ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 913009 全員に公開 沢登り中国山地西部

犬戻峡

日程 2016年07月10日(日) [日帰り]
メンバー yasiyasi
天候晴れ時々雲り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間47分
休憩
50分
合計
4時間37分
S寂地峡管理棟10:2513:28犬戻歩道入口13:5714:10犬戻りの滝14:3014:35犬戻歩道入口14:3615:00寂地峡キャンプ場15:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
入渓後、キャンプ場上部の堰堤で、
コース状況/
危険箇所等
犬戻林道が平行していますが、10m〜20m位い上にあるようです、
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 ザック 行動食 飲料 コンパス ヘッドランプ GPS 携帯 時計 カメラ ロープ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ スリング ロープスリング ハンマーバイル ナイフブレード 渓流シューズ

写真

キャンプ場の堰堤。
いったん遊歩道に上がる。
2016年07月10日 10:27撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場の堰堤。
いったん遊歩道に上がる。
キャンプ場上部の東屋から再入渓。
2016年07月10日 10:40撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場上部の東屋から再入渓。
F1
右岸の岩棚に這い上がれば簡単に登れそうでしたが、単独なので左岸のより簡単な岩場を登る。
2016年07月10日 11:30撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F1
右岸の岩棚に這い上がれば簡単に登れそうでしたが、単独なので左岸のより簡単な岩場を登る。
F1右岸
Fナンバーは「西中国山地の沢」参照。
2016年07月10日 11:35撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F1右岸
Fナンバーは「西中国山地の沢」参照。
支流にもいい感じの滝。
2016年07月10日 12:37撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支流にもいい感じの滝。
前日明け方までの雨の影響か、水量が多く、水流に入る気にはなれません。
2016年07月10日 13:15撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日明け方までの雨の影響か、水量が多く、水流に入る気にはなれません。
林道駐車場の東屋あたりからゴルジュ帯。
ボルダリングジムの成果かこういったところのヘツリが楽しいです。ただし、高さはダメですね。
2016年07月10日 13:24撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道駐車場の東屋あたりからゴルジュ帯。
ボルダリングジムの成果かこういったところのヘツリが楽しいです。ただし、高さはダメですね。
ゴルジュ上から。
2016年07月10日 13:26撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルジュ上から。
1
高巻き。
2016年07月10日 13:26撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高巻き。
ゴルジュ上から。
2016年07月10日 13:27撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルジュ上から。
ゴルジュの奥にF8が見えます。
手前のトユ状の滝は左岸を巻いてみましたが、F8を登る自信がなかったので、東屋まで引き返し遊歩道へ。
2016年07月10日 13:38撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルジュの奥にF8が見えます。
手前のトユ状の滝は左岸を巻いてみましたが、F8を登る自信がなかったので、東屋まで引き返し遊歩道へ。
F10犬戻しの滝中央の岩尾根。
2016年07月10日 14:16撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F10犬戻しの滝中央の岩尾根。
下を見る。
2016年07月10日 14:17撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下を見る。
犬戻しの滝。
2016年07月10日 14:21撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬戻しの滝。

感想/記録

余りの暑さにたまらず沢へ。
初心者向けの沢、沢登りとしてはマイナーな沢、長い沢、ハイライトが終盤にある沢、と4ヵ所登山口まで行きましたが、何だかんだと理由を付ける。
入渓者があるだろう、と寂地峡駐車場へ。

ここでも、寂地峡か犬戻峡か悩みましたが、「沢行くんでしょ?私達は犬戻しへ」というご夫婦の一声で犬戻しに決定
(結局このご夫婦は「水が冷たい!」とのことでトレッキングに変更されたようで・・・。)

犬戻峡の核心部であるF8、F9は遊歩道へ逃げて、犬戻しの滝は下段の岩尾根まで登って引き返しました。
何分、下調べもせず歩いてしまったため、消化不良でした。
東屋までの下部は初級、ゴルジュ帯より上の核心部は登坂系の方には楽しめるのではないでしょうか。
訪問者数:148人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ