ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 914539 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八幡平・岩手山・秋田駒

岩手山(柳沢コース 岩手県滝沢市 日本百名山)

日程 2016年07月09日(土) [日帰り]
メンバー hiro_kuri, その他メンバー5人
天候雨のち曇り。頂上のお鉢は強風だが歩けなくはない。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
東北道滝沢ICを降りて20分くらいで馬返し登山口の駐車場。
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間50分
休憩
50分
合計
9時間40分
S馬返し登山口07:3011:308合目避難小屋11:4012:30山頂13:208合目避難小屋14:0017:10馬返し登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
雨に濡れながらの往路は足取り重く、予定より1時間超過。無事に戻ってこられてよかった。
コース状況/
危険箇所等
登山中に汗がレインウェア内で蒸れて、頂上の強風と低温で冷えて若干頭痛に苛まれる。雨天時の着替は持参必須・・・。
その他周辺情報ユートランド姫神まで20分位。大広間も無料で使え、冷えた水もいただけます。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル タイツ 靴下 グローブ 雨具 行動食 飲料 地図(地形図) ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル カメラ ストック(2WAY) ヘッドライト
共同装備 Tシャツ ソフトシェル タイツ 靴下 グローブ 雨具 行動食 飲料 地図(地形図) ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル カメラ ストック(2WAY) ヘッドライト
備考 シャツの着替え。冷えて辛かった。

写真

この日は麓から頂上まで、終始ガスで覆われた状態で、これまでの登山で最も辛い山行でしたが、それが逆に印象強く思い出させてくれます。そういうものです。
写真は8合目の避難小屋。
2016年07月09日 11:23撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日は麓から頂上まで、終始ガスで覆われた状態で、これまでの登山で最も辛い山行でしたが、それが逆に印象強く思い出させてくれます。そういうものです。
写真は8合目の避難小屋。
ラストのお鉢アタック。体に堪えた。
これが、景色を少しでも見渡せたり、風が落ち着いてくれたら、足取りもまた違ったでしょうに。
2016年07月09日 11:53撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラストのお鉢アタック。体に堪えた。
これが、景色を少しでも見渡せたり、風が落ち着いてくれたら、足取りもまた違ったでしょうに。
お鉢へ到達して少し歩いた所で休憩。吹き上げる強風が写真ではサッパリ伝わらない。この後、風圧に耐えながら山頂到達し、記念写真を撮って速やかに下山しました。
2016年07月09日 12:06撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お鉢へ到達して少し歩いた所で休憩。吹き上げる強風が写真ではサッパリ伝わらない。この後、風圧に耐えながら山頂到達し、記念写真を撮って速やかに下山しました。

感想/記録

写真が少ないのは、仲間の顔が鮮明なものが多くてネットに公開できない為です。
ただ、それ以前に今回は360度ガス景色でしたので、載せるまでもないといいますか。
これだけ見通しが効かなくても、馬返しコースはしっかり整備されていて、迷うことなく登ることが出来ます。ザレ場やガレ場、岩場もあって楽しめます(、晴れてれば)。時間に余裕を持って挑みましょう。
訪問者数:61人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

ガス 避難小屋 ザレ 山行 ガレ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ