ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 915519 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

両神山

日程 2016年07月12日(火) [日帰り]
メンバー sefu
天候薄曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
西武秩父から小鹿野町営バスを利用。薬師の湯で乗り換えて日向大谷口へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間40分
休憩
45分
合計
5時間25分
S日向大谷口09:5010:00両神山荘10:25会所11:50清滝小屋12:1012:50両神神社13:20両神山13:4514:00両神神社14:30清滝小屋14:45会所15:15両神山荘15:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道は整備されており分かりやすいが、斜面が極めて急であり滑落すると非常に危険。
ところどころ道幅が狭かったり、道が谷側に傾斜していたりするので注意が必要。
林の中で日の当たらない谷筋、午後は早い時間(2時から3時)でも薄暗い。
その他周辺情報日向大谷口に両神山荘があり下山後にビールやジュースが楽しめる。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル

写真

西武秩父から日向大谷口に向かう途中の乗換場所、薬師の湯にあった看板。5月23日にトレイルランをしていた男性がこぐまに襲われたとのこと。両神山荘の女将さんやバスの運転手さんからその話を伺った。
2016年07月12日 09:10撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西武秩父から日向大谷口に向かう途中の乗換場所、薬師の湯にあった看板。5月23日にトレイルランをしていた男性がこぐまに襲われたとのこと。両神山荘の女将さんやバスの運転手さんからその話を伺った。
日向大谷口に到着。西武秩父からバスで1時間半ほど。
2016年07月12日 09:49撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日向大谷口に到着。西武秩父からバスで1時間半ほど。
登山口、ここにもクマ注意の看板。
2016年07月12日 10:01撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口、ここにもクマ注意の看板。
概して沢より少し高めの林の道が続く。道は整備されているが斜面が急なので要注意!
2016年07月12日 10:05撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
概して沢より少し高めの林の道が続く。道は整備されているが斜面が急なので要注意!
滑落注意の看板が何箇所も設置されている。あとで両神山荘の女将さんから滑落死亡事故の話を伺ったが、事故は悲惨であり怖い。
2016年07月12日 10:08撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑落注意の看板が何箇所も設置されている。あとで両神山荘の女将さんから滑落死亡事故の話を伺ったが、事故は悲惨であり怖い。
午前中は光も入り、森林浴の感!
2016年07月12日 10:12撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午前中は光も入り、森林浴の感!
会所を過ぎて沢を渡る。
2016年07月12日 10:24撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
会所を過ぎて沢を渡る。
沢沿いの道を進む
2016年07月12日 10:31撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの道を進む
何度か沢と絡みながら道が進む
2016年07月12日 10:41撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度か沢と絡みながら道が進む
沢を見下ろす。
2016年07月12日 11:01撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を見下ろす。
沢から離れるべく道が急登になる。結構、きつい!
2016年07月12日 11:22撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢から離れるべく道が急登になる。結構、きつい!
白藤の滝との分岐。この辺りも坂が急。
2016年07月12日 11:24撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白藤の滝との分岐。この辺りも坂が急。
ところどころ、木の根が階段状になっている。濡れていたりしたらスリップしそう…
2016年07月12日 11:44撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころ、木の根が階段状になっている。濡れていたりしたらスリップしそう…
清滝小屋。沢を離れてからかなりの急坂だったので、コースタイム通りだったけど、やっと着いたといった感じ。
2016年07月12日 11:50撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清滝小屋。沢を離れてからかなりの急坂だったので、コースタイム通りだったけど、やっと着いたといった感じ。
清滝小屋を出ると、ジグザグの登り道が尾根筋を目指す。
2016年07月12日 12:08撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清滝小屋を出ると、ジグザグの登り道が尾根筋を目指す。
やっとこさ尾根筋に至る。
2016年07月12日 12:21撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとこさ尾根筋に至る。
尾根筋に出ても引き続き登りの連続
2016年07月12日 12:21撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根筋に出ても引き続き登りの連続
いつまでも登り道。
2016年07月12日 12:46撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつまでも登り道。
やっと両神神社に着いた。林の中で薄暗い。
2016年07月12日 12:53撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと両神神社に着いた。林の中で薄暗い。
山頂に向かっての尾根道。
2016年07月12日 13:00撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に向かっての尾根道。
林の間から山頂がチラリ。
2016年07月12日 13:02撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林の間から山頂がチラリ。
急斜面の鎖場、滑落注意。この山も慎重に登る必要があると思う
2016年07月12日 13:03撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面の鎖場、滑落注意。この山も慎重に登る必要があると思う
最後の鎖。
2016年07月12日 13:18撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の鎖。
やった!山頂〜
2016年07月12日 13:20撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やった!山頂〜
延々と続く上り。3時間ほどだったけど、かなり消耗した感じ。
2016年07月12日 13:20撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
延々と続く上り。3時間ほどだったけど、かなり消耗した感じ。
4
遠くが霞んでいて、富士山や浅間山は見えなかった…
2016年07月12日 13:22撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くが霞んでいて、富士山や浅間山は見えなかった…
山々がきれい!
2016年07月12日 13:23撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山々がきれい!
頂上の岩!
2016年07月12日 13:26撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の岩!
下山開始、上がってきたジグザグ道がよくわかる。上りの苦労が嘘のように楽。
2016年07月12日 14:22撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始、上がってきたジグザグ道がよくわかる。上りの苦労が嘘のように楽。
下りは、上がってきたときの「森林浴」感はなく、薄暗い。早め早めの行動が必要と思った。
2016年07月12日 14:53撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは、上がってきたときの「森林浴」感はなく、薄暗い。早め早めの行動が必要と思った。
ほとんど一気に日向大谷口へ。
2016年07月12日 15:33撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほとんど一気に日向大谷口へ。
バスが出たところ、次のバスまで2時間近く。両神山荘でビール。おいしい!!
女将さんから遭難した人たちの話を伺う。事故は悲惨、この山も慎重にアプローチしないと…
2016年07月12日 15:37撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスが出たところ、次のバスまで2時間近く。両神山荘でビール。おいしい!!
女将さんから遭難した人たちの話を伺う。事故は悲惨、この山も慎重にアプローチしないと…
2
小鹿野町営バス、ありがとうございました!
2016年07月12日 17:18撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小鹿野町営バス、ありがとうございました!
1

感想/記録
by sefu

上りの辛さに比べると、下りはかなり楽に下りてこられた。
登山道はよく整備されていて歩きやすいが、谷に落ちる急斜面に道が切られており、滑落すると大事故につながると思う。歩きやすい道だけど決して油断してはいけないと思う。
バス待ちの間、両神山荘の女将さんに登山者の遭難の話を伺えたのがよかった。山は決して甘くみてはいけないと再認識しました。
訪問者数:316人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アプローチ 急登 鎖場 滑落 遭難
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ