ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 916213 全員に公開 ハイキング甲信越

御嶽山 濁河温泉〜五ノ池〜三ノ池

日程 2016年07月12日(火) [日帰り]
メンバー yamaran, その他メンバー1人
天候曇り→晴れ→雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間27分
休憩
1時間48分
合計
8時間15分
S御嶽小坂登山口07:5208:10仙人橋08:1508:24七合目08:41湯ノ花峠08:4809:08のぞき岩09:1109:34お助け水〈八合目〉09:3910:57五の池小屋11:1011:11飛騨頂上11:1211:37継子岳11:4511:57継子岳2峰12:1112:24四ノ池(徒渉点)12:2612:36三・四・五ノ池分岐12:4212:52三ノ池(鳥居と祠)12:5612:58開田頂上(三ノ池避難小屋)12:5913:03三ノ池(鳥居と祠)13:08巻道の三ノ池分岐13:3113:39飛騨頂上13:4214:27お助け水〈八合目〉14:46のぞき岩14:4915:03湯ノ花峠15:1015:36七合目15:49仙人橋15:5216:07御嶽小坂登山口16:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
7:49 御嶽小坂登山口
8:12 仙人橋
8:24 七合目
8:41 湯ノ花峠
9:11 のぞき岩
9:34 お助け水〈八合目〉
10:57 五の池小屋
10:58 飛騨頂上
11:40 継子岳
11:57 継子岳2峰
12:25 四ノ池(徒渉点)
12:42 三・四・五ノ池分岐
12:53 三ノ池(鳥居と祠)
13:15 巻道の三ノ池分岐
コース状況/
危険箇所等
山頂周辺1km入山規制。山と高原の地図2016年版に記載あり。
今回のコースは危険箇所は無いが、五ノ池小屋からの尾根歩きは霧が出れば迷いやすいので、登山熟練者との行動をおすすめします。
その他周辺情報【立ち寄り湯情報】
濁河温泉市営露天風呂 9時〜17時 500円
4月中旬から11月下旬まで営業。期間中定休日無し

他、濁河温泉の旅館などで日帰り入浴あり
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

登山口のある濁河温泉に向かう道の途中から、雄大な御嶽山の山容。
2016年07月12日 05:39撮影 by KYV35, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口のある濁河温泉に向かう道の途中から、雄大な御嶽山の山容。
濁河温泉登山口出発。スタートは、橋を渡る。手前にバイオトイレあり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濁河温泉登山口出発。スタートは、橋を渡る。手前にバイオトイレあり。
飛騨頂上まで210分。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨頂上まで210分。
木漏れ日が綺麗な道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木漏れ日が綺麗な道。
階段になってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段になってます。
木製の橋。よく整備された道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木製の橋。よく整備された道です。
進行方向左手に、仙人滝が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進行方向左手に、仙人滝が見える。
崩壊した部分も、ハシゴで回避できるようにしてあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊した部分も、ハシゴで回避できるようにしてあります。
板張りの橋。握りこぶし大の穴が空いた箇所がありますが、通行に支障無し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
板張りの橋。握りこぶし大の穴が空いた箇所がありますが、通行に支障無し。
橋を渡りきった先に道しるべあり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡りきった先に道しるべあり。
美しい森の中を進みます。標高が高いので、暑くなくて快適。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい森の中を進みます。標高が高いので、暑くなくて快適。
ギンリュウソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギンリュウソウ
1
道は歩きやすくて快適ですが、この辺りから羽虫がたくさん出てきてたかられました。しかも、噛む!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は歩きやすくて快適ですが、この辺りから羽虫がたくさん出てきてたかられました。しかも、噛む!
蛙岩。目と口の部分にペイントしてあります。無事にかえる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛙岩。目と口の部分にペイントしてあります。無事にかえる。
ゴゼンタチバナ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
八合目、おたすけ水到着。水場を探してみたけど見当たらず、後で地図を見たら、「水はない」との記載あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目、おたすけ水到着。水場を探してみたけど見当たらず、後で地図を見たら、「水はない」との記載あり。
ライチョウ型看板。標高2450m。立ち止まると虫にたかられて噛まれるので、足早に通過します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ライチョウ型看板。標高2450m。立ち止まると虫にたかられて噛まれるので、足早に通過します。
1
ツマトリソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツマトリソウ
モミジカラマツ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モミジカラマツ
遠くにハイマツの斜面が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くにハイマツの斜面が見えてきました。
展望はスカッとしないが、登るにはこれぐらいの日射しがちょうどいい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望はスカッとしないが、登るにはこれぐらいの日射しがちょうどいい。
1
周りの木の丈が、低くなってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周りの木の丈が、低くなってきました。
コイワカガミ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コイワカガミ
1
画面中央に尖った山影が。笠ヶ岳か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
画面中央に尖った山影が。笠ヶ岳か?
1
ミヤマダイコンソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマダイコンソウ
1
ウラジロナナカマド?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウラジロナナカマド?
下から上がってくる風が心地よい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下から上がってくる風が心地よい。
青空が綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空が綺麗です。
いかにも高山な景色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いかにも高山な景色。
オオツガザクラ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオツガザクラ
1
濁河温泉方面を見る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濁河温泉方面を見る。
1
こちらは曇り空。雪渓が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは曇り空。雪渓が見えます。
もう一登り。虫から解放されました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一登り。虫から解放されました。
摩利支天山方面を見る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天山方面を見る。
1
イワギキョウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワギキョウ
コマクサ自生地を通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサ自生地を通過。
五の池小屋到着。有料トイレあり。温かいお茶とお湯や、ジュースの販売もあり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五の池小屋到着。有料トイレあり。温かいお茶とお湯や、ジュースの販売もあり。
1
五の池小屋前のテラスから、摩利支天山をのぞむ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五の池小屋前のテラスから、摩利支天山をのぞむ。
1
継子岳に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
継子岳に向かいます。
道・・・のように見えるが、道ではありません。コマクサの咲く斜面を見渡すための踊り場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道・・・のように見えるが、道ではありません。コマクサの咲く斜面を見渡すための踊り場。
穴をくぐらず上を通過しましたが、くぐれるようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穴をくぐらず上を通過しましたが、くぐれるようです。
1
目印あります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目印あります。
ガラガラに崩れた箇所を登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガラガラに崩れた箇所を登る。
つづら折れに踏み跡あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つづら折れに踏み跡あり。
乗鞍岳が見えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍岳が見えました
さらに乗鞍岳に寄ってみる。カッコイイ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに乗鞍岳に寄ってみる。カッコイイ!
3
コマクサの群生。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサの群生。
1
乗鞍岳をアップに。
明後日はあの山にソロで登るのだ。山容を目にして高まる期待。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍岳をアップに。
明後日はあの山にソロで登るのだ。山容を目にして高まる期待。
2
継子岳から乗鞍岳をのぞむ。この辺りの足元にはコマクサが咲いてました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
継子岳から乗鞍岳をのぞむ。この辺りの足元にはコマクサが咲いてました。
たぶん、オンタデ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たぶん、オンタデ
いかにもアルプスっぽい道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いかにもアルプスっぽい道。
ライチョウの親子発見。中央の緑の草の上にいます。見えるかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ライチョウの親子発見。中央の緑の草の上にいます。見えるかな?
1
真ん中にライチョウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中にライチョウ。
1
スマホのカメラの望遠の限界。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スマホのカメラの望遠の限界。
1
岩の上にライチョウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の上にライチョウ。
ライチョウちゃんに別れを告げ、アルプスっぽい道をまだまだ行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ライチョウちゃんに別れを告げ、アルプスっぽい道をまだまだ行きます。
岩ゴロになってきました。目印が頼もしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩ゴロになってきました。目印が頼もしい。
目印を頼りに岩場を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目印を頼りに岩場を進みます。
下界とは掛け離れた景観。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界とは掛け離れた景観。
向かいの尾根からぐるっと回って来ました。目の前は四ノ池。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かいの尾根からぐるっと回って来ました。目の前は四ノ池。
左側が崩れてます。落ちても止まりそうですが、ヒヤッとします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側が崩れてます。落ちても止まりそうですが、ヒヤッとします。
1
また登り返します。雨が降ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また登り返します。雨が降ってきました。
ガスも出てきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスも出てきました。
三ノ池避難小屋到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ池避難小屋到着。
1
三ノ池。天気も悪くなり、単独だと不気味に思うような景色です。晴れたら素晴らしく綺麗な場所だそうですが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ池。天気も悪くなり、単独だと不気味に思うような景色です。晴れたら素晴らしく綺麗な場所だそうですが。
三ノ池避難小屋。扉は閉まらないのでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ池避難小屋。扉は閉まらないのでしょうか。
1
三ノ池の西側の尾根に向けて登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ池の西側の尾根に向けて登ります。
目印を頼りに。雨とガスで目印も見つけにくくなってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目印を頼りに。雨とガスで目印も見つけにくくなってきました。
おっと、ここを登るのか?濡れた岩を登るのは嫌です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっと、ここを登るのか?濡れた岩を登るのは嫌です。
二ノ池への分岐まで来ましたが、ここでタイムアップ。天候もますます悪くなったきたので、五ノ池小屋へ戻ります。五ノ池方面への登りは、岩場です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二ノ池への分岐まで来ましたが、ここでタイムアップ。天候もますます悪くなったきたので、五ノ池小屋へ戻ります。五ノ池方面への登りは、岩場です。
斜面一面に黄色い花。名前はわかりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面一面に黄色い花。名前はわかりません。
難しくはないですが、雨で濡れているので右側へ滑り落ちないように。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
難しくはないですが、雨で濡れているので右側へ滑り落ちないように。
さらに続く登り。雨の日はこんな登りは嫌だなぁ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに続く登り。雨の日はこんな登りは嫌だなぁ。
ハクサンイチゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ
1
五ノ池小屋まで戻ってきました。雨と霧で寂しげです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五ノ池小屋まで戻ってきました。雨と霧で寂しげです。
五ノ池小屋の有料トイレ。宿泊者以外は100円。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五ノ池小屋の有料トイレ。宿泊者以外は100円。
濁河温泉登山口へ下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濁河温泉登山口へ下ります。
登ってきた時は青空が見えていたのがウソのような天気に。雨を避けられる樹林帯まで急いで下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた時は青空が見えていたのがウソのような天気に。雨を避けられる樹林帯まで急いで下ります。
1
雷鳥岩とはなんでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥岩とはなんでしょうか。
雨に打たれて寂しげな景色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨に打たれて寂しげな景色。
濡れた階段で滑らないように。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濡れた階段で滑らないように。
ヒカリゴケ発見。中央の蛍光色の部分。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒカリゴケ発見。中央の蛍光色の部分。
1
ジョーズ岩まで下りてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジョーズ岩まで下りてきました。
1
撮影機材:

感想/記録

ソロで乗鞍岳に行くついでに、友人の御嶽山行きの計画に乗っかった形での山行でしたが、少し回り道をして行った甲斐がありました。
未だ入山規制があり、山頂は踏めないものの、可愛いお花がたくさん咲き、岩場やガレた道もあり、高山の雰囲気を十分に味わえました。
午前中に少し晴れたので、爽快な青空と、翌日に向かう乗鞍岳の山容をくっきりと見ることが出来たのは大きな収穫でした。
ハイマツの樹林帯を歩くのは昨年の5月の立山以来で、ハイマツの清涼な香りを胸一杯に吸い込むと、下界を離れて生き返った気分でした。
四ノ池を過ぎた後、さっきまで青空が見えていたのがウソのように一転して雨と霧に見舞われ、一気に見通しが悪くなりました。
今回はベテランの同行者がいたので安心でしたが、単独で来ていたなら、ルートを見失いそうで不安でいっぱいになる状況でした。
日帰りで行ける3000m峰とはいえ、初心者のみのグループや、経験の浅い者が単独で入山するのは控えた方がいい山だと身にしみて思いました。
訪問者数:239人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ