ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 914072 全員に公開 トレイルラン奥武蔵

飯能-吾野 周回

日程 2016年07月10日(日) [日帰り]
メンバー joyso
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間2分
休憩
3分
合計
8時間5分
Sスタート地点07:5708:10天覧山中段08:1108:29常盤平08:51飯能アルプス永田入口09:06久須美ケルン09:14久須美坂(くすみさか)09:52東峠10:12天覚山10:57大高山11:21前坂11:45吾野駅11:4612:29顔振峠12:40諏訪神社13:27エビガ坂13:38スカリ山13:46観音山13:4714:01小瀬名富士14:28高指山15:15ドレミファ橋15:28高麗峠15:32萩の峰16:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
なし
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

今回はこれに助けられました
2016年07月10日 11:36撮影 by ASUS_T00P, ASUS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回はこれに助けられました
3

感想/記録
by joyso

飯能駅改札外トイレで着替え、ラン後の着替えもザックに入れる。
ハイドレーション2.0L、ボトル500ccの水も背負ってスタート。結構パンパンでザックがきつく感じます。

トレニックワールド(TW)のリベンジを(笑)と、やる気満々でやって来ました。
往路は能仁寺脇から天覧山に入って、お馴染み飯能アルプス(多峯主山、久須美坂、東峠、天覚山、大高山)ルートで。相変わらず永田入口以降は小刻みなアップダウンの繰り返しでキツイいです、このコースはもう4回目ですが全く慣れません。TWの反省から脚を使い過ぎないように気をつけたので、大高山下分岐後到着後も脚はまだまだ平気(少し成長した)。ただ、当初の意気込みとは裏腹に「やっぱり暑いししんどいから吾野駅でやめちゃおうかな?吾野駅でコーラ飲んで電車で飯能に戻ろうかな?」なんて考えていました。
TWの時は大高山下分岐からしばらくロード(全く走られません)でしたが、今回は前坂経由で吾野駅に向かうトレイルを選択、予想外に走られました。「吾野湧水」を見つけるまでは、吾野駅でギブに気持ちは8割傾いていました。写真にありますように自己責任なんて脅しが書いてありましたが、躊躇なく飛びつきました「冷たい!ウマイ!やっぱり当初の予定通り顔振峠まで上がって戻ろう」気持ちが蘇りました。ハイドレーション(残り500cc位まで減っていた)にも補給してリスタート。
復路は吾野駅から顔振峠、諏訪神社、エビガ坂、スカリ山、北向地蔵、物見山、日和田山、巾着田、高麗峠ルートを予定。TWの時は、吾野から顔振峠までの区間は完全にグロッキー状態でしたが、今回はずんずんと登っていけました。顔振峠から一本杉峠に向かう区間は走りやすく、途中諏訪神社でトイレ休憩を挟みました。一本杉峠手前の分岐で、北向地蔵方面に右折。快調に進んで、エビガ坂に到着し、スカリ山に取りかかります。思いの外、登りの傾斜が急で脚を使ってしまいました。この辺りから急に頭が痛くなり始めて、熊鈴の音がやけに響き、走って頭が揺れるのが辛くなってきました。スカリ山終了後にロードに出て北向地蔵に向かうあたりから完全に歩きになってしまいました。
結局最後まで頭痛がひかず歩きに。できるだけ登りを避けて、物見山・日和田山の山頂はパスして、巾着田への下りもよく分からないルートを選びました。好天だったこともあり、巾着田では、バーベキューや水遊びにたくさんの人で賑わっていました。高麗峠を越え国道にぶつかり、奥むさし旅館までのロードをトボトボと歩いて終了しました。

ペース配分・補給等僅かながら成長を実感できることもありましたが、タイムは上がらず予定のルートも完遂できず見事に返り討ちにあいました。あらためて走力が絶対的に足りないと痛感した次第です。
訪問者数:161人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ