ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 917559 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

しっとりと雨を楽しむ〜上高地観光と霞沢岳

日程 2016年07月15日(金) 〜 2016年07月16日(土)
メンバー minmin1984
天候雨ときどき晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
長野道みどりこPAで車中泊
沢渡駐車場(\600/日)
沢渡駐車場から上高地行きシャトルバス(\2,050/往復)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間30分
休憩
1時間30分
合計
6時間0分
S大正池08:0008:30田代池09:20河童橋09:4010:40明神池11:5014:00徳本峠
2日目
山行
12時間10分
休憩
1時間30分
合計
13時間40分
徳本峠04:3005:30ジャンクションピーク06:00小湿地06:1007:40K107:5008:10K208:30霞沢岳08:5009:20K111:20ジャンクションピーク08:1012:00徳本峠12:5014:20明神15:00上高地バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
上高地バスターミナルに登山ポストあり(保険にも入れるようです)
道も道標もしっかりしており、迷い箇所、危険箇所なし、ヘルメットも不要
その他周辺情報沢渡 梓湖畔の湯(\720)
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 テント装備一式

写真

いつもの沢渡大橋駐車場は大幅改修中。
山の日に皇太子さまがお見えになるそうで、急ピッチで工事が進められているそうです。
上高地トンネルももうすぐ開通するみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの沢渡大橋駐車場は大幅改修中。
山の日に皇太子さまがお見えになるそうで、急ピッチで工事が進められているそうです。
上高地トンネルももうすぐ開通するみたい。
雨なのでゆっくりスタートして、上高地を散策します。
久しぶりの大正池、ボートができたりして、変わっちゃったなぁ。しかも、せきとめてある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨なのでゆっくりスタートして、上高地を散策します。
久しぶりの大正池、ボートができたりして、変わっちゃったなぁ。しかも、せきとめてある。
かもさん朝のお食事中。
この先の木道も整備が進んでいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かもさん朝のお食事中。
この先の木道も整備が進んでいました。
1
ここらへん川になってますが、昔の大正池はこのあたりではないかと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここらへん川になってますが、昔の大正池はこのあたりではないかと。
透き通るような佇まいの田代池。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
透き通るような佇まいの田代池。
1
さるおかぜのたなびく森を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さるおかぜのたなびく森を進みます。
梓川に出ました。ケショウヤナギが目に鮮やか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梓川に出ました。ケショウヤナギが目に鮮やか。
1
雨のせいか森の香りを強く感じます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨のせいか森の香りを強く感じます。
ちらっと明神が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちらっと明神が見えました。
神社でお参りして明神池(二の池)を巡る。
参拝料\300
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社でお参りして明神池(二の池)を巡る。
参拝料\300
1
一の池。ため息が出るホと美しいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の池。ため息が出るホと美しいです。
2
嘉門次小屋で有名なヤマメをいただきました。\1,000
中の囲炉裏で30分かけてじっくり焼いてくれます。小ぶりだけどめっちゃうま。頭の先から尻尾まで完食!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嘉門次小屋で有名なヤマメをいただきました。\1,000
中の囲炉裏で30分かけてじっくり焼いてくれます。小ぶりだけどめっちゃうま。頭の先から尻尾まで完食!
3
陽が射してきました。ゆっくり徳本峠へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽が射してきました。ゆっくり徳本峠へ向かいます。
サンカヨウの実がたくさんなっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サンカヨウの実がたくさんなっていました。
登山道にたくさん落ちていた落し文。
踏まれるとかわいそうなので、30個ぐらい森に返してあげたけど。疲れちゃった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道にたくさん落ちていた落し文。
踏まれるとかわいそうなので、30個ぐらい森に返してあげたけど。疲れちゃった。
4
徳本峠小屋に到着。トイレも最近、立て直したみたいで、とても綺麗でした。
小屋は一番乗りだったけど、すぐに島々谷の方から何名か上がってきました。遠い道のりお疲れ様です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳本峠小屋に到着。トイレも最近、立て直したみたいで、とても綺麗でした。
小屋は一番乗りだったけど、すぐに島々谷の方から何名か上がってきました。遠い道のりお疲れ様です。
2
虫と戦いながら設営完了。快適なテン場です。
この日はほかに1組みいらっしゃいました。
雨の音を聞きながら爆睡!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虫と戦いながら設営完了。快適なテン場です。
この日はほかに1組みいらっしゃいました。
雨の音を聞きながら爆睡!
2
翌朝もやっぱり雨。ジャンクションピークは展望ゼロでした。
雨なのにザックカバー忘れ。痛恨!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝もやっぱり雨。ジャンクションピークは展望ゼロでした。
雨なのにザックカバー忘れ。痛恨!
雨でしっとりいい感じの森。泥濘がすごいです。
くるぶしまでズボッと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨でしっとりいい感じの森。泥濘がすごいです。
くるぶしまでズボッと。
小湿地はただの水たまりでした。
溺れている蝶やカゲロウがいたので、計7匹、助けてあげました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小湿地はただの水たまりでした。
溺れている蝶やカゲロウがいたので、計7匹、助けてあげました。
ほんとアップダウン多すぎ。
今日は訓練と諦める。
行きよりも帰りの登り返しが堪えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんとアップダウン多すぎ。
今日は訓練と諦める。
行きよりも帰りの登り返しが堪えました。
雨に透き通った花。ガラス細工みたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨に透き通った花。ガラス細工みたい。
2
緑が生き生き。虫も生き生き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑が生き生き。虫も生き生き。
キヌガサソウの群生地。見つめられているみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キヌガサソウの群生地。見つめられているみたい。
と、思ったらいきなり雲の上に出ました。
うっそ。キツネに騙されたって感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と、思ったらいきなり雲の上に出ました。
うっそ。キツネに騙されたって感じ。
4
K1ピーク
やっと北アルプスにキタ━(゜∀゜)━!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
K1ピーク
やっと北アルプスにキタ━(゜∀゜)━!
3
上高地の方は雲がありません。昨日とおった温泉ホテルが見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地の方は雲がありません。昨日とおった温泉ホテルが見えています。
2
K1から見上げるK2。蒼空。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
K1から見上げるK2。蒼空。
3
シャクナゲも最盛期。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲも最盛期。
K2からやっととらえた霞沢岳。
思ったより優美な曲線でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
K2からやっととらえた霞沢岳。
思ったより優美な曲線でした。
1
焼岳がすぐ近く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳がすぐ近く。
2
ハクサンイチゲの群生。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲの群生。
シナノキンバイの群生。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シナノキンバイの群生。
ナナカマドとハイマツと青空が北アルプスだ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマドとハイマツと青空が北アルプスだ〜
(*^^*)山頂!
思わず、標識に抱きついてしまった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(*^^*)山頂!
思わず、標識に抱きついてしまった。
4
三角点げっと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点げっと。
穂高が目の前に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高が目の前に。
3
奥穂から西穂への稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂から西穂への稜線。
1
登ってきた道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた道。
1
信州川は雲の中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
信州川は雲の中。
1
岳沢アップ。小屋か見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢アップ。小屋か見えます。
1
前穂から切れ落ちる稜線が迫力あるわ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂から切れ落ちる稜線が迫力あるわ。
2
振り返って霞沢岳。ばいばい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って霞沢岳。ばいばい。
北アルプスな感じの道をもどります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスな感じの道をもどります。
帰り道は再び雲の中に突入。お花を撮りながら。
この日はあとから5名の登ってこられました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り道は再び雲の中に突入。お花を撮りながら。
この日はあとから5名の登ってこられました。
帰りのジャンクションピーク。
いつの間にか信州側も晴れて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りのジャンクションピーク。
いつの間にか信州側も晴れて。
行きは見えなかった景色。
徳本峠までもどってテント撤収。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きは見えなかった景色。
徳本峠までもどってテント撤収。
1
明神様がお見えでした。
安全登山、ありがとうございました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神様がお見えでした。
安全登山、ありがとうございました。
かっぱ橋から眺める穂高連峰。また来ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かっぱ橋から眺める穂高連峰。また来ます。
1

感想/記録

連休は好天が望めないことからロング縦走はやめて、晴れのスポットねらい。
常念山脈をつなぐ道は、蝶が岳から南が未踏です。
今回は観光プラスゆっくりテント泊で、最南端の霞沢岳へ、上高地からピストンしてきました。
予報通りの雨もしっとりとした森の散策には相応しく。盛りのお花畑とさまざまな虫たちの飛び交う楽園に、とても素敵な山歩きができました。

いつもは通り過ぎてしまう上高地は、観光で初めて来た時から虜になった場所です。
今回は改めて、観光スポットをめぐりました。
せきとめられてボートの浮かんだ大正池も、その雰囲気と青い水は昔のまま。帝国ホテルの傘を持った中高年の方々が、思い思いのペースで朝の散歩を楽しんでいます。
田代池から、母と泊まったことのある温泉ホテルを過ぎてかっぱ橋まで。雨でも心地よいハイキングルートです。そして明神では透き通った神秘的な池を堪能し、嘉門次小屋で岩魚の塩焼きをいただきました。自然の恵みに感謝です。
そして今日初めての登山道へ。最初は広い林道をゆるやかに進み、大きな沢にかかる橋を渡ると、だんだん急登になります。昨日からの雨で増水した2つの沢を渡渉し、つづれ織りの道を上り詰めると峠に出ます。
サンカヨウの実が至るところになっていて、なにかの虫のゆりかごのようなオトシブミがたくさん落ちていました。
徳本峠の小屋はもう15年ほど前に一泊して、残雪の中を島々谷を下った思い出があります。まだ岩魚留小屋があった頃です。小さな佇まいがとてもいい感じ。小屋の方も親切でした。テン場は整備されており、雨でしたが水はけも良く快適でした。
気温もそれほど下がらず、雨の音を聞きながら山にいる幸せを感じます。

二日目は霞沢岳ピストンからの下山。明るくなった4:30頃スタート。やはり雨です。
今回は痛恨のザックカバー忘れ。65センチの透明なジャンプ傘で歩いてきましたが、邪魔になるので置いていきます。
うっすらと霧に包まれた森は美しくもあるのですが、北アルプスに来たという実感はゼロ。ジャンクションピークも視界ゼロ。雨と泥濘の道にテンション上がらず、晴れ乞いの歌を歌いながら、今回は修行とあきらめ。ときどき広がるお花畑に足を止め、蒸し暑いアップダウンを繰り返すこと数時間。
突然、視界が開けK1に到着。今までの霧はどこへ?上から見ると信州側が厚い雲に覆われています。K1からは真下に六百山、奥穂〜吊り尾根〜前穂、西穂へのギザギザな稜線、笠ヶ岳、焼岳がすっかり見えています。はるか下には昨日、湖畔を歩いた梓川が。絶景を見ながらとっておきのアップルパイ。
これから目指すK2を捉えながら、シャクナゲの道を下ります。そしてK2から初めて見えた霞沢岳。
もう少し荒々しい山というイメージだったけど、とても優美な稜線です。
シナノキンバイやハクサンイチゲ、ハクサンフウロが咲き乱れるお花畑を超えると、さくっと山頂へ。感動。会いたかったよ〜。ほんと来てよかった。
流れる雲に刻々と姿を変えてゆく絶景を独り占めにして、しばらく山頂で過ごしましました。
名残を惜しんで標識と握手して。帰り道は何度も振り返る。K1から下るとまたすぐに雲の中へ。しばらく下った頃に4人の方が、登ってこられました。小屋をゆっくり出て、もう一泊するらしいです。テンション下がり気味の様子だった、上はすごいですよ!と一言。
でも帰りはだんだんと疲れモード。アップダウンしてきた分の登り返しがほんときつい。数を数えたり、歌を歌ったり。そのうち信州側も晴れてきて、やっとたどり着いたジャンクションピークでは朝には見えなかった景色が広がっていました。
徳本峠小屋でテントを撤収。この日は既に4張りほど設置してあり、みなさん早めに到着して山の時間を楽しんでいらっしゃいました。
青空にそびえる明神に、今回も無事歩いてこれたことを感謝して。
またいつか、蝶ヶ岳から徳本峠までの道をつなげたいと思います。
訪問者数:421人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ