ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 917355 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

厳しい登山道の果てに見えた 名瀑 双門滝他へ

日程 2016年07月16日(土) [日帰り]
メンバー yabutiyann
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車は5台ほど 6時にはもういっぱいでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間29分
休憩
56分
合計
8時間25分
S熊渡06:1206:37金引尾根・弥山川分岐06:47釜滝06:4807:39吊橋07:4808:50仙人瑤離謄薀09:0910:34河原小屋11:58狼平避難小屋12:2212:37高崎横手12:52ナベの耳13:15カナビキ尾根分岐13:1614:11金引橋14:34熊渡14:3614:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険な個所多数、夜から朝にかけて雨が降ったのか、河原、登山道とも濡れて、よく滑りました。特に木の根っこ 川水は多かったです。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

白川八丁
2016年07月16日 07:43撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白川八丁
4
一の滝 と 後ろ 二ノ滝
2016年07月16日 08:53撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の滝 と 後ろ 二ノ滝
4
三の滝 
2016年07月16日 09:08撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三の滝 
6
くぐります
2016年07月16日 09:11撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くぐります
3
瘠せ尾根
2016年07月16日 09:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瘠せ尾根
2
踏み外したら・・・・
2016年07月16日 09:33撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み外したら・・・・
1
名瀑100選 双門滝  すごい音で迫力ありました。
でも写真はわかりずらい
2016年07月16日 09:59撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名瀑100選 双門滝  すごい音で迫力ありました。
でも写真はわかりずらい
8
崩落場所 この先から沢登り 右に左に渡渉
2016年07月16日 11:28撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落場所 この先から沢登り 右に左に渡渉
2
お魚いません
2016年07月16日 12:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お魚いません
8
揺れる
2016年07月16日 12:36撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
揺れる
1
狼平 昼食
2016年07月16日 13:09撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狼平 昼食
4
緩下り
2016年07月16日 14:15撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩下り
3

感想/記録

ずっと楽しみにしてたので、ワクワクして登りました。
最初は1人で、終盤は4名になり 沢登りをしてました。

このコース 前半は体力勝負、後半は読図というか目印探しを頻繁に、
左右何回も渡渉があります。
とても危険はコースなため安全のためにヘルメットはいるなと思いました。

本日の難関は、沢登りではなく カナビキ尾根の下りでした。足にきました
訪問者数:278人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

渡渉 崩落 ヘルメット
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ