ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 916883 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

タル沢尾根から鷹ノ巣山・七ツ石山(蜂に刺されて痛い…!)

日程 2016年07月16日(土) [日帰り]
メンバー Takeshi1108
天候ガス
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路: 奥多摩駅7:27-7:52東日原BS(西東京バス)
復路: 鴨沢BS18:36-19:14奥多摩駅(同)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間1分
休憩
1時間48分
合計
9時間49分
S東日原BS07:5508:06日原橋09:201000m圏作業小屋09:461280m圏 休憩09:5310:27将門馬場(ランチ)10:5011:10城山11:35水根山12:01鷹ノ巣山12:2713:10日陰名栗山13:1813:44高丸山13:5214:47七ツ石山15:0516:03堂所16:131200m圏(休憩)16:2017:12小袖乗越17:2317:44鴨沢BSG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
東日原から将門馬場までのタル沢尾根はVRです。危険箇所は有りませんが、踏み跡は所々で消滅しています。道標の類は一切有りませんので、コンパスと地形図、或いはGPSが必須です。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

おはようございます。今日は東日原からのアプローチです。このバス停から日原川の方に下りるのは初めてです。バス停の斜め前に下りて行く階段がありますよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おはようございます。今日は東日原からのアプローチです。このバス停から日原川の方に下りるのは初めてです。バス停の斜め前に下りて行く階段がありますよ。
6
こんな感じで下りて行きます。で、車道に出たら左です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じで下りて行きます。で、車道に出たら左です。
5
ゴミ箱がある分岐。ここは右に下りて行きます。やがて行き止まりになります。要は、下へ下へです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴミ箱がある分岐。ここは右に下りて行きます。やがて行き止まりになります。要は、下へ下へです。
3
行き止まりから、右に下る階段を降りて行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行き止まりから、右に下る階段を降りて行きます。
4
雑草がかなり茂っていますが、そのまま進みます。そう言えば今日はゲイター持ってくるの忘れたなぁ…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雑草がかなり茂っていますが、そのまま進みます。そう言えば今日はゲイター持ってくるの忘れたなぁ…。
3
こんな感じのルートになって、日原川に近づいて来ました。踏み跡はバッチリ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じのルートになって、日原川に近づいて来ました。踏み跡はバッチリ!
4
日原川を渡ります。平成20年築の新しい橋ですね。東日原のバス停から標高差95mを下りました。勿体無いなぁ…^^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日原川を渡ります。平成20年築の新しい橋ですね。東日原のバス停から標高差95mを下りました。勿体無いなぁ…^^;
7
ゆ〜ら、ゆ〜ら!吊り橋だから揺れるよねー!(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆ〜ら、ゆ〜ら!吊り橋だから揺れるよねー!(^^)
8
橋から見た日原川の上流方面です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋から見た日原川の上流方面です。
4
橋から5分ほどで分岐があります。ココを右手に登って行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋から5分ほどで分岐があります。ココを右手に登って行きます。
4
伐採地と植林帯の間にトラバース状の踏み跡があり、やがてモノレールの軌道に出合います。暫くはこの軌道に沿って歩きます。踏み跡は不鮮明です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伐採地と植林帯の間にトラバース状の踏み跡があり、やがてモノレールの軌道に出合います。暫くはこの軌道に沿って歩きます。踏み跡は不鮮明です。
4
コケコケ!いい感じになってきましたね〜!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケコケ!いい感じになってきましたね〜!
7
この軌道とは暫く運命を共にして歩きますよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この軌道とは暫く運命を共にして歩きますよ。
5
ロープ場? でも直ぐ右に巻道があるので、無理する必要はありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープ場? でも直ぐ右に巻道があるので、無理する必要はありません。
5
尾根筋を歩いていると、前方に自分の背丈以上の馬酔木が立ち塞がります。昨日の雨で濡れているんだよね。イヤだなぁ〜。でも進むしかないか…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根筋を歩いていると、前方に自分の背丈以上の馬酔木が立ち塞がります。昨日の雨で濡れているんだよね。イヤだなぁ〜。でも進むしかないか…。
6
やっぱり、全身ズブ濡れのドロドロになりました。(*_*)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり、全身ズブ濡れのドロドロになりました。(*_*)
12
作業小屋が現れました。ブルーシートを剥ぎ取ると、何が出てくるんだろう…。足早に歩き去りました!^^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作業小屋が現れました。ブルーシートを剥ぎ取ると、何が出てくるんだろう…。足早に歩き去りました!^^;
4
前方が明るくなってきました。石尾根に到達したかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方が明るくなってきました。石尾根に到達したかな?
3
石尾根に乗りました。今回はここを起点に、七ツ石山まで全てのピークを踏みましょうか。先ずは本日のピーク ⊂門馬場です。お腹が空いたので、ココで早めの昼食にしますかね!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尾根に乗りました。今回はここを起点に、七ツ石山まで全てのピークを踏みましょうか。先ずは本日のピーク ⊂門馬場です。お腹が空いたので、ココで早めの昼食にしますかね!
11
今日は久々にすじこが買えたんだよ!\(^o^)/
イクラではダメなんです!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は久々にすじこが買えたんだよ!\(^o^)/
イクラではダメなんです!
7
イカニボ?
初めて食べたけど、いい感じでした!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イカニボ?
初めて食べたけど、いい感じでした!
3
今日の石尾根の稜線上は、14-15度と、とっても涼しかったですよ〜!(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の石尾根の稜線上は、14-15度と、とっても涼しかったですよ〜!(^^)
7
石尾根の縦走体制に入りました。ガスガスなのが、いい味付けになっています。(眺望ゼロの負け惜しみ?)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尾根の縦走体制に入りました。ガスガスなのが、いい味付けになっています。(眺望ゼロの負け惜しみ?)
6
本日のピーク◆⊂觧海任后ジミーな山頂ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のピーク◆⊂觧海任后ジミーな山頂ですね。
7
防火帯を歩きます。石尾根らしくなってきましたね〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
防火帯を歩きます。石尾根らしくなってきましたね〜。
4
本日のピークです。ココもジミー君です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のピークです。ココもジミー君です。
8
雨は降っていないのに、稜線上の左右の森からは雨の雫の音が終日していました。なぜ?ガスが稜線上の木々に当たって、水滴になる様ですね!霧氷とかと同じ原理かな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨は降っていないのに、稜線上の左右の森からは雨の雫の音が終日していました。なぜ?ガスが稜線上の木々に当たって、水滴になる様ですね!霧氷とかと同じ原理かな。
6
いゃあ、気持ち良くなってきましたね〜!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いゃあ、気持ち良くなってきましたね〜!
5
霧が余計なモノを隠してくれるので、幻想的な雰囲気が醸し出されます。東京都内とは思えません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧が余計なモノを隠してくれるので、幻想的な雰囲気が醸し出されます。東京都内とは思えません。
5
高度感が感じらる植生です。稜線歩きは気持ちイイね〜!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度感が感じらる植生です。稜線歩きは気持ちイイね〜!
3
本日のピークぁ鷹ノ巣山山頂です。10人以上のハイカーさんが寛いでいました。自分も長めの休憩にしましょう。トンボが多数飛んでいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のピークぁ鷹ノ巣山山頂です。10人以上のハイカーさんが寛いでいました。自分も長めの休憩にしましょう。トンボが多数飛んでいました。
9
富士さーん?この方向に見えるはずなのですが…。鷹ノ巣山からの富士山、大好きです!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士さーん?この方向に見えるはずなのですが…。鷹ノ巣山からの富士山、大好きです!
4
1年半前(1月)の画像です。本来ならばこう見えるハズなのですが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1年半前(1月)の画像です。本来ならばこう見えるハズなのですが。
8
立派な避難小屋を過ぎ、間も無く170mの登り返しです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な避難小屋を過ぎ、間も無く170mの登り返しです。
4
日陰名栗山の山頂かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日陰名栗山の山頂かな?
3
初めて来ましたよ。本日のピークイ任后
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて来ましたよ。本日のピークイ任后
9
やっぱり石尾根歩きはいいね!天気が良い日にまた来たいね!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり石尾根歩きはいいね!天気が良い日にまた来たいね!
3
何だろうコレ?レモン味の飴みたいな!美味しそう…!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何だろうコレ?レモン味の飴みたいな!美味しそう…!
6
雨は降っていないのに、相変わらず左右の森からは雨の雫の音が!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨は降っていないのに、相変わらず左右の森からは雨の雫の音が!
4
本日のピークΔ箸覆襦高丸山(1733m)です。かなりの急登でしたよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のピークΔ箸覆襦高丸山(1733m)です。かなりの急登でしたよ。
5
左腕を蜂に刺されました。2cm程度の黄色っぽい中型種で、スズメバチではありませんでした。筋肉注射の5倍の痛み…。残された針を抜き、毒を吸い出したけど、直ぐに腫れて来ました。(T_T)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左腕を蜂に刺されました。2cm程度の黄色っぽい中型種で、スズメバチではありませんでした。筋肉注射の5倍の痛み…。残された針を抜き、毒を吸い出したけど、直ぐに腫れて来ました。(T_T)
11
黄色い大きな花が枯れたアトです。オモシロイ形状です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色い大きな花が枯れたアトです。オモシロイ形状です。
8
シダ類の間を歩きます。色々な植生があって飽きませんね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シダ類の間を歩きます。色々な植生があって飽きませんね。
3
本日のピークГ箸覆觴轡沈仍海肪紊ました。最後のピークです。誰も居ませんね〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のピークГ箸覆觴轡沈仍海肪紊ました。最後のピークです。誰も居ませんね〜。
8
七ツ石山の三角点です。グラグラしているので、石を集めて倒れないようにしている?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石山の三角点です。グラグラしているので、石を集めて倒れないようにしている?
4
七ツ石山の山頂直下の水場です。水量豊富ですね。ひと口飲みましたが、冷たくて美味かった!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石山の山頂直下の水場です。水量豊富ですね。ひと口飲みましたが、冷たくて美味かった!
5
七ツ石山小屋を過ぎ、ドンドン標高を落として行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石山小屋を過ぎ、ドンドン標高を落として行きます。
4
ブナ坂からの巻道に合流しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ坂からの巻道に合流しました。
2
小袖乗越までの下山するルート、長くて退屈です。バスの時間が遅いのに合わせて、ユックリ下るので余計に長く感じました。堂所から小袖乗越の間、登山道はグチャグチャでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小袖乗越までの下山するルート、長くて退屈です。バスの時間が遅いのに合わせて、ユックリ下るので余計に長く感じました。堂所から小袖乗越の間、登山道はグチャグチャでした。
3
あ〜、長かった!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ〜、長かった!
3
目の前に車道が見えたので、やっちゃいましょうか!蜂の毒を一刻も早くアルコール消毒しないとね!カンパーイ!\(^o^)/
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目の前に車道が見えたので、やっちゃいましょうか!蜂の毒を一刻も早くアルコール消毒しないとね!カンパーイ!\(^o^)/
7
昔の酒屋さんですね!看板には『山は雲取、酒は双鴨』との記載が。双鴨って山梨県の地酒かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔の酒屋さんですね!看板には『山は雲取、酒は双鴨』との記載が。双鴨って山梨県の地酒かな?
3
鴨沢BSで1時間の時間潰し。ベンチがあるので助かります。ココからのバス乗車は10名ほどでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鴨沢BSで1時間の時間潰し。ベンチがあるので助かります。ココからのバス乗車は10名ほどでした。
1
地元に帰って、例によって反省会。山歩きの余韻を楽しむ大切な時間です!(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地元に帰って、例によって反省会。山歩きの余韻を楽しむ大切な時間です!(^^)
9

感想/記録

三連休はビミョーな天気予報でしたが、一番雨の確率が低そうな連休初日に山行きを決行しました。

前日までの降雨によりコンディションが悪い中、難易度の高いルートや沢沿いのルートは止め、ある程度の標高があって涼しい尾根をノンビリと歩くことにしました。と云うことで選んだのが石尾根の稜線歩きでした。流石に1700m級の尾根は14-15度と、涼しかったですよ!(^^)

アプローチは東日原からでした。石尾根に至るには幾つかの選択肢がありますが、今回はタル沢尾根を登ることにしました。難しい箇所はありません。但し標高差は950mで結構な急登もあり体力勝負の尾根ですね。

石尾根では巻き道ではなく、将門馬場→城山→水根山→鷹ノ巣山→日蔭名栗山→高丸山→七ツ石山と、7つのピークを順に踏んで行きました。これが結構なアップダウンでしてね。累積の登りは1700mと、まずまずの運動量になりましたね。

本来の石尾根は所々で素晴らしい眺望が楽しめるのですが、今回は全くダメでした。まあ最初から諦めていたので、雨が降らなかっただけでもヨシとしましょうかね!

今回の想定外は、蜂に刺されるというアクシデントでした。いやぁそれはメッチャ痛かったのですが、結果として大した事にはならず助かりました!(^^)
訪問者数:356人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/4/2
投稿数: 815
2016/7/17 11:12
 土曜日は雨はセーフだったようですね^^
連休の天気予報、特に今日明日は雨から曇り予報になったり晴れだったり
結局雨っぽい・・・土曜日に行けて羨ましいなぁ
でも蒸し暑い中かわいそうに・・・って涼しいんだぁ
だからバチが当たって!? 蜂に刺されましたネ
針が残っているということはミツバチの仲間ですか?
子供のころミツバチの針を抜いていて刺されると一瞬甘〜〜〜い痛さを
思い出しました  アシナガバチなんか針を抜こうとしても
折れてしまって抜けませんでしたヨ!

1600m越えのピークハントお疲れさま・・・いや良かったですネ
登録日: 2013/3/27
投稿数: 879
2016/7/17 12:18
 またもや大きな間違え!?
Takeshi1108様

こんにちは!今回も大変お疲れ様でした。

 今回は登りの”タル沢尾根”を除けば、「石尾根縦走」⇒「鴨沢登山道」と、Takeshi1108様にはとっては珍しく標準的な一般登山道を進まれたんですね!どうしたのでしょう?何かしら御心境の変化でもあったのでしょうか?或は(幸か不幸か!?)蜂に刺されたことによって、今までTakeshi1108様のお身体の奥底に潜んでいた”熊さん”のDNAの配列が変化してしまったのかもしれませんね!?

 さて、標題の件ですが、今回も大きな誤りがございました。33番目のお写真のコメントの欄の中に『本来ならばこう見えるハズなのですが』、と書かれていらっしゃいましたが、まだ梅雨の明けない湿気の多いこの時期、これだけクッキリハッキリ富士山が見えることはほとんど無いと思います。
 また、氷河期を除けばこの7月の中旬頃に、これだけ雪が多く残っている富士山を見られる可能性もほとんど無いことと思います。
 私をはじめ、多くのTakeshi1108様のファンの方々が、この33番目の眺望を期待して登られるかもしれませんので、読者に誤解を招くことのないようご配慮頂ければ幸いです!?

 ところで私は”蜂”が大の苦手です。(←と書きつつ、以前の職場ではスズメバチの巣の駆除を担当していた事もありました…)。実は昨日も畑の横の道を歩いていたら、突然”ブォ~ン”と低い音が聞こえてきて、てっきり蜂だと思い、怖くなって慌てて身を低くしてその場を逃げたんですが、見返してみたら畑の中でおじさんが鼻歌を歌っていただけでした…。やめてね、突然歌い出すのは!
登録日: 2015/1/12
投稿数: 546
2016/7/17 18:19
 Re: 土曜日は雨はセーフだったようですね^^
ビギさん、こんばんは。
コメント、有り難う御座います。

一週間前からこの3連休の天気予報にヤキモキしていたのですが、土曜日に決行しました。蒸し暑い中、少しでも標高を稼ぎ、涼しい尾根歩きをしようとの目論見は、その通りになりました。(^^)

本当はもっとユルハイクにしたかったのですが、巻道を使わずにピークを全部踏んだので、結構な運動量となりました。コレでまた一週間、好きなだけ飲んで食べられる?こんな事を言っていると、またバチが当たって蜂に刺さる?^^;

形からしてミツバチではなかったですね。ネットで調べましたが、多分アシナガバチかと思います。今日の午後になって、腫れが酷くなってきましたが、痛みが痒みに変わってきたので、数日で治ると思います。それにしても痛かった…^^;
登録日: 2015/1/12
投稿数: 546
2016/7/17 18:44
 Re: またもや大きな間違え!?
aochanman777さん、こんばんは。
コメント、有り難う御座います。

降雨直後でなければ、本当は川浦谷林道△鬚笋蠅燭ったのですが、余りにリスキーなので止めた次第です。その代わりに、どこに行こうかと随分悩み、石尾根にしました。(登りはVRを組み込んで!)

こんな天気でしたから人は少なかったですよ。青梅線の4両編成の電車も空席が目立ちました。石尾根も鷹ノ巣山から七ツ石山にかけて、2人とすれ違っただけでしたね。静かな山歩きが楽しめました。(^^)

え?スズメバチの駆除をお仕事でご担当されていたのですか?蜂のプロですね!
今回刺されたのは高丸山の山頂直下でした。スズメバチではなく、多分アシナガバチですが。朝一で登った尾根(タル沢尾根)では、オオスズメバチに2度ほど付きまとわれ、怖い思いをしたんですよ。低音の羽音で、本当に迫力がありますね。ただ、カチカチとの威嚇音を出していなかったので、それほど切羽詰った状態ではなかったのですかね。実は熊よりも蜂が怖いですね…(*_*)

あ、富士山の写真の解説に、(1月)と追記しました!コレで大丈夫ですよね〜!(^^)
登録日: 2015/4/30
投稿数: 275
2016/7/18 10:50
 日原から将門馬場ですか〜!!
Takeshi1108さん、こんにちは!
2週間前、石尾根歩いたので、新鮮な気持ちで、レコ読まさせていただきました。
日原から将門馬場にのれるんですね〜、考えもつきませんでした。
手持ちの地形図みて、なるほど!と思いました。
ここが、歩けるって、どのようにして思いついたのか、その過程が知りたいですね
石尾根の、高丸山、日蔭名栗峰、ピークを踏むのが、ものすごいアップダウンで、今回わたくしは見送ったのですが、さすがはTakeshi1108さん!しかも登りで!!!でも、ここのピークを通ると、一瞬ですが、奥多摩湖の赤い蜂谷橋が見えたり出ていいんですよね〜、確か。
蜂に刺されてしまったのは、お気の毒です。 でも、スズメバチでなくて、なによりでした お大事にしてください
登録日: 2015/1/12
投稿数: 546
2016/7/18 14:11
 Re: 日原から将門馬場ですか〜!!
machagonさん、こんにちは。
コメント、有り難う御座います。

終日ガスで眺望ゼロの山歩きとなりましたが、そのお陰で静かな山を楽しめました。石尾根は人気のコースですからね!

よほどの岩場でない限り、大体の尾根は歩けますよね。今回はタル沢尾根を歩きましたが、日原から石尾根には他にもカラ沢尾根、ネズミザス尾根があり、どれも歩けます。尾根の名前が分かれば、ネットで検索を掛ければ一発で出てきて、各種情報が取れます。便利な世の中ですよね!今回のタル沢尾根はチョット単調で余り面白くはない尾根でした…^^;

石尾根の良さは広々とした防火帯を歩くことですよね。時間に余裕があったので、巻道を使わずに稜線の防火帯を歩きました。天気が良ければ最高に気持ちいいルートなんでしょうね!空気が澄んだ秋にまた歩きたいと思います。(^^)

七ツ石山まで行くと雲取が目の前で(と言ってもガスで見えませんでしたが)、雲取に行かずして下山するのは、何だかとても勿体無い気持ちになりました。不思議ですね!(^^)

有り難う御座います。蜂に刺された左手の全体が腫れていますが、数日で腫れも収まるかと思います。蜂は怖いですね…^^;
登録日: 2012/5/26
投稿数: 951
2016/7/18 20:44
 石尾根
あの予報で行ったんですか。
雨じゃなくても、雨上がりや朝露などでのヤブ漕ぎや灌木帯は、ホント嫌ですよね。濡れるだけならまだしも、ザックの特に天蓋を木に擦った汚れが取れなくて。

石尾根は、間違いなく奥多摩を代表する尾根(稜線)の一つですが、あ〜、私はほんのちょっとしか歩いてない。
随分前に、カラ沢尾根から鷹ノ巣山を回った時、次はタル沢尾根だなぁと思ってそのまんまです。いつか歩くことがあるんだろうか。

ハチに刺されたのは災難でしたね。私はダニとヒルはありますが、ハチの経験はありません。大したことはなかったようで良かったですが、何か甘いモノでも食べていたんですか?

そろそろ梅雨も明け、夏本番のようですね。
ハチだけじゃなく、いろんなものに注意して山に入りましょう。
登録日: 2015/1/12
投稿数: 546
2016/7/18 22:31
 Re: 石尾根
キノエさん、こんばんは。
コメント、有り難う御座います。

暇人なので、3連休のどの日でも良かったのですが、予報で一番降水確率の低い日が土曜日だったのです。一杯食わされた感じです。^^;

キノエさんのカラ沢尾根のレコ、読みました。どうもカラ沢尾根の方が岩稜帯が多くて面白そうですね…。また次の課題ができました。(^^)

蜂に刺されたところ、だんだんと腫れが酷くなってきて、これ以上酷くなれば医者に行こうかと思います。調べてみると48時間後が一番腫れるらしいので、これから腫れは引いていくと思いますが…。蜂以外でも、ダニ、ヒル、ブヨ、マムシ等、厄介な奴が多いですよね。^^;

そう言えば女郎蜘蛛が出てくるのはアト1ヶ月後なんですよね。毒は無いのですが、こっちの方が自分としてはヤバイです。直に触ってしまうような状況になると、間違いなくパニックになります…!(*_*)

関東の梅雨明けも近いですかね。何れにせよ暑さ対策を確りして、無理の無い行程で山歩きを楽しみたいなぁと思います。(^^)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ