ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 914188 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

2年半ぶりに白石谷へ。石切道→六甲最高峰→有馬温泉2016/07/10(日)曇3名

日程 2016年07月10日(日) [日帰り]
メンバー jj3bhn, その他メンバー2人
天候登山道ではずっと曇。下界は晴でしたが。
アクセス
利用交通機関
電車
JR住吉駅
神鉄有馬温泉駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間42分
休憩
1時間32分
合計
7時間14分
Sスタート地点JR住吉駅08:4309:06白鶴美術館11:11みよし観音11:17六甲ガーデンテラス11:1911:22六甲石ころ亭フードテラス11:2311:38極楽茶屋跡11:5412:28百間滝12:3612:41似位滝12:4512:48百間滝12:5013:07白石滝13:1313:24白竜滝13:5914:40六甲山14:5515:00一軒茶屋15:0315:57ゴール地点メープル有馬G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
先週の芦屋地獄谷に続き、この暑さで水辺が良いと、台風や豪雨で足が遠のいていた白石谷に行ってみることにしました。
コース状況/
危険箇所等
・石切道は特に問題はありません。
・紅葉谷道(百間滝分岐まで)は、久しぶりに入りました。大雨の影響で岩がごろごろしたところや、えぐれたところができていました。沢に出会う直前のスリップし易い急斜面には、丸太階段が作られていて、安心して下ることができました。
・百間滝・似位滝→白石滝・・・・足を置ける流れの中にあった岩はすべて流されていて、要所につけられたワイヤーを補助にしながら岩壁をへつるか、はたまた水の中を平然と行くか・・・・、私は勿論前者でした。
・白石谷・・・・2013年に行ったときにあった倒木だらけの景色は一変、どなたが払って頂いたのでしょうか、とてもすっきりした以前の谷に戻ったような気がします。白龍滝を過ぎたゴルジュは、踏み石になっていた岩が相変わらずありません。その上の岩壁には立派にフィックスとロープが設定されていて、慎重に通過すれば問題はありません。
・ととや道・・・・特に危険箇所はありません。
その他周辺情報今回はメープル有馬へ。たまたま人も少なくて、ゆったり入れました。
http://www.arima-onsen.com/facility_info3.html
銀泉だけですが、広い浴場、打たせ湯・ジャグジー・サウナ・ドリンクサービス・無料貸しタオル付きです。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

ナニ、この空!@六甲道駅手前 「晴」と言ったじゃないっ! でも、この雲のおかげで助かりました。カンカン照りだったら、この日は途中敗退だったと思われます。
2016年07月10日 21:31撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナニ、この空!@六甲道駅手前 「晴」と言ったじゃないっ! でも、この雲のおかげで助かりました。カンカン照りだったら、この日は途中敗退だったと思われます。
1
一瞬晴れたんです@白鶴美術館
2016年07月10日 21:31撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬晴れたんです@白鶴美術館
2
いつものネムノキ@落合橋。今日は白石谷を目指すので、久しぶりに最短ルートの石切道です。
2016年07月10日 21:31撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつものネムノキ@落合橋。今日は白石谷を目指すので、久しぶりに最短ルートの石切道です。
1
凌雲台から最高峰が見えました。途中の石切道では、私より2才上の方に置いてきぼり。花もなく、途中の画像はありません。昼食は極楽茶屋跡で立ちおにぎり。
2016年07月10日 21:31撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凌雲台から最高峰が見えました。途中の石切道では、私より2才上の方に置いてきぼり。花もなく、途中の画像はありません。昼食は極楽茶屋跡で立ちおにぎり。
1
ゴロゴロ石やえぐれのひどい紅葉谷道を下り、百間滝方面へ。アプローチのササがきれいに刈られていて、とても助かりました。
右手が百間滝、似以滝方面を見ていますが、様子は一変していました。
2016年07月10日 21:31撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴロゴロ石やえぐれのひどい紅葉谷道を下り、百間滝方面へ。アプローチのササがきれいに刈られていて、とても助かりました。
右手が百間滝、似以滝方面を見ていますが、様子は一変していました。
2
百間滝。滝壺を入れると大きな倒木が写るので少し外しました。
2016年07月10日 21:31撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百間滝。滝壺を入れると大きな倒木が写るので少し外しました。
4
次の写真の小滝を含むゴルジュを上流側から。滝を流れに入って下っている若い方達は、大阪からの高校生で、たまたまこの先有馬まで行くことになりました。
2016年07月10日 21:32撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の写真の小滝を含むゴルジュを上流側から。滝を流れに入って下っている若い方達は、大阪からの高校生で、たまたまこの先有馬まで行くことになりました。
2
2番手さん、滑らないように、そして濡れないように、気を付けてね、でも、冷や汗でしっかり濡れていました。
2016年07月10日 21:32撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2番手さん、滑らないように、そして濡れないように、気を付けてね、でも、冷や汗でしっかり濡れていました。
2
3番手さん、無事通過です。
2016年07月10日 21:32撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3番手さん、無事通過です。
1
更にゴルジュが続きます。私たちは右手岩壁上にある登山道を行きます。
2016年07月10日 21:32撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更にゴルジュが続きます。私たちは右手岩壁上にある登山道を行きます。
2
この地図は本当に良く出来ています。名古屋の奥村さんという方の絵地図に匹敵すると思います。
2016年07月10日 21:32撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この地図は本当に良く出来ています。名古屋の奥村さんという方の絵地図に匹敵すると思います。
1
白石滝をたどる先生と生徒さん。残りの生徒さん達と私たちは勿論巻き道を上がりました。
2016年07月10日 21:32撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白石滝をたどる先生と生徒さん。残りの生徒さん達と私たちは勿論巻き道を上がりました。
2
イワタバコの葉は見事なくらいにたくさんありましたが、花が咲いていたのはここだけ。岩壁一杯に花が咲いているときに来てみたいものです。
2016年07月10日 21:32撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワタバコの葉は見事なくらいにたくさんありましたが、花が咲いていたのはここだけ。岩壁一杯に花が咲いているときに来てみたいものです。
2
ようやく白龍滝に来ました。上の細く見えるのが白龍滝で、左から右へ流れ落ちています。下の滝壺がこの後注目の的になってしまいました。
2016年07月10日 21:32撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく白龍滝に来ました。上の細く見えるのが白龍滝で、左から右へ流れ落ちています。下の滝壺がこの後注目の的になってしまいました。
2
白龍滝を見ながらだと、右手になる進行方向。このゴルジュも岩が流されてしまい、登るのに少し手間がかかるようになってしまいました。
2016年07月10日 21:32撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白龍滝を見ながらだと、右手になる進行方向。このゴルジュも岩が流されてしまい、登るのに少し手間がかかるようになってしまいました。
1
先ほど白石滝横を登っていった生徒さんが、白龍滝を登ります。このビデオを撮っているとき下の方でドボンと言う大きな音、3番手さんが滑落して滝壺に落ちた音でした。幸い丁度良い水深があったので打撲は無しで済みました。
2016年07月10日 21:32撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほど白石滝横を登っていった生徒さんが、白龍滝を登ります。このビデオを撮っているとき下の方でドボンと言う大きな音、3番手さんが滑落して滝壺に落ちた音でした。幸い丁度良い水深があったので打撲は無しで済みました。
3
ゴルジュ上の岩壁。フィックストロープが追加補強されていたので、安心して登れました。上から下を見ています。
2016年07月10日 21:32撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルジュ上の岩壁。フィックストロープが追加補強されていたので、安心して登れました。上から下を見ています。
1
いよいよ終盤、左へ直進すると旧吉高神社のあるととや道へ、右へ登ると六甲最高峰に直接でます。今回は後者を選択し、温泉を目指します。
2016年07月10日 21:32撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ終盤、左へ直進すると旧吉高神社のあるととや道へ、右へ登ると六甲最高峰に直接でます。今回は後者を選択し、温泉を目指します。
2
最高峰に出ました。後ろを振り向いています。
2016年07月10日 21:32撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高峰に出ました。後ろを振り向いています。
1
標柱が見えます。
2016年07月10日 21:32撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標柱が見えます。
1
雲が上がってきたようです、通ってきた凌雲台方面が見えました。
2016年07月10日 21:32撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が上がってきたようです、通ってきた凌雲台方面が見えました。
1

感想/記録
by jj3bhn

この時期特有の暑さとの戦い、日が照っていなかったにも拘わらず、500ccのペットボトル5本と、パック牛乳1つと、大量の水に助けられた一日になりました。
また、百間滝で一緒になった高校生の一団とつかず離れず、結局有馬までご一緒することになったのも、とても心強かったと思っています。大変有り難うございました。
訪問者数:284人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ