ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 914313 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

雨があがって平ヶ岳

日程 2016年07月10日(日) [日帰り]
メンバー cono, その他メンバー1人
天候2016/7/10 曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ログハウス白光に宿泊、送迎車にて中ノ岐林道終点の登山口へ
ログハウス白光:http://www.uonumanet.com/~hakko/wp02/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間1分
休憩
25分
合計
6時間26分
S中ノ岐林道登山口05:2907:40玉子石07:5008:14平ヶ岳キャンプ指定地08:45平ヶ岳08:4709:45池ノ岳09:5811:55中ノ岐林道登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報【トイレ】
中ノ岐登山口:仮設トイレ3基、トイレットペーパーあり、臭う
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
長袖シャツ 2
タイツ 1
ズボン 1
靴下 2
グローブ 1
雨具 1
日よけ帽子 1
1
ザック 1
ザックカバー 1
昼ご飯 1
行動食 1
飲料 1.5
地図(地形図) 1
個人装備品
数量
備考
コンパス
ヘッドランプ 1
予備電池 1
GPS 1
日焼け止め 1
ロールペーパー 1
保険証 1
携帯 1
サングラス 1
タオル 1
ストック 1
カメラ
時計

写真

中ノ岐林道登山口。いくつかの宿から意外と多くの人が集まっています。登山者は40人程度でしょうか
2016年07月10日 05:23撮影 by DSLR-A380, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ岐林道登山口。いくつかの宿から意外と多くの人が集まっています。登山者は40人程度でしょうか
1
登山口から5分ほどの渡渉地点
2016年07月10日 05:34撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から5分ほどの渡渉地点
1
渡渉地点からは急登が始まります
2016年07月10日 05:53撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉地点からは急登が始まります
延々と急登が続きます
2016年07月10日 06:12撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
延々と急登が続きます
大変だ…sweat01
2016年07月10日 06:37撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大変だ…sweat01
約2時間ほど登ると見渡せるようになりました。あれが平ヶ岳?
2016年07月10日 07:28撮影 by DSLR-A380, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
約2時間ほど登ると見渡せるようになりました。あれが平ヶ岳?
平らな山頂部に出てきましたsign01
2016年07月10日 07:33撮影 by DSLR-A380, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平らな山頂部に出てきましたsign01
池塘にワタスゲが揺れてます
2016年07月10日 07:35撮影 by DSLR-A380, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池塘にワタスゲが揺れてます
2
玉子石への分岐。まずは玉子石へ向かいます
2016年07月10日 07:35撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉子石への分岐。まずは玉子石へ向かいます
分岐からすぐに玉子石。驚きの造形です、
2016年07月10日 07:42撮影 by DSLR-A380, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐からすぐに玉子石。驚きの造形です、
2
タテヤマリンドウ
いっぱい咲いていました
2016年07月10日 07:52撮影 by DSLR-A380, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タテヤマリンドウ
いっぱい咲いていました
平ヶ岳はビックリするほどなだらかですねぇcatface
2016年07月10日 08:01撮影 by DSLR-A380, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平ヶ岳はビックリするほどなだらかですねぇcatface
いったん下っての登り返し
2016年07月10日 08:02撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いったん下っての登り返し
雲の向こうに双耳峰の燧ケ岳が見えてきました
2016年07月10日 08:02撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の向こうに双耳峰の燧ケ岳が見えてきました
池塘に青空
2016年07月10日 08:07撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池塘に青空
3
花いっぱいcloverclover
2016年07月10日 08:10撮影 by DSLR-A380, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花いっぱいcloverclover
えっと、なんて名前の花だっけ?
ついこのあいだ覚えたのに。
2016年07月10日 08:18撮影 by DSLR-A380, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
えっと、なんて名前の花だっけ?
ついこのあいだ覚えたのに。
木道を登って平ヶ岳への最後の一登り。といっても大したことはありませんが。
2016年07月10日 08:31撮影 by DSLR-A380, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道を登って平ヶ岳への最後の一登り。といっても大したことはありませんが。
お、人が集まってるあそこが山頂ですかね。
2016年07月10日 08:35撮影 by DSLR-A380, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お、人が集まってるあそこが山頂ですかね。
山頂は木々に覆われていました。恒例の夫婦記念写真です。happy01happy01
2016年07月10日 08:39撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は木々に覆われていました。恒例の夫婦記念写真です。happy01happy01
3
木道をさらに進むと行き止まりに。ここが新潟・群馬の県境のようです。向こうにもさらに踏み跡が続いていますが、通行止めと言われたら仕方ありません。
2016年07月10日 08:42撮影 by DSLR-A380, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道をさらに進むと行き止まりに。ここが新潟・群馬の県境のようです。向こうにもさらに踏み跡が続いていますが、通行止めと言われたら仕方ありません。
1
こちらは至仏山でしょうか
2016年07月10日 08:45撮影 by DSLR-A380, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは至仏山でしょうか
2
池塘の先には空が広がっていました
2016年07月10日 08:46撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池塘の先には空が広がっていました
1
青空の下、のんびり休憩です
2016年07月10日 08:50撮影 by DSLR-A380, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空の下、のんびり休憩です
名残惜しいですが、平ヶ岳山頂を後にし、池ノ岳へ向かいます
2016年07月10日 09:22撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残惜しいですが、平ヶ岳山頂を後にし、池ノ岳へ向かいます
1
池ノ岳にも池塘がいっぱい。平ヶ岳ものびのび
2016年07月10日 09:45撮影 by DSLR-A380, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池ノ岳にも池塘がいっぱい。平ヶ岳ものびのび
2
いつまでも散歩していたいですが、下りましょう
2016年07月10日 10:01撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつまでも散歩していたいですが、下りましょう
1
八海山と中ノ岳
2016年07月10日 10:15撮影 by DSLR-A380, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八海山と中ノ岳
3
一気に下って渡渉すると、駐車場はすぐそこ。お疲れ様でした。confident
2016年07月10日 11:47撮影 by DSLR-A380, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一気に下って渡渉すると、駐車場はすぐそこ。お疲れ様でした。confident
2

感想/記録
by cono

妻と一緒の連休になったので泊りがけの山へ。そして、月末に大イベントが控えているので、トレーニングも兼ねてです。
せっかくの連休、まだ夏本番になる前に、ということで、選んだのは越後駒ケ岳&平ヶ岳。土曜日に早朝から越後駒に登り、銀山平温泉に泊まり、日曜日は平ヶ岳へ行く予定でした。
ところが土曜の天気予報はあいにくの雨。越後駒はあきらめ、のんびり銀山平温泉に泊まって、日曜の平ヶ岳に臨むことになりました。
お宿はログハウス白光さん。平ヶ岳登山客はもう一組、計4人のみ。ほかの宿も推して知るべし。静かな山を楽しめそうです。

そして日曜。運よく雨もあがりました。でもまだ雲は暗く、本当に天気が良くなってくれるのか心配です。
お宿の送迎で中ノ岐林道の登山口に。ところが、ほかの宿はそれぞれ少なくとも10人はいるでしょうか。登山客は40〜50人程度?ちょっと賑やかな感じになりました。
中ノ岐からの登山道は思いのほか急登でヘトヘトになりました。2時間ほど急登を登り詰めると視界が開け、だだっ広い山頂部に出ました。今まで森の中の急登だったのに、この変化は全くの別天地です。おまけに玉子石のところまで来ると空が青くなり始めました。そこからあとは清々しいお天気の下、快適なお山の散歩道です。草原がどこまでも広がり、小さなお花も咲いていて、山の上に広がる楽園を楽しみました。こんな素敵な山はなかなかありません。日帰り最悪最難関の百名山の一つとも言われますが、この景色は最高の百名山の一つと言ってよいと思います。

ところで、今回使ったのは中ノ岐からの登山道ですが、一方で鷹ノ巣からの登山道は「正規」ルートとも言われているようです。中ノ岐からの登山道は「正規」とは言えないのでしょうか?今回、送迎の途中で運転手さんからこんなお話を聞きました。曰く、過去のいきさつで中ノ岐林道を一般車通行禁止にしているとのことですが、その一方で中ノ岐林道を通る権利を持っている人達の力で中ノ岐からの登山道を整備しているとのこと。この整備のおかげで中ノ岐から登山をさせてもらえるわけです。宿泊しないと通らせてもらえないととらえるのではなく、宿泊代の一部は登山道整備代だと理解すればよいのではないでしょうか。中ノ岐からの登山道を整備してくださる方々に感謝し、こちらも立派な「正規」ルートだと思いました。

ともかく、どちらから登るにしても、平ヶ岳山頂部はとても素敵な場所でした。銀山平温泉ものんびりした良いところですので、一度宿泊して平ヶ岳に登ってみてはいかがでしょうか。happy01
訪問者数:363人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/3/4
投稿数: 371
2016/7/18 17:38
 こんな登山口あったんですね
conoさん、初めまして。
平ヶ岳に引き寄せられました。
平ヶ岳の往復はかなりの体力が必要と思い訪れましたが
全く別の登山口でした。

なるほど、地元には色々事情があるみたいですね。
勉強になりました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

池塘
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ