46分
合計
13時間58分
S尾白川渓谷駐車場04:2704:34竹宇駒ヶ岳神社06:01笹の平分岐06:1107:22刃渡り07:2307:49刀利天狗07:5008:32五合目小屋跡08:3308:41屏風小屋跡08:4209:29七丈小屋09:5711:04八合目御来迎場11:0712:00甲斐駒ヶ岳12:5413:45八合目御来迎場14:21七丈小屋15:00屏風小屋跡15:0315:18五合目小屋跡15:2015:55刀利天狗15:5616:11刃渡り17:08笹の平分岐17:0918:16竹宇駒ヶ岳神社18:25尾白川渓谷駐車場18:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは尾白川渓谷駐車場奥の登山口にあります。丁寧に机まで用意されています。
トイレは尾白川渓谷駐車場(無料)と七丈小屋(200円)にあります。
尾白川渓谷駐車場では利用しませんでしたが七丈小屋では利用させて頂きました。
とても清潔に管理されています。
道の駅はくしゅうでハイドレーションに1.5Lほど水を補給したときにトイレも利用しました。尾白川渓谷駐車場でトイレを利用するなら道の駅の方がお勧めです。

〔登山道状況〕
○尾白川渓谷駐車場〜笹の平分岐
駒ケ岳神社を左に進みつり橋を渡ると登山口があります。入山すると早速の急登となりますがすぐに緩やかな樹林帯の中を何度も同じような景色を見ながら進むようになります。ウォーミングアップには十分すぎるほどの道のりですが、最初の道標が見えてきたら笹の平分岐です。ここから山頂までコースタイム7時間というお知らせがあります。(笑)

○笹の平分岐〜刀利天狗〜屏風岩
笹の平なのにぜんぜん平らではない八丁登りの急登を進みます。空が開けると刃渡りがあります。登山口側はクサリが設置してありますが山頂側にはありませんので注意が必要です。南側に目をやると鳳凰三山の地蔵岳オベリスクとその裏側には富士山が見えますが足元注意です。
刃渡りを通過すると最初の梯子が出てきてその先に刀利天狗があります。
刀利天狗から屏風岩までは黒戸山の山頂を北側に巻く巻き道となるので比較的穏やかな登りとなり屏風岩まではいったん下ります。黒戸山の巻き道は奥秩父のような緑が生き生きとした気持ちのよい登山道でした。

○屏風岩〜七丈小屋〜甲斐駒ケ岳山頂
屏風岩から七丈小屋までは梯子やクサリが頻繁にでてくる登山道となります。またイワカガミの群生地でもありますが今回はすべての花が落ちていました。
七丈小屋から先の樹林帯をでるとヒザぐらいの高さのハイマツと石楠花が広がる森林限界にでます。八合目の御来迎場まで登るとやっと山頂が見えてきます。
御来迎場から山頂まではクサリ場が頻出する登山道です。歩くと言うより岩登りのような感じです。体重移動を間違えると滑落必須な場所もあるので黒戸尾根の核心部と言って過言はないと思います。
その他周辺情報尾白の湯 大人820円
http://www.verga.jp/?page_id=39
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 着替え ザック 昼ご飯 行動食 非常食 ハイドレーション ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ ファーストエイドキット ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ストック
備考 自家製ハッカスプレーと腰掛蚊とりで虫対策をしましたが左耳をブヨに噛まれてしいました。汗でハッカが落ちたところをちょうどやられたようです。

写真

去年と同じ時間に出発
2016年07月08日 04:29撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年と同じ時間に出発
4
行きは快適な道 帰りは無言で通過するだけの道
2016年07月08日 05:55撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きは快適な道 帰りは無言で通過するだけの道
2
日帰りの人にはグっとくる道標
2016年07月08日 06:02撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日帰りの人にはグっとくる道標
4
雲海に浮かぶ富士山と地蔵岳のオベリスク
2016年07月08日 07:27撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ富士山と地蔵岳のオベリスク
2
刃渡りの取り付き
2016年07月08日 07:27撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刃渡りの取り付き
3
クサリがないとかなり怖いと思います
2016年07月08日 07:29撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クサリがないとかなり怖いと思います
5
日向山と奥に八ヶ岳
2016年07月08日 07:29撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日向山と奥に八ヶ岳
4
白山石楠花
2016年07月08日 07:31撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山石楠花
2
五合目小屋跡にてこれから登る山々と
2016年07月08日 08:38撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目小屋跡にてこれから登る山々と
5
昨年再訪を誓った屏風岩
2016年07月08日 08:40撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年再訪を誓った屏風岩
2
屏風岩の梯子
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屏風岩の梯子
2
90度近い梯子
2016年07月08日 09:11撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
90度近い梯子
4
なかなか高度感のある橋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか高度感のある橋
2
オベリスクをチラ見
2016年07月08日 09:51撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オベリスクをチラ見
1
水のおいしい七丈小屋にて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水のおいしい七丈小屋にて
3
七丈小屋のテン場に咲く花
2016年07月08日 10:04撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七丈小屋のテン場に咲く花
1
この岩壁を登るのかと思い気合を入れると右に梯子がありました
2016年07月08日 10:24撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩壁を登るのかと思い気合を入れると右に梯子がありました
1
昨年涙をのんだ場所からの景色
2016年07月08日 10:44撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年涙をのんだ場所からの景色
1
八合目御来迎場からの地蔵岳
2016年07月08日 11:00撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目御来迎場からの地蔵岳
1
やっと逢えた最後の一輪
2016年07月08日 11:06撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと逢えた最後の一輪
1
このクサリ場は比較的楽
2016年07月08日 11:08撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このクサリ場は比較的楽
1
最後の一輪かと思いきやまだ咲いていた大好きな花イワカガミ
2016年07月08日 11:14撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の一輪かと思いきやまだ咲いていた大好きな花イワカガミ
3
剣の岩
2016年07月08日 11:29撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣の岩
8
犬の岩
2016年07月08日 13:19撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬の岩
3
わかりずらいですが核心部
2016年07月08日 13:31撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わかりずらいですが核心部
3
白ザレの山頂直下
2016年07月08日 12:11撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白ザレの山頂直下
5
やっと念願の甲斐駒ケ岳山頂へ到着
2016年07月08日 12:14撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと念願の甲斐駒ケ岳山頂へ到着
24
昨年のリベンジ達成ができてウレシイ
2016年07月08日 12:14撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年のリベンジ達成ができてウレシイ
15
山頂からの黒戸尾根
2016年07月08日 12:11撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの黒戸尾根
7
山頂からの北岳
2016年07月08日 12:11撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの北岳
8
山頂からの仙丈ケ岳
2016年07月08日 12:16撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの仙丈ケ岳
6
山頂からの八ヶ岳
2016年07月08日 12:11撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの八ヶ岳
7
山頂からの神々しい富士山
2016年07月08日 12:12撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの神々しい富士山
8
神々しい富士山アップ
2016年07月08日 12:33撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神々しい富士山アップ
10
山梨百名山!
2016年07月08日 12:16撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山梨百名山!
10
山頂に咲く唯一のお花
2016年07月08日 12:17撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に咲く唯一のお花
3
記念写真を撮ってるひと
2016年07月08日 12:18撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念写真を撮ってるひと
4
最後に一枚
2016年07月08日 12:55撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に一枚
6
気合を入れなおして下山します!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気合を入れなおして下山します!
17
下山途中にいつか登ってみたい鋸岳が美しく見えました
2016年07月08日 13:03撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中にいつか登ってみたい鋸岳が美しく見えました
7
イワカガミたちともお別れ
2016年07月08日 13:15撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミたちともお別れ
4
山頂より5時間後、霧の先に見えたつり橋に安堵。
2016年07月08日 18:11撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より5時間後、霧の先に見えたつり橋に安堵。
5
無事に下山し橋を渡って帰ります。
2016年07月08日 18:12撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に下山し橋を渡って帰ります。
4

感想/記録

昨年の7月に単独で挑戦し登頂がかなわなかった甲斐駒ケ岳黒戸尾根に再挑戦し無事に登頂することができました。

昨年の反省点はパッキングに問題があったので今回はザックの重量を念入りに調整し登山計画を立てました。七丈小屋の水が出ていなければ自分的には登頂できなかったと思います。

天気はほぼ曇り空でしたが、ガスることはなかったのでまわりの山々や美しい山頂も見えましたし、逆に直射日光を受けることなく登れたことも良かったです。

昨年八合目手前で断念した時には必ずまた来ますと心に誓った甲斐駒ケ岳でしたので登頂した時にはとても感動しました。

無事に登頂した今はまたすぐに黒戸尾根を登ろうとは一切思いませんが、次は北沢峠から登ってみたいと思います。

あと、そろそろ今回のような厳しい日帰り登山は卒業して、テントを担いでゆっくりと山を楽しむ登山にしていきたいと思った山行となりました。
訪問者数:507人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/6/8
投稿数: 617
2016/7/10 13:00
 リベンジおめでとうございます!
rizojazzさん、はじめまして。

黒戸リベンジ成功おめでとうございます!
先月、七丈小屋で引き返したヘタレです。
陽が高いうちにとリベンジを計画中ですが ...
暑いときも大変かな〜

早く黒戸をやっつけて、
rizojazzさんのように、黒戸尾根には一切登ろうと
思わなくて良い人になりたいです〜

本当におめでとうございました!!
登録日: 2014/2/4
投稿数: 27
2016/7/10 15:31
 Re: リベンジおめでとうございます!
shin1116さん

コメントありがとうございます。
昨年敗退した時には「来年絶対帰ってくるぞ!」と心に決めたのですが、いざ登山日が近づいてくるとなんだか去年の思い出(長くて辛い下山)がよみがえり憂鬱な気持ちになっていました。でも、振り返ってみるとやっぱりリベンジしてよかったです。
shin1116さんもまた黒戸へ挑戦してみて下さい。

ちなみにトレイルランナーのヤマケンさんは黒戸尾根を約2時間20分で登られるそうです・・・。

rizojazz
登録日: 2015/6/27
投稿数: 94
2016/7/12 8:23
 甲斐駒ヶ岳日帰りお疲れ様です
初めまして
甲斐駒ヶ岳日帰りお疲れ様です。
甲斐駒ヶ岳黒戸尾根を日帰りしたいと思い始めて1年くらいたちます。黒戸尾根のヤマレコでグラフ拡大を見ると累積標高2500m超の表示。まずは足を鍛えなくてはと思い、ここ最近は累積標高2000mくらいの日帰りコースの山歩きを繰り返しています。累積標高2000mをだいたい10時間ペースなので甲斐駒ヶ岳だとrizojazzさんと同じ12時間から13時間、休憩入れて14時間くらいなぁ〜という予測です。でも今まで10時間2000mでバテバテなのでさらに500mを登るのは次元が違いそうでビビってました。
ヤマレコ拝見してビビりながらもいつか黒戸尾根を日帰りしようという思いがまた強くなりました。
その時はこのヤマレコ参考にさせていただきます。
情報提供ありがとうございました。
登録日: 2014/2/4
投稿数: 27
2016/7/12 14:52
 Re: 甲斐駒ヶ岳日帰りお疲れ様です
Nobu00さん

コメントありがとうございます。
自分は剱岳の早月尾根に登りたいと思ってその試しに黒戸尾根に挑戦したことがきっかけでした。昨年は黒戸尾根に敗退した反省を踏まえ早月尾根を無事に登ることができました。
急登で知られる黒戸尾根は山屋でしたら一度は登りたいという気持ちがあって当然だと思いますし、登りきったときの達成感は計り知れません。
Nobu00さんも体調を整えて是非挑戦して下さい!

※Nobu00さんの丹沢縦走のレコ拝見しました。自分は丹沢をホームグラウンドとしているのでいつかすれちがえるといいですね!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ