ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 913459 全員に公開 ハイキング富士・御坂

須走口五合目BS〜富士山〜お鉢めぐり〜御殿場口五合目BS

日程 2016年07月10日(日) [日帰り]
メンバー porisuka
天候晴れ、ガス
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:御殿場駅から須走口五合目BSまでバス
復路:御殿場口五合目BS周辺まで徒歩
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
良く整備されています。砂走りは砂や転ばぬように注意が必要です。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

今回は須走口五合目からのスタートです。お茶を頂いてから上り始めます。もちろん登山者の方で一杯です。1
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は須走口五合目からのスタートです。お茶を頂いてから上り始めます。もちろん登山者の方で一杯です。1
2
須走口五合目にて。2000m。トイレは有料で200円でした。2
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須走口五合目にて。2000m。トイレは有料で200円でした。2
まずは軽い階段からです。3
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは軽い階段からです。3
古御嶽神社。御祭神は木花咲耶姫命の父の大山祇神(おおやまつみのかみ)、花開耶姫命の息子である火須勢理命(ほすせりのみこと)、山の水の神の高於賀美命(たかおかみのみこと)だそうです。4
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古御嶽神社。御祭神は木花咲耶姫命の父の大山祇神(おおやまつみのかみ)、花開耶姫命の息子である火須勢理命(ほすせりのみこと)、山の水の神の高於賀美命(たかおかみのみこと)だそうです。4
2
悪天候のため、見通しが悪いです。5
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪天候のため、見通しが悪いです。5
須走ルート新六合目。2450m。ベンチ等があります。6
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須走ルート新六合目。2450m。ベンチ等があります。6
須走ルート瀬戸館1。2700m。ガリガリ君が売られている唯一の山小屋だそうです。7
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須走ルート瀬戸館1。2700m。ガリガリ君が売られている唯一の山小屋だそうです。7
須走ルート瀬戸館2。相変わらずのガス。しかし涼しいです。8
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須走ルート瀬戸館2。相変わらずのガス。しかし涼しいです。8
1
この辺りはまだ緑があります。9
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りはまだ緑があります。9
1
廿六夜月待塔。10
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
廿六夜月待塔。10
須走ルート七合目。3090m。山小屋太陽館。上り。11
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須走ルート七合目。3090m。山小屋太陽館。上り。11
須走ルート本七合目。見晴館。3200m。上り上り上りの連続です。12
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須走ルート本七合目。見晴館。3200m。上り上り上りの連続です。12
須走ルート本八合目。3400m。トモエ館。この辺りから登山者も増えてきます。13
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須走ルート本八合目。3400m。トモエ館。この辺りから登山者も増えてきます。13
須走ルート本八合目付近からの景色。少し見晴らしがよくなってきました。14
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須走ルート本八合目付近からの景色。少し見晴らしがよくなってきました。14
2
須走ルート八合五勺。御来光館。ヘロヘロです。15
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須走ルート八合五勺。御来光館。ヘロヘロです。15
須走ルート九合目。3600m。この辺りが最後の踏ん張りどころ。16
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須走ルート九合目。3600m。この辺りが最後の踏ん張りどころ。16
須走ルート山頂にて1。当たり前ですが、多くの登山者、外国人の方であふれています。17
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須走ルート山頂にて1。当たり前ですが、多くの登山者、外国人の方であふれています。17
2
須走ルート山頂にて2。須走ルートを振り返って1枚。18
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須走ルート山頂にて2。須走ルートを振り返って1枚。18
2
須走ルート山頂にて3。売店もあります。19
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須走ルート山頂にて3。売店もあります。19
1
ここからお鉢めぐりに向かいます。20
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからお鉢めぐりに向かいます。20
1
お鉢めぐり途上からの景色。馬の背が見えています。21
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お鉢めぐり途上からの景色。馬の背が見えています。21
3
御殿場ルート山頂の郵便ポスト。7月10日〜8月21日まで開設されるそうです。22
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿場ルート山頂の郵便ポスト。7月10日〜8月21日まで開設されるそうです。22
1
日本最高峰剣ヶ峰。3776m。きつい馬の背を上るとここへ。付近には富士山特別地域気象観測所があります。23
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本最高峰剣ヶ峰。3776m。きつい馬の背を上るとここへ。付近には富士山特別地域気象観測所があります。23
4
お鉢めぐりに戻ります。24
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お鉢めぐりに戻ります。24
1
馬の背を過ぎれば楽な道になってきます。25
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背を過ぎれば楽な道になってきます。25
1
あっという間に須走ルート山頂に着きます。26
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっという間に須走ルート山頂に着きます。26
再び御殿場ルート山頂へ向かいます。27
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び御殿場ルート山頂へ向かいます。27
御殿場ルート山頂付近からの景色。28
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿場ルート山頂付近からの景色。28
1
活火山としての富士山の説明書き。約10万年前に噴火を開始し約3500年前には現在の姿になったそうです。29
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
活火山としての富士山の説明書き。約10万年前に噴火を開始し約3500年前には現在の姿になったそうです。29
1
ここから御殿場新五合目まで8.4kmあります。長い下りです。30
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから御殿場新五合目まで8.4kmあります。長い下りです。30
気が遠くなるまでひたすら下りです。九十九折です。31
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気が遠くなるまでひたすら下りです。九十九折です。31
3
御殿場ルート七合五勺。3090m。砂走館。32
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿場ルート七合五勺。3090m。砂走館。32
御殿場ルート長い砂走りです。33
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿場ルート長い砂走りです。33
1
急な下りである砂走りが終わり緩やかになってきました。34
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な下りである砂走りが終わり緩やかになってきました。34
2
あとはひたすら直線です。35
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとはひたすら直線です。35
大石茶屋。久しぶりの茶屋です。36
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大石茶屋。久しぶりの茶屋です。36
御殿場五合目BSに到着です。これにて本日終了。37
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿場五合目BSに到着です。これにて本日終了。37
1

感想/記録

今回は富士山を目的に歩いてきました。上りは須走ルートを使いました。途中までは緑がありますがやがてなくなり岩と砂と小屋だけになります。やはりというべきか山頂は登山者の方や外国人の方などで一杯でした。天候がもう少し良ければ、下界の景色も見れたとは思うのですが…。下りは御殿場ルートを使いましたが長〜い砂走りが続きます。下りですがちょっと脚にきました。今回はまあ満足の山行でした。
訪問者数:188人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

下界
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ