ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 912817 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走蔵王・面白山・船形山

船形山ひとりぼっち

日程 2016年07月09日(土) 〜 2016年07月10日(日)
メンバー KaS
天候9日はほぼ雨、10日は7:30頃から青空が広がる
アクセス
利用交通機関
車・バイク
旗坂キャンプ場駐車場に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
2時間33分
休憩
10分
合計
2時間43分
船形山06:1506:17升沢・観音寺コース分岐06:25千畳敷分岐07:00蛇ヶ岳07:05蛇ヶ岳分岐07:30瓶石沢分岐07:35不動石07:50三光の宮08:0008:25鳴清水08:40一群平08:45旗坂平08:57船形山 升沢コース登山口08:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
升沢小屋からの沢登り箇所は増水していたが、登るには問題なし(雨降りなのでいずれにせよビショビショになる)
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

旗坂の駐車場は私の車だけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旗坂の駐車場は私の車だけ
3
フクロウの激励を受けて、出発!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フクロウの激励を受けて、出発!
4
小型ピザ型キノコ 大:中:小
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小型ピザ型キノコ 大:中:小
2
雨だと葉っぱがキレイ(ホント)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨だと葉っぱがキレイ(ホント)
3
なんか、すごい造形。前かがみのリューク?双頭のジラーフ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんか、すごい造形。前かがみのリューク?双頭のジラーフ?
3
こちらは、セサミストリートのオスカー?緑の熊さんか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは、セサミストリートのオスカー?緑の熊さんか?
11
山頂付近は、雨+ガス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近は、雨+ガス
2
やっと山頂!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと山頂!
8
ウスユキソウが迎えてくれた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウスユキソウが迎えてくれた
9
いつもきれいに整理された小屋。翌朝、室内を掃除して出発。ありがとうございました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもきれいに整理された小屋。翌朝、室内を掃除して出発。ありがとうございました
9
相変わらずガスで見晴らし無し。強風
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらずガスで見晴らし無し。強風
2
振り返るが、こんな感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るが、こんな感じ
3
おっ?見えてきた。左から北泉ヶ岳、泉ヶ岳、三峰山、後白髪山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ?見えてきた。左から北泉ヶ岳、泉ヶ岳、三峰山、後白髪山
6
西側も晴れてきたぞ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側も晴れてきたぞ
2
久しぶりのリンボー松(のけぞらず、前かがみで通過)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶりのリンボー松(のけぞらず、前かがみで通過)
4
仙台カゴにサヨナラ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙台カゴにサヨナラ
4
三峰山と後白髪山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三峰山と後白髪山
4
池塘が青空を映す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池塘が青空を映す
13
気持ちの良い草原を抜けて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い草原を抜けて
3
なんかすごい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんかすごい
3
登山口の山アジサイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の山アジサイ
3
駐車場にはたくさんの車。今日はいい天気(でも、暑いよ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場にはたくさんの車。今日はいい天気(でも、暑いよ)
4

感想/記録
by KaS

 しばらく山に行く時間がなかったので、この週末は是非とも行きたかった。土曜日の天気予報は良くない。一方、日曜は良くなりそう。でも山に泊まりたい。いろいろ思案しつつ、土曜の朝。やはり、前夜は一晩中雨音アリ。本当は焼石岳に行きたかったのだが、あちらの天気もかわりばえしないようだし、こちらの午後の天気は回復しそうな感じ(予報では15:00以降は雨あがる?)。
 では、少し待って船形山頂上小屋泊まりにしよう。ということで、ゆっくり支度をし、10:30頃にタイヤを回す。旗坂キャンプ場に11:30前に到着したが、他の車はない。雨は微妙に降っているが、これなら問題なく登れる感じである。誰もいないだろうから、クマさんに注意してゆっくり登ることにして、出発。
 しかし、旗坂平を過ぎたあたりからまた本降りになる。木々の間を抜けていく登山道なので、雨が直接当たることはないが、キープしきれなくなった大粒の水滴が落ちてきて、体全体を濡らす。レインウェアを出すのは億劫だし、それを着ても、結局大汗のため、内側から服はぐちゅぐちゅになる。よって、「このまま行くべし。どうせもうすぐ雨はあがるし」。でも、これは大きな間違いだった。
 雨は、頂上小屋に到着するまで降り続き、しかも、時々風が強く吹いて、それまでうまいバランスで葉にキープされていた貯水が、小滝のように盛大に落ちてくる。整備された登山道ではあるが、たまに伸びた笹や樹木の枝葉が両肩、脚に触れて、多量の水分を供給する。からだ中、水分満杯で升沢小屋前に到着。ここで衣服の脱水と休憩をしようと思っていたのだが、近づいてみると、中では話し声がしている。せっかくの楽しい雰囲気を、私のみじめな姿でお邪魔して着替えるなど、誰にとっても誠に迷惑な話であるはず。よって、休憩なしで沢登りに突入する決定をしてしまった。
 その後の苦闘はご推察のとおり。増水した沢で足を置く石選びに苦労し、えぐれて滑るし潜る粘土路面とも格闘し、タイムとしては遅めながらも本人としては十分に頑張って、船形頂上小屋に到着した。運よく、滑ってころぶことはなかったので、ドロドロの姿にはならなかった。が、水分飽和の状況は升沢小屋前の状況をさらにバージョンアップしたものである。
 もしかしたら、誰か小屋にいるかも。この姿で乱入するのは申し訳ないな〜 と思いながらドアを開けると、誰もいない。ホッとする暇もなく、着替えと脱水・乾燥作業に集中した。その後も来客はなく、結局、独りぼっちの小屋泊まりとなった。
 室温は16℃。わりと暖かい。静かな夜を期待したが、濃いガスの中、夜中じゅう強風が吹きまくり、引っ切り無しに風切音がする。読書に集中するためには理想的環境?である。「脱出記―シベリアからインドまで歩いた男たち」を持ってきており。ついつい24:00過ぎまで読みふけった(一行は、危険なソビエト領内をうまく抜け、モンゴルに入ったあたりまで。。ワクワク。。)。
 翌朝もガスガスだったが、降りるにつれて天気は回復し、駐車場に置いた車の中はサウナ状態だった。下山中に8人の方とすれ違った。頂上、稜線では、みんな素晴らしい景色を堪能できたはず。日頃の行いの差が表れた山行ではあった (^ ^;
訪問者数:463人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/12
投稿数: 899
2016/7/10 15:42
 大変でしたね❗
KaSさん。こんにちは🎵
しかし、雨と汗で、びちょびちょとは、最悪でしたね。😭⤵💣
それよりも驚きは、小屋に一人で?しかも風切音がする?・・・・考えただけでも、背筋が寒くなりますよ。(>_<)
そんな中で、読書に集中できるなんて、KaSさんって、本当にきもが座った方なんですね。😲‼
尊敬します。(^-^)
脱出記、面白そうですね。
登録日: 2015/12/9
投稿数: 344
2016/7/10 21:46
 勇者!
そして羨ましい!小屋泊はあれです。荒天を押して行った山行ほど思い出深く胸に刻まれます。大眺望は案外心には残らず忘れやすい!自分はですが(笑)

お疲れ様でした!

そして道ですれ違ったかもしれませんねー。今日、写真倶楽部で10時過ぎには旗坂についていました。
KaS
登録日: 2013/4/13
投稿数: 73
2016/7/10 22:51
 Re: 大変でしたね❗
 実は、汗かきなのに雨に濡れるのは結構苦手な人種なのです(もしかしてFUKUSIMAさんも同じじゃなーい?)。今回は駐車場到着時にちょうど雨が小休止していたのが運のつき。15分くらいルンルン歩いたら、その後は梅雨らしい雨が降り続きました。
 しかも、山頂到着少し前から強風となり、夜中じゅう霧風(そんな言葉あるのか)が吹きすさぶという状況でしたが、小屋の中はすこぶる快適で、ゆっくり過ごせましたよ。
 ところで、ガスガスの高湿度雰囲気では、コンロの熱気を少しぐらいあてても、濡れた服は乾かないことを知りました。寒い冬の方が全然早く乾きます。温度が低いので水蒸気の絶対量がずっと少ないからですかね。夏でも乾いた着替えの有難さが身に沁みました。
 次は飯豊連峰を目指したいですが、どうなることやら。。
KaS
登録日: 2013/4/13
投稿数: 73
2016/7/10 23:10
 Re: 勇者!
 コメントありがとうございます。今日は天気よくて良かったですね。
はい、きっと、吉岡からの道のどこかですれちがってってますね。
 kumapuuさんの写真を見てると、船形山の奥深い感じがよく伝わってきます。私は12番の写真が好きです(和庭のコアのような感じがしました:私自身はセンスなしなので気にしないで下さい)。そうそう、6/30の三居沢、大変でしたね。そんなことがあるんですね。私も気を付けなければ。。 では、また。
登録日: 2012/5/20
投稿数: 487
2016/7/12 21:20
 おばんです。
約一年前の自分の初山小屋泊を思い出しました。
雨が上がってから歩きのお泊り。
しかも強風の夜。あ〜〜懐かしい。
やはり土曜日でも天候次第で賑わう日もあれば寂しい日もあるのが山小屋なんですね。
KaS
登録日: 2013/4/13
投稿数: 73
2016/7/12 21:59
 Re: おばんです。
Juanさん。おばんです。
 鬼ヶ城コース含みの岩手山1泊周回の時のことですね。
 私の小屋迫デビューは、年の暮れの升沢小屋でやはり独りぼっちでした、チラチラしていた雪が夜には本降りとなり、翌朝は40センチぐらい積もっていて、ラッセルに苦労してくだった思い出です。
 その時は風はなく、全く音のない夜だったのですが、夜中に1回だけ、外の鐘が大きく鳴ったのです。本当にびっくりして、とても外に確認に行く気にはなりませんでした。降雪のため、朝に何の痕跡も見つけられませんでしたが、今でも結構なトラウマです (^ ^; それに比べたら、にぎやかな音のする強風時はまだましかな?
 また、楽しいレコを楽しみにしていますよ〜。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ