ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 914619 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

編笠山・権現岳 駅から駅へテント泊縦走

日程 2016年07月10日(日) [日帰り]
メンバー tentomori
天候7/10 晴れ 雲があり涼しい一日 夜中は天の川が見えた!
7/11 晴れ 前日よりやや暑いが風も通った
アクセス
利用交通機関
電車
行き:中央(本)線始発列車を乗り継ぎ、小淵沢駅で下車。
帰り:小海線・甲斐小泉駅より乗車。甲斐大泉駅へ一駅移動し入浴後、再び小淵沢に出て帰途についた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間25分
休憩
18分
合計
5時間43分
S小淵沢駅07:4010:01富士見平10:0210:44雲海11:27押手川11:2912:37「青年小屋20分」の少し先12:5213:23青年小屋G
日帰り
山行
6時間43分
休憩
1時間46分
合計
8時間29分
青年小屋05:2806:02編笠山06:0806:40青年小屋08:0208:25のろし場08:2608:26西ギボシ09:09権現小屋09:18権現岳09:2010:00三ッ頭10:03三ツ頭分岐10:39木戸口公園10:4710:55ヘリポート跡11:43八ヶ岳横断歩道分岐11:47八ヶ岳神社(祠)11:4812:04鐘掛松12:1012:17小泉登山口13:57甲斐小泉駅13:57ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
カメラー17で正しい時刻です。
その他周辺情報甲斐大泉駅・パノラマの湯を利用。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

撮影機材:

感想/記録

直前まで天気があやしかった2連休、もちそうな予報になったためテント泊に出掛けた。はじめ雲取山の予定であったが、もう少し湿った空気の影響が少なくて行きやすい場所を…と考え、以前日帰り縦走したことのある編笠→権現ルートに決める。青年小屋でテントを張ってみたいとも思っていた。
出発地点をどうするか。タクシーで観音平まで行けば楽だが、一日目の標高差の面でやや物足りないと思った。駅から歩いてみようかと考えつつ、当日早朝に出発。

うとうとしながら、調子のよい状態で小淵沢に到着。駅の前で、同じく編笠山に歩いて向かわれる方と少しお話し、その方は先行された。準備を整え、自分も出発。
やがて先行者さんとお話しながら進む。距離が長いこととザックの重さを考えて、急ぎすぎないよう歩く。ヤマレコユーザーの方で、いろいろ楽しいお話を聞かせていただく。富士見平までご一緒し、そこから先行させていただく。
調子はまずまずだが、思ったよりもペースが上がらない。やっと雲海。押手川までも長く感じた。編笠山頂経由だと体力が持たなそうなため、巻き道を選択。巻き道とはいえ、高度を稼いでいく点は一緒で、喘ぎながら進む。
「青年小屋まであと20分」の掲示を過ぎたすぐ後で、昨年男体山で感じたような嫌な息苦しさが出た。ザックを下し深呼吸するとしばらくして落ち着く。それ以降は、5〜10歩進んでは息をつく…といったペースになった。

無事青年小屋に到着。ベンチで休んだのち、他の方たちと会話する。回復した頃にテントの受付へ。平らなテント場に、この日は自分の一張りだけだった。当日中の編笠へのピストンは取りやめ、汲んできたおいしい水をテントの脇で飲んでいると、先ほどのヤマレコユーザーの方が「さっき着きました」とご挨拶に来て下さった。
16時前から猛烈に空腹感を感じ、早いながらも食事を開始。小屋番さんと他のお客さんが薪割りをするのを眺めつつ、ゆっくり黙々と食べ続けた。
19時くらいには床についた気がする。夜中2330位に外へ出ると、一面の星空。空の北から南へ、大きく天の川が横たわっていた。

翌朝は編笠をピストンし、ゆっくり撤収したのち予定通り権現へ向かう。あまり食材を減らせなかったせいか、ザック重量は昨日とあまり変わらない印象。軽いザックの時は事無く通過した岩場や鎖場も、今回は慎重に進んだ。権現岳から下って三ツ頭へ登り返す辺りが、二日目で一番つらく感じた。甲斐小泉駅への最後の舗装路歩きが、予想より苦に感じなかったのが幸いだった。

今回空気が思いのほか涼しく快適だったが、とにかくアブの攻撃が半端でなかった。何匹もまとわりつき、隙が出た箇所に食らいついて離れない。ハッカ水でも逃げなかったのには辟易した。
ザックの重さもあり、正直苦しい山行だったが、自分なりのトレーニングと割り切り、乗り切ることができた。いろいろな方とお話したり、お花たちに癒されたり。次に一人で来るときは、お金掛かっても必ず観音平から登り始めよう、とも思った。
(途中までご一緒したgonpapaさん、楽しいひとときをありがとうございました。)
訪問者数:227人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/11/2
投稿数: 73
2016/7/13 13:56
 お疲れさま!!
無事下山されて何よりです。
アブには本当に参りましたね。小淵沢駅近くからご一緒できて、いつの間にか富士見平に着いた感じで助かりました。
また、どこかでお会いできる日を楽しみに、安全注意で山を楽しみましょう。
登録日: 2014/1/23
投稿数: 13
2016/7/13 21:34
 Re: お疲れさま!!
どうもお疲れ様でした。きつかったですが無事下山し、良い山行となりました。
次にアブの時期に行くときは、虫よけスプレーを必ず持っていくつもりです。
またどこかでお会いしましたら、よろしくお願いします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ