ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 912999 全員に公開 沢登り大山・蒜山

庄司ヶ滝・妖精の滝(甲川源流)

日程 2016年07月10日(日) [日帰り]
メンバー tolchop
天候曇り後晴れ
無風
駐車地気温24℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
香取登山口手前の舗装路終点に駐車。
5台くらいは駐車可能。
そこから先は未舗装、道は荒れている。
四駆なら上がれるでしょう。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間16分
休憩
44分
合計
5時間0分
S香取登山口駐車スペース07:1707:25香取登山口08:38庄司ヶ滝08:4609:09妖精の滝09:3711:07大休峠11:1511:54香取分れ12:10香取登山口12:17香取登山口駐車スペースG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
合計時間: 5時間1分
合計距離: 8.09km
累積標高(上り): 473m
累積標高(下り): 469m
コース状況/
危険箇所等
々畆菘仍蓋〜甲川下降箇所
踏み跡、テープあり。
時期的にササヤブが茂り、若干分かり辛い。

甲川下降箇所から庄司ヶ滝〜大休峠
バリエーションルート。
ルートファインディング必須。
沢登りなどの知識、技術が必要です。
また装備適宜。

B腟抛宗噌畆菘仍蓋
登山道あり。
石畳は非常に滑りやすい。
防滑対策があれば歩きやすいでしょう。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

舗装路終点を出発。
香取から入るのは初めてだ。
2016年07月10日 07:18撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路終点を出発。
香取から入るのは初めてだ。
「甲川」分岐。
トラバースするように歩いて行く。
スズメバチが執拗に追いかけてきた。
2016年07月10日 07:35撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「甲川」分岐。
トラバースするように歩いて行く。
スズメバチが執拗に追いかけてきた。
1
甲川に降り立つ。
装備を整え遡行して行く。
2016年07月10日 08:07撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲川に降り立つ。
装備を整え遡行して行く。
1
水は澄んでいる。
やはり大山系の水は綺麗だ。
2016年07月10日 08:29撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水は澄んでいる。
やはり大山系の水は綺麗だ。
4
庄司ヶ滝。
この滝は「新・庄司ヶ滝」なのだとか。
2016年07月10日 08:38撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
庄司ヶ滝。
この滝は「新・庄司ヶ滝」なのだとか。
2
庄司ヶ滝から少し戻り、
妖精の滝へ向かう。
こちらの沢の水は涸れている。
2016年07月10日 08:53撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
庄司ヶ滝から少し戻り、
妖精の滝へ向かう。
こちらの沢の水は涸れている。
妖精の滝...だが殆ど水流は無い。
オタマジャクシが沢山泳いでいた。
2016年07月10日 08:59撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妖精の滝...だが殆ど水流は無い。
オタマジャクシが沢山泳いでいた。
1
妖精の滝の上段。
こちらも流れはか細い。
左岸を巻き上がる。
2016年07月10日 09:10撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妖精の滝の上段。
こちらも流れはか細い。
左岸を巻き上がる。
妖精の滝左岸を巻く途中。
釜は水をたたえていた。
この尾根から一旦沢に降りるのだが、
下降点を見極められなかった。
ロープを出す。
2016年07月10日 09:17撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妖精の滝左岸を巻く途中。
釜は水をたたえていた。
この尾根から一旦沢に降りるのだが、
下降点を見極められなかった。
ロープを出す。
一度沢に降りた後、
甲川本流に向かうためにもう一度尾根を乗り越す。
ここでまたスズメバチの襲来。
2016年07月10日 09:45撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一度沢に降りた後、
甲川本流に向かうためにもう一度尾根を乗り越す。
ここでまたスズメバチの襲来。
少しヤブを漕ぐと踏み跡に出る。
ここを進むと甲川へ降りられた。
おそらくだが尾根を乗り越さず沢を少し遡上すると
この踏み跡に合流するのではと推測(未確認)。
2016年07月10日 09:50撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しヤブを漕ぐと踏み跡に出る。
ここを進むと甲川へ降りられた。
おそらくだが尾根を乗り越さず沢を少し遡上すると
この踏み跡に合流するのではと推測(未確認)。
1
甲川に合流。
水流は細くなってくる。
2016年07月10日 10:07撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲川に合流。
水流は細くなってくる。
2
気温は高いが水温は低い。
2016年07月10日 10:14撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気温は高いが水温は低い。
小さな4段の滝。
楽に上がれる。
2016年07月10日 10:24撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな4段の滝。
楽に上がれる。
3
右岸側に急に植林帯が現れる。
どこから運び出すんだろう。
2016年07月10日 10:33撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸側に急に植林帯が現れる。
どこから運び出すんだろう。
二俣。
左に取る。
右へ上がっても川床からの登山道に合流出来るだろう。
2016年07月10日 10:42撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二俣。
左に取る。
右へ上がっても川床からの登山道に合流出来るだろう。
これが最後の顕著な滝だった。
この上で水はほぼ涸れる。
2016年07月10日 10:45撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが最後の顕著な滝だった。
この上で水はほぼ涸れる。
1
間もなく沢の終点。
水はすでにないが、掘割はある。
2016年07月10日 10:57撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間もなく沢の終点。
水はすでにないが、掘割はある。
甲川源頭。
少し行くと大休峠の少し矢筈寄りに出た。
またしてもスズメバチの襲撃を受ける。
大休避難小屋では6名程が休憩中だった。
2016年07月10日 11:02撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲川源頭。
少し行くと大休峠の少し矢筈寄りに出た。
またしてもスズメバチの襲撃を受ける。
大休避難小屋では6名程が休憩中だった。
大休峠で装備を片付けた後、
香取登山口へ向かう。
香取別れを少し行った所で四度スズメバチの襲来。
何かの因縁なのではと疑いたくなる。
2016年07月10日 11:55撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大休峠で装備を片付けた後、
香取登山口へ向かう。
香取別れを少し行った所で四度スズメバチの襲来。
何かの因縁なのではと疑いたくなる。
2

感想/記録

まだ歩いた事の無かった甲川源流付近の散策。

今回観たかったのは「庄司ヶ滝」「妖精の滝」、
そして「五右衛門風呂」。
2つの滝は観られたが、
五右衛門風呂がどこにあるのかよく分からなかった。





この2つの滝の付近は地形が入り組んでおり、
地図読みに苦心した。
妖精の滝を高巻いた後、
谷に降りるのにロープを出したが
後で見たら出さなくても良い箇所があった。

またこの回はスズメバチに悩まされた。
いつもならすぐに居なくなるのだが、
何故か要所要所で現れて、
ずーっと付きまとわれて困った。
前世からの因縁なのかと考え始めるくらいしつこかった。

香取から歩いたことでようやく大山界隈の
バリでないルートを全て歩くことが出来た。
今更だが、ちょっと達成感がある。
訪問者数:302人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ