ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 915856 全員に公開 ハイキング富士・御坂

富士山

日程 2016年07月29日(金) [日帰り]
メンバー yanatako
天候快晴
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
水ヶ塚駐車場まで自家用車、そこから富士宮口五合目までシャトルバス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
富士宮口五合目→富士宮ルート→剣ヶ峰→お鉢巡り→御殿場ルート(下り)→プリンスルート→富士宮口五合目
富士宮ルートは地盤が比較的硬く、上り時は危険箇所は少ない。
左回りで剣ヶ峰を目指す場合、最後の上りの角度が急峻でかつ小石があるため大変滑りやすく、特に右回りで下っている人が何人か滑って転倒していました、
下山時の御殿場ルート〜プリンスルートは9合目あたりが小石と砂で滑りやすい、また御殿場砂走り〜プリンスルートの際は靴の中に砂利が侵入してくるのでゲイター必須です。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 タオル ストック
備考 下山時のプリンスルートでゲイターが大活躍。
フリースとライトダウンを持って行ったのですが、日中日帰り登山では使用しませんでした。

写真

山頂は快晴、雲ひとつありません
2016年07月29日 06:32撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は快晴、雲ひとつありません
五合目から下は雲海です
2016年07月29日 07:32撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目から下は雲海です
突き刺してきました
2016年07月29日 10:37撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突き刺してきました
頂上到着
2016年07月29日 12:23撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上到着
宝永噴火跡、すごい迫力
2016年07月29日 16:22撮影 by M02 , FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝永噴火跡、すごい迫力

感想/記録

高度3000m以上の世界を体感したいと思い、初めての富士登山に臨みました。
高山病対策の為、富士宮口五合目で時間をかけてゆっくり準備をして、登り始めから息があがらないスローペースを意識した結果、けっこうな人に追い越されました(爆)
8合目を越えたあたりからスローペースでも息があがるようになっていきましたが、きつく感じたら適時休憩を取るようにして、何とか無事登頂してお鉢巡りもできました。
下山時のプリンスルートでは宝永山の噴火跡を見てその迫力にびっくり、富士山の持つエネルギーの凄さを感じました。
帰りは水ヶ塚駐車場で貰った割引券を使い「富士湯らぎの里」で入浴、登山口からやや遠く、温泉ではありませんが富士登山の疲労軽減に最適の施設でした。
訪問者数:58人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

雲海 高山病
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ