ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 914513 全員に公開 ハイキング奥武蔵

大塚山〜五色岩滝〜大持山西尾根

日程 2016年07月10日(日) [日帰り]
メンバー yasuhiro
天候一応晴れ。雲多い。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
浦山大日堂バス停に数台分の駐車場あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち39%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間44分
休憩
2時間24分
合計
11時間8分
S浦山大日堂BS08:0008:04天目山林道入口09:55大塚山10:1811:06武士平分岐(タワ尾根末端)11:2613:00タワ尾根分岐13:39覗き岩14:3114:53小持山15:25雨乞岩15:4115:54大持山16:0017:29342号鉄塔17:5619:08浦山大日堂BS19:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所は特に無し。
大塚山の登りについては、奥武蔵登山詳細図に記載があると後になって気が付いた。
正一位稲荷大明神からも引き続き巡視路を辿れば、それ程苦労する事なく登れると思う。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

浦山大日堂バス停から出発。何故かなぐり杖が置いてある。トイレ横の壁にも数本。
2016年07月10日 08:00撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浦山大日堂バス停から出発。何故かなぐり杖が置いてある。トイレ横の壁にも数本。
8
ここだったかなー? ビギさんのレコ見直しとくんだった。廃屋への入口で、これは間違い。
2016年07月10日 08:20撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここだったかなー? ビギさんのレコ見直しとくんだった。廃屋への入口で、これは間違い。
7
ウロウロ探し回って漸く発見。そうだった、巡視路だったっけな。
2016年07月10日 08:26撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウロウロ探し回って漸く発見。そうだった、巡視路だったっけな。
10
何だ、結局廃屋のすぐ裏を通るんじゃんか。2番目写真からも来れそう。
2016年07月10日 08:27撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何だ、結局廃屋のすぐ裏を通るんじゃんか。2番目写真からも来れそう。
7
上部にもう一軒廃屋。ちょっと手入れすれば、すぐにでも住めそうな感じ。
2016年07月10日 08:32撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部にもう一軒廃屋。ちょっと手入れすれば、すぐにでも住めそうな感じ。
9
立派な造りの旧道。でもこれは行かない。
2016年07月10日 08:37撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な造りの旧道。でもこれは行かない。
6
用途不明の小屋。なんと地下室付き。
2016年07月10日 08:39撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
用途不明の小屋。なんと地下室付き。
9
また小屋。奥は畑だったみたいなんで農具入れか。
2016年07月10日 08:42撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また小屋。奥は畑だったみたいなんで農具入れか。
1
正一位稲荷大明神への石段。
2016年07月10日 08:45撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正一位稲荷大明神への石段。
2
右にお地蔵さま。
2016年07月10日 08:46撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右にお地蔵さま。
5
ここからどう登るんだー! と思っていたら、リボン発見。
2016年07月10日 08:49撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからどう登るんだー! と思っていたら、リボン発見。
4
暫く踏み跡が続いていたけど消えてしまった。そのまま登り続けると伐採地に突き当たった。突入したくない茂り方なんで左へ逃げる。
2016年07月10日 09:03撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く踏み跡が続いていたけど消えてしまった。そのまま登り続けると伐採地に突き当たった。突入したくない茂り方なんで左へ逃げる。
6
シカ道を辿ると鉄塔に出た。
2016年07月10日 09:18撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シカ道を辿ると鉄塔に出た。
3
奥に篠戸山が見えるんで、手前伐採地の左上辺りが丸山(栗山)か。
2016年07月10日 09:20撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に篠戸山が見えるんで、手前伐採地の左上辺りが丸山(栗山)か。
7
正面の大ドッケから左に峠ノ尾根。こっちに向かってるのがバラモ尾根。
2016年07月10日 09:24撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面の大ドッケから左に峠ノ尾根。こっちに向かってるのがバラモ尾根。
8
直登する。
2016年07月10日 09:31撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直登する。
2
主尾根に乗ってやっと緩んだ。厳しかったー。
2016年07月10日 09:51撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主尾根に乗ってやっと緩んだ。厳しかったー。
8
大塚山(大掴山)。
2016年07月10日 09:55撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大塚山(大掴山)。
15
北尾根を下る。この先に鉄塔跡地が在るのは覚えてた。
2016年07月10日 10:21撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北尾根を下る。この先に鉄塔跡地が在るのは覚えてた。
4
じゃ〜ん。
2016年07月10日 10:23撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
じゃ〜ん。
9
真ん中のこんもりが次に向かう雄山。奥は左がP1160、右が小持山。
2016年07月10日 10:24撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中のこんもりが次に向かう雄山。奥は左がP1160、右が小持山。
10
元巡視路かな? こんな便利な道が在るんだから、直接雄山方向に下るより、こっちへ回った方が効率良い。
2016年07月10日 10:25撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元巡視路かな? こんな便利な道が在るんだから、直接雄山方向に下るより、こっちへ回った方が効率良い。
4
茶平の方から来る巡視路を合わせて鞍部へ。
2016年07月10日 10:29撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶平の方から来る巡視路を合わせて鞍部へ。
3
左の尾根へ行きたくなるけど、ここは右の急下り尾根へ。
2016年07月10日 10:34撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の尾根へ行きたくなるけど、ここは右の急下り尾根へ。
2
雄山は通過。
2016年07月10日 10:54撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄山は通過。
3
タワノネに着いた。腹がぎゅるぎゅる鳴ってるけど食欲無い。エナジーゼリーを流し込む。
2016年07月10日 11:06撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タワノネに着いた。腹がぎゅるぎゅる鳴ってるけど食欲無い。エナジーゼリーを流し込む。
6
さて、4年越しの懸案を解決しときますか。
2016年07月10日 12:04撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、4年越しの懸案を解決しときますか。
7
中段辺りに出てしまった。これ…かい?
2016年07月10日 12:09撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中段辺りに出てしまった。これ…かい?
4
下に降りて全体を写す。水流れてないね。ビギさんのレコで見比べたら、違うじゃんかー!! (`Д´)ムキー!
2016年07月10日 12:16撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下に降りて全体を写す。水流れてないね。ビギさんのレコで見比べたら、違うじゃんかー!! (`Д´)ムキー!
12
ホタルブクロで和む。
2016年07月10日 12:18撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホタルブクロで和む。
5
ヘロヘロになってオハナドッケ到着。前回は1時間で登れたのに…
2016年07月10日 13:00撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘロヘロになってオハナドッケ到着。前回は1時間で登れたのに…
7
覗き岩で昼メシ。
2016年07月10日 13:39撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
覗き岩で昼メシ。
14
越えて来た山たち。
2016年07月10日 14:22撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越えて来た山たち。
24
小持山。
2016年07月10日 14:53撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小持山。
8
小持山下りで脚に違和感が出始め、雨乞岩登りで攣りそうになる。おいおい、ちょっと早くないかー。仕方なくここで脚を休める。
2016年07月10日 15:25撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小持山下りで脚に違和感が出始め、雨乞岩登りで攣りそうになる。おいおい、ちょっと早くないかー。仕方なくここで脚を休める。
10
大持山でも軽く休憩。
2016年07月10日 15:54撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大持山でも軽く休憩。
4
ここを下る。
2016年07月10日 16:00撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを下る。
2
良い雰囲気。何より吹き抜ける風が心地良かった。
2016年07月10日 16:05撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い雰囲気。何より吹き抜ける風が心地良かった。
10
P1141から南に下る方が良いのは重々承知だが、熊に遭遇する率の低い植林を選ぶ。選べるなら今の精神状態ではこっち。
2016年07月10日 16:28撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1141から南に下る方が良いのは重々承知だが、熊に遭遇する率の低い植林を選ぶ。選べるなら今の精神状態ではこっち。
6
P793を巻いてる時に、遂に脚が限界に達した。立っても座っても脚攣りが始まりそう。何とかリラックス出来るポジションを見付けやり過ごす。342号鉄塔で大休止したが回復しなかった。この後はスーパースローペースで騙し騙し何とか下り切った。
2016年07月10日 17:56撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P793を巻いてる時に、遂に脚が限界に達した。立っても座っても脚攣りが始まりそう。何とかリラックス出来るポジションを見付けやり過ごす。342号鉄塔で大休止したが回復しなかった。この後はスーパースローペースで騙し騙し何とか下り切った。
12
撮影機材:

感想/記録

ずいぶん久し振りのレコUPになってしまった。先月は色々忙しくて山へ行けなかったのだが、実は19日に一度だけ、とある山へ行っている。だが昼から雨に降られてしまい、5kmほど歩いただけで退散した。そんな訳で実質一月半振りの登山になる。

ブランクがあるから10km程度の行程をと考え、今回のルートになった。長いこと登ってなかったんで、これでもキャパオーバーだったらしい。大持山西尾根を下るのになんと3時間を費やす。情けないやら呆れるやら。選挙にも間に合わなかったし。

訪問者数:476人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

鞍部 直登 ホタルブクロ タワ 地蔵
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ