ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 915839 全員に公開 ハイキング甲信越

塩見岳 3,041m (南アルプス) 鳥倉林道駐車場から

日程 2016年07月10日(日) 〜 2016年07月11日(月)
メンバー kyura, その他メンバー1人
天候天気予報「天気くらす」を見て予定を一日スライドし、日曜日鳥倉林道駐車場スタートから天気晴れ、天気くらすAの指定で山登り判断。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新東名(静岡)当日目的地までドシャ振りの雨〜豊田東JC〜東海環状線に入り〜土岐JC〜中央高速松川IC〜鳥倉林道(大鹿村)大鹿ダム一路駐車場まで

コースタイム [注]

南アルプス・塩見岳3,047m
コース状況/
危険箇所等
私達は中高年で日帰り、山登りを搭載してくれますが、とても参考にはなりません、ですのから通常コースタイムに1時間から2時間をプラスした、いつもの登山計画です、特2,000m−3,000mの山登りは時間に余裕を持って気をつけて山登りします。
特に危険な箇所は塩見小屋から頂上までの、岩崩れ、ヘルメット必要、間隔をとる山登り、前あの登山者がルート間違え岩崩れがあり、怖い思いを致しました、充分気をつけてください。
黄色の登山ルートコースの印があります、×がありますからここを入ると戻るのも大変です。


その他周辺情報鳥倉林道・駐車場からの定期バスが登山口まで行きますが、この時期は込み合いますから林道を歩いて行くのも良いと思います。時間が余裕があり夏の時期は朝4時ごろは明るく、午後の6時から7時までも良いと思います、ただし7月〜8月中までと思います。
是非、最新情報は役場の観光化に聞くのも良し。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 熱中症・三伏峠(三伏小屋から)日が直接当たりますから 水分補給行動食を定期的に取りましょう。
共同装備 携帯電話 電波が届きません(圏外)複数のときは休憩場所を決めること!
備考 荷物疲れが長い山登りですから、必要なもの自分の判断でザック8kgから10kgまでが良いと思います。ここがポイントの山です。

写真

朝3時に起床、山の支度、朝食済ませ、鳥倉駐車場から登山口まで45分程度、自転車の方も居ましたがの登り坂でザックを担いでは大変です。
2015年07月10日 05:45撮影 by DSC-W270, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝3時に起床、山の支度、朝食済ませ、鳥倉駐車場から登山口まで45分程度、自転車の方も居ましたがの登り坂でザックを担いでは大変です。
三伏峠まで10/1から10/10の印があります、途中水のみ場が最後です。
2015年07月10日 06:07撮影 by DSC-W270, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三伏峠まで10/1から10/10の印があります、途中水のみ場が最後です。
三伏峠まで10/1から10/10の印があります、途中水のみ場が最後です。
2015年07月10日 06:46撮影 by DSC-W270, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三伏峠まで10/1から10/10の印があります、途中水のみ場が最後です。
三伏峠まで2時間約2km時点
2015年07月10日 07:10撮影 by DSC-W270, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三伏峠まで2時間約2km時点
雲海が流れてみえます場所
2015年07月10日 08:20撮影 by DSC-W270, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海が流れてみえます場所
塩川小屋(現在はいけません)
2015年07月10日 08:30撮影 by DSC-W270, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩川小屋(現在はいけません)
三伏峠・日本で一番高い峠三伏小屋(収容人数100人・テント設営可能)塩見岳バッチが販売してます。
2015年07月10日 09:04撮影 by DSC-W270, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三伏峠・日本で一番高い峠三伏小屋(収容人数100人・テント設営可能)塩見岳バッチが販売してます。
三伏峠・日本で一番高い峠
2015年07月10日 09:04撮影 by DSC-W270, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三伏峠・日本で一番高い峠
分岐点悪沢岳方面と塩御岳
2015年07月10日 09:23撮影 by DSC-W270, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点悪沢岳方面と塩御岳
塩見小屋稜線
2015年07月10日 09:34撮影 by DSC-W270, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見小屋稜線
1
塩見岳・塩見振動の分岐・
2015年07月10日 12:57撮影 by DSC-W270, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見岳・塩見振動の分岐・
塩見小屋(収容人数40人)新しい山小屋・木の香りがたまりません、山小屋のご主人・スタッフ皆さん優しく親切・感じ最高。
トイレは男子は小便はOK・女子と男子(便)特殊なビニールと乾燥剤で始末する。泊まりの方は1袋完備、追加は購入する。
2015年07月10日 15:20撮影 by DSC-W270, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見小屋(収容人数40人)新しい山小屋・木の香りがたまりません、山小屋のご主人・スタッフ皆さん優しく親切・感じ最高。
トイレは男子は小便はOK・女子と男子(便)特殊なビニールと乾燥剤で始末する。泊まりの方は1袋完備、追加は購入する。
塩見小屋からの塩見岳、雄大な山。
2015年07月10日 18:27撮影 by DSC-W270, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見小屋からの塩見岳、雄大な山。
3
朝3時起床、山頂に日の出を拝みに行く。
2015年07月10日 18:39撮影 by DSC-W270, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝3時起床、山頂に日の出を拝みに行く。
朝3時起床、山頂に日の出を拝みに行く、ここで山岳ランナーの日本海から太平洋まのレース2年連続優勝者の静岡県消防署山岳救助隊・望月さんと同じくフランス消防士(山岳ランナー世界トップクラスの人)出会う。
2015年07月11日 04:31撮影 by DSC-W270, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝3時起床、山頂に日の出を拝みに行く、ここで山岳ランナーの日本海から太平洋まのレース2年連続優勝者の静岡県消防署山岳救助隊・望月さんと同じくフランス消防士(山岳ランナー世界トップクラスの人)出会う。
3
塩見岳・西、東
2015年07月11日 04:32撮影 by DSC-W270, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見岳・西、東
1
塩見岳からの朝焼けの日本一の富士山3,776m
2015年07月11日 04:37撮影 by DSC-W270, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見岳からの朝焼けの日本一の富士山3,776m
2
日の出が出る。
2015年07月11日 04:37撮影 by DSC-W270, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出が出る。
中高年・塩御岳制。
2015年07月11日 04:59撮影 by DSC-W270, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中高年・塩御岳制。
2
塩御岳の全貌。。
2015年07月11日 05:43撮影 by DSC-W270, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩御岳の全貌。。
北アルプス方面。
2015年07月11日 05:44撮影 by DSC-W270, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプス方面。
1
最後の山アタック最高でした。
2015年07月11日 06:12撮影 by DSC-W270, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の山アタック最高でした。

感想/記録
by kyura

新緑の南アルプス、濃くのある山登り、沢山の人と自然の出会い素敵な山登りでした。
訪問者数:388人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ