ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 917168 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

三頭山

日程 2016年07月16日(土) [日帰り]
メンバー Hahihu, その他メンバー1人
天候曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:奥多摩駅より丹波方面へ30分程度 深山橋バス停下車
帰り:数馬温泉センターバス停より武蔵五日市駅方面へ1時間程度 武蔵五日市駅

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間40分
休憩
1時間23分
合計
7時間3分
S深山橋バス停09:1309:21三頭山登山口(ムロクボ尾根(丸山尾根))09:3511:13ヌカザス山(糠指ノ峰・キタミノ峰)11:1411:22ツネ泣峠11:2311:42入小沢ノ峰(檜尾ノ峰)12:00鶴峠分岐12:0112:30三頭山(西峰)12:3112:37御堂峠12:39三頭山13:2613:30御堂峠13:3214:21鞘口峠14:2614:44森林館14:4514:52檜原都民の森駐車場14:5315:41九頭龍の滝15:4516:06温泉センターバス停16:1116:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
奥多摩湖のドラム缶橋はダムの水位が回復するまで通行止めのため、小河内神社バス停から深山橋バス停に下車を変更しました。
前日の雨で登りの尾根道がすべりやすくなっていました。
ムロクボ尾根終盤でスズメバチの一群がおり緊急回避したものの、山頂まで付きまとわれました。
その他周辺情報数馬温泉まで歩きました。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル

写真

写真では分かりにくけれど、急坂が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真では分かりにくけれど、急坂が続きます。
ハチから逃れるのに必死で、山頂までの写真が全然ありません。
ガスがすごく回りは真っ白でした。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハチから逃れるのに必死で、山頂までの写真が全然ありません。
ガスがすごく回りは真っ白でした。。。
2
温泉に向かうとちゅう。
とにかくガスがすごい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉に向かうとちゅう。
とにかくガスがすごい。

感想/記録
by Hahihu

奥多摩湖に着いたときはまだ晴れそうな気配があったのですが、運悪く終始ガスの中の山行となりました。
ヌカザス山手前でハチの一群と遭遇し、三頭山山頂まで追いかけられる形に。。。
怪我がなくよかったものの、必死に登ったのでガスの中の奥多摩の神秘的な風景を写真におさめる余裕がありませんでした。
山頂のベンチはこの天気なのですいており、ごはんをたべて1時間ほどまったりして下山。
下山してから温泉に向かう際、無料バスもあったのですが、なんとなく歩いていったら1時間近くかかりました(>_<)
〆はビールと舞茸天ぷら、ざるそばでした!
訪問者数:150人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ