ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 914103 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

釈迦ヶ岳(太尾登山口から)

日程 2016年07月10日(日) [日帰り]
メンバー nakkan
天候薄曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
太尾登山口の無料駐車場を利用、トイレも完備。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間54分
休憩
53分
合計
6時間47分
S太尾登山口07:2008:04P146808:45古田の森09:40釈迦ヶ岳10:1011:00深仙ノ宿11:2312:08千丈平12:48古田の森13:29P146814:07太尾登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
随所で休憩あり。
コース状況/
危険箇所等
特に危険と思われる個所はない
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

太尾登山口の駐車場、トイレ完備で無料だ。午前7時の駐車状況はご覧のとおり。半分以上は埋まっていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太尾登山口の駐車場、トイレ完備で無料だ。午前7時の駐車状況はご覧のとおり。半分以上は埋まっていた。
2
トイレ棟の向かい側が登山口。登山届は、ここで投函。高度は、すでに1300Mある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレ棟の向かい側が登山口。登山届は、ここで投函。高度は、すでに1300Mある。
1
木の根っこが露出した急坂を登りきると、なだらかな小路が延々と続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の根っこが露出した急坂を登りきると、なだらかな小路が延々と続く。
小路の向こうに、釈迦ヶ岳が見え始めた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小路の向こうに、釈迦ヶ岳が見え始めた。
3
振り返ると、広場の中にぽつんといるようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、広場の中にぽつんといるようだ。
1
かくし水と呼ばれる水場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かくし水と呼ばれる水場。
一昨日の豪雨のせいか、水量に勢いがある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一昨日の豪雨のせいか、水量に勢いがある。
奥駆道のと合流。左は釈迦ヶ岳、そしてその先は弥山へと続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥駆道のと合流。左は釈迦ヶ岳、そしてその先は弥山へと続く。
右は、深仙宿を経て大日岳だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右は、深仙宿を経て大日岳だ。
左に折れてしばらく行くと、釈迦如来像が姿を現す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に折れてしばらく行くと、釈迦如来像が姿を現す。
2
頂上だ。如来像の足元には、一等三角点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上だ。如来像の足元には、一等三角点。
5
360度の眺望が広がる。このまま下山するのは物足りない気がしたので、奥駆道を南に下り深仙宿まで足を伸ばすことにした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
360度の眺望が広がる。このまま下山するのは物足りない気がしたので、奥駆道を南に下り深仙宿まで足を伸ばすことにした。
3
しかし、この道が結構手ごわい。濡れた急な岩場が続き、しかも足元は笹で隠れて分かりずらい。やっとの思いで着いた深仙宿。しかも、「宿」ではなかった。小屋がぽつんとあるだけ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし、この道が結構手ごわい。濡れた急な岩場が続き、しかも足元は笹で隠れて分かりずらい。やっとの思いで着いた深仙宿。しかも、「宿」ではなかった。小屋がぽつんとあるだけ。
1
振り返ると、四天石が見えたが感動は薄い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、四天石が見えたが感動は薄い。
2
お堂があるので、ここで昼食。帰りは巻道を使うことにした。地図では、破線になっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お堂があるので、ここで昼食。帰りは巻道を使うことにした。地図では、破線になっている。
2
この小さな表示がなければ、見つからなかったその入り口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この小さな表示がなければ、見つからなかったその入り口。
3
見た目はとても不安な橋だが、しっかり補強されていた。渡るとしばらくして千丈平で登山道と合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見た目はとても不安な橋だが、しっかり補強されていた。渡るとしばらくして千丈平で登山道と合流。
下山途中、野鹿の群れに遭遇。一斉に向かってこられたら・・・・と思ったが、すんなり立ち去ってくれた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中、野鹿の群れに遭遇。一斉に向かってこられたら・・・・と思ったが、すんなり立ち去ってくれた。
2

感想/記録
by nakkan

真夏日が続く中で、登山口が標高1300Mあり、しかも頂上が1800Mの釈迦ヶ岳なら暑気払いにいいと思った。結果は、汗はかいたが風が爽やかで、涼しくも感じた。ただ、国道から登山口までの道は、長くそして曲がりくねり、路上には落石した石が散乱している。直撃されないよう祈りながら、疾走した。
訪問者数:524人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

三角点 水場 落石
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ