ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 914689 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白山

白山(花々の周回!市ノ瀬から釈迦新道〜大汝峰・御前峰〜観光新道・越前禅定道)

日程 2016年07月10日(日) [日帰り]
メンバー nori1496
天候晴れ/曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
【金沢市より】
国道8号-国道157号-白峰−県道白山公園線−市ノ瀬
(ハイシーズン週末マイカー規制につき別当出合までは行けません)
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/hakusan/tozaninf/peak.html
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間29分
休憩
1時間42分
合計
13時間11分
S市ノ瀬ビジターセンター04:4605:46釈迦岳登山口05:5306:30水飲場(釈迦新道)06:3107:46釈迦岳前峰07:5808:04白山釈迦岳08:0510:08七倉の辻10:2010:34御手水鉢10:3611:01大汝峰北の巻道分岐11:0511:24大汝小屋11:2811:28大汝峰11:3411:35大汝小屋11:46大汝峰南・中宮道分岐11:50お池めぐり分岐12:00翠ヶ池12:0112:33白山12:4113:03白山室堂13:3213:39弥陀ヶ原・エコーライン分岐13:4013:44黒ボコ岩14:14殿ヶ池避難小屋14:2015:06別当坂分岐15:0915:53剃刀窟15:5516:31指尾山16:3316:57六万山17:56市ノ瀬17:5717:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・市ノ瀬ビジターセンターからの周回ロングコースです
・釈迦新道 幅は狭く一人が通過できる程度
・白山釈迦岳前後は最近刈り払いをしてあり、感謝です(一部花の植物も刈られていました)
・越前禅定道も登山道は幅が狭く、指尾山にかけて急な階段があります
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

朝日に染まりキレイ♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日に染まりキレイ♪
1
4:30別当出合行きのシャトルバスに順番が・・・
しかし、今日は利用しないのだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4:30別当出合行きのシャトルバスに順番が・・・
しかし、今日は利用しないのだ
駐車場の奥にある吊り橋からスタートです
初めてわたる〜ウキウキ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場の奥にある吊り橋からスタートです
初めてわたる〜ウキウキ
車道をしばらく歩くと登山口
バスが通過していきます・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道をしばらく歩くと登山口
バスが通過していきます・・・
湯の谷林道をしばらく進みます

落石防止のトンネルと行くと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の谷林道をしばらく進みます

落石防止のトンネルと行くと
大規模落石?により穴が・・・
なんという破壊力
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大規模落石?により穴が・・・
なんという破壊力
1
ここまでちょうど1h
湯の谷林道の登山口
いよいよここから本格的に登ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでちょうど1h
湯の谷林道の登山口
いよいよここから本格的に登ります
ブナ林を進む
まだ余裕
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林を進む
まだ余裕
ここまで2h
ようやく眺望できるようになった
別山〜♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで2h
ようやく眺望できるようになった
別山〜♪
水場近く
ミズバショウの葉 大っきい〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場近く
ミズバショウの葉 大っきい〜
ゴゼンタチバナ
徐々に花が増え出す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
徐々に花が増え出す
2
ササユリ
薄いピンクがかわいい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ササユリ
薄いピンクがかわいい
2
最近登山道の刈り払いをしたみたい
感謝、感謝ですが、花も少し切られてしまっている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最近登山道の刈り払いをしたみたい
感謝、感謝ですが、花も少し切られてしまっている
だいぶん上がってきた
荒島岳方面には雲海があった
このあたりで金沢の60代男性(同じエリアの方)に抜かされる
元気だな〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶん上がってきた
荒島岳方面には雲海があった
このあたりで金沢の60代男性(同じエリアの方)に抜かされる
元気だな〜
1
モミジカラマツ
(葉は違う植物が写り込んでいる?)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モミジカラマツ
(葉は違う植物が写り込んでいる?)
イチゴだ〜
チラホラあった
お腹すいたわ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イチゴだ〜
チラホラあった
お腹すいたわ
1
ヤマハハコ
まだつぼみでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマハハコ
まだつぼみでした
標高が上がると
ニッコウキスゲ
が見られるようになってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高が上がると
ニッコウキスゲ
が見られるようになってきた
2
ヨツバシオガマ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマ
ギンリョウソウ
日陰のところにひっそりの残ってました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ
日陰のところにひっそりの残ってました
釈迦新道からの別山もいいですね〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦新道からの別山もいいですね〜
白山釈迦岳前峰着
ここまで3h休憩なしで来た ゼリーを補給
涼しいうちに距離を稼ぐべく、頑張りすぎた
後に後悔・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山釈迦岳前峰着
ここまで3h休憩なしで来た ゼリーを補給
涼しいうちに距離を稼ぐべく、頑張りすぎた
後に後悔・・・
1
目指す大汝峰と御前峰
しかし遠いな〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す大汝峰と御前峰
しかし遠いな〜
釈迦岳横の池
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦岳横の池
ハクサンチドリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンチドリ
オオハナウドとニッコウキスゲ
咲き乱れています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオハナウドとニッコウキスゲ
咲き乱れています
湯の谷乗越手前からのパノラマ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の谷乗越手前からのパノラマ
釈迦新道の稜線
三角にとんがった七倉山(写真右)までまだまだ
前半の飛ばしすぎ、ペースが上がらない・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦新道の稜線
三角にとんがった七倉山(写真右)までまだまだ
前半の飛ばしすぎ、ペースが上がらない・・・
アオモリトドマツの木の先端に
青紫の実が・・・キレイ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アオモリトドマツの木の先端に
青紫の実が・・・キレイ?
1
オオバギボウシ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオバギボウシ
クルマユリ
観光新道で多かったような
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クルマユリ
観光新道で多かったような
1
オタカラコウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オタカラコウ
オオバギボウシを見上げてみた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオバギボウシを見上げてみた
ハクサンフウロ
多く見られました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ
多く見られました
ニッコウキスゲの壁
前を行く方、とっても早いし写真も撮りまくり😄
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲの壁
前を行く方、とっても早いし写真も撮りまくり😄
3
青空もあり
サイコー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空もあり
サイコー
シモツケソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シモツケソウ
ミヤマダイモンジソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマダイモンジソウ
登ってきた縦走路
崩れて見えたところにやっと来た
ペースダウン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた縦走路
崩れて見えたところにやっと来た
ペースダウン
1
気がつけば遠く、小松・能美方面まで見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気がつけば遠く、小松・能美方面まで見えた
ミヤマキンポウゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲ
大汝峰をバックに
色んな花が咲き乱れ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大汝峰をバックに
色んな花が咲き乱れ
ハクサンチドリに似るが
花の形がちと違う
テガタチドリ 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンチドリに似るが
花の形がちと違う
テガタチドリ 
ハクサンイチゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ
ハクサンボウフウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンボウフウ
ミネウスユキソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミネウスユキソウ
1
グンナイフウロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
グンナイフウロ
歩いてきた縦走路
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた縦走路
うわー無数の小さな虫!!
逃げろ〜!息を止めて通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うわー無数の小さな虫!!
逃げろ〜!息を止めて通過
その直後、崩れ箇所
息を整え・・・通過
一応トラロープを持つ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その直後、崩れ箇所
息を整え・・・通過
一応トラロープを持つ
やっととんがり頭の七倉山
が近づいてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっととんがり頭の七倉山
が近づいてきた
ハクサンシャクナゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンシャクナゲ
もう終わりかけ
キヌガサソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう終わりかけ
キヌガサソウ
イワカガミ

花の連続や〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミ

花の連続や〜
七倉の辻手前から四塚山
鞍部でどなたか休憩されている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七倉の辻手前から四塚山
鞍部でどなたか休憩されている
七倉の辻だあ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七倉の辻だあ〜
1
良いところや
休憩するもハエがぶんぶん飛び回って早々に切り上げ
補給水計画が悪く、ここから室堂までほぼ水分なし・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良いところや
休憩するもハエがぶんぶん飛び回って早々に切り上げ
補給水計画が悪く、ここから室堂までほぼ水分なし・・・
次は大汝峰!
初めて見る景色に興奮状態
静かな縦走路を進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は大汝峰!
初めて見る景色に興奮状態
静かな縦走路を進む
1
振り返り、四塚山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返り、四塚山
大汝峰の奥右、別山が小さく見えるじゃないですか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大汝峰の奥右、別山が小さく見えるじゃないですか
1
タテヤマリンドウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タテヤマリンドウ
シナノキンバイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シナノキンバイ
大汝峰から下ってきた方に撮影してもらいました
ありがとうございました
この後、ハイマツの間の登りがキツかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大汝峰から下ってきた方に撮影してもらいました
ありがとうございました
この後、ハイマツの間の登りがキツかった
1
尾根道からは剱・立山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道からは剱・立山
槍ヶ岳・穂高岳方面が見えました
午前の見えているうちに写真を撮って正解でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳・穂高岳方面が見えました
午前の見えているうちに写真を撮って正解でした
御手水鉢〜
イワヒバリさんの後ろ姿がなんとも良い
よく見るとアメンボもいるね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御手水鉢〜
イワヒバリさんの後ろ姿がなんとも良い
よく見るとアメンボもいるね
2
この御手水鉢の水
なくならないとか・・・なんでやろ
喉が渇く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この御手水鉢の水
なくならないとか・・・なんでやろ
喉が渇く
反対側に目をやると
茶色い山肌の地獄谷
すげ〜な
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側に目をやると
茶色い山肌の地獄谷
すげ〜な
1
いよいよ
クロユリが登場!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ
クロユリが登場!
1
やっと見れたようなきがする
コバイケイソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと見れたようなきがする
コバイケイソウ
巻く?巻かない?
水がないし・・・でも
巻かない!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻く?巻かない?
水がないし・・・でも
巻かない!
1
巻き道の分岐点から七倉山方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻き道の分岐点から七倉山方面
ん〜これは外来種でしょう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ん〜これは外来種でしょう
大汝峰登頂!(2,684m)
出発から6時間40分
辛かったけど笑顔で😁
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大汝峰登頂!(2,684m)
出発から6時間40分
辛かったけど笑顔で😁
6
受験生2人の志望校合格を祈願
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
受験生2人の志望校合格を祈願
初めての眺望に感動!
大汝峰から白山(剣ヶ峰と御前峰)
翠ヶ池がキレイ♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めての眺望に感動!
大汝峰から白山(剣ヶ峰と御前峰)
翠ヶ池がキレイ♪
3
御前峰には多くの登山者
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前峰には多くの登山者
1
さて、大汝峰を下り
御前峰へ向かう?
それとも室堂へ直行?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、大汝峰を下り
御前峰へ向かう?
それとも室堂へ直行?
イワヒバリちゃんがさえずってます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワヒバリちゃんがさえずってます
翠ヶ池
岐阜県側に溢れる
「つるつるいっぱい」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翠ヶ池
岐阜県側に溢れる
「つるつるいっぱい」
2
雪渓を横断し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓を横断し
巨岩の間を抜け
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨岩の間を抜け
御前峰への急坂を
辛抱しながら登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前峰への急坂を
辛抱しながら登る
市内からお越しの女性2人組の方に撮影して頂きました
ありがとうございました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
市内からお越しの女性2人組の方に撮影して頂きました
ありがとうございました
6
ガスって眺望はありませんでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスって眺望はありませんでした
まだ多くの方が記念撮影をされています
さて、室堂へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ多くの方が記念撮影をされています
さて、室堂へ
イワギキョウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワギキョウ
1
青石の日蓮上人坐像
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青石の日蓮上人坐像
クロユリ
室堂周辺は
ももう少しで終わりですかね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クロユリ
室堂周辺は
ももう少しで終わりですかね
白山奥宮到着!
来年の「白山開山1300年」に向けて建て替えが進む
H26〜H29年の3カ年をへて竣工するそうです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山奥宮到着!
来年の「白山開山1300年」に向けて建て替えが進む
H26〜H29年の3カ年をへて竣工するそうです
休憩&昼食を30分で済ませ出発!
水を補給し 少し元気になった
あとは下るのみ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩&昼食を30分で済ませ出発!
水を補給し 少し元気になった
あとは下るのみ
阿陀ヶ原を抜け黒ボコ岩へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿陀ヶ原を抜け黒ボコ岩へ
振り返るとすっかりガスの中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとすっかりガスの中
観光新道で下山!
ミヤマキンポウゲが綺麗
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観光新道で下山!
ミヤマキンポウゲが綺麗
観光新道のニッコウキスゲも見応えありますね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観光新道のニッコウキスゲも見応えありますね
イブキトラノオ
ミツバチちゃんが蜜を吸う
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブキトラノオ
ミツバチちゃんが蜜を吸う
観光新道はイブキトラノオが目立つな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観光新道はイブキトラノオが目立つな
ニッコウキスゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲ
タカネナデシコ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネナデシコ
ハクサンシャジン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンシャジン
1
殿ヶ池避難小屋が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
殿ヶ池避難小屋が見えてきました
ハナチダケサシ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハナチダケサシ
水不足?かな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水不足?かな
6月上旬にクロサンショウウオがいた池
卵がまだ見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6月上旬にクロサンショウウオがいた池
卵がまだ見える
観光新道では夏の花
シモツケソウが咲き始めていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観光新道では夏の花
シモツケソウが咲き始めていました
別山方面
ガスがずいぶん下がってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山方面
ガスがずいぶん下がってきた
15:06別当坂分岐着
右へ折れ別当へ下りバス?
白山禅定道を市ノ瀬まで下る?
悩んだ末、直進!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:06別当坂分岐着
右へ折れ別当へ下りバス?
白山禅定道を市ノ瀬まで下る?
悩んだ末、直進!
1
ここから下山まで、一人ぼっち
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから下山まで、一人ぼっち
慶松平の木道(少しだけ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慶松平の木道(少しだけ)
木製階段が出てきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木製階段が出てきた
強烈な下り
このルートを登るのは大変そう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強烈な下り
このルートを登るのは大変そう
早月尾根を思わせるような
急こう配と巨木
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早月尾根を思わせるような
急こう配と巨木
剃刀窟(かみそりがいわや)
なんだか不気味
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剃刀窟(かみそりがいわや)
なんだか不気味
指尾山手前でシャリ補給
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
指尾山手前でシャリ補給
もしかしてこの尾根下りるの?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もしかしてこの尾根下りるの?
登山道保全のため回収
(保管しております)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道保全のため回収
(保管しております)
指尾山(1,417.9m)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
指尾山(1,417.9m)
振り返ると湯の谷の砂防堰堤群が見えた
もう少し!あと1h
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると湯の谷の砂防堰堤群が見えた
もう少し!あと1h
行く手を阻みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行く手を阻みます
「登山道」の立て看板の先に
岩と木でできたトンネンルがありそこに目がいってしまい、くぐってしまった・・・コースは看板を左でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「登山道」の立て看板の先に
岩と木でできたトンネンルがありそこに目がいってしまい、くぐってしまった・・・コースは看板を左でした
杖がじゃま〜
って思って外したら、看板が半分に折れておじぎした
支えてたのね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杖がじゃま〜
って思って外したら、看板が半分に折れておじぎした
支えてたのね
林道の登山口へやっと戻った
この向かいある登山道へ行かなければいけないが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の登山口へやっと戻った
この向かいある登山道へ行かなければいけないが・・・
もう登山道はいや〜
気分を変えたくて林道を進む
しかし、遠回り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう登山道はいや〜
気分を変えたくて林道を進む
しかし、遠回り
下の登山口に着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の登山口に着
橋〜
長かった・・・
今回はいろいろ反省が多いな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋〜
長かった・・・
今回はいろいろ反省が多いな
1

感想/記録

【花々が続く周回ルート達成!】
久々のお天気の週末。鹿島槍ヶ岳を扇沢から爺ヶ岳経由で往復する計画を立てていましたが、諸事情によりキャンセル。
今シーズン達成したかったこのルート、いくつもの峰を越え、そして数々の花が次から次へとあらわれ大満足でした。
ただ、序盤のペース配分と水分補給計画のミス、市ノ瀬手前での車道歩きと反省すべき点が多かった。水分は今回、CAMELBAKのボトルにつけるハンズフリーアダプターを導入。ザックの中に収めていたので、どれだけ飲んだか、あとどれぐらいなのかもよく分からなかったのも原因の一つ。便利でしたが、良し悪しでした。
あと、初めてのコースだったのもあるでしょう・・・
この経験を活かしこれからの白山をもっと楽しみたい!

【市ノ瀬〜釈迦岳前峰】
 午前0時すぎ市ノ瀬IN、真夜中でも駐車場係のガードマンが案内してくれる。お疲れさまです。土曜日組の車も多い感じ。運良くトイレ近くのエリアに案内され、速攻車中泊モード。午前4時ごろ起床、次から次に車が来るではないですか。そして4時半前にはバスの順番待ちができていました。ビジターセンターで登山届を出し、順番待ちを横目に逆方向へ・・・
 一旦湯の谷林道へ出て釈迦岳登山口まで1h、ブナ林を気持ちよく進み、水のみ場へ。この時点で2h弱も経過しているので、今思えば、ここで給水しておくべきだったかな。涼しいうちに高度を上げたい思いで、序盤からハイペースに。
 ササユリが出迎え、高度を上げると徐々にニッコウキスゲが増えきた。登山道はひとりが通れる程度、最近刈り払いしたようで、笹が登山道に重なり滑ることもありましたが、釈迦岳前峰には3hで到着。このハイペースも今の自分には無理な感じで反省です。
 途中、60歳代の方とトレランのお兄さんに追い越され、釈迦岳前峰で休憩していると白山市の方、そしてもうひと方が到着。人は少ないと思っていましたが、続けて登られてきたのでびっくり。
 前峰からは別山を始め、福井の荒島岳、そして目指す大汝峰、御前峰への縦走路がまだまだ先まで見えた・・・

【釈迦岳前峰〜七倉の辻】
 釈迦岳前峰から先はとにかく、お花だらけ。観光新道よりも距離が長いだけに、ずーっとお花を楽しめた。種類も多く、自然とシャッターの数も増えた。
 ただ、アップダウンが続きペースが上がらす、休憩時にご一緒だった方から引き離された。標高2,200mあたりから湯の谷川最上流部までの、急登はニッコウキスゲ祭りでとっても綺麗だったが、きつかった。
 花が多いってことはその花に集まる虫も多い。虎ロープ手前では綿のような謎の細かい無数の虫が浮遊しているでは・・・「なんじゃこりゃ〜」と思いつつ息を止めて素早く通過。
 そうこうしていると七倉山のとんがり頭が近づき、その麓にある七倉の辻へと到着!四塚山からの加賀禅定道、反対側には大汝峰、雪が残り静寂に包まれる。休憩しているとここもハエが多い。いつものPasco、つぶあんとホイップクリームの入った「あん&ホイップドーナツ」を食すも、水ぶんが少ない。室堂まで水場はない。

【七倉の辻〜大汝峰】
 しかし、進むしかない。しばらくで御手水鉢、まさかこの水は飲めないよね。イワヒバリさんが行水していたのか、鉢の縁にとまって哀愁のある後ろ姿を撮影。
 大汝峰までに確か4名をすれ違う。大きなカメラを持った方に後ろ姿を撮影してもらう。そして赤い服の方、ご夫婦の方。
 ハイマツの間の狭い登山道を辛抱して進むと、クロユリが登場!やっと会えた。巻き道分岐で心が折れそうになったが、頑張って頂上を目指す。そして、大汝峰に到着! ここでは御前峰からこられた登山客で賑わっていた。大汝峰からの剣ヶ峰そして御前峰、翠ヶ池の眺望はとっても素晴らしかった。

【大汝峰〜御前峰〜室堂】
 大汝峰を後にする。御前峰をパスしてお池巡りコースで直接、室堂へ行く手もあるが、ここまできたら、やるしかない!御前峰を経由することに、足は進まないが一歩一歩進めば必ずつくはず。急登を登り切り、御前峰登頂!
 白山市内からの女性2人組の方に撮影をお願いして、天に向かってピースサイン。疲れている表情をするわけにいかないのだ。
 あいにくガスって眺望はなかったので、10分弱で下山開始!さあ、室堂前で待望の給水&昼飯だ〜と言ってもゆっくりしていられない。なんせ、目指すは市ノ瀬。別当坂分岐で最終判断し、エスケープは別当出合へ下り、500円でバスという手もあるって考えながら、いつものカップヌードルカレー を食す。

【観光新道】
 さて、気をとりなおして下山!
 観光新道はニッコウキスゲやイブキトラノオ が多く、こちらも見応えがある。殿ヶ池避難小屋まで一気に下り、避難小屋のベンチで5分横になった。
 再出発してしばらく、先に避難小屋を出た4人グループが何やら立ち止まって騒いでいる。何と、一人が笹の根元に足を滑らしたのか、登山道わきに落っこち這い上がろうとするも、なかなか上がれないご様子。手や手ぬぐいを差し伸べていたが、届かない・・・私が持っていた120cmのスリングをお貸ししましょうかと言うと、ザックにロープがあるいうではありませんか。だったら、はじめから使えば良いのに・・・ブッシュのある斜面だったから良かったが、一歩間違えば滑落事故。怖い怖い。

【白山禅定道〜市ノ瀬】
 別当坂分岐では下るか、白山禅定道を行くか悩んだ。時刻は15時ちょい。別当へ降れば1時間&バス15分 1時間半で市ノ瀬まで行ける。
 一方、禅定道は3時間弱かかる・・・ここまできたら完全制覇でしょ!男は!ってへんな理由で禅定道へ。急な階段あり、巨木あり、剃刀窟(かみそりがいわや) 剱岳の早月尾根と同じような雰囲気の尾根を軽いアップダウンを繰り返しながら、高度を下げ指尾山、六方山を過ぎようやく林道へ。
 もう単調な登山道は嫌!ってことで、林道を下ることに・・・しかしこれが裏目、遠道になって、別当出合からの車道に出て、誰か乗せてくれないかなという甘い考えも見事叶わず、地道に歩きようやく戻る。やれやれ。
 帰って、妻に私だったら、別当出合からバスやと言われてしまった・・・
訪問者数:315人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/3/22
投稿数: 1126
2016/7/12 19:26
 つるつるいっぱい
こんばんは〜

走行距離は約27km、標高差は何と2000m近くあるじゃないですか〜
これを日帰りとは  お疲れ様でした。

晴れると予想以上に水分補給のペースが早まり配分が難しいですよね。
余分に水を担げば、その分、余計に汗を掻いてしまったり

そうそう、”つるつるいっぱい ”って北陸地方の言葉ですよね
始めて聞いた時、なんて可愛い言葉なんだろうと思いました。
雰囲気のある良い表現ですよね〜

では、また。
登録日: 2013/5/10
投稿数: 111
2016/7/12 21:44
 Re: つるつるいっぱい
TAKAさん、こんばんは!
距離はGPSのログだと若干長めになるような気がします

今回、ボトルをバックに入れ、ハンズフリーで飲めるアダプターを初導入だったので、そのせいもあるんですよ 良し悪しありますね。

「つるつるいっぱい」 ご存知で
今度、日本酒を注いでもらう時使ってみてください
きっと楽しく飲めますよ。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ