ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 914708 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

常念岳・蝶ヶ岳〜三股から周回・アルプスの大展望

日程 2016年07月10日(日) [日帰り]
メンバー sat4
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間29分
休憩
1時間28分
合計
9時間57分
S三股駐車場04:4204:54三股登山口04:5507:41前常念岳07:4508:28常念岳09:0010:16P259210:3011:19蝶槍11:2811:57蝶ヶ岳ヒュッテ12:0212:06蝶ヶ岳12:2313:43まめうち平13:4914:15ゴジラの木14:29三股登山口14:39三股駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
三股〜前常念岳の区間:2250m付近を超えるまで泥濘な区間あり。森林限界を超えると岩の道になります。
蝶ヶ岳〜駐車場の区間:蝶ヶ岳から蝶沢は木の根や石で歩きにくい。蝶沢から下はよく整備されてとても歩きやすい。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

三股駐車場。ガスのなかスタート。
2016年07月10日 04:42撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三股駐車場。ガスのなかスタート。
1
常念岳に向かいます。急登の途中。
2016年07月10日 06:05撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳に向かいます。急登の途中。
1
ひたすら樹林帯。
2016年07月10日 06:06撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら樹林帯。
1
だんだん樹林帯が疎になってきました。
2016年07月10日 06:40撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん樹林帯が疎になってきました。
樹林帯を脱出。雲海が広がっていました。
2016年07月10日 06:58撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を脱出。雲海が広がっていました。
6
富士山と南アルプスも見えます。
2016年07月10日 06:59撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山と南アルプスも見えます。
6
雲海の向こうに八ヶ岳
2016年07月10日 06:59撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海の向こうに八ヶ岳
3
シャクナゲ咲いています。
2016年07月10日 07:00撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ咲いています。
2
ハイマツ。夏山ですね。
2016年07月10日 07:09撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツ。夏山ですね。
2
標高を上げると稜線の向こうに何かの山が。
2016年07月10日 07:09撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高を上げると稜線の向こうに何かの山が。
穂高登場!
2016年07月10日 07:34撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高登場!
13
岩ゴロゴロの道です。雲海の向こうに八ヶ岳、富士、南アルプス
2016年07月10日 07:43撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩ゴロゴロの道です。雲海の向こうに八ヶ岳、富士、南アルプス
4
右奥に鹿島槍。左手前は燕岳。その後ろは針ノ木。
2016年07月10日 07:44撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右奥に鹿島槍。左手前は燕岳。その後ろは針ノ木。
1
シャクナゲ
2016年07月10日 07:47撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ
2
ありえないくらい素晴らしい道!
2016年07月10日 07:51撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ありえないくらい素晴らしい道!
9
大天井岳。美しい!
2016年07月10日 07:51撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳。美しい!
5
振り返るとこの景色!
2016年07月10日 07:51撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとこの景色!
8
常念の山頂が近づきました。
2016年07月10日 08:09撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念の山頂が近づきました。
1
左奥は御嶽山? ちょっと手前が乗鞍岳?
2016年07月10日 08:09撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左奥は御嶽山? ちょっと手前が乗鞍岳?
3
ハハコグサ系。タカネヤハズハハコかな。
2016年07月10日 08:12撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハハコグサ系。タカネヤハズハハコかな。
雲上の散歩道という表現がぴったりです。
2016年07月10日 08:13撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲上の散歩道という表現がぴったりです。
5
チングルマ。咲き終わり気味。
2016年07月10日 08:15撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマ。咲き終わり気味。
ミネズオウ
2016年07月10日 08:15撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミネズオウ
イワカガミ
2016年07月10日 08:15撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミ
3
フレッシュなチングルマ!
2016年07月10日 08:16撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フレッシュなチングルマ!
2
チングルマと雲海
2016年07月10日 08:16撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマと雲海
7
葉がクロマメノキのようですが、クロマメの花?
2016年07月10日 08:20撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葉がクロマメノキのようですが、クロマメの花?
前常念〜常念岳のルート、良いですね。
2016年07月10日 08:20撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前常念〜常念岳のルート、良いですね。
2
おぉ! 常念岳の手前から槍ヶ岳登場!
2016年07月10日 08:23撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おぉ! 常念岳の手前から槍ヶ岳登場!
7
感動で涙がでそうなくらいです。
2016年07月10日 08:23撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
感動で涙がでそうなくらいです。
8
大天井の方も歩いてみたい。
2016年07月10日 08:23撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井の方も歩いてみたい。
4
常念乗越からの道と合流
2016年07月10日 08:23撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念乗越からの道と合流
2
山頂に到着。
2016年07月10日 08:34撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着。
4
すごい。
2016年07月10日 08:51撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すごい。
5
槍〜穂
2016年07月10日 08:51撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍〜穂
6
穂高、霞沢、乗鞍、御嶽
2016年07月10日 08:51撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高、霞沢、乗鞍、御嶽
1
大天井。立山・剣岳。右はピラミダルな針ノ木岳。
2016年07月10日 08:52撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井。立山・剣岳。右はピラミダルな針ノ木岳。
7
針ノ木、燕、右奥は鹿島槍
2016年07月10日 08:52撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針ノ木、燕、右奥は鹿島槍
3
蝶ヶ岳。これから歩く道。素晴らしい!
2016年07月10日 08:52撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳。これから歩く道。素晴らしい!
9
鷲羽の方でしょうか。
2016年07月10日 08:53撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽の方でしょうか。
2
常念岳山頂
2016年07月10日 08:53撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳山頂
2
八ヶ岳、富士山の方向。
2016年07月10日 08:55撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳、富士山の方向。
5
ミヤマダイコンソウ
2016年07月10日 08:57撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマダイコンソウ
本日登ってきた尾根がよく見えます。
2016年07月10日 08:59撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日登ってきた尾根がよく見えます。
4
常念からの下り。見上げると、ひこうきぐも。
2016年07月10日 09:09撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念からの下り。見上げると、ひこうきぐも。
3
槍をみながら歩きます。とても贅沢。
2016年07月10日 09:09撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍をみながら歩きます。とても贅沢。
4
振り返って常念。
2016年07月10日 09:46撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って常念。
3
クロユリ
2016年07月10日 09:54撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クロユリ
2
キンポウゲ
2016年07月10日 10:02撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キンポウゲ
P2592から。蝶槍が見えました。ここで少々休憩。
2016年07月10日 10:29撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P2592から。蝶槍が見えました。ここで少々休憩。
1
P2592付近。ニッコウキスゲの群落。
2016年07月10日 10:32撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P2592付近。ニッコウキスゲの群落。
7
この辺り、花が多い。ヨツバシオガマ
2016年07月10日 10:32撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺り、花が多い。ヨツバシオガマ
チドリ系。テガタチドリかな?
2016年07月10日 10:33撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チドリ系。テガタチドリかな?
1
シナノキンバイ
2016年07月10日 10:38撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シナノキンバイ
1
池がありあました。
2016年07月10日 10:39撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池がありあました。
2
チシマギキョウ
2016年07月10日 11:06撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チシマギキョウ
4
雲の切れ目から下界が見えました。
2016年07月10日 11:08撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の切れ目から下界が見えました。
1
蝶槍の手前
2016年07月10日 11:16撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶槍の手前
1
イワツメクサ
2016年07月10日 11:17撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワツメクサ
2
大キレット
2016年07月10日 11:21撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大キレット
5
蝶槍から蝶ヶ岳。たおやかな稜線。
2016年07月10日 11:21撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶槍から蝶ヶ岳。たおやかな稜線。
1
振り返って蝶槍と常念岳
2016年07月10日 11:33撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って蝶槍と常念岳
6
これが二重山稜というものですか?
2016年07月10日 11:33撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが二重山稜というものですか?
1
イワベンケイとミヤマキンバイ
2016年07月10日 11:35撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワベンケイとミヤマキンバイ
2
こういう道、いいですね。
2016年07月10日 11:44撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういう道、いいですね。
4
穂高と霞沢岳の間に焼岳が見えてきました。
2016年07月10日 11:48撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高と霞沢岳の間に焼岳が見えてきました。
松本盆地側からガスが上がってきました。
2016年07月10日 11:55撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松本盆地側からガスが上がってきました。
蝶ヶ岳ヒュッテ。水を補給1.4L。1Lが200円です。
2016年07月10日 11:57撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳ヒュッテ。水を補給1.4L。1Lが200円です。
1
槍ヶ岳と蝶ヶ岳ヒュッテ
2016年07月10日 12:03撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳と蝶ヶ岳ヒュッテ
4
蝶ヶ岳の山頂に到着
2016年07月10日 12:07撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳の山頂に到着
3
素晴らしい展望です。たくさんの人が休憩
2016年07月10日 12:07撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしい展望です。たくさんの人が休憩
5
槍ヶ岳
2016年07月10日 12:20撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳
7
右下あたりが横尾でしょうか。
2016年07月10日 12:25撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右下あたりが横尾でしょうか。
5
下山します。途中でキヌガサソウ
2016年07月10日 12:30撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山します。途中でキヌガサソウ
2
ミヤマキンポウゲの群落
2016年07月10日 12:31撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲの群落
アオノツガザクラとイワカガミ
2016年07月10日 12:32撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アオノツガザクラとイワカガミ
たぶん、モミジカラマツのつぼみ。
2016年07月10日 12:33撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たぶん、モミジカラマツのつぼみ。
1
オオサクラソウ
2016年07月10日 12:43撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオサクラソウ
4
オサバグサ
2016年07月10日 12:55撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オサバグサ
2
ギンリョウソウ
2016年07月10日 13:34撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ
3
ゴジラの木
2016年07月10日 14:16撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴジラの木
1
吊り橋から。あと少しで駐車場。
2016年07月10日 14:24撮影 by PENTAX Q-S1 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋から。あと少しで駐車場。
4

感想/記録
by sat4

■はじめに
 天気が良さそうなので、北アルプスです。
 三股から、常念岳・蝶ヶ岳を周回するルートです。常念までは単純標高差約1600mの急登、その後蝶ヶ岳をまわって周回。コースタイム14時間超という、私が苦手とするスペックです。
 時間の余裕を持つのと、早い時間に稜線につきたいので、久しぶりの5時前のスタートとします。

■三股〜前常念〜常念岳
 稜線に出るまでは相当な急登です。景色の見えない樹林帯のなかを黙々と登ります。2170m付近で尾根に出ますが、泥濘がひどい(前日の雨の影響もあると思います)。トレランシューズだったので靴の中まで泥水が何度も浸入。よけるのに難儀しました。
 2350m付近から、樹林帯を脱出。振り返ると雲海が広がっていました。八ヶ岳、富士、南アルプスなどの展望です。ここからは、ごろごろ岩の登りです。ハイマツの世界となり、まさに夏山という雰囲気でした。標高をあげると常念山脈の稜線から穂高岳が頭を出し始めます。そして、常念岳手前までくると、槍ヶ岳が見えるようになります。この瞬間、感動のあまり涙がでそうなほどでした。
 山頂には8時半に到着。けっこう賑わっていました。昼食をすませて蝶ヶ岳に向かいます。

■常念岳〜蝶ヶ岳
 2512峰、2592峰、蝶槍などいくつかのピークのアップダウンがあります。しかし、暑さと疲れで登りがきつくなり足がとまりはじめました。樹林帯は蒸すように暑い。ニッコウキスゲが美しい2592峰で休憩します。
 蝶槍までも暑いですが、松本側からガスが上がり始め、直射日光も和らぎ始めました。風もすこしでてきて、楽になってきました。
 蝶槍から蝶ヶ岳までは、とてもたおやかな稜線。気持ちよいところです。岩場があまり得意ではないので、こういうところは気が休まります。
 常念から蝶ヶ岳の稜線ですが、槍〜穂が見ながら歩けます。とても素晴らしいところでした。

■蝶ヶ岳〜三股
 蝶ヶ岳から下山します。得意な下りですが、寝不足もあって、疲れがピークになってきました。ほんと、降りるだけという感じですが、木の根や岩で歩きづらい道でした。蝶沢を過ぎると、とても良く整備された道となり、走れるような道ではありましたが、その気力はなくて、今回は100%歩きとなりました。

■水
 3L担ぎましたが、蝶ヶ岳ヒュッテまでに2.5L消費。ヒュッテで1.4L購入しました。トータルで約4.5Lの消費でした。
 ヒュッテで購入した水が冷たくてうまかったです。1Lを一気のみしてしまいました。2592峰付近の失速は水不足かもしれません。

■下山後
 疲れました。しかし、谷川主脈に続き、このようなハードなルートもなんとかあるききることはできるのだなと思いました。
 ほりでーゆ530円で入浴してから帰りました。
訪問者数:460人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/8/26
投稿数: 2004
2016/7/12 20:32
 感動の景色
sat4さん、こんばんは

槍ヶ岳が見えて感動の涙、その気持ちは100%共感です。
今回登った合戦尾根は5回目でしたが、
それでも槍が見えた瞬間には、思わず声が出てしまいました。
特に常念岳〜蝶ヶ岳の稜線は槍・穂高が近いので、
なおさら感動が強いですよね。
ここの稜線は秀逸だと思いますが、好天で良かったですね。

さすがのsat4さんも今回はランはなしでしたか。
せっかくの景色なので、走る必要もないですが。
谷川主脈に今回のロング周回、次はどちらなのか、楽しみです。
登録日: 2010/9/10
投稿数: 1272
2016/7/13 0:29
 Re: 感動の景色
hirokさん、こんばんは。

本当に好天に恵まれました。
登ってく行くと槍がみえてくるという、常念山脈の特権ですね。
このところ低山も楽しいのですが、やはりアルプスは別格だと思いました。

今回は走れませんでした。
蝶槍〜蝶ヶ岳は走れますが、こういうところは歩かないと、もったいないです。
下山の蝶沢〜駐車場までは走れますが、余力がありませんでした。

大標高のルートは苦手ですが、すこしづつ、慣れていきたいと思います。
登録日: 2009/5/12
投稿数: 6026
2016/7/13 23:29
 大好きなルート
sat4さん、こんばんは。

よい日に周回しましたね。
このコース、大好きなルートです。
特に前常念の手前で花崗岩とハイマツの中を
歩くようになってから常念岳までの間が一番すきです。
ここのところ、行ってないなあ。

雷鳥は見ませんでしたか?蝶槍のあたりで
見かけることが多いのですが。
登録日: 2015/5/16
投稿数: 12
2016/7/14 0:06
 素晴らしい!
雲海の向こうの山並み、圧巻の景色ですね。健脚ぶりもすごいです。ここのところ山に行けてませんが、山行の気分が湧いてきました。
登録日: 2010/9/10
投稿数: 1272
2016/7/14 23:15
 Re: 大好きなルート
youtaroさん、こんばんは。

同感です。
森林限界を超えたところからハイライトが始まりました。
上を見ればハイマツと花崗岩、振り返れば雲海。
前常念から常念岳の間も、天空の散歩道のようでした。
ラストは、常念山脈縦走路との合流点直前で槍がどーんと。
こんな、感動があるようなルートはそうそうないですね。

蝶槍のあたりは雷鳥見かけるのですか。
私は残念ながら見れませんでした。
まあ、これで雷鳥が見られたら贅沢すぎるかもしれません。
登録日: 2010/9/10
投稿数: 1272
2016/7/14 23:20
 Re: 素晴らしい!
el_pontaさん、こんばんは。

素晴らしいルートでした。
大標高差の急登ですが、森林限界さえ超えれば、素晴らしい景色が待ってます。
蝶ヶ岳ヒュッテ泊にすれば、行程の余裕もできますので、いかがでしょうか。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ