ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 914784 全員に公開 ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

東大台ケ原周遊(日出ヶ岳、大蛇)

日程 2016年07月10日(日) [日帰り]
メンバー rom, その他メンバー3人
天候曇り
午後一時雨予報も降らず
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大阪市内~南阪奈道路~国道169号~大台ケ原ドライブウェイ
約2時間半、渋滞なし
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間26分
休憩
1時間30分
合計
4時間56分
Sスタート地点10:3010:41大台ケ原駐車場11:07展望台分岐11:2111:27大台ヶ原山11:3511:37展望台分岐12:29正木ヶ原12:3112:39尾鷲辻12:4012:44本ゴヤ嶺12:56牛石ヶ原13:00大蛇分岐13:09大蛇13:2713:35大蛇分岐14:1414:43シオカラ谷吊橋14:5115:22「心・湯治館」15:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
日出ヶ岳手前の展望台は先端部分が痛んでいて立ち入り禁止
その他周辺情報入之波温泉・山鳩湯へ立ち寄る予定だったが、入場は16時まで(到着は16時半)だったため断念。
湯盛温泉・杉の湯(道の駅併設)へ。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

ビジターセンター脇からスタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビジターセンター脇からスタート
1
明るい森を行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るい森を行く
ほとんどの沢が枯れていた。
流れがあっても、靴でそのまま歩ける程度。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほとんどの沢が枯れていた。
流れがあっても、靴でそのまま歩ける程度。
展望台は一部立ち入り禁止
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台は一部立ち入り禁止
無数のトンボが飛び交う
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無数のトンボが飛び交う
日出が岳からは富士山まで見えるとのこと!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日出が岳からは富士山まで見えるとのこと!
日出が岳から下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日出が岳から下る
正木峠から日出が岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正木峠から日出が岳
標識は控えめ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識は控えめ
お湯を沸かしてコーヒーブレイク♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お湯を沸かしてコーヒーブレイク♪
お菓子も登場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お菓子も登場
正木峠にはベンチ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正木峠にはベンチ
深い谷に落ちる滝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深い谷に落ちる滝
シオカラ谷への下り
鎖も一応ありました。剥がれたソールも。。笑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シオカラ谷への下り
鎖も一応ありました。剥がれたソールも。。笑
シオカラ谷の吊り橋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シオカラ谷の吊り橋
1
けっこう揺れました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けっこう揺れました
1

感想/記録
by rom

初の大台ケ原。
途中のドライブウェイからは深い谷の向こうに大峰の山々が広がり、山深さに驚く。
途中にあった砂利の駐車場(?)は断崖の上にあり、このまま飛んで行けそうな場所だった。

100mごとに立つ標識をカウントダウンしつつ、ドライブウェイを20キロ走りビジターセンターへ。
トイレ(協力金100円)の水が冷たくて気持ちいい。
大阪市内は早朝でもかなり暑かったが、やはり大台ケ原は涼しい。

大きな枝でできた杖をビジターセンターで借りて、登山届を提出し出発。
この杖がなかなかいい作りをしていて、軽いわりにしっかりしていた。

まずは日出が岳へ。
アップダウンのほぼ無い道を進む。
低い笹に、トウヒとウラジロモミの森が続く。
しばらく行くと、ブナの木も目立つようになる。
残念ながら花の時期は終わっているようで、目立った花は見当たらなかった。

駐車場周辺には大きなカメラを構えた人がちらほら。
聞けば鳥狙いだそう。

前日まで雨模様だったにもかかわらず流れのほぼ無い沢を通過し、10分程の登りに差し掛かる。
緩やかだが、それまで平地に慣らされていた体には少々負担になる。

登りきると日出が岳から正木ヶ原へと続く稜線へ出る。
日出が岳・正木ヶ原への分岐点には展望台があり、休憩。
展望台の先端部分は木製足場が痛んでいるため立ち入り禁止。
無数のトンボが飛び交う。

休憩後、日出が岳へ向かう。

ふと視線を感じ、左手に一頭のシカが佇んでこちらを見ていることに気付く。
メンバーに知らせるとつい声が大きくなり、様子をうかがっていた鹿が逃げてしまった。
メンバーも鹿を見ることはできたが、写真には収められなかった。

日出が岳への登りは一段が大きい階段。
登りきると、2階建ての展望台。
三角点と、その隣にはケルン。

展望台にあがると、熊野灘から南アルプス、果ては富士山まで見る事ができるとのパネルが。
残念ながら、東方向は一面雲に覆われて周囲の山すら見る事ができない。
大杉谷も全くうかがい知ることができない。
一度歩いてみたいルートであり、どれくらい深い谷なのか見ておこうと思っていたが。。

展望台下のベンチで休憩を、と思ったが、オオスズメバチが数匹飛び回っており、危険と判断、正木ヶ原方面へ移動を始める。

ビジターセンターから来る道との分岐点まで下り、そこからは広くて歩きやすい木道の階段となる。
正木峠にはベンチが3つ並び、ここで大休止。
お湯を沸かしてコーヒー、お菓子をいただく。

20分程休憩し、正木ヶ原方面へ下り始める。
立ち枯れた木々が並ぶ、開けた笹原の中を下る。
途中にベンチがあり、晴れればきれいな景色が広がるはず。

下り基調で緩やかな登りと下りを繰り返して、正木ヶ原、尾鷲辻、牛石ヶ原を通過していく。
正木峠からは少々遠く見えたが、あっと今に通り過ぎていく。
森と笹原が交互に現れる。

牛石ヶ原には神武天皇の像が立つ。
隣の石碑は工事中で、覆いがかぶされていた。
ここに15人ほどのグループが休憩中。

程なくして大蛇瑤悗諒岐点に到着。
大蛇瑤惴けて下り、右手遠くに谷へ流れ落ちる滝を見つつ、大きな岩を回り込む。
金属ネットの橋を越え、斜めになった岩にぶつかると、大蛇瑤謀着。

ザックを置き、先端へ向かって大きな一枚岩をソロソロと進む。
先端の手すりまで来ると、谷底が見える。
...想像以上に、写真で見る以上に深い。
というより、写真ではこの深さがいまいち表現しきれないのだろう。
ビジターセンターがあるあたりから、向かいに広がる西大台ケ原へは平らな台地で、すとんと落ちた断崖に囲まれ、大きな滝が谷へ向かって流れ落ちる。
ここまでの山深さと豪快な景色が見られるとは思っていなかった。

しかしすぐに雲が湧きあがり、谷底は隠されてしまった。
谷底が見えないと高度感が減り、味気ないものに変わってしまった。

大蛇瑤悗諒岐点へ戻り、遅めの昼食。
塩ラーメンに、ハンバーグ。
いつも食担を引き受けてくれるメンバーには感謝感謝。。

シオカラ谷へ下るころにはガスに巻かれ、時折視程は20mほどに。
谷底では吊り橋を渡り、登り返してビジターセンター駐車場へ。

15時半のバスが出る直前の到着だった。
大杉谷から上がってきたパーティーが続々と到着していた。

ビジターセンターで杖を返し、少し資料館を見てから大台ケ原を後にした。
新緑や紅葉の時期や、大杉谷からのアクセスでまた来よう。
訪問者数:256人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/10/4
投稿数: 1
2016/7/13 17:22
 ケルン部
3つ目の登山

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ