ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 916507 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

ぽれぽれ登山隊 八ヶ岳で白いコマクサに遭遇す。

日程 2016年07月14日(木) [日帰り]
メンバー tantan3, その他メンバー1人
天候霧 雨のち晴れ 一時雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
赤岳山荘駐車場 \1000-
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間44分
休憩
2時間11分
合計
13時間55分
Sやまのこ村04:0304:08赤岳山荘04:0904:14美濃戸山荘05:12堰堤広場05:1406:21赤岳鉱泉06:4506:58大同心沢(大同心ルンゼ)分岐06:5907:03ジョウゴ沢07:0408:25赤岩の頭08:2608:53硫黄岳08:5809:25硫黄岳山荘09:4810:27台座ノ頭10:59横岳(奥ノ院)11:10無名峰11:1111:20横岳(三叉峰)11:2111:41石尊峰11:4211:52鉾岳11:5311:56日ノ岳12:0112:19二十三夜峰12:2012:32地蔵の頭12:37赤岳天望荘13:0413:49赤岳頂上山荘13:5014:06赤岳14:2614:40文三郎尾根分岐14:4215:45行者小屋15:5716:40中ノ行者小屋跡16:4117:53美濃戸山荘17:58赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
梯子、鎖、などコース上に点在していますが、三点確保を確実に行えば、危険な個所はありません。
その他周辺情報もみの湯
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ
共同装備 予備電池 GPS ファーストエイドキット

写真

さあ出発 今回は、北沢より
2016年07月14日 04:16撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ出発 今回は、北沢より
ここまでは、林道歩き
2016年07月14日 05:12撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでは、林道歩き
雨が降り出しました。
2016年07月14日 05:53撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨が降り出しました。
最初にお出迎え
2016年07月14日 05:55撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初にお出迎え
3
苔が美しいです。
2016年07月14日 05:58撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔が美しいです。
赤岳鉱泉が見えてきました。
2016年07月14日 06:20撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉が見えてきました。
登りに備えて食べておきます。
2016年07月14日 06:39撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りに備えて食べておきます。
赤岳鉱泉は、学校登山で貸切だったようです。
2016年07月14日 06:53撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉は、学校登山で貸切だったようです。
だんだん、傾斜が急になります
2016年07月14日 07:15撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん、傾斜が急になります
こんな階段も
2016年07月14日 07:18撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな階段も
下界は、晴れているようです
2016年07月14日 07:20撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界は、晴れているようです
ゴゼンタチバナ
2016年07月14日 07:22撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
樹林帯を、ぽれぽれ登っていきます。
2016年07月14日 07:29撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を、ぽれぽれ登っていきます。
キバナノコマノツメ
2016年07月14日 08:11撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キバナノコマノツメ
1
樹間から見えてきました。
もう少しです。
2016年07月14日 08:16撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間から見えてきました。
もう少しです。
1
陽ざしが・・・
2016年07月14日 08:19撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽ざしが・・・
ガスが取れだしました。
2016年07月14日 08:25撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが取れだしました。
キバナシャクナゲ
2016年07月14日 08:25撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キバナシャクナゲ
3
赤岩の頭
2016年07月14日 08:27撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩の頭
1
稜線の南牧村側にシャクナゲが群生しています。
2016年07月14日 08:27撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の南牧村側にシャクナゲが群生しています。
2
ミルフィーユの岩
2016年07月14日 08:34撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミルフィーユの岩
天狗岳
2016年07月14日 08:41撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳
2
これから向かう山並みがくっきり見えます。
2016年07月14日 08:42撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう山並みがくっきり見えます。
4
ミヤマダイコンソウ
2016年07月14日 08:44撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマダイコンソウ
ミヤマシオガマ
2016年07月14日 08:48撮影 by PENTAX Q10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマシオガマ
2
山頂にいた団体さんの添乗の方に撮っていただきました。
ありがとうございます。(このほかにもバックを変えて数枚撮っていただきました。)
2016年07月14日 08:56撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にいた団体さんの添乗の方に撮っていただきました。
ありがとうございます。(このほかにもバックを変えて数枚撮っていただきました。)
2
爆裂火口 迫力があります。
2016年07月14日 09:00撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爆裂火口 迫力があります。
2
硫黄岳から硫黄岳山荘の間は、ケルンが並んでいます。
2016年07月14日 09:11撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳から硫黄岳山荘の間は、ケルンが並んでいます。
コマクサのお出迎え
2016年07月14日 09:15撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサのお出迎え
3
しばらく左にシャクナゲ右にコマクサの道のりです。
2016年07月14日 09:16撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく左にシャクナゲ右にコマクサの道のりです。
ここで、カレーライスいただきました。
2016年07月14日 09:46撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで、カレーライスいただきました。
ミヤマツメクサ
2016年07月14日 10:00撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマツメクサ
1
チシマギキョウ
2016年07月14日 10:01撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チシマギキョウ
1
ムカゴトラノオ
2016年07月14日 10:05撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムカゴトラノオ
オヤマノエンドウ
2016年07月14日 10:19撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤマノエンドウ
1
コマクサの群落です。遠めに山肌がピンク色に見えます。
2016年07月14日 10:30撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサの群落です。遠めに山肌がピンク色に見えます。
3
会えました。
白いコマクサ
2016年07月14日 10:33撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
会えました。
白いコマクサ
5
私Q10の06ズームでは、これが限界
2016年07月14日 10:34撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私Q10の06ズームでは、これが限界
8
コケモモ
2016年07月14日 10:40撮影 by PENTAX Q10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケモモ
横岳へ難所の始まりです。
下に夏道があります。
2016年07月14日 10:45撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳へ難所の始まりです。
下に夏道があります。
タイツリオウギ
2016年07月14日 10:46撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タイツリオウギ
1
イワベンケイ
2016年07月14日 10:50撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワベンケイ
2
横岳到着 ここまで花を見つけては立ち止まりの連続でした。
2016年07月14日 10:57撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳到着 ここまで花を見つけては立ち止まりの連続でした。
ウスユキソウ?
2016年07月14日 11:00撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウスユキソウ?
2
ミヤマミミナグサ
2016年07月14日 11:13撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマミミナグサ
1
三又峰の分岐です。
2016年07月14日 11:20撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三又峰の分岐です。
梯子や鎖など整備が進んでいます。 感謝です。
2016年07月14日 11:31撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子や鎖など整備が進んでいます。 感謝です。
イブキジャコウソウ
2016年07月14日 11:40撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブキジャコウソウ
2
ガスの切れ間に赤岳天望荘が見えました。
2016年07月14日 12:12撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの切れ間に赤岳天望荘が見えました。
1
地蔵の頭
2016年07月14日 12:32撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵の頭
こちらの炭酸飲料 500-
2016年07月14日 12:57撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらの炭酸飲料 500-
本日最後の登りです。
2016年07月14日 13:36撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日最後の登りです。
1
振り返れば今日の山旅が見えました。
2016年07月14日 13:46撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば今日の山旅が見えました。
2
阿弥陀岳
2016年07月14日 13:52撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳
2
本日の最高地点
2016年07月14日 13:58撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の最高地点
3
赤岳 こちら側は、険しい顔に変わります。
2016年07月14日 14:18撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳 こちら側は、険しい顔に変わります。
ここで休憩を取ろうと考えていましたが、雨雲が近づいてくるのと雷が聞こえるので一気に下ります。
途中雨が本降りになりましたので、階段をひたすら下り写真等なしです。
2016年07月14日 14:42撮影 by PENTAX Q10 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで休憩を取ろうと考えていましたが、雨雲が近づいてくるのと雷が聞こえるので一気に下ります。
途中雨が本降りになりましたので、階段をひたすら下り写真等なしです。
行者小屋で小休止していたら、雨もやみ 南沢を下ります。
2016年07月14日 16:08撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋で小休止していたら、雨もやみ 南沢を下ります。
帰ってきました。
2016年07月14日 17:52撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰ってきました。

感想/記録

ぽれぽれ登山隊として、今回の山旅を日帰りで行うのは、本来やりたくなかったことです。
しかし、晴れ間が続かないのと日程的制約から日帰りを選択し、計画では、美濃戸から赤岳鉱泉、硫黄岳、横岳、赤岳、行者小屋を経由し美濃戸に戻るとしましたが、赤岳をパスして地蔵の頭から下ることも選択肢に入れていました。4:00に美濃戸を出発し登り始めで雨に降られたため、硫黄岳までかとあきらめかけましたが、登っているうちに晴れ間がのぞきだし、稜線に咲く花々に癒されながら赤岳まで登りきることができました。また文三郎尾根の下りでは、本降りの雨に会いましたが、行者小屋経由で無事に美濃戸へ下山することができました。ぽれぽれ登山隊の山旅としては、超ハードでしたので、もうやりません。やっぱり山旅は、ぽれぽれ登りと、まったり幕営が、ぽれぽれ登山隊に合っていると反省した次第です。
訪問者数:571人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ