ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 915900 全員に公開 沢登り丹沢

L学中級 セドノ沢左俣

日程 2016年07月10日(日) [日帰り]
メンバー yachimayu, その他メンバー2人
天候晴れ〜曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間50分
休憩
10分
合計
7時間0分
S戸沢駐車場08:1508:25水無川本谷下流部13:50新大日西側コル14:0015:15戸沢駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

⚫︎
2016年07月10日 12:30撮影 by Canon IXY 610F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
⚫︎
撮影機材:

感想/記録

戸沢駐車場〜水無川本谷下流部〜セドノ沢出合〜セドノ沢左俣〜右沢〜書策新道横断点〜新大日西側コル(1320m)

下山:新大日〜政次郎尾根〜戸沢駐車場

・セドノ沢出合、左俣分岐とも、看板あり。しかし、水無川本谷に比べ、その先は看板等なく入渓者も(水無川本谷ほど)多くないためか、より自然に近い状態で沢を楽しめました。(自身の少ない経験から、ですが)
・前日の雨の為か、事前情報より水多め? 水中にホールドがあったかもと思う箇所がいくつか。
・滝のいくつかが「むむっ」という感じだが、それ以外は登れる滝も多く楽しい。上流は倒木多め。

・K田さんと交互に先頭を歩かせてもらう。トポ・事前情報ではなく滝毎に弱点予測。
・水無川本谷F1は、K田さんリード。落ち口から離れた岩でビレイ。
・セドノ沢に入ってすぐの2mトイ状滝の抜け口でミスって落下。反省。
・980m付近10m滝は、O崎さんリード。左岸壁を登るが上部から落ち口に渡るトラバース数mが、手がなく怖い。リードはまだ無理かな。
・白3m岩から先(右沢)は、滝があったと思われる様相はあるものの水無し。右沢に入ってすぐ、眼前に「壁?」な感じ。巻くために右岸壁を登るが草付きで簡単ではない。K田さんリード。ここも、自身ではリードは難しそう。
・ツメは傾斜が厳しめで、がらがらずるずる。踏み跡はないがどこからでも両側の尾根に乗れそう、、、だが、あえて課題終了点を目指し頑張る(読図は◎)。バイルまで使い、先頭でもがくすぐ後ろを、こっそりフォローして下さっていた。ありがとうございます。

<メモ>
・滝予測は等高線のみでなく、尾根の入りも見る。
・巻く場合、対岸の地形確認しておき、降り口予測。
・体幹で登る(ずるずるのツメ、スラブ、深雪)
訪問者数:230人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

左俣 右岸 左岸 コル 倒木 出合 ビレイ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ