ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 912473 全員に公開 ハイキング中央アルプス

西駒ヶ岳(木曽駒ケ岳)イワベンケイ

日程 2016年07月08日(金) [日帰り]
メンバー sakeza
天候小雨〜高曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間39分
休憩
10分
合計
2時間49分
S千畳敷駅10:1810:41極楽平10:50島田娘11:10極楽平11:20三ノ沢分岐11:3012:43極楽平13:07千畳敷駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

小雨がパラついています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小雨がパラついています。
今日は極楽平へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は極楽平へ。
2
極楽平に着きましたが、雨は止みそうにありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
極楽平に着きましたが、雨は止みそうにありません。
1
コマウスユキソウがそこかしこに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマウスユキソウがそこかしこに。
天気が良ければ檜尾から下山するという手もありますが、雨が止みそうに無いので島田娘までで戻ることにしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が良ければ檜尾から下山するという手もありますが、雨が止みそうに無いので島田娘までで戻ることにしました。
1
三ノ沢への分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ沢への分岐。
パノラマ「元サイズ」でどうぞ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ「元サイズ」でどうぞ。
1
「あ〜楽しかった!」だそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「あ〜楽しかった!」だそうです。
1
北側よりも凛々しいですね。雲がいい感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側よりも凛々しいですね。雲がいい感じです。
2
岩場に咲く花を求めて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場に咲く花を求めて。
1
イワベンケイもそこかしこに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワベンケイもそこかしこに。
2
三ノ沢への小径。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ沢への小径。
1
ハイマツの絨毯と中ア南部の秀峰達。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツの絨毯と中ア南部の秀峰達。
1
如何にも「宝剣」ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
如何にも「宝剣」ですね。
1
やや!団体さんだ。ご一緒させて戴くと、ロープウェイを1本遅らせることになるやも...。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やや!団体さんだ。ご一緒させて戴くと、ロープウェイを1本遅らせることになるやも...。
3
急ぎましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急ぎましょう。
と言いつつ、パチリ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と言いつつ、パチリ。
続々と登って来られます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続々と登って来られます。
団体さんは、もう中でしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
団体さんは、もう中でしょうか?
1

感想/記録
by sakeza

 今回も、仕事の合間を見て、サクっと山歩きを楽しみました。

 今年はどの花も半月以上も早いため、エーデルワイスの中央アルプス固有種である「コマウスユキソウ(ヒメウスユキソウ:姫薄雪草)」が盛りではと極楽平から南の群生地を見に登りました。
 期待通りに盛りを迎えていました。

 天気が良ければ、もっと南まで足を伸ばすことも考えていましたが、檜尾からの下山は湿っていると滑りそうなので取り止めました。

 それならば宝剣岳を南側から楽しもうと岩場に近づきましたが、そこにはイワベンケイが今を盛りと咲き誇っていました。
 私のイワベンケイのイメージはもっと地味なものでしたが、今回の山行で覆されました。今まで出会ったイワベンケイは全て盛りを過ぎた時期のものだったのだと、初めて分かりました。
 繊細な雄株と、ふくよかな雌株があることも...。

 正に「姫(ヒメウスユキソウ)を奪い(撮り)に行ったら弁慶(イワベンケイ)に返り討ち」にあった気分です。

 ※落雷による岩場の崩落で通行止めになっていた宝剣岳への登山道ですが、仮復旧したようです。
 http://www.city.komagane.nagano.jp/index.php?f=&ci=11546&i=16441&kw=%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B
訪問者数:140人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ