ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 914192 全員に公開 講習/トレーニング富士・御坂

富士山 須走口

日程 2016年07月09日(土) 〜 2016年07月10日(日)
メンバー miige, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
五合目に駐車場あり。
4年くらい前に行った時は、2度とも五合目より下の道路脇にに縦列駐車で止められていた。(マイカー規制なしの期間)
今回はちらほら駐車場があいていた。
五合目駐車場には望遠鏡で星の観察の人たちもいっぱいいた。
自宅からグーグルマップの計算だと1時間4分。特に道路代もかからずその点では素敵な登り口。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち34%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSログうまくいきました!山と高原地図アプリで、iPhone4s→iPhone5cととりました。4sの充電切れそうだったから、5cも起動させて、帰ってきてやまれこに貼りつけたらうまいこと繋がってるっぽいです。
でもゴールのところが「泊」アイコンになってるのがナゾ。(。´・ω・)?
のろのろ歩きでしたが、初めて富士山に登った時(同じ須走ルート)より2時間くらい早く登頂できました。4年間ぐらいのちょっとずつちょっとずつの成果かも。
コース状況/
危険箇所等
特に危険個所なし。
だけど、下山中、谷側ぎりぎりを猛スピードで走って下っていく青年(学生グループで下に友達がいた模様)が転倒し、谷側へ少し転げ落ちた。持っていた洋服は砂で滑ってさらに何メートルか谷側の方へ。
取りに行けそうな距離だったけど、やめた方がいいんじゃないかなと声をかけるには私は遠すぎた。そしたら、他の登山客の方(外国人かな?)が取ってあげていた。
走るのはいいけど、あり得ないスピード。人にぶつかったらと思うとひやひや。
何でもないところでも、そんな人が突っ込んでくる可能性もあるので安心できない。
その他周辺情報体調が優れないので、直帰しましたのでよく分からない・・・。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 ザック ザックカバー 行動食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ 帽子止め コンタクト予備 めがね
備考 楽しみにしていた明太子ポテトサラダが近隣セブンイレブンでどこも売り切れだった。前もって用意したい。

写真

富士山を駐車場より。転々と光っているのは富士吉田ルートの山小屋。
2016年07月10日 00:29撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山を駐車場より。転々と光っているのは富士吉田ルートの山小屋。
少し明るくなってきた
2016年07月10日 03:42撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し明るくなってきた
1
目指す先はまだ暗い
2016年07月10日 03:45撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す先はまだ暗い
低いところに雲
2016年07月10日 04:04撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
低いところに雲
ついに現る!
2016年07月10日 04:24撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに現る!
朝日に向かって咲く
2016年07月10日 04:35撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日に向かって咲く
3時間後、相方とは別行動中。ゴール手前で待っててくれた。
2016年07月10日 07:55撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3時間後、相方とは別行動中。ゴール手前で待っててくれた。
地球儀の上にいるみたい
2016年07月10日 08:18撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地球儀の上にいるみたい
1
もくもくしてきました!
2016年07月10日 09:11撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もくもくしてきました!
雲と雲の間にいる
2016年07月10日 09:12撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲と雲の間にいる
1

感想/記録
by miige

今回は、日曜日に富士宮から登ろうか、須走から登ろうか・・・って感じだったけど、土曜日の昼間に昼寝をしてしまったので、土曜の夜出発の須走口からに決定しました。
先週と同じく、1合1合で体調を確認しながらゆっくり登りました。
風が少し出てきた時もあったけど、強さはそこまで気にならなかったです。
少し冷たかったけど。
須走口は約5年くらい前に2度登り、2度とも登頂に成功しました。
その頃はまだ登山初心者で、(今でもかなり未熟者ですが)ザックの背負い方も知らず、ストックやヘッドランプなどは借り物での登山でした。
若さ故か、ちょー苦しかったけど、なんとか登れました。
それから少しずつ、山歩きを始め、色々と自分のことがわかってきたのか、
苦しかったけど、コースタイムにおいてあの頃の登った時間で下山までしてしまいました。
早ければいいってもんでもないと思いますが、なんか嬉しいです。
須走口は、他のルート(御殿場はわからない)と違ってせっかく山道を歩くのに、夜中で残念だなあ、森林浴は下山の時に楽しもう!と思いながら夜道を登りましたが、下山の時にはくったくたで早く着かないものか、と痛い足をかばうのに必死。。笑

暗い間は、声を掛け合いながら、明るくなってからは、自分のペースでポイントポイントで顔を合わせながら登りました。
夜中はほとんど人に遭いませんでしたが、明るくなるとすごい人!みんな山小屋に泊まってたのかなあ。
8合目から上くらいかなあ、おじさんに話しかけられて、少し話したのですが、そのあともくっついてきて、足を止めるとおじさんも止まる、という感じで困りました。一緒のペースで歩き質問攻めには本当に困りました。私の小さい心。
悪いなあと思いつつも、ペースをあげて頑張って引き離すことに成功。
言い訳としては、本日、ものもらい中で眼鏡だし、先日歯の手術したばかりだし、当日女子dayになってしまったため、自分で精いっぱいだった・・・けど、性格悪いことしたかなと反省します。ごめんなさい。
ペースを上げるというのは結構厳しい。気持ちも悪くなってきちゃって、旦那さんにもだいぶ迷惑かけました。すいません。。
山頂に着くと、感動してうるっときました。
何回も登ってるのに、うるっとしたのは初めて!
記念撮影をして、火口を覗いて下山。元気ならばお鉢を回りたかっただろうに、ごめんね〜(><)
下山の頃に雲がもくもくしてきて、やっと旦那さんに見せたかったもくもくの雲海。
午前中に下れるという心には余裕もありましたが、長い長い!先週は痛まなかった膝を左だけ痛めてしまいました。砂走りは楽しいけど、これもまた長い!だんだんガスってきて足もふらついてきました。
途中、吐き気がしてもどしてしまったりもして、旦那さんにザックをもってもらいましたが、下山時は休憩なしで一気に下りました。
なんとか下山し、早々と就寝。
次の日は誕生日でした。31歳最後の朝を富士山から御来光を眺めることができてとても良い思い出になりました。32歳も頑張ります。
訪問者数:66人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ストック ザック 雲海 ガス
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ