ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 912625 全員に公開 ハイキング飯豊山

実川林道

日程 2016年07月09日(土) [日帰り]
メンバー bono2
天候雨や曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・「五十嵐家住宅」の駐車スペースに停めました。500mほど手前に大駐車場有り、20台ほど駐車できます。トイレも有ります。
・往路:仙台〜飯豊林道〜R459〜五十嵐家、復路:五十嵐家〜西会津道の駅〜R121〜仙台市・・・高速は復路の1区間使用。ともに5時間強ほど(遠い!)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間12分
休憩
35分
合計
5時間47分
Sスタート地点10:4713:15湯ノ島小屋13:3514:00アシ沢渡渉地点14:1516:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
特にトンネル周辺はログが乱れてます。
コース状況/
危険箇所等
・五十嵐家住宅〜アシ沢までの林道は崩落個所も殆どなく、歩く分には十分です。一般車は通行できません。ゲートも有ります
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 軍手 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ 長くつ

写真

R459から登山口への入口
2016年07月09日 09:44撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
R459から登山口への入口
1
小荒集落にある案内板。五十嵐家住宅まで車で20分とのこと
2016年07月09日 09:51撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小荒集落にある案内板。五十嵐家住宅まで車で20分とのこと
1
五十嵐家住宅へ約500m手前の駐車場に到着。トイレがあります。水は飲用不可
2016年07月09日 10:16撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五十嵐家住宅へ約500m手前の駐車場に到着。トイレがあります。水は飲用不可
2
五十嵐家住宅前に駐車できそうなスペースがあります。ここから歩きます
2016年07月09日 10:06撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五十嵐家住宅前に駐車できそうなスペースがあります。ここから歩きます
3
ちなみに車で先に進んでも「車両通行止」です。この先ゲートも有ります
2016年07月09日 10:07撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちなみに車で先に進んでも「車両通行止」です。この先ゲートも有ります
2
森林管理署?のゲートを通過
2016年07月09日 11:18撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林管理署?のゲートを通過
1
実川発電所前を通過。広く歩き易い林道
2016年07月09日 12:14撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実川発電所前を通過。広く歩き易い林道
1
トンネル到着。入口にモヤがかかり、なんか怖わ!
2016年07月09日 12:38撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネル到着。入口にモヤがかかり、なんか怖わ!
4
発電所専用道路とのこと。中は真っ暗。先が見えません
2016年07月09日 12:40撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
発電所専用道路とのこと。中は真っ暗。先が見えません
1
真っ暗闇の中、ヘットランプ頼りに道路中央の排水溝に沿って、恐る恐る進みます。向こうに明かりが見えてきたのでフラッシュ撮影
2016年07月09日 12:55撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ暗闇の中、ヘットランプ頼りに道路中央の排水溝に沿って、恐る恐る進みます。向こうに明かりが見えてきたのでフラッシュ撮影
5
10分ほどで通過。怖かった〜!帰り、また通るのか・・・
2016年07月09日 12:58撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分ほどで通過。怖かった〜!帰り、また通るのか・・・
6
森林管理署の案内板を通過すると
2016年07月09日 13:19撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林管理署の案内板を通過すると
1
左に湯ノ島小屋への案内板
2016年07月09日 13:20撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に湯ノ島小屋への案内板
1
右の小屋で昼食に。左はトイレです
2016年07月09日 13:23撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の小屋で昼食に。左はトイレです
5
冷やし中華。雨でなければ外で食べたいところ
2016年07月09日 13:33撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冷やし中華。雨でなければ外で食べたいところ
3
小屋裏の水場。パイプから、ちょろちょろ。脇から、ザーザー
2016年07月09日 13:43撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋裏の水場。パイプから、ちょろちょろ。脇から、ザーザー
3
昼食後、登山口方向へ林道を進む。左の樹に案内が張られてます
2016年07月09日 13:55撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食後、登山口方向へ林道を進む。左の樹に案内が張られてます
2
案内を見ると。林道をまっすぐ進むのが正解とのこと
2016年07月09日 13:55撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内を見ると。林道をまっすぐ進むのが正解とのこと
2
林道突き当りの施設に到着。左の小道に入ります
2016年07月09日 13:56撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道突き当りの施設に到着。左の小道に入ります
1
滑りやすい斜面を降りると
2016年07月09日 13:57撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑りやすい斜面を降りると
2
左のアシ沢と右の実川との合流点に到着
2016年07月09日 14:01撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左のアシ沢と右の実川との合流点に到着
3
アシ沢上流部
2016年07月09日 14:01撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アシ沢上流部
2
中流部。対岸はオンベ松尾根の末端
2016年07月09日 14:01撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中流部。対岸はオンベ松尾根の末端
2
下流部。実川との合流部。対岸のピンクリボンの左には
2016年07月09日 14:01撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下流部。実川との合流部。対岸のピンクリボンの左には
2
オンベ松尾根の急登。時間が無いので今日は帰ります
2016年07月09日 14:07撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オンベ松尾根の急登。時間が無いので今日は帰ります
3
林道は終始歩き易いのですが・・・
2016年07月09日 14:19撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道は終始歩き易いのですが・・・
2
ここが、どうも・・・
2016年07月09日 14:45撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが、どうも・・・
2
通過時間は来る時と同じですが、今回は長く感じなかった
2016年07月09日 15:01撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通過時間は来る時と同じですが、今回は長く感じなかった
3
しかし振り返ると・・・やっぱり怖わ!
2016年07月09日 15:01撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし振り返ると・・・やっぱり怖わ!
3
雨も止んで来ました。紅葉時期も良さそうな感じ
2016年07月09日 15:38撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨も止んで来ました。紅葉時期も良さそうな感じ
2
ヤマユリでしょうか?
2016年07月09日 16:06撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマユリでしょうか?
5
アップ!大きい!
2016年07月09日 16:07撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップ!大きい!
6
駐車スペースに到着。無事到着!ありがとうございました
2016年07月09日 16:41撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車スペースに到着。無事到着!ありがとうございました
2
【参考です。五十嵐家住宅周辺情報】
五十嵐家住宅周辺の案内図
2016年07月09日 10:06撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【参考です。五十嵐家住宅周辺情報】
五十嵐家住宅周辺の案内図
1
主屋は江戸時代に建てられた様です
2016年07月09日 10:22撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主屋は江戸時代に建てられた様です
2
縁側。我が家にも欲しいところ!
2016年07月09日 10:22撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縁側。我が家にも欲しいところ!
2
正面から
2016年07月09日 10:24撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面から
2
上手蔵。主屋より約90年後の江戸時代、建築とのこと
2016年07月09日 10:24撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上手蔵。主屋より約90年後の江戸時代、建築とのこと
3
下手蔵。こちらは大正時代
2016年07月09日 10:30撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下手蔵。こちらは大正時代
2
万治峠への吊り橋
2016年07月09日 10:26撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万治峠への吊り橋
2
吊り橋から上流部
2016年07月09日 10:27撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋から上流部
1
こちらは下流部
2016年07月09日 10:27撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは下流部
1
万治峠まで90分とのこと。紅葉時期歩きたいところ
2016年07月09日 10:27撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万治峠まで90分とのこと。紅葉時期歩きたいところ
2
撮影機材:

感想/記録
by bono2

 今月は飯豊と考えてましたが天気が雨模様。そこで5月の連休に行くつもりが、延び延びにしていた実川林道の下見に行きました。心配していたアブの襲撃が無く、大して暑くもなく、深緑の実川渓谷を歩くことができました。
 五十嵐家でお会いした方に対熊・猿用にと爆竹を頂きました。今回は使わずに済みましたが心強いです。ありがとうございました。
 今度は紅葉の頃、是非、訪れたい所ですが、色々、課題も見つかる下見でした。
(備忘録 7/20追記)
・往路、復路ともR121経由が最良かも。距離は飯豊林道より若干、延びるが通行しやすい。
・下道だけだと、七ヶ宿街道からR121もあり。
・五十嵐家住宅〜オンベ松尾根取付き:片道2時間40分程度





訪問者数:327人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/12
投稿数: 899
2016/7/11 12:55
 お疲れさまでした。
bonoさん。こんにちは🎵
五十嵐家住宅まで5時間とは・・・・ちょっとキツイですね。
登山口までは、やはり、チャリ使った方が楽なんでしょうか?
熊鈴だけでなく、爆竹まで必要とは、そんなに熊が出るんですかね。(>_<)
登録日: 2013/11/21
投稿数: 100
2016/7/11 21:30
 Re: お疲れさまでした。
FUKUSIMAさん。こんばんは
仙台から五十嵐家まで一般道で日帰りはキツイということが、よく判りました
自分にとって車中泊か高速道利用は必須です
次回は、砂利道ですが登山口までチャリを使おうと思います。特に帰りは楽だと思います。サス付きの自転車がおすすめですが、自分のチャリはサスが無いので○門が不安です
熊鈴は持ってたのですが「効かないから持ってけ」と。ビニールの小袋に入った1本、1本バラになった爆竹です。ありがたく遠慮なく頂きました。熊スプレーは高価なので、とても心強いです。イザというときどれだけ自分が反応できるか不安もありますが・・・
けれど紅葉時期が楽しみになる林道でした
登録日: 2013/11/12
投稿数: 899
2016/7/12 20:38
 Re[2]: お疲れさまでした。
熊鈴が効かないなんて恐い話です。(>_<)
でも、最近のニュースでは、人間を怖がらない熊もいるようですからね。
ある方から聞いた話ですが、スプレーは、使い方が難しいらしいそうです。それよりは、鉈を持参した方が良いそうです。最後は、窮鼠猫を噛むの諺のとおり、戦うしかなく、鉈が熊に当たれば、熊は逃げると言っていました。
話戻りますが、車中泊、日帰りピストンもかなり厳しそうですね。
成功をお祈りいたします。(^-^)
私は、今日、飯森山に行ってきましたが、やっぱり、この季節、低山は暑すぎました。(笑)
登録日: 2013/11/21
投稿数: 100
2016/7/13 0:52
 Re[3]: お疲れさまでした。
鉈ですか、たしかに良いかもしれません。しかし自分には重荷になりそう 。とりあえず、いつも通り、鈴をリンリン鳴らし、ラジオをガンガン聞きながら、遠くで見かけたら引き返えし、近くで合ったらゴメンナサイ、ぐらいの気持で歩きたいものです。野生のクマさんに遭ったことは無いのですが

ありがとうございます。無理せず、ピークハントは二の次で、秋のオンベ松尾根を楽しむことを第一に安全山行を心がけたいです

今回、試した冷やし中華は、なんか癖になりそうです。次回は飯豊山中のどこかで食べたいところです。Fさんレコから、またまた良いこと教わってます。重ねて、ありがとうございます

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ