ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 912598 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日高山脈

幌尻岳(チロロ林道からピストン)

日程 2016年07月05日(火) [日帰り]
メンバー ickwmss
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路:車中泊
車 樹海ロード日高〜チロロ林道

復路:
車 チロロ林道〜トムラウシ温泉
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち97%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険な個所は特に無し。
渡渉が何ヵ所かあり滑り易い。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

チロロ林道ゲートからスタート。
2016年07月05日 03:08撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チロロ林道ゲートからスタート。
林道が長い。。
2016年07月05日 03:49撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道が長い。。
こんな所を何度も渡渉。
2016年07月05日 04:51撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな所を何度も渡渉。
3
ヌカビラ岳から幌尻岳方面。
2016年07月05日 06:32撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヌカビラ岳から幌尻岳方面。
1
幌尻岳への稜線。
2016年07月05日 06:32撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幌尻岳への稜線。
4
北戸蔦別岳登頂。
2016年07月05日 07:14撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北戸蔦別岳登頂。
4
北戸蔦別岳から向かう稜線。
2016年07月05日 07:16撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北戸蔦別岳から向かう稜線。
4
戸蔦別岳登頂。
2016年07月05日 08:14撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸蔦別岳登頂。
3
七ッ沼カール。
2016年07月05日 08:17撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ッ沼カール。
6
七ッ沼カールを一望。
2016年07月05日 08:40撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ッ沼カールを一望。
3
幌尻岳登頂。
2016年07月05日 09:48撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幌尻岳登頂。
9
登って来た稜線。
2016年07月05日 09:50撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登って来た稜線。
3
幌尻岳から南方面。カムイエクウチカウシ山も見える。
2016年07月05日 09:50撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幌尻岳から南方面。カムイエクウチカウシ山も見える。
4
何とか生きて戻って来れた。。
2016年07月05日 16:09撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか生きて戻って来れた。。

感想/記録

日本百名山の最難関とも言われる、今回の山場。
工程:24.5km、コースタイム:18時間40分、累積標高:3500m強。

数値だけでも恐ろしいけど、それ以上に日高山脈特有の登山道が整備されていないのが大変な要因。
渡渉、ハイマツの藪漕ぎ、ヤセ尾根の岩場、避難小屋無し等。
満身創痍で最後はフラフラで下山。

兎に角言葉では言い尽くせない程の厳しさだけど、それ以上に素晴らしい景色と達成感で満足。
訪問者数:439人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ