ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 915400 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

御座石鉱泉から地蔵ヶ岳(鳳凰三山1/3だけ)

日程 2016年07月10日(日) 〜 2016年07月11日(月)
メンバー yac-
天候7/10 晴れのち曇りのち晴れ
7/11 だいたい晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
青木・御座石鉱泉への道は、来る度に次の車は四駆にしようと思う程度には荒れてます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間26分
休憩
4分
合計
4時間30分
S御座石鉱泉06:0108:56燕頭山09:0010:31鳳凰小屋
2日目
山行
6時間50分
休憩
1時間28分
合計
8時間18分
鳳凰小屋06:1707:37アカヌケ沢の頭08:3109:09鳳凰小屋分岐09:1509:49鳳凰小屋10:0511:59燕頭山12:0714:30御座石鉱泉14:3414:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
出発(6:01)から6:18までGPS測位できず。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

備考 水:小屋までの登りは2L持ってって0.5L(鳳凰小屋到着後水場でしっかり給水)
  翌朝山頂〜小屋間は1L、下りも1L

写真

御座石鉱泉から出発。
2016年07月10日 05:57撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御座石鉱泉から出発。
こういう法面の工事は上と下のどちらから手を付けるんだろう。
2016年07月10日 06:34撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういう法面の工事は上と下のどちらから手を付けるんだろう。
コアジサイ?自分の進みが遅くなる主な要要因。
2016年07月10日 07:32撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コアジサイ?自分の進みが遅くなる主な要要因。
旭岳少し手前の崩落地。この近くでも迂回路が作られてまだ足下が柔らかい道があった。
2016年07月10日 08:11撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳少し手前の崩落地。この近くでも迂回路が作られてまだ足下が柔らかい道があった。
燕頭山。ここで大休止を入れるようと考えてたらその前に空腹で足が止まった。
2016年07月10日 08:56撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕頭山。ここで大休止を入れるようと考えてたらその前に空腹で足が止まった。
地蔵ヶ岳の山頂方向と思われる。
2016年07月10日 09:07撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵ヶ岳の山頂方向と思われる。
1
鳳凰小屋のキバナノアツモリソウ。食虫植物ではないそうだけど、じゃあこの下の空間は何のためにあるんだろう?
2016年07月10日 10:57撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰小屋のキバナノアツモリソウ。食虫植物ではないそうだけど、じゃあこの下の空間は何のためにあるんだろう?
下から雲がどんどん上がってくるので今日はもう登るの止めた。
2016年07月10日 11:28撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下から雲がどんどん上がってくるので今日はもう登るの止めた。
観音岳方面のハシゴの下から小屋方面。
2016年07月10日 13:58撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳方面のハシゴの下から小屋方面。
数分で真っ白。
2016年07月10日 14:02撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数分で真っ白。
小屋から御座石鉱泉側に少し戻ると富士山がよく見える場所がある。夕方には雲も取れて結構しっかり見えた。
2016年07月10日 19:05撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋から御座石鉱泉側に少し戻ると富士山がよく見える場所がある。夕方には雲も取れて結構しっかり見えた。
3
月。周りに灯りが無いから満月や新月だと良さそう。
2016年07月10日 19:24撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月。周りに灯りが無いから満月や新月だと良さそう。
11日朝。せっかくだから山頂を目指す。
2016年07月11日 06:43撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11日朝。せっかくだから山頂を目指す。
白砂を見て"Let's go summer beach!"と歌っていた、昔聴いた曲を思い出しながら登る(たぶんBrutal Truth)。
2016年07月11日 06:50撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白砂を見て"Let's go summer beach!"と歌っていた、昔聴いた曲を思い出しながら登る(たぶんBrutal Truth)。
ミヤマハタザオっぽい。
2016年07月11日 07:05撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマハタザオっぽい。
ハイマツも咲き始めてた。
2016年07月11日 07:08撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツも咲き始めてた。
お地蔵さんと甲斐駒。
2016年07月11日 07:16撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お地蔵さんと甲斐駒。
1
すずらんっぽい小さな花。コケモモらしい。
2016年07月11日 07:42撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すずらんっぽい小さな花。コケモモらしい。
地蔵のオベリスクと八ヶ岳。地蔵ヶ岳はアカヌケ沢の頭から見るのが好き。
2016年07月11日 07:49撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵のオベリスクと八ヶ岳。地蔵ヶ岳はアカヌケ沢の頭から見るのが好き。
3
北岳の向こうに水平線が…ってそんなわけがない。
2016年07月11日 08:51撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳の向こうに水平線が…ってそんなわけがない。
ミヤマハンショウヅル。キンポウゲの仲間らしいけどだいぶ遠いような。
2016年07月11日 10:35撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマハンショウヅル。キンポウゲの仲間らしいけどだいぶ遠いような。
下山中、まだら模様の鳥が折れた木の上にとまってた。
2016年07月11日 11:32撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山中、まだら模様の鳥が折れた木の上にとまってた。

感想/記録
by yac-

5月の連休以降腰痛が酷くなってしばらく大人しくしてたのですが、どうも今年はいろいろ早いようでそろそろ鳳凰に行かないと、ということでトレーニング不足ではあるもののとりあえずは鳳凰小屋まで、ということで行ってきました。

初日は小屋に到着した時点でガスってたため上へ行ってもなぁ、と思って早々に断念して小屋の周りをぶらぶらとしてました。

で、翌朝。腰が怖いので三山巡りは無理でもせっかくだから地蔵ヶ岳だけでも行こうと砂地をずるずると登り、向かいの白根三山や甲斐駒を眺めながらハイマツの花も眺めてました。

腰は平地歩いてるよりも山を歩いてる方が楽な気がしました。やっぱり無理ない程度に動かすのが良さそうです。
訪問者数:171人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ハイマツ ガス 崩落 法面 地蔵 コケモモ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ