ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 916579 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走道東・知床

雌阿寒岳:夏休みの北海道 レンタカーで登山と温泉

日程 2016年07月07日(木) [日帰り]
メンバー neco_neco
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中標津空港からレンタカーを借りてオンネトー湖近くの野中温泉に前泊しました。車で向かうと,国道240号線の阿寒湖を過ぎて国道241号線に入ります。しばらくするとオンネトー湖の看板があるので左折して登っていきます。しばらくして登山口を過ぎたあたり,道路の左側に駐車場があります。駐車場を少し過ぎると左手に野中温泉と宿の駐車スペースがあります。野中温泉は硫黄泉で,特に内風呂の湯量が豊富で気持ち良く,温度は少し熱めでしたが私にはちょうどよかったです。夕方,露天風呂に入っていたとき,鹿が山の斜面に現れました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間29分
休憩
20分
合計
3時間49分
S雌阿寒温泉登山口08:2010:14雌阿寒岳10:3412:09雌阿寒温泉登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特にありませんでした。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 行動食 非常食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

登山口にある登山者名簿入れです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口にある登山者名簿入れです。
登山開始は背の高い木に囲まれていますが,3合目も過ぎたあたりからは見晴らしがよくなります。
2016年07月06日 23:27撮影 by DSC-WX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山開始は背の高い木に囲まれていますが,3合目も過ぎたあたりからは見晴らしがよくなります。
3合目周辺だと思いますが,登るにつれて,少しずつ視界が広がっていきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3合目周辺だと思いますが,登るにつれて,少しずつ視界が広がっていきました。
遠く見えるのは足寄方面の街でしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠く見えるのは足寄方面の街でしょうか。
振り返ってみたとき、南側,写真左手にオンネトー湖が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ってみたとき、南側,写真左手にオンネトー湖が見えます。
反対側(北側)も緑が非常にきれいでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側(北側)も緑が非常にきれいでした。
次第にごつごつした岩が多くなってきます,高度を上げていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次第にごつごつした岩が多くなってきます,高度を上げていきます。
急な登り,左上に見える岩場の右を回り込むような感じで登り、上の窪んだあたりの9合目に到着します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な登り,左上に見える岩場の右を回り込むような感じで登り、上の窪んだあたりの9合目に到着します。
岩場の右側を登っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場の右側を登っていきます。
高度を上げるにつれて,オンネトー湖が隠れて見えなくなっていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度を上げるにつれて,オンネトー湖が隠れて見えなくなっていきます。
9合目を過ぎると右手に雌阿寒岳噴火口,赤沼が見えてきます。登って右側は崖のように切れているので結構怖かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9合目を過ぎると右手に雌阿寒岳噴火口,赤沼が見えてきます。登って右側は崖のように切れているので結構怖かったです。
雌阿寒岳噴火口,規模感が写真ではないのですが,かなり大きく、蒸気の音もシューシュー聞こえて怖かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雌阿寒岳噴火口,規模感が写真ではないのですが,かなり大きく、蒸気の音もシューシュー聞こえて怖かったです。
雌阿寒岳頂上までの最後の登りです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雌阿寒岳頂上までの最後の登りです。
雌阿寒岳頂上に着きました。iphoneパノラマモードで頂上付近を撮影しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雌阿寒岳頂上に着きました。iphoneパノラマモードで頂上付近を撮影しました。
頂上を少し超えた(下った)場所から見た阿寒富士と青沼です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上を少し超えた(下った)場所から見た阿寒富士と青沼です。
頂上付近から北東方向に見たときの,旧噴火口,阿寒湖,雄阿寒岳です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上付近から北東方向に見たときの,旧噴火口,阿寒湖,雄阿寒岳です。
登山を終えました。登山口周辺(左側が駐車場,右の奥の建物が野中温泉)からみた雌阿寒岳です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山を終えました。登山口周辺(左側が駐車場,右の奥の建物が野中温泉)からみた雌阿寒岳です。
下の方(1〜2合目あたり)にゴゼンタチバナが所々咲いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の方(1〜2合目あたり)にゴゼンタチバナが所々咲いていました。
メアカンキンバイとメアカンフスマが所々群生していました。
2016年07月07日 01:57撮影 by DSC-WX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メアカンキンバイとメアカンフスマが所々群生していました。
イワブクロも所々で咲いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワブクロも所々で咲いていました。
登山後,足寄に向かう途中に立ち寄ったラワンブキ観賞ほ場。オンネトー湖経由だと道が狭いようだったので,一旦国道241号線に戻って足寄方面に向かって,途中から道道664号線に戻り到着しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山後,足寄に向かう途中に立ち寄ったラワンブキ観賞ほ場。オンネトー湖経由だと道が狭いようだったので,一旦国道241号線に戻って足寄方面に向かって,途中から道道664号線に戻り到着しました。

感想/記録

今回は,早めの夏休みを取り,レンタカーを使い,北海道の登山と旅行を楽しみました。旅程は5泊6日で以下の通りでした:中標津空港−雌阿寒岳麓の野中温泉−雌阿寒岳−足寄芽登温泉−真狩温泉(ユリ園コテージ)−後方羊蹄山−ニセコ昆布温泉−岩内温泉−新千歳空港。
今回の雌阿寒岳登山は,平日ということもあってか,登山者はまばらでしたが,下山時の5合目あたりまでは登ってこられる登山者の方が結構居ました。天候にも恵まれ,登っている最中は少し暑かったのですが,時折吹く風が気持ちよく,遠くまで見える景色と足元の高山植物を楽しみながら気持ちよく登山ができました。
訪問者数:59人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ゴゼンタチバナ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ