ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 914036 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

赤岳・阿弥陀岳(八ヶ岳日帰り横断!)

日程 2016年07月10日(日) [日帰り]
メンバー yama-ari(CL), reg(食事)
天候■赤岳 晴れ時々ガス 15℃ 無風
■阿弥陀岳 晴れ 15℃ 風速1〜2m(体感)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
船山十字路に1台デポして、県界尾根の駐車場に向かいました。船山十字路は5台ほど、県界の駐車場も5台ほど駐車可能です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間44分
休憩
2時間21分
合計
9時間5分
S県界尾根 防火線の頭 登山口05:5307:20小天狗08:08大天狗08:2709:50赤岳頂上山荘09:5710:01赤岳10:5710:59竜頭峰11:00赤岳11:0311:10文三郎尾根分岐11:30中岳11:3511:44中岳のコル11:4712:09阿弥陀岳12:3112:34西の肩(岩場)12:37西ノ肩12:4313:28不動清水13:4714:14御小屋山14:1514:24美濃戸口・舟山十字路分岐14:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
○このコースは、八ヶ岳でも難易度の高いコースです。
○標識は多数あり、道迷いの心配はすくないです。
○県界尾根、阿弥陀岳とも岩場があります。できればヘルメットを持参した方がいいでしょう。
○阿弥陀岳の東壁は落石、北壁はガレに注意が必要です。

装備

個人装備 ツエルト(2人用) 救急セット ヘッドライトPETZL ZIPKA PLUS2 非常用防寒シート 手袋・フェイスマスク(1) レインウェアTHE NORTH FACEマウンテンレインテックス(1) ガスカートリッジPRIMUS IP-110(1) バーナーPRIMUS P-153(1) イグニッションスチール(1) カートリッジホルダーPRIMUS P-CH(1) コッヘルセットsnow peak(1) 手拭・ハンカチ・ティッシュ(1) 地図・コンパス(1) 高度計・時計Suunto Core Glacier Gray(1) GPS GARMIN etrex20(1) カメラOLINPUS TOUGH TG-1(1) 無線機STANDARD VX3(1) 携帯食 水2.0L

写真

県界尾根から御小屋尾根への八ヶ岳横断です。防火線の頭の登山口からスタート!
2016年07月10日 05:53撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県界尾根から御小屋尾根への八ヶ岳横断です。防火線の頭の登山口からスタート!
1
きもちいい登山道ですが、昨日の雨で笹が濡れていて少々苦戦。
2016年07月10日 06:03撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きもちいい登山道ですが、昨日の雨で笹が濡れていて少々苦戦。
1
しばらくあるくと、富士山を臨むこの絶景。甲府盆地は雲の下。
2016年07月10日 06:38撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくあるくと、富士山を臨むこの絶景。甲府盆地は雲の下。
7
美しの森への分岐点です。ここからは人が多かったです。
2016年07月10日 07:19撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しの森への分岐点です。ここからは人が多かったです。
1
分岐点から2分ほどで、小天狗。人が多いので、そのままスルーします。
2016年07月10日 07:22撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点から2分ほどで、小天狗。人が多いので、そのままスルーします。
2
小天狗から5分ほどで、絶景ポイントへ。目指す赤岳(右)が近くなってきます。
2016年07月10日 07:28撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小天狗から5分ほどで、絶景ポイントへ。目指す赤岳(右)が近くなってきます。
5
枯木帯に突入。
2016年07月10日 08:04撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯木帯に突入。
3
大天狗。展望なし。祠がありました。
2016年07月10日 08:08撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天狗。展望なし。祠がありました。
1
大天狗でいままで見たことないレアな林野庁看板発見! Kazuhagiさんに報告しなきゃ!
2016年07月10日 08:11撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天狗でいままで見たことないレアな林野庁看板発見! Kazuhagiさんに報告しなきゃ!
3
赤岳に取り付きました。ここからは基本、クサリ場です。
2016年07月10日 09:00撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳に取り付きました。ここからは基本、クサリ場です。
3
横岳と赤岳展望荘が見えてきました!
2016年07月10日 09:26撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳と赤岳展望荘が見えてきました!
9
岩場になるとたくさんの花が咲いていました。シロバナノヘビイチゴ。富士山の須走ルートにもたくさん咲いていました。
2016年07月10日 09:05撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場になるとたくさんの花が咲いていました。シロバナノヘビイチゴ。富士山の須走ルートにもたくさん咲いていました。
2
イワギキョウ。昼間は閉じているんでしょうか? 開いているのをみたことありません。
2016年07月10日 09:14撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワギキョウ。昼間は閉じているんでしょうか? 開いているのをみたことありません。
3
ミヤマダイコンソウ? ミヤマツチグリ? 判定が難しい(>_<)
2016年07月10日 09:53撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマダイコンソウ? ミヤマツチグリ? 判定が難しい(>_<)
2
ミヤマシオガマ。こんなにたくさん咲いているのは初めて見ました。
2016年07月10日 09:54撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマシオガマ。こんなにたくさん咲いているのは初めて見ました。
2
コケモモ。イワウメと間違えそう。
2016年07月10日 09:54撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケモモ。イワウメと間違えそう。
2
シャクナゲ。八ヶ岳名物。
2016年07月10日 14:06撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ。八ヶ岳名物。
2
最後の登りは本当にきつい(>_<)
2016年07月10日 09:42撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の登りは本当にきつい(>_<)
4
赤岳山頂。たくさんの人です。
2016年07月10日 09:59撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳山頂。たくさんの人です。
6
山梨100名山標柱は倒れて、人々に見捨てられていました。私たちは、もちろん起こして、この標柱で記念撮影。
2016年07月10日 10:02撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山梨100名山標柱は倒れて、人々に見捨てられていました。私たちは、もちろん起こして、この標柱で記念撮影。
7
赤岳からの、中央アルプス(左奥)、御嶽山(真ん中奥)、穂高連峰(右奥)。白馬、立山まで見えました。手前(右)は、次にいく阿弥陀岳。
2016年07月10日 10:04撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳からの、中央アルプス(左奥)、御嶽山(真ん中奥)、穂高連峰(右奥)。白馬、立山まで見えました。手前(右)は、次にいく阿弥陀岳。
3
ここでregさんのヤマ飯。赤岳にかけて、レッドカレーそうめん。
2016年07月10日 10:22撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでregさんのヤマ飯。赤岳にかけて、レッドカレーそうめん。
6
食べていると、みるみるガスに包まれてきました。
2016年07月10日 10:29撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食べていると、みるみるガスに包まれてきました。
1
ガスの中、赤岳を下っていきます。人が多くて渋滞しています。
2016年07月10日 10:58撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの中、赤岳を下っていきます。人が多くて渋滞しています。
2
阿弥陀岳がガスからふたたび、顔を出してきました。その手前に中岳。
2016年07月10日 11:07撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳がガスからふたたび、顔を出してきました。その手前に中岳。
2
中岳山頂。regさん阿弥陀岳を臨む。
2016年07月10日 11:33撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳山頂。regさん阿弥陀岳を臨む。
6
阿弥陀岳の岩場にとりつきます。ここは浮石が多いので、落石にも注意!
2016年07月10日 11:51撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳の岩場にとりつきます。ここは浮石が多いので、落石にも注意!
2
阿弥陀岳山頂。
2016年07月10日 12:11撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳山頂。
3
阿弥陀からの赤岳。晴れてきました!
2016年07月10日 11:42撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀からの赤岳。晴れてきました!
4
阿弥陀からの横岳(右)、硫黄岳(中)、よっと雲がかかった天狗岳(左奥)。
2016年07月10日 11:42撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀からの横岳(右)、硫黄岳(中)、よっと雲がかかった天狗岳(左奥)。
2
権現岳と遠くに富士山。
2016年07月10日 12:12撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳と遠くに富士山。
2
阿弥陀岳から御小屋尾根へと下っていきます。山頂からの登山道は、間違えやすいです。阿弥陀南陵にいかないように!
2016年07月10日 12:33撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳から御小屋尾根へと下っていきます。山頂からの登山道は、間違えやすいです。阿弥陀南陵にいかないように!
2
急登を下っていきます。ガレガレです。
2016年07月10日 12:40撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を下っていきます。ガレガレです。
3
不動清水までは、石がゴロゴロで、歩きにくいです。
2016年07月10日 13:15撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動清水までは、石がゴロゴロで、歩きにくいです。
2
不動清水入口。清水までは、ここから3分ほどのピストンです。
2016年07月10日 13:46撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動清水入口。清水までは、ここから3分ほどのピストンです。
1
不動清水。瑞牆山の富士見小屋の水くらいおいしかったです。
2016年07月10日 13:29撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動清水。瑞牆山の富士見小屋の水くらいおいしかったです。
2
御小屋山の分岐点。御小屋山から1分ほど下った場所にあります。
2016年07月10日 14:15撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御小屋山の分岐点。御小屋山から1分ほど下った場所にあります。
1
御小屋山からはきもちいい登山道。でも、アブが攻撃してきます(>_<)
2016年07月10日 14:54撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御小屋山からはきもちいい登山道。でも、アブが攻撃してきます(>_<)
1
船山十字路に到着。無事、八ヶ岳横断終わりました!
2016年07月10日 14:57撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船山十字路に到着。無事、八ヶ岳横断終わりました!
2

感想/記録

■八ヶ岳日帰り横断!
 この週末は北アのテン泊を予定していましたが、土曜日大荒れ天気で、あえなく断念。でも、日曜日晴れました\(^o^)/。そうなれば、あたためていた、県界尾根を絡めた八ヶ岳横断しかありません。ちなみに、今シーズンは、八ヶ岳キャンペーン中。

<横岳・赤岳・権現岳(杣添尾根から天女山へ。regさんキレットに臨むの巻)2016年05月22日(日) >
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-880403.html
<天狗岳・にゅう(今話題の場所は大人気)2016年06月11日(土) [日帰り]>
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-896791.html

 奥秩父と違い、八ヶ岳の昭文社の地図は、コースタイムが比較的甘い。それにも助けられて、予定より2時間弱巻くことができました。けれど、このコースは、岩場と急登の連続。さすがに、登りは息を整えることしばしばでした。阿弥陀の下りのガレにも気を使いました。
 八ヶ岳キャンペーンも、残すは、真教寺尾根のみ。「あなた、何回赤岳にいけば、気が済むの?」といわれそうですが、他の稜線を制覇した今、どう攻めるか悩みどころです。
 

感想/記録
by reg

またもや赤岳。
今度はどんな赤にしようかと考えた結果、レッドカレーを発案。
でも、レッドカレーの材料がなく、レトルトになってしまいました。
タイ人のお友達から、グリーンカレーをそうめんに合わせて食べる方法を教わっていたので、
レッドカレーをそうめんに合わせました。

が、おいしくなかったです。(レトルトだったので味見をしなかった)
やっぱり自分で作った方がおいしいなーと思いました。手抜き失敗です。

レッドカレーそうめん 男2人分
<材料>
レトルトのレッドカレー(おいしくなかったので会社は内緒) 3パック 
そうめん(流水麺) 3食分
めんつゆ(濃縮4倍タイプ) 適量
温泉卵 2個

<山で>
1 レトルトのレッドカレーを温める
2 そうめんを軽く水でほぐす
3 そうめんにレッドカレーをかけ、温泉卵をのせてできあがり
  好みでめんつゆをかけながら食べる
訪問者数:574人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/7/13
投稿数: 2096
2016/7/12 21:33
 そうか!キャンペーン中なのか
yama-ariさん
最近腰が引けてないregさん  コンばんはpaper

#9ありがとうございます。
なんだか、鳥がう※ちしているような古い看板
下に「ひっち」とあれば尚レアだがね〜(わかる人にはウケると思うが)
最近ヤマいって無いオッサンにとっては御馳走様です
楽しそうだな〜ストレス余計たまるな〜
こうなれば、週末雨降れ〜の祈祷をしよーrain

標柱の立て直しお疲れ様でした。
この分だと谷にすてられそうだな〜寄付を募り再建しなければ…
どこかで、寄付者名標記の物があったような?
将来小太郎みたいになってしまう!T-timeさんの出動だな〜bearing
reg
登録日: 2013/4/15
投稿数: 178
2016/7/13 20:11
 Re: そうか!キャンペーン中なのか
たぶん、徒渉があるとばっちり腰が引けると思います。

鳥の下の空白が気になりました。
もともと何かが書いてあったのでしょうか。
ちょっと調べたけどわかりませんでした。

もしかして、そのうち Kazuhagiさんが日記に書いてくれるのかなあと
ちょっと楽しみにしています。
登録日: 2013/7/2
投稿数: 1778
2016/7/13 21:05
 ニアミス
こんにちは、ご無沙汰しております。

みるみるガスっていく赤岳を、横岳から眺めておりました(笑)
その後、再び晴れたタイミングで赤岳山頂でしたが

相変わらず美味しそうな山メシに釘付けです。
素麺はゆで汁問題困るのですが、流水麺にしてしまえばいいのか!と新しい発見でした

レッドカレー掛け、今度やってみます
reg
登録日: 2013/4/15
投稿数: 178
2016/7/13 21:32
 Re: ニアミス
レッドカレー、レトルトではあんまりおいしくないかもです。

ひと手間かけるタイプの、レッドカレー作成キットみたいなものが手に入れば、
そちらがおすすめです。

家でレトルトを開いて、味付けしなおせばよかったなあと後悔しています。
でも、食べる前は、レトルトでもおいしいかもなーと思っちゃったんですよねえ。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ