ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 914916 全員に公開 ハイキング奥秩父

金峰山(みずがき山荘からピストン 鷹見・大日・五丈岩)

日程 2016年07月10日(日) [日帰り]
メンバー gen0715
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間18分
休憩
1時間21分
合計
6時間39分
S県営無料駐車場06:3407:17富士見平小屋07:53鷹見岩07:5608:13大日小屋08:2208:46大日岩08:5709:40砂払の頭09:4109:55千代の吹上09:5610:25金峰山11:1712:19大日小屋12:45富士見平小屋12:4913:13県営無料駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報増富の湯 一般(北杜市民以外)大人・中学生以上820円(みずがき山荘横のトイレ前に50円割引券有り)
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

林道へ寄り道しましたが、スッキリと拝むことはできませんでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道へ寄り道しましたが、スッキリと拝むことはできませんでした
1
富士見平にて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平にて
1
鷹見岩に向かう途中 まだ残っていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹見岩に向かう途中 まだ残っていました
鷹見岩頂上直下には鎖が設置されていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹見岩頂上直下には鎖が設置されていました
1
間ノ岳・北岳(鷹見岩から) 現地では認識できませんでしたが、手前は鳳凰山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳・北岳(鷹見岩から) 現地では認識できませんでしたが、手前は鳳凰山
2
八ヶ岳(鷹見岩から)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳(鷹見岩から)
2
金峰山(鷹見岩から)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰山(鷹見岩から)
2
大日岩(鷹見岩から)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岩(鷹見岩から)
2
瑞牆山(鷹見岩から)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞牆山(鷹見岩から)
2
鷹見岩(大日小屋から)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹見岩(大日小屋から)
1
大日岩からの金峰山 緑が綺麗でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岩からの金峰山 緑が綺麗でした
2
八ヶ岳(大日岩から) 次第に雲がわいてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳(大日岩から) 次第に雲がわいてきました
1
白峰三山(大日岩から) 間ノ岳は雲に隠れ気味
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白峰三山(大日岩から) 間ノ岳は雲に隠れ気味
1
瑞牆山(大日岩から)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞牆山(大日岩から)
4
瑞牆山・小川山(大日岩から)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞牆山・小川山(大日岩から)
1
山頂が近づいてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が近づいてきました
1
振り返れば瑞牆山・小川山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば瑞牆山・小川山
1

感想/記録

梅雨時の日曜日、貴重な晴れ予報。みずがき山荘から金峰山を歩いてきました。

6時過ぎに県営駐車場に着きましたが、予想に反して、半分近く空いていました。(下山時には路駐の車がありました。)

前回の山行から少し間が空いてしまったので、入念に準備運動をして、日焼け止めを塗ってスタートします。
出だしから雰囲気の良い森の中を歩き、気分が盛り上がります。
途中、樹の間から瑞牆山がチラチラ見えます。
今日は天気が良いので、朝の陽を浴びる瑞牆山が見たくなり、林道へ寄り道します。
これは不発に終わり、ちょっとしか見えませんでした。

富士見平を過ぎると、瑞牆山への登山者がいなくなり、林相も変わってより静かな山歩きとなります。
ここでも、雲がわく前の景色を楽しむために鷹見岩へ寄り道します。
途中、完全に終わっているだろうと思っていたシャクナゲの咲き残りがあり、少しうれしくなりました。
頂上直下は登りにくいのですが、今回は鎖が設置されていました。
狭い頂上からは360°の展望が得られ、寄り道して今度は正解でした。
分岐にデポしたザックを背負い、大日小屋を目指します。

大日小屋では、水を1L補給するつもりでした。前日雨ということもあり、問題ないと思っていたのですが、予想に反して細く、5分で100mL位しか取れませんでした。(プラティパスへ直接だったので、カップ等があればもう少し効率的になると思います。)予定より軽いザックで大日岩へ向かいます。

大日岩でも、寄り道して頂上によじ登り景色を楽しみました。雲の量はだいぶ増えてきています。

その後、森の中を黙々と歩き、森林限界を超えます。天気の良い日に森林限界を超える瞬間は気持ち良く、私にとって山の楽しみのひとつです。
この先は、晴天下の稜線歩き、ゆっくりと山頂へ近づいて行きます。シャクナゲの花も残っていました。

五丈岩前の広場に着くと、大勢の人が休憩していました。
ここののんびりとした感じも、いいですね。
昼飯を食べる前に五丈岩に挑戦します。
少し時間はかかりましたが、危険な動きをすることなく登り降りすることができました。残念ながらガスがあがってきてしまったので、五丈岩の上からは周りの山々を見ることはできませんでした。
まだそんなに衰えていないとホッとしたところで、お湯を沸かしてカップヌードルを
食べます。カップヌードルも山ではご馳走です。(食べた後にのどが渇くのがつらいですが。)

お腹がふくれたところで、下山にかかります。
帰りは寄り道することなく、無事駐車場に戻ることができました。


晴天に恵まれ、風もなく、暑すぎることもなく、楽しい山歩きでした。
訪問者数:252人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ