ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 912828 全員に公開 ハイキング近畿

初めましての生駒山

日程 2016年07月10日(日) [日帰り]
メンバー hirohitosan
天候晴れ時々うすくもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
枚岡公園の芝生の広場駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

枚岡公園芝生の広場駐車場958→摂河泉コース中展望台1007→額田展望台北1014→双子塚1021→縦走路合流点1050→スカイライン下トンネル1108→生駒山頂一等三角点1125→暗峠1208→枚岡公園芝生の広場駐車場1247
ログ採りが道中不具合連発で、ルート図のスタートゴール地点がおかしいことになっていますが、枚岡公園スタートゴールです。
コース状況/
危険箇所等
枚岡公園→生駒山頂
摂河泉展望コースを進みました。ルートは明瞭、道標も各分岐にあるので、ルートロスすることはないと思います。ただし、あちらこちらに分岐があるので、注意は必要です。本日は、小さな子供連れから、シニアの方まで、たくさんの方が歩いておられました。と言うか、これはいつもなのでしょうか?また、だいぶ上まで上がってから気づいたのですが、紫陽花狙いの方もいらっしゃったのですね。スカイラインをトンネルで抜けて、最後は山頂遊園地に入ります。一等三角点は、遊園地の中の汽車ポッポの線路内にあります。
生駒山頂→暗峠
山頂遊園地を出て、上がってきたルートをやり過ごし直進します。結構斜面が急なところもあるので、雨のあとだと、滑りやすそうです。実際、私も滑りそうに成りました。ほぼ、スカイラインに沿って歩きます。一ヶ所スカイラインを横切るのですが、そこの展望台からは、大阪平野の街が一望できます。踏みあとはしっかりしているので、ルートロスの心配は無さそうです。
暗峠→枚岡公園
とんでもない道が、国道308号線として、峠を越えていると言うことで、暗峠は、一度歩いてみたかったところでした。スカイライン上からは、なんとなく見ていたのですが、噂通り期待通りでした。クルマ一台分くらいの狭いコンクリート道路で、クルマで走るのも無理っぽいくらいのとんでもない急傾斜です。当然、歩きに関しても、登り下りともに使いたくない傾斜です。確実に、後で膝や足首に来そうです。さすが酷道にふさわしい道路でした。一応、一般国道なので、ルートロスの心配は無さそうです。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック

写真

ここからスタートします。
2016年07月10日 09:58撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからスタートします。
2
よく整備されたルートです。
2016年07月10日 10:01撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく整備されたルートです。
1
展望台からは、大阪平野が一望できます。
2016年07月10日 10:07撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台からは、大阪平野が一望できます。
1
プチ藪こぎ(笑)
2016年07月10日 10:28撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プチ藪こぎ(笑)
縦走路との合流点です。
2016年07月10日 10:50撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路との合流点です。
1
紫陽花咲いています。
2016年07月10日 10:54撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紫陽花咲いています。
1
このあと写真撮影が不具合連発で上手く撮影できていません。
2016年07月10日 10:59撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあと写真撮影が不具合連発で上手く撮影できていません。

感想/記録

息子のオープンキャンパスへの送迎に便乗して、初めて生駒山にお邪魔しました。
小さい頃大阪に住んでいたので、よく遊びに来ていたらしいのですが、あまり記憶になく、ドライブで生駒スカイラインを何度も走ったことから、なんとなくクルマで来るところ的な印象が強く、今まで足が向かなかったのでしょうか?
色んな方に親しまれているので、ルートも選び放題でしたが、なんとなくクルマでアクセスしやすそうで、なんとなくたくさんの方が登っていそうに思えたので、枚岡公園からの摂河泉コースを選びました。
案の定、色んな年代の色んなグループの方が登っておられました。よく整備されたルートは歩きやすく、のんびりと森林歩きをさせて頂けました。
山頂遊園地では、汽車ポッポの線路の中の一等三角点を眺めていると、遊園地の係員さんが、汽車が動いていない間に近づいてきてもいいよと言われたので、お言葉に甘えまして、線路内に入らせていただき三角点タッチも無事完了いたしました。
登る前は、送迎時間の都合からピストンするつもりでしたが、せっかくなので、暗峠経由に変更して下りました。
暗峠と国道308号線は、ある意味期待通りの酷道ぶりで、ちょっと嬉しかったですが、あのコンクリ激下りルートは、膝や足首にダメージ大です。特に荒天時やそのあとは、恐ろしく滑りやすそうに感じました。
いずれにしても、今までノーマークであったのが申し訳ないくらい、のんびり歩くことを楽しめました。他のルートで登ったり、縦走路を楽しんでもみたいです。
本日も楽しく歩いて無事下山することができました。お山さん、ありがとうございました。
訪問者数:188人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

三角点 ピストン 道標 クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ