ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 913897 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

金峰山(古の表参道〜大弛峠周回)

日程 2016年07月10日(日) [日帰り]
メンバー marui, その他メンバー1人
天候晴れ時々曇り(曇り時々晴れ?)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
アコウ平登山口の広場に駐車
行き:都内自宅0530⇒某駅0630⇒登山口0840
帰り:登山口1655⇒温泉/食事1925⇒某駅2125⇒自宅2220
行き渋滞なし
帰り小仏トンネル先頭に渋滞17km
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち34%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

駐車場   0855
御室小屋跡 1005/1015 1.10
片手回し岩 1045/1050 0.30 1.40
金峰山   1200/1305 1.10 2.50
朝日岳   1400/1410 0.55 3.45
大弛峠   1505/1530 0.55 4.40
駐車場   1645    1.15 5.55
その他周辺情報温泉:ほったらかし温泉 \800
http://www.hottarakashi-onsen.com/
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 デイパック 帽子 登山靴 ストック ペットボトル(0.5Lx2) 水(0.5L) 昼食 ガスコン コッフェル小 5万図 スマフォ(GPS) カメラ 日焼け止め 以下不使用のもの 雨具 ソフトシェル 手袋 ツェルト 磁石 ヘッデン 予備電池 携帯電話 モバイルバッテリー ポイズンリムーバー

写真

アコウ平登山口から出発です。
今日は古の登山道から金峰山に登ります。
2016年07月10日 08:55撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アコウ平登山口から出発です。
今日は古の登山道から金峰山に登ります。
7
まずは谷に向かって下りていきます。
すぐに奥秩父らしい原生林。
2016年07月10日 08:58撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは谷に向かって下りていきます。
すぐに奥秩父らしい原生林。
1
トロッコ道跡に出たら、左にしばし歩きます。
2016年07月10日 09:02撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トロッコ道跡に出たら、左にしばし歩きます。
1
苔が輝く。
2016年07月10日 09:06撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔が輝く。
5
きのこ〜
ちなみに、今回、Q7におNewレンズ導入しました。
01レンズという35mm換算39mmのF1.9標準単焦点レンズです。
1/1.7"の小さいCCDでも、F1.9だとボケてくれますね。
2016年07月10日 09:09撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きのこ〜
ちなみに、今回、Q7におNewレンズ導入しました。
01レンズという35mm換算39mmのF1.9標準単焦点レンズです。
1/1.7"の小さいCCDでも、F1.9だとボケてくれますね。
10
ここまでトロッコ道を歩いたら、ここで右折し谷へ急降下。
2016年07月10日 09:20撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでトロッコ道を歩いたら、ここで右折し谷へ急降下。
1
谷(荒川)に下りました。
さてどこを渡渉しようか。
2016年07月10日 09:24撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷(荒川)に下りました。
さてどこを渡渉しようか。
2
下流側にロープあり。
そこで濡れずに谷を渡れました。
対岸に出たら赤テープに沿って御室川を遡りますが、沢が二重になっていて、右側の小さい沢に沿って登っていきます。
2016年07月10日 09:25撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下流側にロープあり。
そこで濡れずに谷を渡れました。
対岸に出たら赤テープに沿って御室川を遡りますが、沢が二重になっていて、右側の小さい沢に沿って登っていきます。
1
ぎょ、ぎょりん、じゃなくて、ギンリョウソウ!
2016年07月10日 09:42撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぎょ、ぎょりん、じゃなくて、ギンリョウソウ!
6
緑が綺麗!
2016年07月10日 09:47撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑が綺麗!
2
途中から小さい尾根に乗って少し進むと御室小屋跡です。
2016年07月10日 10:08撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から小さい尾根に乗って少し進むと御室小屋跡です。
4
ちなみに手持ちの5万分の1地図(昭和50年版)にはまだ御室小屋が載っていました。
朝日峠の峠道(後述)も出ています。
2016年07月11日 23:21撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちなみに手持ちの5万分の1地図(昭和50年版)にはまだ御室小屋が載っていました。
朝日峠の峠道(後述)も出ています。
7
御室小屋跡から急登開始です。
すぐにネズコ林。そういえばこの看板、大菩薩峠でも見かけました。そちらはブナ林でした。
2016年07月10日 10:14撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御室小屋跡から急登開始です。
すぐにネズコ林。そういえばこの看板、大菩薩峠でも見かけました。そちらはブナ林でした。
1
梯子が現れると岩場になります。
2016年07月10日 10:18撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子が現れると岩場になります。
2
一枚岩で岩が濡れていて滑ります。
鎖を掴んで行きます。
2016年07月10日 10:20撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一枚岩で岩が濡れていて滑ります。
鎖を掴んで行きます。
6
ここは落ちたらヤバイ
慎重に。
2016年07月10日 10:21撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは落ちたらヤバイ
慎重に。
14
2本目の鎖まで行くと、片手回しの岩と五丈岩が登場!
天気も良くて気持ちいい。
2016年07月10日 10:22撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2本目の鎖まで行くと、片手回しの岩と五丈岩が登場!
天気も良くて気持ちいい。
11
タカネニガナ
01レンズ、良い感じにボケてくれます。
2016年07月10日 10:26撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネニガナ
01レンズ、良い感じにボケてくれます。
3
一杯咲いていました。
2016年07月10日 10:26撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一杯咲いていました。
5
巨岩群の表参道。
2016年07月10日 10:28撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨岩群の表参道。
10
片手回しの岩に到着しました。
どう見ても不安定
地震が起きたらあっちに逃げようと同行者と会話。
2016年07月10日 10:47撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
片手回しの岩に到着しました。
どう見ても不安定
地震が起きたらあっちに逃げようと同行者と会話。
4
ガスってきてしまった。
2016年07月10日 10:56撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスってきてしまった。
1
車道の途中からは南アルプスが見えていたのですが、ここからは見られず残念。
2016年07月10日 11:35撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道の途中からは南アルプスが見えていたのですが、ここからは見られず残念。
1
ハクサンシャクナゲ
2016年07月10日 11:39撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンシャクナゲ
9
もう少しで森林限界。
2016年07月10日 11:42撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで森林限界。
1
ゴゼンタチバナ
2016年07月10日 11:49撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
4
この少し藪っぽい所を抜けると頂上到着。
2016年07月10日 11:55撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この少し藪っぽい所を抜けると頂上到着。
2
登ってきた表参道を振り返って。
昔の修験者は遠くに見える甲府盆地から歩いて来たのですね。
2016年07月10日 12:05撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた表参道を振り返って。
昔の修験者は遠くに見える甲府盆地から歩いて来たのですね。
7
片手回しの岩をZoom!
2016年07月10日 12:05撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
片手回しの岩をZoom!
5
八幡山方面への尾根。
2016年07月10日 12:05撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八幡山方面への尾根。
2
山頂側へ出たら、人が沢山いてびっくり。
ここまで下山一人、登り一人しか会いませんでした。
ここでゆっくり食事休憩を。
2016年07月10日 12:08撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂側へ出たら、人が沢山いてびっくり。
ここまで下山一人、登り一人しか会いませんでした。
ここでゆっくり食事休憩を。
2
鉄山と朝日岳。
2016年07月10日 12:37撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄山と朝日岳。
2
ガスも晴れ、頭上は青空になりました。
2016年07月10日 12:52撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスも晴れ、頭上は青空になりました。
8
五丈岩もチャレンジしてみましたが、ピンクの方がいる辺りの中段でビビって断念。
学生時代に登っているから諦め早い早い。
が、同行者は心残りとなったようです。ごめん
2016年07月10日 12:53撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五丈岩もチャレンジしてみましたが、ピンクの方がいる辺りの中段でビビって断念。
学生時代に登っているから諦め早い早い。
が、同行者は心残りとなったようです。ごめん
10
右の岩の上にある祠にも参拝しました。
途中、木の橋を渡って行きます。
2016年07月10日 12:54撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の岩の上にある祠にも参拝しました。
途中、木の橋を渡って行きます。
2
金峰山は4回目、'13年12月以来。
2016年07月10日 13:03撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰山は4回目、'13年12月以来。
17
山頂から五丈岩。
途中も岩だらけです。
2016年07月10日 13:03撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から五丈岩。
途中も岩だらけです。
2
では大弛峠に向かいます。
まずはこの岩をくぐって。
2016年07月10日 13:04撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では大弛峠に向かいます。
まずはこの岩をくぐって。
3
金峰山頂上付近は気持ちの良い稜線。
お、向こうに見えるギザギザは前回行った両神山。
2016年07月10日 13:06撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰山頂上付近は気持ちの良い稜線。
お、向こうに見えるギザギザは前回行った両神山。
3
両神山をZoom!
2016年07月10日 13:07撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神山をZoom!
2
キバナシャクナゲかな
2016年07月10日 13:11撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キバナシャクナゲかな
8
ここまでわずかですが、奥秩父には珍しい森林限界の稜線歩き。
2016年07月10日 13:14撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでわずかですが、奥秩父には珍しい森林限界の稜線歩き。
3
左手に石積みあり、行ってみます。
2016年07月10日 13:15撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に石積みあり、行ってみます。
1
この四角い岩の感じからすると、その昔、祠か何かがあったような?
2016年07月10日 13:16撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この四角い岩の感じからすると、その昔、祠か何かがあったような?
5
石積みからすぐに森林限界で、また樹林帯となります。
鉄山は左から巻き、一旦下って100m登り返しで朝日岳へ。
2016年07月10日 13:21撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石積みからすぐに森林限界で、また樹林帯となります。
鉄山は左から巻き、一旦下って100m登り返しで朝日岳へ。
1
コケモモ?
2016年07月10日 14:01撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケモモ?
3
朝日岳から金峰山見納め。
ちょうどガスも切れて、五丈岩が見えました。
2016年07月10日 14:03撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳から金峰山見納め。
ちょうどガスも切れて、五丈岩が見えました。
1
朝日岳の頂上標識はこれだけ。
2016年07月10日 14:09撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳の頂上標識はこれだけ。
1
縞枯れになっています。
2016年07月10日 14:13撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縞枯れになっています。
1
朝日岳から少し下りると岩岩帯。
2016年07月10日 14:18撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳から少し下りると岩岩帯。
2
オオシラビソ
2016年07月10日 14:20撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオシラビソ
1
調査中
2016年07月10日 14:22撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
調査中
2
トウヒ
2016年07月10日 14:25撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トウヒ
1
と、草木を見ながら樹林帯を歩く内に朝日峠へ。
現在の地図には峠道が出ていませんが、昔の5万分の1地図には道が記載されていました。
2016年07月10日 14:38撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と、草木を見ながら樹林帯を歩く内に朝日峠へ。
現在の地図には峠道が出ていませんが、昔の5万分の1地図には道が記載されていました。
1
今でも看板はあり。
「廻目平まで2.46km(大雉沢経由)ベテランコース」と書いてありました。
2016年07月10日 14:38撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今でも看板はあり。
「廻目平まで2.46km(大雉沢経由)ベテランコース」と書いてありました。
2
朝日岳から意外と時間がかかって大弛峠へ到着。
2016年07月10日 15:04撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳から意外と時間がかかって大弛峠へ到着。
2
大弛小屋で休憩
2016年07月10日 15:05撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大弛小屋で休憩
4
これです、大弛コーヒー
2016年07月10日 15:16撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これです、大弛コーヒー
7
トイレは車道脇にあり。
2016年07月10日 15:29撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレは車道脇にあり。
1
アコウ平登山口まで林道歩き開始。
緩い下りが続きます。自転車が欲しい〜
2016年07月10日 15:30撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アコウ平登山口まで林道歩き開始。
緩い下りが続きます。自転車が欲しい〜
1
シロバナノヘビイチゴ
2016年07月10日 16:06撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロバナノヘビイチゴ
3
ダケカンバ
2016年07月10日 16:17撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダケカンバ
1
ミラー自撮り
2016年07月10日 16:28撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミラー自撮り
2
緑が綺麗でした。
2016年07月10日 16:29撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑が綺麗でした。
2
大弛峠から1時間15分でアコウ平登山口へ到着。
無事下山。
2016年07月10日 16:45撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大弛峠から1時間15分でアコウ平登山口へ到着。
無事下山。
3
温泉は、ほったらかし温泉に行きました。
ちょうど富士山も見えて展望良かった。
2016年07月10日 18:51撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉は、ほったらかし温泉に行きました。
ちょうど富士山も見えて展望良かった。
10
撮影機材:

感想/記録
by marui

今週は忙しくてレコアップが遅くなりました
先週日曜日、昨夏計画して流れていた金峰山表参道を歩いてきました。

山と高原地図では破線ルートですが、古くは修験道者が通った由緒ある道、以前から歩いてみたいと思っていたルートでした。古の登山口は御岳昇仙峡の奥にある金桜神社で、ここから歩くと頂上まで20km以上あります。今は大弛峠までの林道の途中、アコウ平登山口から、実は距離的には最短で登ることができるルートです。今回は表参道を登り大弛峠まで縦走して最後車道を歩くという周回コースとしました。

初めて行く表参道は、落ちたらヤバい鎖場あり、不安定に乗っかった巨岩(片手回しの岩)あり、最後は頂上の五丈岩と、巨岩が多くある変化に富んだ楽しい道でした。一気に高度を上げて展望が広がっていく所もGood。この日はMountain-forecastの予報で雷雨と出ていたのが心配でしたが、夕方まで天気は安定しており、途中まずまずの展望にも恵まれました。

ちなみに表参道の昔の様子はここ↓に詳しいです。
http://www.yamareco.com/modules/diary/21844-detail-98955
訪問者数:420人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/8/30
投稿数: 1046
2016/7/15 23:43
 いろんなルートがあるんですね〜
マルイさん、ワンバンコ〜(^∇^)

瑞牆山にこの前行ったときは、まだ足が本調子じゃなかったので金峰山までは行けませんでしたよ(T^T)

瑞牆山荘からのルート以外にも、このルートは初めて知りました(^_^;)
なんか奥秩父っぽくない景色で行ってみたくなりました
お疲れ様でした〜〜☆
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1470
2016/7/15 23:52
 Re: いろんなルートがあるんですね〜
nbさん、わんばんこ〜

瑞牆来られていましたか。
西からだと金峰だけも往復で累積1000m越えますし、瑞牆とセットだときついですよね。

一方、このルート、頂上まで近い割にとても静かでお勧めです。
急登は激しいですが、600m位で登れますし。
上の方はちょっと編笠山のような岩岩もありました。
物足りなければ大弛峠から国師岳もセットにできます
ぜひぜひ足慣らしにお出で下さい
登録日: 2011/12/14
投稿数: 2370
2016/7/16 17:02
 夏の金峰山もいいなー
マルイサン、こんにちは。
木曽駒のテン場からコメントしてまーす。
夏の金峰山は行ったことがないんですが、深い緑の森が良い感じですね。
秩父山塊も縦走してみたいな。

また本物のハクサンシャクナゲ見に来てください。
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1470
2016/7/16 17:18
 Re: 夏の金峰山もいいなー
Sanちゃん、こんちわ〜

おっ、今木曽駒ですか
千畳敷ライブカメラ見ると、そこそこ見通しも利いていますかね。
涼しそうな感じです。

表参道良かったですよ〜
奥秩父らしい緑の森に巨岩群、そして森林限界と、コンパクトにまとまっていて楽しめました。

ハクサンシャクナゲ
今回はSanちゃんフィルター、クリアでしたね
登録日: 2012/11/5
投稿数: 1474
2016/7/16 20:47
 クラシックルート♪
maruiさん、こんばんは。

金峰山のクラシックルート、行きたいと思いつつまだ行っていないルートです 大弛峠から歩いて帰れば周回になるんですね
このルートはピストンだと思っていましたよ...

瑞牆山荘側のルート、通称ズル金(大弛峠からのピストン)は歩いているので、また時期をみてクラシックルート登ってみたくなりました
五丈岩、いくら考えてもなんでこのバカでかいものがここにあるんだろ?って考えてしまいます
登録日: 2013/9/28
投稿数: 2371
2016/7/16 21:31
 表参道から金峰大権現〜<(^-^)>
兄マル〜♪ 延着になっちゃった〜(pT^T)p こんばんは〜♪<(_ _)>

いいっすね〜♪このルート!!
ハート×10個くらい進呈したいんですが、変態と思われたくないので(^-^ゞ
3つに留めておきます

五丈岩の基部に出るってのがなんともスバラなルートです(p^-^)p♪
その到達した基部から見上げる五丈岩って全く違う見え方ですよね
ここから見上げる五丈岩は、もはや岩ではなく確かに石っぽいです
確か、岩と石の定義ってありましたよね〜 ?
忘れちまったい

一度で良いので、兄者が路面を歩いている姿を見てみたいものです
イメージじゃあないですどね〜

まったり楽しまれた様子! お疲れ様でした〜♪ (^-^)/~~
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1470
2016/7/16 22:26
 Re: クラシックルート♪
がーねっちん、こんばんは〜

このクラシックルートはお勧めです。
往復だと少し物足りないかなと思って周回にしてみました。
林道歩きが少しかったるいですが、春に行った平標の延々真っ直ぐな車道歩きより気分的には短い感じでしたよ。
往復の場合は水晶峠に登ってみるのも面白いかも知れません。

五丈岩はほんとばかでかいですよね〜
鳳凰のオベリスクといい、この辺りは不思議な岩が多いですね。
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1470
2016/7/16 22:26
 Re: 表参道から金峰大権現〜<(^-^)>
どもども、お忙しい所、ご訪問ありがとうございます。
いや〜タロ殿も忙しそうですね〜

ハート3つ、ありがとうございます
このルート、いいでしょう
上部は編笠山南面のような森林限界っぽい石の上歩きになりながら、また木々に隠されたりで、最後にど〜んと五丈岩の基部に出ましたよ。
五丈岩は見る角度で確かに全然違いますね。

岩か石か???
ヤマレコの地名だと「五丈石(ごじょういわ)」になってますね。
なんじゃそりゃ
やっぱこの大きさなら石より岩が適当ですよね。
確かに、以前この話をしたような

と思って、タロ殿のレコを見に行ったら、なんとっ、あの時は自分が八ヶ岳にいましたよ
今回はその逆パターンでしたね

車道歩きはどうも苦手で苦手で
タロ殿の房総ロングはびっくりでした。
今回は車道でも見晴らしあり緑も花もありで楽しんで歩けました。
登録日: 2014/5/8
投稿数: 1740
2016/7/19 10:26
 遠いのよね〜
大阪からだと
手軽に登れるのは私やカールちゃん向きなんですけど
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1470
2016/7/19 19:50
 Re: 遠いのよね〜
takuさん、どもどもこんにちは

金峰山、森林限界を越える山としては手頃ですよね。カールさんでも余裕...たぶん

関西からだと確かに遠いですが、八ヶ岳から1時間足を延ばして下さいまし。例のほったらかし温泉も併せてぜひぜひ♨

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ